サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER(平ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』(通称平ゼロ)とは『仮面ライダー』と並ぶ石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』の3作目のTVアニメ。サイボーグに改造されてしまった009こと島村ジョーがそれぞれ違った特殊能力を持つ仲間と共に世界中で暗躍する「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」と戦う。2001年10月から2002年10月まで全51話が放送された。

CV:加藤精三

001ことイワン・ウイスキーの父親。生まれたばかりであるイワンを妻の反対を押し切ってサイボーグに改造する。ブラックゴーストでは超能力研究に携わっていた。自分の研究にしか興味を持たず、自分の息子ですら実験の対象になりうるとギルモア博士から非難をされる。また息子であるイワンですら「父親と思っていない」と言われてしまう。しかしガモ・ウイスキーがサイボーグ研究に携わるきっかけとなったのは、不治の病にかかっている息子のイワンを死なせたくない思いが動機になっていた。

エリカ・ウイスキー

CV:よのひかり

ガモ・ウイスキーの妻で001=イワンの母。平ゼロ版では息子を改造しようとする夫を止める場面にのみ登場する。ブラックゴーストの研究方針は超能力研究からサイボーグ化計画に移行しようとしていたため、ガモ・ウイスキーは研究予算が下りるようにと息子を改造し、ブラックゴーストのサイボーグ化計画に組み込もうとしていた。平ゼロ版の劇中には具体的な描写はなかったが、エリカはイワンを改造したい夫に騙される形で旅行に行かされており、途中で嫌な予感がして引き返すもすでに遅く、帰ってきた時にはイワンは改造直後であった。結果的に我が子をモルモットにした夫を非難し、息子を連れて警察に行こうとするも、研究成果を奪われまいとする夫に撲殺されてしまうという設定がある。

パル

CV: 常盤祐貴

侵略者に追われて仲間とやってきた異次元人。仲間とはテレパシーで会話をすることができるので、最初は何も話さず、無表情だった。心にイメージした物体を具現化して操る能力を持っており、他者を傷つければ死んでしまうと思い込まされていた。自分たちの身は自分たちで守らなければならないと行動をともにした002から諭され、ゼロゼロナンバーたちと共に侵略者を撃退する。しかし他人に危害を加えることを躊躇していたパルたちが戦うこと、他人を傷つけることを知り、そして心優しさを失ってしまった様子を見て、003は「本当にこれでよかったのだろうか」と危惧を抱く。

アリス

CV: 山下夏生

第37話「星祭りの夜」に登場した少女。幼い頃のジョーと交わした約束を叶えるために大人になったジョーの前に現れ、時間と時間をつなげる力があるという以外、謎に包まれている少女。怪しげな2人組の男に追われているとジョーの前では言っていたが、ジョーと別れた後に彼女を追っていた2人の男たちと接触している。なおアリスを追っていた2人の男たちは、「過去が変わってはよくないからジョーの記憶を書き換えた」とアリスに言うと、「記憶はなくなっても、気持ちはなくならない」と返事をした。

スカール

CV:若本規夫

ブラックゴーストの最高幹部の1人で表向きの総統。髑髏を連想させる黒いヘルメットとマントを身につけており、ゼロゼロナンバーたちの能力をはるかに上回るサイボーグでもある。脳細胞を含む大部分の体内組織を大幅に改造しており、着脱可能な腕にヤリ、腹部に砲口を内蔵し、口からは溶解液を吐き、脳は胴体に内蔵されている。そのため頭部を破壊されても行動に支障をきたさない。命令通りにできない部下は平然と切り捨てる冷酷さがある。
第48話では魔神像の中に潜入した009との戦いに固執したあまり、魔神像の内部を破壊しすぎたため総統の逆鱗に触れ、処刑された。

茨木進一

CV:千葉 一伸

ジョーの幼馴染で、勝、メリーと共に神父の元で育つ。バン・ボグートが会長を務める「三友工業」で働いているが勝、メリーと共にサイボーグにされてしまう。身体中に銃口が埋め込まれ、マシンガンを発射する。自分たちが改造される原因となった009=ジョーを恨んでいたが、ジョーへの友情も忘れておらず、爆発の際はジョーを巻き込ませないために体当たりをして遠ざけ、勝、メリーと共に死ぬ。

小山田勝

CV:小伏伸之

ジョーと共に教会で一緒に育った幼馴染。鉄道模型を作るのが趣味。バン・ボグートが会長を務める「三友工業」でメリーと進一とともに働いているが、腹部と背中に牙のようなものを出す仕様のサイボーグに改造されている。バン・ボグートの刺客としてメリーと進一と共にジョーの前に立ちはだかるが、進一と違い、ジョーを憎んでおらず、戦う意思もなかった。そのため、最後にはメリーと進一とともにジョーを守るために自爆する道を選ぶ。

メリー・小野寺

CV:本田貴子

ジョーと共に教会で一緒に育った幼馴染。幼い頃は泣き虫だったらしい。バン・ボグートが会長を務める「三友工業」で勝と進一とともに働いているが、身体はサイボーグと化し、獣のように四足歩行となる。バン・ボグートから進一、勝とともにジョーに刺客として遣わされるがジョーと戦うつもりはなかった。むしろジョーには好意を抱いていた。最後には進一、勝とともにジョーを守るために自爆する道を選ぶ。

バン・ボグート

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

仮面ライダービルド(Build)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダービルド』とは、2017年月から放送された、仮面ライダーシリーズの作品。平成仮面ライダーシリーズの第19作目。 全体的に物理学のモチーフが綴られた話になっている。 ストーリーは記憶を失った天才物理学者・桐生戦兎と、無実を証明する為に脱獄した脱走犯・万丈龍我のバディによる謎解きと、三国間の戦争などミリタリー要素が強く、シリアス要素が強い作品となっている。

Read Article

仮面ライダー(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。45年以上の長きにわたって、日本の等身大ヒーローの代表格であり続けるシリーズの1作目となる番組である。ショッカーによる改造手術を受けて、自らが望まぬ圧倒的な力を得てしまった本郷猛と一文字隼人は、仲間の力を借りつつ、仮面ライダーとして明日も知れぬ戦いに身を投じていく。「人類の自由と平和」のために。

Read Article

人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)のネタバレ解説・考察まとめ

『人造人間キカイダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。キカイダー/ジローは不完全な人造人間として創られたことに悩みつつも、生みの親である光明寺博士を探しだし、ミツコとマサルの兄弟を守るために、ダーク破壊部隊のロボットと戦う。生前、石ノ森章太郎はこの作品に対して『仮面ライダー』よりも思い入れがあると話していた。

Read Article

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

Read Article

009ノ1(石ノ森章太郎)のネタバレ解説・考察まとめ

『009ノ1』(ゼロゼロナイン・ワン、ゼロゼロクノイチ)とは、1967年8月より1974年11月まで週刊漫画アクションで連載された石ノ森章太郎のSFスパイ・アクション作品。原作は漫画で、それを元にした映像作品が制作されている。サイボーグの女性を主人公として、当時の国際情勢のまま東西冷戦が続いていたと仮定している未来が舞台となっている。石ノ森章太郎が初めて青年向け漫画雑誌に掲載した作品で、性描写や救いのないストーリーがふんだんに盛り込まれた大人向けの作風が特徴である。

Read Article

仮面ライダー1号(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー1号』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』を原典とした映画。45年の時を経て、再び藤岡弘、が本郷猛として、仇敵の地獄大使が率いるショッカーと、そして新たな敵ノバショッカーと戦う。「偉人の魂」を駆使して戦う若きライダー、仮面ライダーゴーストは共闘の後に言う。「本郷猛は永遠の英雄」と。

Read Article

仮面ライダーゴースト(Ghost)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゴースト』とは、生と死をテーマにした仮面ライダーシリーズの第17作目である。2015年10月4日から2016年9月25日まで放送された。 主人公のタケルは、眼魔と呼ばれる怪物に襲われて命を失う。その後、死後の世界にて仙人と出会ったタケルは、仙人の力によって幽霊として現世に復活した。タケルは15個揃うと願いが叶う眼魂を集め、生き返るために仮面ライダーゴーストとして戦う事となる。 命の尊さに向き合うタケルの姿や格好いい戦闘シーンなどから、子供たちを中心として人気を得た作品だ。

Read Article

ロボット刑事の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ロボット刑事』とは、1973年に放映されたテレビ番組の原作であり、『仮面ライダー』や、『サイボーグ009』で有名な石ノ森章太郎が描いたSF漫画でもある。 物語は、優れた科学技術で作られた謎のロボット「K」が、機械嫌いのベテラン捜査官・芝刑事とコンビを組んで、悪人にロボットを貸す謎の組織「R・R・K・K」の正体を追うというものである。 ロボットでありながら人間の心を持つKを中心に様々な名言が生まれている。

Read Article

仮面ライダーX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーX(エックス)』とは、特撮テレビシリーズ「仮面ライダー」、「仮面ライダーV3」に続くシリーズ第3弾のタイトルであり、同時に主人公の名前でもある。秘密組織「GOD]が送り出す怪人たちと戦いながら、人々を守る仮面ライダーXの活躍を描くヒーロー物である。スマートなビジュアル、変化に富んだストーリー作り、シリーズ初のアンチヒーローや巨大ロボットが登場することなど、挑戦的な試みにあふれた意欲作である。1974年に、全35話が放映された。

Read Article

『BLEACH』の久保帯人「新しい009のアニメはキャラの魅力がスポイルされてる」【009】

石ノ森章太郎のSF漫画『サイボーグ009』を現代の技術でアニメ化した2012年公開の映画『009 RE:CYBORG(リ・サイボーグ)』について、『BLEACH』の作者の久保帯人は「新しい009のアニメひっでえな。009に特に思い入れの無い俺が言うのもアレだけど、キャラの外見的な魅力が徹底的にスポイルされてる。」と自身のTwitterアカウントで言及した。

Read Article

目次 - Contents