劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のネタバレ解説まとめ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とは、吾峠呼世晴原作によるアニメ映画作品。同氏の描いた『鬼滅の刃』54話から66話までの内容を映画化したものである。
大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、唯一の生き残りであり自身も鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士の一人煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の概要

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とは、吾峠呼世晴原作、ufotable制作によるアニメ映画作品。吾峠呼世晴氏の描いた『鬼滅の刃』54話から66話までの内容を映画化したものである。
原作は2016年の連載開始から、その練り込まれた世界観と秀逸なストーリーで高い評価を受け、さらにハイクオリティなアニメが制作されたことで爆発的な人気を獲得。日本のみならず諸外国からも注目され、累計での単行本発行部数が最速で一億部を突破するなど、社会現象として紹介されるほどの歴史的ヒット作となった。
本作は2019年9月のアニメ最終回にて製作が発表され、COVID-19による上映の延期を経て、2020年10月に封切り。長らく待ち望んだファンから歓喜と熱狂をもって迎えられ、わずか三日で興行収入46億円を突破する快挙を成し遂げる。
劇場では、本作の重要人物である煉獄杏寿郎の初任務の活躍を描いた吾峠呼世晴執筆の特別読み切りと、声優へのインタビューが掲載された『煉獄零巻』が配布された。

renote.jp

大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、唯一の生き残りであり自身も鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て剣士として成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士“柱”の一人煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。果たしてそこには鬼の中でも際立って強力な存在である十二鬼月の一人魘夢が潜んでおり、巧妙な策で炭治郎たちを翻弄。生きては戻れぬ夢の世界に囚われた炭治郎たちは、夢の中から脱出するため、そして列車に乗る二百名あまりの乗客を守るために、それぞれがそれぞれの戦いを開始する。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のあらすじ・ストーリー

大正時代。炭焼きの家に生まれた少年竈門炭治郎は、ある時人食いの怪物・鬼に家族を惨殺される。妹の禰豆子だけは惨劇を生き延びたものの、自身も鬼にされてしまっていた。禰豆子を元に戻す方法を探すため、炭治郎は鬼を狩るために結成された組織「鬼殺隊」の一員となる。“全集中の呼吸”と呼ばれる特殊な技術を体得した鬼殺隊の剣士こそは、鬼に唯一対抗できる存在だった。幾多の戦いの中、炭治郎は自身の家に伝わる“ヒノカミ神楽”と“全集中の呼吸”になんらかの関わりがあることに気づく。鬼殺隊の知己に相談した結果、炭治郎は“全集中・炎の呼吸”と呼ばれる系統の技術に何か手掛かりがあるのではないかという情報を手に入れる。

禰豆子と共に幾多の戦いを切り抜け、剣士として成長した炭治郎に、鬼殺隊から新しい任務が与えられる。短期間に40人以上の乗客が失踪し、調査に送り込んだ鬼殺隊の剣士たちまでも行方を断った列車がある。まず間違いなく強力な鬼が潜むであろうその列車に乗り込み、これを討伐せよというものだった。同期の隊士であり戦友でもある我妻善逸、嘴平伊之助と共に列車に乗り込んだ炭治郎と禰豆子は、一足早く乗り込んでいた鬼殺隊最強の剣士“柱”の一人である煉獄杏寿郎とも合流する。
本格的に任務に取り掛かる前に、炭治郎は煉獄に“ヒノカミ神楽”と煉獄家が受け継いできた“全集中・炎の呼吸”に何か関係があるのではないかと尋ねる。煉獄は「知らない」とあっさり言い放つも、道に悩んでいるのなら自分の弟子になると良いと言葉を続け、その明朗快活かつ面倒見の良い人柄に炭治郎は好感と頼もしさを覚えるのだった。

そこに車掌が顔を出し、炭治郎たちの切符を切る。その直後車内に鬼が現れるも、煉獄がこれを一蹴。その桁違いの強さに炭治郎たちは興奮し、煉獄を褒め称え、彼も意気揚々と胸を張ってそれに応じる。
しかし、それは炭治郎たちが見た夢の一部だった。列車に潜んでいたのは、鬼の中でも格別に強大な力を持つ十二鬼月の一人、“下弦の壱”の称号を持つ魘夢だったのである。鬼の頭領である鬼舞辻無惨から力を与えられ、「鬼殺隊の柱を殺せ」と命じられた魘夢は、この列車でこれ見よがしに人を食いながら柱たる剣士がやってくるのを待ち構えていたのだ。
列車には魘夢の息のかかった人間が何人か入り込んでおり、車掌もその一人だった。彼が切符を切ること自体が、魘夢が血鬼術(鬼が個別に持っている超常的な能力)を発動させるトリガーになっていたのである。自身が心より願う幸せな夢を見ながら昏倒する炭治郎たち。魘夢は無防備になった彼らをさらに念入りに無力化するため、「幸せな夢を見せてもらう」ことを条件に自身の手下となった人間たちに指示を与える。魘夢の力で炭治郎たちの夢の中に入り込み、その精神の核を破壊して廃人にしてこいというのだ。

炭治郎は死んだはずの家族との平穏な日々、善逸は想いを寄せる禰豆子とのデート、伊之助は炭治郎たちに親分と慕われながらの冒険譚、煉獄は父や弟との何気ない日常。無防備に幸せな夢を貪る四人に魔の手が迫る中、真っ先に反応したのは煉獄だった。自身の精神の核を破壊されんとした刹那、眠ったまま身を起こし刺客たる少女を捻じ伏せたのだ。しかし魘夢の力は強大で、柱たる煉獄をもってしても反射的に自身の危機を退けることが精いっぱい。夢から目覚めることはできず、膠着状態が続く。
その頃、炭治郎の荷物の中に隠れて列車に乗った禰豆子は、炭治郎たちがすっかり寝入っていることに気づき、なんとか彼らを起こそうと悪戦苦闘していた。触れても揺すっても目覚めない炭治郎たちに業を煮やし、乱暴な方法(頭突き)で起こそうとした際に、禰豆子は誤って怪我をしてしまう。

善逸と伊之助も精神の核を刺客に狙われるも、それぞれの方法でなんとか危機を凌ぐ。一方の炭治郎は幸せな夢に溺れていたものの、かすかな違和感に加えて、現実世界の禰豆子の血の臭いを嗅ぎつけ、ついにこれが夢の中であることを悟る。目覚める方法を探して夢の中を駆け回る炭治郎だったが、どこに行こうと手掛かりは得られない。万策尽きた時に彼の前に亡き父が現れ、「斬るべきものはすでに見えている」と助言を送る。
ここが夢の世界で、自分以外の全てがまやかしなら、その自分自身を否定すればどうなるか。そう閃き、恐怖に慄きながらも自決すると、果たして炭治郎は夢の中から脱出し目覚めることができたのだった。

精神の核を破壊しようとしていた刺客たちは、「これで幸せな夢を見せてもらう話が台無しだ」と炭治郎に襲い掛かる。炭治郎が苦も無くこれを制圧する中、彼の精神の核を破壊しようとしていた青年だけはそれに加勢せず、どこか申し訳なさそうに微笑むのみだった。結核に冒されていたこの青年は、病に苦しまない夢を見たいがために魘夢に協力していたものの、炭治郎の夢の中で彼の優しさと純粋さに触れて自らの行いを恥じ、戦意を失っていた。青年に「気をつけて」と送り出されながら、炭治郎はその場を禰豆子に任せ、魘夢を倒すために一人駆け出していく。

炭治郎が夢の世界を脱したことに驚愕する魘夢だったが、彼がヒノカミ神楽と縁のある人間であることを知って大喜びする。彼が無惨から受けた命令は柱の抹殺だけでなく、「ヒノカミ神楽と縁のある剣士(=炭治郎)を殺せ」というものも含まれていたためである。再び炭治郎を夢の世界に引きずり込もうとする魘夢だったが、炭治郎は“その都度夢の中で自決して現実に帰還する”という恐るべき方法でこれに対抗。その凄絶な覚悟を察して「このガキはまともじゃない」と戦慄した魘夢は、炭治郎の心を挫こうとそれまでの幸せな夢ではなく彼に悪夢を見せつける。悪夢の中で「どうしてお前だけが生きているんだ」と家族から詰られ、しかし炭治郎は心折れるどころか激昂するのだった。
「言うはずがないだろう、そんなことを俺の家族が!俺の家族を侮辱するなアアア!」
怒りを力に変え、ついに炭治郎は魘夢の首を切り落とす。不老の存在で、いかなる深手も即座に再生する鬼にとって、太陽の光と鬼狩りの剣士に首を切り落とされることだけが死を意味する。仕留めたと安堵する炭治郎の前で、魘夢は首だけのまま笑い出す。炭治郎の前に現れた魘夢は切れ端のようなものであり、魘夢の本体はすでに列車と融合していたのだ。

本性を現した魘夢は、乗客を食って力を得ようと車内に触手を伸ばす。炭治郎と禰豆子だけでは守る手が足りず、彼らの目の前で乗客が魘夢に食われそうになったその時、伊之助が覚醒。同じく善逸や煉獄も参戦する。
一瞬で状況を把握した煉獄は全8両の客車の中を爆ぜる炎のごとく駆け抜け、列車内に蠢く無数の触手をことごとく切り刻み、魘夢に大ダメージを与える。そして魘夢が回復に手間取る間に、自身が5両分、善逸と禰豆子が残る3両分の乗客の護衛に専念すると即決し、炭治郎と伊之助には魘夢を討伐するよう指示して彼らを送り出す。

先頭車両の機関車の中に魘夢の本体が潜んでいることを見破った炭治郎と伊之助は、二人でこれを討伐せんと列車の屋根を駆け抜ける。善逸、禰豆子、煉獄の攻撃を浴びながらも魘夢はこれに対抗、炭治郎と伊之助を夢の世界に引きずり込んでこれを討ち果たそうとする。夢の世界の破り方を知っている炭治郎は伊之助にもそれを教え、繰り返される夢と現実の中で魘夢に肉薄していく。
しかし、それこそが魘夢の仕掛けた罠だった。あまりに夢と現実の中を行き来した結果、炭治郎は今どちらにいるのか判断できなくなり、現実の中で自決しようとしてしまう。危ういところで伊之助にそれを止められ、命拾いする炭治郎。常に猪の毛皮を被っている伊之助は、その視界の狭さや視線の方向の読めなさから魘夢の術にかかりにくくなっていた。

伊之助が偶然に得ていたアドバンテージを活かして、炭治郎は魘夢の本体に接近。車掌や刺客たちと同様魘夢の協力者になっていた機関士に腹を刺されながらも、魘夢の急所に必殺の一撃を叩き込む。これによって魘夢は絶命し、彼と一体化していた列車も横転するのだった。
煉獄が無数の技を放ち、その反動を利用して脱線の衝撃から列車を守り、二百名あまりの乗客全員が無事に生還。炭治郎も深手は負ったものの煉獄の助言に従って全集中の呼吸による応急処置を行い、鬼殺隊から与えられた任務を見事に達成する。

しかし、そこに十二鬼月の“上限の参”猗窩座が唐突に現れる。猗窩座は煉獄の強さと技を称賛し、「お前も鬼になれ」と彼を勧誘する。煉獄の強さも技も今だけのもので、それは時と共に失われる。肉体の絶頂期に至ろうとする今この時に鬼となり、不老の存在として技を磨き続け、自分と共に武を極めよう。そういって誘う猗窩座を、煉獄は「君とは価値観が合わない」と一蹴し、二百人もの乗客を、負傷している炭治郎を、そしてまだ若く未熟な善逸や伊之助をも守るため、敢然と刀を握る。

炭治郎が驚嘆し、戦慄すら覚えるほどのすさまじい激闘を繰り広げる煉獄と猗窩座。煉獄は柱たる者にふさわしい力を発揮し、幾度となく猗窩座に強烈な斬撃を見舞う。しかしどれほどの深手を負わされようと、最強クラスの鬼である猗窩座はほとんど一瞬でその傷を再生してしまう。一方の猗窩座は魘夢などとは比較にならぬ強大な力と技量を見せつけ、徒手空拳で煉獄に猛攻を叩き込む。両者は一見ほぼ互角の戦いを演じていたが、だからこそ再生能力の有無により、煉獄は次第に追い詰められていった。
左目を失い、肋骨が砕け、内蔵をも損傷した煉獄に、猗窩座は再度「鬼になれ」と通達する。鬼になればその傷も治る、強者であるお前にはその資格があるとそそのかす猗窩座に対し、煉獄は改めてそれを拒否。鬼殺隊の剣士として「弱き人々を守る」という己の責務を、今は亡き母と交わしたその約束を全うすることを誓い、自らの家名を冠した“全集中・炎の呼吸”の奥義“煉獄”で最後の勝負を挑む。

結果は相打ち。煉獄の技は猗窩座の側頭部を抉り、肩から腹まで切り裂くも、猗窩座の貫手もまた煉獄の鳩尾を貫いていた。致命傷にしか見えないこの深手でも、猗窩座の再生能力をもってすれば完治までは数秒までしかかからない。強者が死ぬことを嘆く猗窩座だったが、煉獄はなおも体を動かし、胴を貫かれたまま猗窩座の首に自身の刀を食い込ませる。
煉獄の恐るべき意志の力に驚愕する猗窩座。さらに煉獄はトドメを刺すべく放たれた猗窩座の拳を掴み取り、相手の両腕を封じたままその首を落とさんと咆哮する。ついに首を半ばまで断たれ、朝日が迫っていることにも気づいた猗窩座は逃げに転じるが、煉獄の胴を貫いた腕は抜けず、彼に掴まれたもう一方の腕を振り払うこともできなかった。
炭治郎は二人が完全に動きを止めたこの時になってようやく助太刀に入る隙を見出し、傷を負った彼の代わりに伊之助が加勢しようと飛び出していく。煉獄の執念の前に逆に追い詰められた猗窩座は、自ら己の腕を引き千切るという強引極まる方法でなんとか拘束から逃れると、一目散に日の光の届かない深い森の中へと逃げ去っていった。

「逃げるな卑怯者!逃げるなぁ!!」
撤退していく猗窩座に向かって刀を投げつけながら、炭治郎は絶叫する。遠ざかる猗窩座の背に向けて、誰一人死なせることなく戦い抜いた煉獄の方が強い、“弱き人々を守る”という誓いを完遂した彼の勝ちだと叫び続ける。しかし煉獄の決死の執念も実らず、猗窩座は一行の前から姿を消す。手の施しようのない致命傷を負った煉獄の前で、ただ炭治郎たちは無力感に打ちのめされるのだった。
そんな彼らに、煉獄は優しく声をかける。炭治郎に「自分の家に伝わる古文書の中になら“ヒノカミ神楽”に関する情報があるかもしれない」と伝え、家族に向けた遺言を口にすると、煉獄は残された短い時間の中で炭治郎たちを激励する。
「竈門少年。俺は君の妹を信じる。鬼殺隊の一員として認める」
鬼である禰豆子は、鬼殺隊の処分対象として柱たちから疎まれていたことがあった。列車の中で彼女が人間を守るために戦うのを見た煉獄は、かつてそうやって疎んだことは誤りであったと認め、禰豆子は紛れもなく自分たちの仲間だと断言。誰に何を言われようとも「胸を張って生きろ」と、炭治郎を応援する。
柱ならば後輩の盾となることは当たり前で、自分がここで死ぬことは気にしなくていい。そう語り、最後に炭治郎、善逸、伊之助、三人の名前を挙げて、「もっともっと成長し、今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。俺は信じる。君たちを信じる」と言い残し、煉獄は絶命した。末期に見た幻か、迎えに来た霊魂か、亡き母に「立派だった」と褒められ、煉獄の顔には穏やかな笑みが浮かんでいた。

自分の無力さに涙する炭治郎。煉獄ほどの猛者の死を受け入れられない善逸。ただ立ち尽くし嗚咽を堪える伊之助。三人はそれぞれに偉大な先達の死を悲しむも、「信じると言われたなら、それに応える以外考えるんじゃねえ」と伊之助が一喝。涙を流しながらも煉獄の期待に応えるべく、さらに強くなろうと炭治郎たちを促す。
煉獄の戦死の報せは鬼殺隊の中を駆け巡り、目立つ存在だった彼の死に他の柱たちはそれぞれに様々な感慨を漏らす。悲嘆に暮れる者、鬼への憎悪を闘志に変えんとする者、仲間の死を静かに受け入れる者。
一つの戦いが終わり、鬼殺隊と鬼の戦いは新たな局面を迎えていく。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の登場人物・キャラクター

主要人物

竈門炭治郎(かまど たんじろう)

CV:花江夏樹
本作の主人公。15歳(物語の開始当初は13歳だが、作中で2年経過している)。日輪刀の色は黒。
家族思いの心優しい少年で、亡き父の代わりに町に炭を売り家族を養っていた。両耳には日輪が描かれた花札風の耳飾りをつけている。
鬼に家族を惨殺され、禰豆子を鬼に変えられてしまう。禰豆子を人間に戻すことと家族の仇討ちの為鬼殺隊に入隊する。
髪と瞳は赤みがかっており、火仕事をする家に生まれる”赫灼の子”といい縁起がいいらしい。
真面目すぎる性格だが、たまにそれが過ぎてズレた発言をすることがある。頑固・石頭という二つの意味で頭が固い。
嗅覚が非常に優れており、割れた皿にかすかに残った猫の匂いを判別したり、人間と鬼との匂いを嗅ぎ分けたりする。それと同時に気配を読む力としても機能しており、訓練後は”隙の糸”を感知できるようになった。
隊服の上に市松模様の羽織を着用し、禰豆子を収納した木製の箱を背負いながら行動する(箱は鱗滝が作成したもの)。
心優しい青年で、例え鬼であろうともその境遇を理解して憐れんでいる。

使う呼吸は『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽』。
当初は水の呼吸を使用していたが、自身に合っておらずヒノカミ神楽を使用するようになる。ヒノカミ神楽は水の呼吸に比べて破壊力、素早さが優っているが、体力の消耗が激しいというデメリットもある。

renote.jp

竈門禰豆子(かまど ねずこ)

CV:鬼頭明里
炭治郎の妹。14歳(物語開始時の年齢は12歳だが、作中で2年経過している)。弟や妹の面倒を見る心優しい少女だったが、ある日鬼に襲われてしまう。その際、傷口から鬼の血が入り込んでしまい鬼に変貌してしまう。
鬼としての習性から炭治郎に襲いかかるが、炭治郎の呼びかけに反応し涙を流すなど自我の片鱗を見せた。
鬼の能力のひとつとして、ある程度身体を自在に拡縮できる。鬼は陽の光にあたると消えてしまう為、普段は箱に入る大きさまで身体を縮めて炭治郎に背負ってもらっている。
鬼となったことで身体能力も向上し、戦闘時はしばしば炭治郎に協力する。また累との戦闘時、深層意識にて死した母親に出会ったことがきっかけになり、血が燃えて爆ぜる血鬼術”爆血”が開花する。
炭治郎の師匠である鱗滝から”人間が自分の家族に見え、鬼を敵と認識する”暗示をかけられている。

renote.jp

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)

CV:下野紘
炭治郎と同時期に入隊した少年。16歳。非常に臆病でネガティブな性格で、利己的な面が強い。
金髪に太い眉毛が特徴的。隊服の上に三角柄の羽織を着用している。
剣士のしての実力はあるものの、自身へのコンプレックスから情緒不安定気味である。
聴覚が非常に優れており、常人では聞き取れない音にも反応できる。また、その能力で他人の感情を読み取ることも可能。
プレッシャーに弱く、緊張や恐怖が極限まで高まると気絶するように眠ってしまう。だが、それにより半覚醒状態となり本来の強さを発揮する。
初対面の女性に突然求婚するほどの女好きで、鬼である禰豆子にも惚れている。その女好きは、上の身分である宇随に嫁が三人いると聞いた途端、宇随本人に暴言を吐くほどである。
利己的な性格ではあるものの、決して責任感や使命感がないわけではなく、己の弱さに対する嘆きは誰かの役に立ちたいという願いの裏返しでもある。

renote.jp

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

CV:松岡禎丞
炭治郎と同時期に入隊した少年。15歳。日輪刀の色は藍鼠色。
猪の被り物をしておるが、素顔は女性的で端正な顔立ちをしている。隊服はズボンのみ着用し、上半身は裸。腰や脛には毛皮を巻いている。
育手の指導を受けずに最終選別を生き残り入隊した傑物。戦いたいが故に戦うという好戦的な性格で、高笑いしながら「猪突猛進」と叫び、刀を振るう。
人の情けや優しさというものを知らずに育ったため、それが理解できない。だが炭治郎たちと行動を共にするようになってからは情緒が育ち始めているものの、その自身の変化に困惑してしまう。
粗暴な一方で精神的には打たれ弱い面があり、敗北すると人が変わったように落ち込んでしまう。

使う呼吸は『獣(ケダモノ)の呼吸』。
自身で編み出した独自の呼吸である。単純な攻撃や突進をする技が多いが、二刀で繰り出される技には破壊力がある。
山で育ったからか、皮膚感覚が異常に敏感。視認できない場所にいる者でも空気の振動によって感知することができる。さらに感情なども察知することができる。特に殺意は分かりやすいらしく、それにより敵の攻撃を読むことができる。

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。 舞台は大正時代。炭焼きの家の長男・竈門炭治郎は町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた。そして一人生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまう。炭治郎は妹を人間に戻す為、そして惨殺された家族の仇討ちの為、厳しい訓練の末に鬼狩り組織「鬼殺隊」に入隊する。炭治郎や仲間の、鬼との過酷な死闘を描く和風ダークファンタジー。

Read Article

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

珠世(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

珠世(たまよ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼の一人である。 鬼でありながら、鬼の首魁である鬼舞辻無惨の抹殺を目的としている。通常、人の血肉を喰わなければ飢餓で苦しむことになるが、珠世は体を弄り人間を喰わなくていいようにしている。 医者でもあり、鬼となった禰󠄀豆子を人間にするための研究を進める。

Read Article

岩柱・悲鳴嶼行冥(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『岩の呼吸』を使う岩柱。 御経を唱え、いつも涙を流している男。盲目だが、強靭な肉体を持つ鬼殺隊最強の剣士である。鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に心から忠誠を誓っている。

Read Article

音柱・宇髄天元(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

宇髄天元(うずい てんげん)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『音の呼吸』を使う音柱。 元忍であるが、派手好きで、多くの装飾品を身につけている。クレイジーな発言が多いが、人命を第一とする心優しい性格をしている。炭治郎たちと共に死闘を繰り広げた。

Read Article

上弦の陸・妓夫太郎と堕姫(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

妓夫太郎・堕姫とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の陸に位している。 兄の妓夫太郎、妹の堕姫の二人で一体の鬼であり、妓夫太郎と堕姫の頸を同時に落とさなければ倒すことができない。遊郭に巣喰い、多数の人間を喰らっていた。

Read Article

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰󠄀豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰󠄀豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

Read Article

鬼滅の刃 煉󠄁獄零巻のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃 煉獄零巻』とは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の入場者特典として作られた小冊子。450万部が発行され、全国の映画館で配布された。 内容は初任務に臨む煉獄杏寿郎の姿を描いた原作者吾峠呼世晴による特別読切、鬼殺隊報、アニメ版ストーリー紹介、出演声優へのインタビューなどで構成されている。原作でもファンブックでも明かされなかったとあるキャラクターの秘密も紹介され、初心者でもファンでも楽しめる内容になっている。非売品であり、公式サイトには転売を控えるよう希望する文章が書き添えられている。

Read Article

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。

Read Article

我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。 とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

Read Article

水柱・冨岡義勇(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

冨岡義勇(とみおか ぎゆう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『水の呼吸』を使う水柱。 炭治郎が初めて出会った鬼殺隊の剣士である。禰󠄀豆子を生かし、炭治郎を鬼殺隊へと導いた人物である。炭治郎と一緒に無惨を倒すために刃を振るう。

Read Article

風柱・不死川実弥(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

不死川実弥(しなずがわ さねみ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『風の呼吸』を使う風柱。 身体中に傷を負った凶悪な人相をした剣士。炭治郎の同期である不死川玄弥の実の兄である。鬼を憎んでおり、炭治郎と禰󠄀豆子を粛清しようとした事もある。だが、弟思いな一面もある。

Read Article

霞柱・時透無一郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

時透無一郎(ときとう むいちろう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『霞の呼吸』を使う霞柱。 柱たちの中で最年少である。鬼殺隊に入って僅か二ヶ月で柱になった天才剣士。無表情で、他者との関わりが薄かったが、炭治郎と出会ったことにより徐々に変わっていく。

Read Article

下弦の弐・佩狼(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

佩狼とは、『鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝』に登場するキャラクターである。 人食いの怪物・鬼であり、その中でも別格で強力な集団“十二鬼月”の一員。下から五番目の位である“下弦の弐”の称号を持つ。超常の術を操り、常軌を逸した身体能力を誇る鬼でありながら、大量に隠し持った銃や爆弾を主な得物とし、さらに剣術も心得ている。 “炎のような色の髪”を持つ鬼狩りの剣士に殺されかけた過去を持ち、その雪辱と報復のため帝都に潜伏。討伐に来た煉獄をかつて自分を追い詰めた剣士だと認識し、激闘を繰り広げた。

Read Article

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

Read Article

蟲柱・胡蝶しのぶ(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『蟲の呼吸』を使う蟲柱。 薬学に精通しており、鬼殺隊の隊士たちの治療も行っている。炭治郎の同期の剣士である栗花落カナヲはしのぶの継子(弟子のようなもの)である。炭治郎たちにも大きく影響を与えた人物である。

Read Article

恋柱・甘露寺蜜璃(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

甘露寺蜜璃とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『恋の呼吸』を使う恋柱。 非常に惚れやすく、誰にでも胸をときめかせる。生まれつき力が強く、その力を生かす為に鬼殺隊へと入った。鬼殺隊の柱として刃を振るうものの、鬼への憎しみを持っていない為に炭治郎や禰󠄀豆子と良好な関係を築いている。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と必殺技が登場する。

Read Article

鬼滅の刃の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化され、その高いクオリティから世界的に人気となり、一大ブームを巻き起こした。 炭治郎は鬼舞辻無惨という鬼によって、家族を惨殺された上に妹の禰󠄀豆子を鬼にされた。禰󠄀豆子は強靭な精神力で人間を襲おうとしなかった。炭治郎は『鬼殺隊』という鬼を滅する組織へ入り、禰󠄀豆子を人間にする方法を探す。 この作品の特徴は、人間だけではなく敵である鬼も悲しみを抱えている所である。愛憎渦巻く名言が多数存在している。

Read Article

鬼滅の刃の大正コソコソ噂話・小ネタ・エピソードまとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家に生まれた少年・竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると、家族が惨殺されており、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』では、本編では語られなかった裏話や細かい設定が「大正コソコソ噂話」として紹介されている。本記事ではそれらの情報をまとめていく。

Read Article

キメツ学園(鬼滅の刃スピンオフ)のネタバレ解説まとめ

『中高一貫!!キメツ学園物語』とは、吾峠呼世晴による『鬼滅の刃』の公式スピンオフ漫画である。ジャンルはセルフパロディ、現代パロディ、学園パロディ、ギャグ。「中高一貫キメツ学園」を舞台に、『鬼滅の刃』のキャラクターたちが学生や教師としてユニークな現代風の設定で登場し、ドタバタの日常を繰り広げる。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の表紙・カバー下イラスト・扉絵・挿絵まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』の原作コミックスには、表紙のイラストの他、カバー裏や扉絵、話の合間など多くのイラスト・挿絵が描かれている。この記事ではそれらの絵をまとめていく。

Read Article

NEW

【最終回】鬼滅の刃の子孫・転生者まとめ【現代・未来】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 鬼滅の刃の原作最終回では平和になった現代の様子が描かれているが、そこでは登場人物たちの子孫や生まれ変わりと思われる人物が多数登場している。本記事では、それらのキャラクターについてをまとめていく。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説まとめ

『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

NEW

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(SAOアリシゼーションWoU)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は「アンダーワールド」と呼ばれる人工の異世界を舞台に、ヒロインであるアリスが主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちと共に、『ダークテリトリー』と呼ばれるその異世界の闇の領域に住む軍団と、それを裏から操る現実世界の侵略者たちの陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

LiSA(リサ)の徹底解説まとめ

LiSAとは、日本の女性歌手。「SACRA MUSIC」所属。2010年に「LiSA」名義でメジャーデビュー。翌年にソロデビューを果たす。アニソンアーティストとして活動しているが、ロック系フェスティバルへの出演、外国でのライブ公演と幅広い活動をしている。また自身の魅力をよりもっと作品へ反映させていくためのオリジナルブランド「YAEVA MUSIC」を立ち上げている。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)のネタバレ解説まとめ

『Angel Beats!』とは、Key所属のシナリオライター「麻枝准」が原作・脚本を手掛けたオリジナルアニメ作品である。全13話で、2010年にTBS系で放送された。 死後の世界の学園を舞台とし、「人生」をテーマとした青春アニメ。 テストや球技大会などの日常的な学園生活、銃火器や刀剣を用いた戦いを描く非日常な生活、登場人物の送った生前の理不尽な人生、この3つを柱にストーリーが展開されていく。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とは、ライトノベル『ソードアート・オンライン』を原作とするアニメである。 キリトは過去に因縁がある死銃事件の実行犯による襲撃を受け、昏睡状態に陥る。キリトが目覚めると、そこは現実世界とそっくりな仮想世界・アンダーワールドだった。彼はそこで出会った少年・ユージオと共に、世界の中心「セントラル・カセドラル」を目指す。 現実世界での極秘プロジェクトと仮想世界での事件がリンクする世界観で、冒険や絆、バトルを描くSFアクション系ファンタジー。

Read Article

目次 - Contents