サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER(平ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』(通称平ゼロ)とは『仮面ライダー』と並ぶ石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』の3作目のTVアニメ。サイボーグに改造されてしまった009こと島村ジョーがそれぞれ違った特殊能力を持つ仲間と共に世界中で暗躍する「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」と戦う。2001年10月から2002年10月まで全51話が放送された。

009(島村ジョー)

CV:櫻井孝宏

本作の主人公。ゼロゼロナンバーのリーダー的存在。母は日本人、父は国籍不明のハーフという設定をもつ。教会に預けられ、神父に育てられた。育ての親である神父がブラックゴーストによって殺害された際、犯人に間違えられて警察に追われていたところをブラックゴーストに拉致され、サイボーグに改造される。先に改造されていた8人のゼロゼロナンバーたちの技術を結集した完成体で、基礎能力は他のメンバーより高い。最大の特徴は奥歯に仕込まれた加速装置で、素早く動ける能力を利用し、敵地への潜入、武器を持った相手の無力化、精神・電磁波攻撃の回避など、様々な局面で活躍する。ただし使える回数には限りがあるのと、生身の人間を抱えたままの加速は不可能とされている(この点については設定が安定しないところがある)。0010や0013など後発のサイボーグにはより高性能な加速装置が搭載されたため、加速度が追い付かず苦戦を強いられることも多い。003とは相思相愛の仲。

001(イワン・ウイスキー)

CV:植田佳奈

0歳のロシア人。父親であるガモ・ウイスキー博士による脳改造によって成人の10倍の脳の働きをもつようになった結果、エスパー能力を身につけた人間の赤ん坊。もともとイワンは不治の病にかかった赤ん坊だった。ブラックゴーストに席を置くウイスキー博士がその当時計画されていたサイボーグのミュータント化の実験に自分の子であるイワンを使うことで生き永らえさせようとしていた。第一世代のサイボーグの一人であり、サイボーグ化されたあとはそれまで実験体コード001であったジェット・リンクにかわり、イワンが001となる。
メンバーの窮地を救う切り札的存在。彼らが解決しようと試みている事件に関し、重大なニュースが放映されていると、即座にみんなに知らせ警告を促す場面が見られる。脳の全領域を酷使しているため、その疲労は常人以上らしく、1か月が1日に相当し15日間眠っては15日間起き続けるという特異な生活リズムを持ち、ほとんど成長していない。しかしゼロゼロナンバーが窮地に立たされた際、目を覚まし仲間を救う場面もある。能力を酷使した後も疲れるためか眠ってしまう。
脳改造の結果、非常に高いIQを得ており、幅広い知識を常々吸収している。なお、改造されたのは脳だけであり、その他の身体能力は人間の赤ん坊そのままである。他者との意思疎通は基本的に、脳内へのテレパシーで行っている。

002(ジェット・リンク)

CV:森久保祥太郎

第一世代のサイボーグ。18歳のイタリア系アメリカ人。元はニューヨークのウエストサイドに住むストリートギャングのリーダーだったが、対立するグループのリーダーを刺す前にパトカーのサイレンを聞いて逃げたところを拉致された。
もともと実験体ナンバーは002ではなく001とされていたが、その後イワンの登場によって001ではなく002となる。
両脚部に埋め込まれた飛行ユニットによりマッハ5で空中を自在に飛ぶことができる。このため他の仲間を抱えて飛行・戦闘する場面も多い。高速飛行のためボディの軽量化が図られており、強度の面を多少犠牲にしている。仲間の中では009こと島村ジョー以外で唯一加速装置を持つが、初期型でその性能は009の加速装置には及ばない。直情的で攻撃的、不器用でやや短絡的なところもあるが、「地下帝国ヨミ」編では単身で魔神像の中に潜入した009を助けに行くなど、情に厚く、思い立ったら即行動に移すところもある。
お互いに意識し合っている009と003をこっそり見守ったり、誰にでも親切な009に対し、嫉妬を隠せない003を慰めようとする一面もある。
モデルはアメリカの俳優のジェームズ・ディーン。ジェット・リンクという名前は映画「ジャイアンツ」でジェームズ・ディーンが演じた役名をそのままもらって付けた。

003(フランソワーズ・アルヌール)

CV:雪乃五月

本作のヒロイン。ゼロゼロナンバーの紅一点のフランス人の19歳。
バレリーナを目指し、電子工学を専攻する少女だったが、ブラックゴーストに「バレエ団に入れる」と騙されて連れて行かれた。009とは年が近いが、彼女も第一世代のサイボーグであるので第二次世界大戦後から半世紀近く冷凍保存されている。ジャンという名の兄がいるが、フランソワーズがブラックゴーストに拉致されてしまってから長い年月が経ってしまっており、一度もあっていない。レーダー・センサー能力を保有しているので、索敵に向いており、戦闘中のナビゲーションを行ない、戦闘をサポートする。しかし長時間索敵を行うと身体に大きな負担がかかる。
普段はギルモア博士の下でイワンの世話をしたり、ウェイトレスとして張々湖の「中華飯店 張々湖」の手伝いもこなしている。心優しく争いを嫌う性格ゆえに、平和を乱す者と戦わねばならないことに苦しむ。009とは互いを意識しているが、誰にでも優しく接する009に対して嫉妬する姿を見せることもある。

004(アルベルト・ハインリヒ)

CV:飛田展男

第一世代のサイボーグ。東ドイツ出身30歳。恋人のヒルダと共にベルリンの壁を越え、東側から西側へと亡命しようとしていたが失敗する。ヒルダは亡くなり、ハインリヒは全身銃弾を浴び、瀕死になったところをブラックゴーストに誘拐され、身体をサイボーグへと変えられてしまう。生身の部分は生命維持のための最低限度のものしか残っていない。ヒルダからもらった指輪を大切にしており、0011との戦闘ではヒルダからもらった指輪が004の窮地を救った。
右手の指はマシンガン、左手は指手裏剣、手の甲はレーザーナイフ、眼球は照準眼、大腿部にマイクロミサイルを装備している。戦闘時は最前線で戦うことを主とするが、001の睡眠時には彼に代わりチームの参謀役としても活躍する。メンバーの中で最も改造箇所が多いため、肉体に対する思いも殊の外深く、己の体を含めコンピュータ制御など機械仕掛けのものを忌み嫌う傾向がある。
短編『機々械々』では、自分の能力を完全にコピーし、動きを予測しかつ疲労を感じない偽物と戦うが、相手が人間性を持たないがため、動きを予測されずにギリギリで勝利している。
主人公ではないが非常に人気の高いキャラであり、「機々械々」など彼のために用意されたストーリーがあったり、プワワーク人のビーナと恋愛に発展するなど、004に関する描写は本編全体を通して多い。

005(G.ジュニア)

CV:大塚明夫

鋼鉄の肉体をもち、千人力の力持ちと評されている。純粋なネイティブアメリカンの27歳。非常に大柄で、髪型はいわゆるモヒカン、顔には入れ墨と思われる赤い線がある。普段はスカーフや長袖を着こんでいるため人目に曝されることはないが、全身におびただしい数の経緯不明の傷跡が残っている。性格は穏やかで長らく自然の中で生活してきた。そのため大地や風など自然の声を感じ取る力に長けている。能力は機関銃も跳ね返す頑強な肉体と、素手で戦車の砲身を捻じ曲げるほどの怪力をもつ。一時期、研究が止まっていたサイボーグ計画が再開した際、最初に改造されたのがG・ジュニアであった。サイボーグがもつ最大の力を引き出すことというテーマで改造された彼は、その頑丈さで仲間の盾になったり、素手で隔壁をこじ開けたりと豪快な活躍をする。一方、半面敏捷性で劣るため、俊敏な敵には翻弄されることも多い。アメリカ国内を調査する際には同じアメリカ人である002と行動を共にすることがある。

006(張張湖)

CV:茶風林

中国人42歳。あだ名は「もぐら」であり、3000度の火を吹くことができる。体内に高圧縮エネルギー炉を内蔵し、高熱火炎(もしくは熱線)を口から放射する能力を持つ。その火炎は地面をも瞬時に溶融させ、地中行動も可能。この能力に対応できるよう肉体そのものも耐熱性に優れている。また地底探索機モングランを運転することもある。
中国でチェーン店を持つやり手の経営者だったが、パーティーの席で披露した宴会芸のせいで本店が焼失し、その後も不幸が畳み掛けてひっくり返ったところをブラックゴーストに拉致される。
どんな時でも口調は変わらず、マイペースなムードメーカー・ギャグメーカー。料理の腕前が非常に高く、普段は日本で中華料理店「中華飯店 張々湖」のオーナーシェフを務める。
ゼロゼロメンバーの中でも007ことグレート・ブリテンと並ぶ年長者であることから、メンバーたちにさりげない気遣いをするサポート役でもある。生来の陽気な性格や人生経験の豊富さからか、はたまたどん詰まりの人生からの出発であったためか、サイボーグ化されたことに対する苦悩は他のメンバーほどは描かれていない。

007(グレート・ブリテン)

CV:長島雄一

元は超一流のイギリスの舞台俳優の45歳。酒で身を持ち崩して役者としても駄目になっていたところをブラックゴーストに目をつけられて拉致され、改造された。度々シェイクスピアを引用し、非戦闘時には執筆業にいそしむ。006の中華料理店の共同経営者でもある。
能力は、でべそに仕込まれたスイッチを押すことで、自身の細胞の分子配列を変化させることができる。この機能により、他人はもちろん、消費財以外のあらゆるものに変身可能である。部分的な変身もでき、変身したモノの能力も再現できる。
諜報活動を得意とし、潜入調査から調略まで自在にこなす。
作中たびたび変身能力でボケを連発するが本来の性格は悲観的で時折シリアスでシニカルなことを言う一面も見せる。重たい過去を背負い、まじめな性格のゼロゼロナンバーたちの中では張張湖と共にボケとツッコミをし合って、笑いを取ろうとするムードメーカーである。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

仮面ライダービルド(Build)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダービルド』とは、2017年月から放送された、仮面ライダーシリーズの作品。平成仮面ライダーシリーズの第19作目。 全体的に物理学のモチーフが綴られた話になっている。 ストーリーは記憶を失った天才物理学者・桐生戦兎と、無実を証明する為に脱獄した脱走犯・万丈龍我のバディによる謎解きと、三国間の戦争などミリタリー要素が強く、シリアス要素が強い作品となっている。

Read Article

仮面ライダー(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。45年以上の長きにわたって、日本の等身大ヒーローの代表格であり続けるシリーズの1作目となる番組である。ショッカーによる改造手術を受けて、自らが望まぬ圧倒的な力を得てしまった本郷猛と一文字隼人は、仲間の力を借りつつ、仮面ライダーとして明日も知れぬ戦いに身を投じていく。「人類の自由と平和」のために。

Read Article

人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)のネタバレ解説・考察まとめ

『人造人間キカイダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。キカイダー/ジローは不完全な人造人間として創られたことに悩みつつも、生みの親である光明寺博士を探しだし、ミツコとマサルの兄弟を守るために、ダーク破壊部隊のロボットと戦う。生前、石ノ森章太郎はこの作品に対して『仮面ライダー』よりも思い入れがあると話していた。

Read Article

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

Read Article

仮面ライダー1号(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー1号』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』を原典とした映画。45年の時を経て、再び藤岡弘、が本郷猛として、仇敵の地獄大使が率いるショッカーと、そして新たな敵ノバショッカーと戦う。「偉人の魂」を駆使して戦う若きライダー、仮面ライダーゴーストは共闘の後に言う。「本郷猛は永遠の英雄」と。

Read Article

009ノ1(石ノ森章太郎)のネタバレ解説・考察まとめ

『009ノ1』(ゼロゼロナイン・ワン、ゼロゼロクノイチ)とは、1967年8月より1974年11月まで週刊漫画アクションで連載された石ノ森章太郎のSFスパイ・アクション作品。原作は漫画で、それを元にした映像作品が制作されている。サイボーグの女性を主人公として、当時の国際情勢のまま東西冷戦が続いていたと仮定している未来が舞台となっている。石ノ森章太郎が初めて青年向け漫画雑誌に掲載した作品で、性描写や救いのないストーリーがふんだんに盛り込まれた大人向けの作風が特徴である。

Read Article

ロボット刑事の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ロボット刑事』とは、1973年に放映されたテレビ番組の原作であり、『仮面ライダー』や、『サイボーグ009』で有名な石ノ森章太郎が描いたSF漫画でもある。 物語は、優れた科学技術で作られた謎のロボット「K」が、機械嫌いのベテラン捜査官・芝刑事とコンビを組んで、悪人にロボットを貸す謎の組織「R・R・K・K」の正体を追うというものである。 ロボットでありながら人間の心を持つKを中心に様々な名言が生まれている。

Read Article

仮面ライダーゴースト(Ghost)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゴースト』とは、生と死をテーマにした仮面ライダーシリーズの第17作目である。2015年10月4日から2016年9月25日まで放送された。 主人公のタケルは、眼魔と呼ばれる怪物に襲われて命を失う。その後、死後の世界にて仙人と出会ったタケルは、仙人の力によって幽霊として現世に復活した。タケルは15個揃うと願いが叶う眼魂を集め、生き返るために仮面ライダーゴーストとして戦う事となる。 命の尊さに向き合うタケルの姿や格好いい戦闘シーンなどから、子供たちを中心として人気を得た作品だ。

Read Article

目次 - Contents