仮面ライダージオウ(Kamen Rider Zi-O)のネタバレ解説まとめ

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

『仮面ライダージオウ』の概要

出典: www.toei.co.jp

『仮面ライダージオウ』は、平成仮面ライダーシリーズ20作品記念作品かつ、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。仮面ライダージオウのデザインは時計がモチーフになっており、目の部分に「ライダー」の文字が入っているのが印象的だ。

ジオウは平成仮面ライダーシリーズ1作目「仮面ライダークウガ」から、19作目「仮面ライダービルド」の時代を行き来する。歴代ライダーの力を借り、時間改変を企むタイムジャッカーや契約によって生み出されたアナザーライダーと戦う。

なお歴代ライダーの力を借りるライダーや、タイムトラベルをするライダーならば、過去にも存在した。しかしジオウは過去のライダーとは一線を画し、壮大なスケールで描かれている。

平均視聴率は3.0%。売上は245億円で歴代平成ライダーの中で6番目に高い数値を誇る。歴代ライダーが登場した回はネットを中心に盛り上がり、特に釈由美子が出演した回ではTwitterを中心に大きな話題となった。

『仮面ライダージオウ』のあらすじ・ストーリー

出典: www.toei.co.jp

ソウゴがゲイツに追いかけられている中、タイムマシーンで彼を助けるツクヨミ

ある日突然、見知らぬ男女2人から「最低最悪の魔王になる」と言われたらどうするだろうか?普通ならば何のことかわからず、軽くあしらうだけで済ませるだろう。しかし常磐ソウゴに限っては、これから始まる壮大な物語の扉を開ける鍵となった。

「最低最悪の魔王になる」と告げたのは、2人の男女だ。2人は2068年の世界において、世界を恐怖のどん底に叩き落し支配しているオーマジオウに対抗していたレジスタンスだ。しかしどんなに手を尽くしても、オーマジオウには敵わない。ミサイルを用いて攻撃しても、軽くあしらわれてしまう。そこで、レジスタンスの一員である明光院ゲイツとツクヨミは50年前の2018年にタイムスリップ。まだ力に目覚めていないオーマジオウを消すのが目的だ。まだ力に目覚めていないオーマジオウの正体こそが、常磐ソウゴである。

ソウゴは、光ヶ森高校に通う何処にでもいる高校3年生。大叔父が経営している時計店「クジゴジ堂」に住んでいる。唯一他の男子高校生と違う点を挙げるとすれば、「将来は王様になること」だろう。進路希望にも「王様」と掲げており、本人は至って本気である。そしてもう1つ違う点は、彼の前に謎のウォッチことブランクウォッチが出現したことだろう。ブランクウォッチは、後々ソウゴの運命を大きく変えることになる。

明光院ゲイツは将来のオーマジオウである常磐ソウゴを亡き者にするため、執拗に追いかける。ソウゴをゲイツから救ったのが、ツクヨミだ。彼女はソウゴをタイムマシンであるタイムマジーンに乗せて、白亜紀の恐竜時代や江戸時代にタイムスリップする。ゲイツは将来のオーマジオウであるソウゴを抹殺して歴史を変えるため、ツクヨミはソウゴがオーマジオウの力を手に入れないように阻止するためにやって来た。

しかし未来からの訪問者は、ゲイツとツクヨミだけではない。「逢魔降臨歴」と書かれた本を持ち、幾度となくソウゴの前に現れるウォズが登場。「逢魔降臨歴」は、ソウゴが魔王になるまでの行程が書かれている本だ。ウォズ「逢魔降臨歴」を元にして予言を発し、ソウゴをサポートする。ゲイツとツクヨミが「最悪の未来を変えるため」を目的しているのに対し、彼は正しい歴史を導くためにやって来た。

そしてタイムジャッカーのウールである。ウールは10代の少年の姿をしている。彼は2017年の世界において、バスケットボール選手と契約を結びアナザービルドを生み出した。アナザービルドは、もう1つの仮面ライダービルドだ。しかし本来の仮面ライダービルドの変身者である桐生戦兎以外の人物が変身しているため、仮面ライダーが怪人化したような姿となっている。

タイムジャッカーは2068年ではなく、別の未来からやってきた。西暦何年から来たとという訳ではない。タイムジャッカーはウールの他に、若い女性のオーラ、背の高い男性のスウォルツがいる。彼等の目的は、本来の仮面ライダー変身者とは別の者を仮面ライダーに仕立て上げることで、オーマジオウとは別の王を擁立することだ。つまり契約によってアナザービルドに変えられたバスケットボール選手は、新たな魔王候補ということになる。

アナザービルドは、2018年になっても次々とスポーツ選手を襲い続ける。襲われたスポーツ選手の中には、ソウゴの友人の姿もあった。ソウゴは友人を助けるため、そして多くの人を救うために最高最善の魔王になることを決意。するとソウゴが持っていたウォッチが反応し、ライダーの力が入った「ライドウォッチ」に変化した。ライドウォッチに変化したのを目撃したウォズは、ソウゴに仮面ライダーに変身するための変身ベルト、ジクウドライバーを差し出す。ジクウドライバーを手にしたソウゴは、ライドウォッチをドライバーに装着。そしてドライバーとウォッチの力で、仮面ライダージオウに変身することができた。

仮面ライダージオウに変身したことにより、アナザービルドを撃破。しかし、倒したはずのアナザービルドは再び出現し、スポーツ選手を襲い続けていた。アナザービルドを倒すには、本来の仮面ライダービルドである桐生戦兎の力を借りるしかないと踏んだソウゴ。ソウゴは桐生戦兎の元へ向かうものの、当の本人は仮面ライダーだった時の記憶が消えていた。そして戦兎と一緒にいた万丈龍我も、自身が仮面ライダークローズだったという記憶がない。

アナザービルドが誕生したことにより、アナザービルドが本来の仮面ライダービルドとして君臨したことになる。つまり本来の仮面ライダービルドは最初からいなかったことになるため、記憶が消えていたのだった。また仮面ライダークローズは、桐生戦兎が作り上げた変身ベルトによって変身することができる。仮面ライダービルドがいなかったら、仮面ライダークローズもいなくなるので、龍我の記憶も一緒に消えていたのだった。

しかしゲイツがアナザービルドを撃破したと同時に、戦兎と龍我の記憶が蘇った。記憶が戻ると、戦兎の手にはビルドウォッチが握られていた。戦兎はソウゴに「過去の俺によろしくな」と伝えて、ビルドウォッチを渡す。ソウゴは戦兎の言葉をヒントにタイムマジーンに乗り、ゲイツと共に2017年へとタイムスリップ。2017年はアナザービルドが誕生した年だ。

2017年で暴れるアナザービルド。アナザービルドを食い止めるために戦兎と、龍我が立ちはだかる。見たことがない怪人(アナザービルド)に戸惑うものの、2人は仮面ライダービルドとクローズに変身。対戦するも変身が安定せず、苦戦する。そこで登場したのが、2018年からやって来たソウゴとゲイツだ。ソウゴとゲイツはビルドとクローズと共にアナザービルドと戦う。しかし対戦途中で、ビルドとクローズの変身は遂に消えてしまった。

ソウゴは2018年に戦兎から譲り受けたビルドウォッチを使おうとする。するとウォズから「勝利からそれ相応の責任が伴う。その覚悟がおありか?」と警告されるものの、ソウゴは何の躊躇もなくビルドウォッチを使用。すると仮面ライダービルドを模した鎧、ビルドアーマーが出現。ビルドアーマーはジオウの体に装着され、仮面ライダージオウ・ビルドアーマーへと変身した。仮面ライダージオウ・ビルドアーマーは仮面ライダービルドを力を使うことができる。ビルドの力を用いて、ソウゴは見事アナザービルドを完全に討ち取ることができた。しかしビルドアーマーを使った代償に、戦兎と龍我は仮面ライダーの記憶と変身能力を失った。ウォズの予言が的中したのだった。

ツクヨミはソウゴがゲイツやツクヨミを助けたことにより、本当にオーマジオウになるのか疑問に持つ。そこで本当にオーマジオウになるかどうかを見極めるため、常磐ソウゴと共にクジゴジ堂で暮らすことになった。

仮面ライダーディケイド・門矢士の登場

出典: www.tv-asahi.co.jp

ライドウォッチを集めていた最中に遭遇したのが、門矢士である。門矢士は2009年に活躍した仮面ライダーディケイド。彼はタイムジャッカーに味方する一方で、ソウゴ達にも力を貸し、不審な行動を取る。

白ウォズの登場

出典: www.kamen-rider-official.com

ソウゴ達の前に、歴代ライダーのアナザーライダーとは別のアナザーライダーが登場。歴代ライダーについて熟知しているウォズにも、出現したアナザーライダーの正体がわからない。謎のアナザーライダーの正体は、未来の仮面ライダーを元にして産み出された者だった。本来の歴史では、ソウゴが最低最悪の魔王に君臨し、他のライダーがいなくなるはずだった。しかし未来のライダーが登場したということは、確実に本来歩むべきだった未来とは違う方向を進んでいる。

未来のアナザーライダーに翻弄されている中、登場したのがもう1人のウォズである。彼は「オーマジオウがいない未来」から来た人物で、「オーマジオウが君臨している未来」から来たウォズとは別人だ。もう1人のウォズはゲイツを「我が救世主」と呼び、ゲイツはオーマジオウを倒し最高最善の未来になったことを告げる。そしてゲイツをサポートするために、仮面ライダーウォズへ変身。未来のアナザーライダーを撃破した。

2019年の世界に2人のウォズが存在することになるため、最初からソウゴに仕えていた方のウォズを「黒ウォズ」とし、新たに出現したウォズの方を「白ウォズ」とわける。白ウォズはゲイツに、魔王であるジオウを倒すためのパワーアップアイテム「ゲイツリバイブ」を授ける。しかしゲイツリバイブはなぜか反応しない。白ウォズが言うには、「ジオウを倒す決意が未だに揺らいでいるから反応しない」とのことだった。

ツクヨミはソウゴは魔王になることを確信し、既にクジゴジ堂を出ている。でもゲイツはソウゴに対して友情が芽生え決心がつかないでいたものの、”ある事故”を目撃したことがきっかけとなり、ゲイツはソウゴを倒す決意を固める。ある事故とは、10年前に発生したソウゴが巻き込まれたバスツアー事故だ。ゲイツは、バスの中で「ソウゴ!」と叫び銃を向けるツクヨミを目撃する。そしてツクヨミとソウゴを乗せたバスは、爆発炎上してしまった。ツクヨミは自らの命をかけて、ソウゴを亡き者にしようとしていたのだ。

ツクヨミの覚悟を目撃したゲイツは、ソウゴを倒す決心を固めソウゴの元を離れる。ゲイツの決心にゲイツリバイブは反応し、見事に仮面ライダーゲイツリバイブへ変身することができた。ゲイツリバイブの力は強力で、アナザージオウはもちろん、黒ウォズの力も凌駕していた。

加古川飛流とソウゴと10年前のバス事故

ある日、かつてのアナザーライダー契約者が襲撃される事件が発生する。ソウゴ・ゲイツ・白ウォズが参戦するも、全く歯が立たない。加古川飛流はソウゴに強い恨みを抱いていた様子だったが、当のソウゴは飛流が何処の誰か皆目検討がつかない。

ツクヨミは加古川飛流について調べるために、10年前の過去へとタイムスリップする。加古川飛流とソウゴの共通点は、10年前に発生したバス事故に隠されていると睨んだからだ。10年前にタイムスリップしたツクヨミは、ソウゴが入院していた病院に訪れる。病院にいたのは子供の頃のソウゴと順一郎、そして加古川飛流の姿もあった。加古川飛流とソウゴの共通点は、同じバスツアー事故の被害者同士だった。

ツクヨミはバス事故を詳しく調査するために、ソウゴと飛流が乗車していたバスに乗り込む。バスを運転していたのは門矢士だ。バスを運転している最中に、スウォルツが現れた。バスツアーはスウォルツが仕組んだ罠で、王の候補者を集めるためだったのだ。王の候補者となる人物は、西暦2000年に誕生した者。スウォルツは王の候補者を絞り込むために、「死をかけた試練」を与える。バスのコントロールはきかなくなり、車内は大パニックだ。

スウォルツを止めるために立ち上がったのが、当時少年だったソウゴだ。しかし少年ソウゴに止められるはずはない。ツクヨミは少年ソウゴを助けるために、「ソウゴ!」と叫びスウォルツに銃を向ける。ゲイツが見たのは、ツクヨミがスウォルツに銃を向けている所だったのだ。バスが爆発炎上する前、ソウゴを含む王の候補者達は未来の世界にタイムスリップする。未来では、オーマジオウの配下であるダイマジンが街を破壊していた。未来の世界において、少年ソウゴにスウォルツは「王になる資格がある」と語りかける。スウォルツは、ソウゴが王様になる夢を持つきっかけを与えた人物だった。

バスは結果的に爆発炎上し、ソウゴや飛流の両親の命を奪うことになった。彼は、両親が事故で亡くなったのは、ソウゴにあると強い恨みを抱いていたのだった。そこでスウォルツからアナザージオウのウォッチを手渡され、ソウゴをおびき寄せるために、アナザーライダーの契約者を襲撃したのである。

ソウゴ VS ゲイツ

ソウゴとゲイツは決着をつけるために、決戦の地へと赴く。黒ウォズは2人の対決をなんとしてでも止めるため、タイムジャッカーの1人であるウールの協力の元、白ウォズから仮面ライダーの力を奪った。そして黒ウォズ自らが仮面ライダーウォズへと変身し、ゲイツと対決する。しかしゲイツリバイブの力はあまりにも強大で、仮面ライダーに変身しても太刀打ちできなかった。しかしゲイツリバイブの変身は、ゲイツの体をボロボロにする。抑え込むことはできなかったものの、ウォズはゲイツに一矢報いることができたのだった。

一方ソウゴもゲイツとの決着をつけるために、決戦の地へと向かっていた。決戦の地へ向かう途中で出くわしたのが、飛流と大勢のアナザーライダー達だ。飛流はウールと共に黒ウォズに協力しつつ、味方を増やすために、アナザーライダーを次々と生み出していたのだった。アナザーライダー達に立ち向かいボロボロになるソウゴだが、決死の思いで決戦の地へと赴く。

ソウゴもゲイツもボロボロ状態のままで、決着をつけることになる。ゲイツがソウゴを倒そうとする時は、ソウゴが魔王になり世界を滅ぼすと確信したため。だからこそ、ソウゴはゲイツとの決着を引き受けたのだ。ゲイツの中で、再びソウゴに対して友情が芽生える。しかし2人が今正に決着をつけようとしていた矢先に、飛流とアナザーライダー達が乱入する。

ゲイツとソウゴは、見事過ぎる連携プレーでアナザーライダーと飛流の撃破に成功した。飛流撃破後、ソウゴはゲイツに戻ってきてほしいことを懇願する。ツクヨミもソウゴは倒すべき相手ではないと確信。3人は再びクジゴジ堂へと戻ってきた。クジゴジ堂にはソウゴ・ゲイツ・ツクヨミ、そしてもう1人黒ウォズが居候することになる。

新たな未来へ

ゲイツがソウゴを倒すことはなくなり、白ウォズが描いていた未来は完全に失われた。望む未来が来ないのならば破壊するしかないと考えた白ウォズは、スウォルツ協力の元、栗原天音という女性をアナザーブレイドに仕立て上げた。彼の目的は2人のジョーカーを引き合わせ、世界を破壊することだ。

かつて、「アンデッド」と呼ばれる者達が地球の覇権を争うために戦ってきた。勝者となった者は1万年は、地球の覇権を握ることになる。前回の優勝者は人間の祖であるヒューマンアンデッドだったため、人間が覇権を握ることになった。しかしもし勝者がジョーカーアンデッドになった場合、地球上にいる生物はダークローチと呼ばれる生物に滅ぼされることになる。

ジオウが登場するより数えて14年前、ジョーカーアンデッドである相川始が勝者となり、世界は破滅へと突き進んでいた。何をどうしても、世界の破壊を止めることができない。そこで仮面ライダー剣である剣崎一真は、仮面ライダー剣キングフォームを乱発することにより、自らジョーカーに変化する。一真自らがジョーカーになったことにより、覇権争いは続いていることになる。覇権争いが続く限り、世界は滅ぼされることはない。ジョーカーになった一真は始と戦わないようにするため、姿を消した。

そして14年後、白ウォズの策略によって一真と始は戦うことになる。アナザーブレイドになった栗原天音は、かつて始が懇意にしていた少女だ。アナザーブレイドは2人を引き寄せるため、そして2人からジョーカーの力を吸い取って新たなジョーカーとなり、世界の破壊するのが白ウォズの計画だ。

しかしソウゴは、白ウォズが起こした行動に納得がいかない。「望む未来が来ないのなら自分で作れば良いじゃないか」と、説得する。ソウゴの言葉に突き動かされた白ウォズは、トリニティウォッチを手渡した。トリニティウォッチは、ジオウⅡとゲイツリバイブと白ウォズの中にあるライダーの力が反応して、誕生したウォッチだ。ソウゴはトリニティウォッチを使い、仮面ライダージオウトリニティに変身。ソウゴとゲイツと黒ウォズの3人が合体して変身した姿である。そしてジオウトリニティの力によって、アナザーブレイドを撃破することができた。

トリニティウォッチを見事に使いこなしたソウゴを見て、白ウォズは未来は無限に広がっていることを悟る。白ウォズが望む未来は来なくなったものの、黒ウォズでも知らない未来が待ち受けている。白ウォズはスウォルツに警戒するように伝えた後、静かに消滅していった。

グランドジオウへの変身

出典: www.kamen-rider-official.com

途中で激しい対立があったものの、ソウゴとゲイツとツクヨミは歴代平成ライダーのウォッチを集め続ける。そしてついに最後のウォッチである電王ライドウォッチを手にし、ソウゴは「グランドジオウ」へと変身することができた。グランドジオウであれば、世界のどん底に叩き落したオーマジオウとも対等に戦える。

オーマジオウは、ソウゴが最低最悪の魔王になった姿だ。ゲイツとツクヨミの未来を守るために幾度か対立をしたものの、全く歯が立たない。でもグランドジオウの力があれば、オーマジオウとも対等に戦える。しかしグランドジオウでもオーマジオウには敵わなかった。

最終決戦へ

出典: www.henshin-hero.com

オーマジオウと対戦の最中に時空が変わり、ソウゴは別の2019年の世界へ飛ばされる。別の2019年では、アナザージオウこと加古川飛流が魔王として君臨。ゲイツとツクヨミ、唯一の肉親である常磐順一郎はソウゴの記憶がない。ウォズはソウゴの記憶を持っていたものの、加古川飛流の元に仕えていた。しかし記憶が消えていたとは言え、仲間達の絆が壊れる訳がない。仮面ライダーディケイドである門矢士の助けもあり、見事アナザージオウを打ち取ることができた。

しかしアナザージオウ討伐の裏で、タイムジャッカーの1人であるスゥオルツは不審な動きをする。門矢士の仮面ライダーディケイドの力を奪い取り、自らがアナザーディケイドとして立ち塞がる。スゥオルツはソウゴ達が集めていたライドウォッチを破壊し、ライダーの世界を1つに統合することで、世界の崩壊を企んでいたのだった。

世界の崩壊を防ぐために、ソウゴ・ゲイツ・ツクヨミ・ウォズが立ち上がる。しかしアナザーディケイドの力は想像以上で、ソウゴの目の前で仲間達が次々と倒されてしまった。ソウゴは世界を救うため、決死の思いでオーマジオウに変身。アナザーディケイドを打ち破り、新たな王へと君臨することができた。しかし仲間達が既にいない場所で王になるのは、無意味なことである。ソウゴはオーマジオウの力を使い、新たな世界を作り変えた。

新たなる世界での2018年、常磐ソウゴはごく普通の高校生である。同じ学校に通うゲイツやツクヨミと共に、青春を満喫していた。

TANK
TANK
@TANK

Related Articles関連記事

仮面ライダービルド(Kamen Rider Build)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダービルド』とは、2017年月から放送された、仮面ライダーシリーズの作品。平成仮面ライダーシリーズの第19作目。 全体的に物理学のモチーフが綴られた話になっている。 ストーリーは記憶を失った天才物理学者・桐生戦兎と、無実を証明する為に脱獄した脱走犯・万丈龍我のバディによる謎解きと、三国間の戦争などミリタリー要素が強く、シリアス要素が強い作品となっている。

Read Article

仮面ライダー1号(Kamen Rider 1)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダー1号』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』を原典とした映画。45年の時を経て、再び藤岡弘、が本郷猛として、仇敵の地獄大使が率いるショッカーと、そして新たな敵ノバショッカーと戦う。「偉人の魂」を駆使して戦う若きライダー、仮面ライダーゴーストは共闘の後に言う。「本郷猛は永遠の英雄」と。

Read Article

仮面ライダークウガ(Kamen Rider Kuuga)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

仮面ライダー(Kamen Rider、Masked Rider)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。45年以上の長きにわたって、日本の等身大ヒーローの代表格であり続けるシリーズの1作目となる番組である。ショッカーによる改造手術を受けて、自らが望まぬ圧倒的な力を得てしまった本郷猛と一文字隼人は、仲間の力を借りつつ、仮面ライダーとして明日も知れぬ戦いに身を投じていく。「人類の自由と平和」のために。

Read Article

サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER(平ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』(通称平ゼロ)とは『仮面ライダー』と並ぶ石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』の3作目のTVアニメ。サイボーグに改造されてしまった009こと島村ジョーがそれぞれ違った特殊能力を持つ仲間と共に世界中で暗躍する「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」と戦う。2001年10月から2002年10月まで全51話が放送された。

Read Article

仮面ライダーディケイド(Kamen Rider Decade)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダーディケイド』は『平成仮面ライダーシリーズ』10作目の作品にして異色作と呼ばれる。門矢士/仮面ライダーディケイドは「世界の破壊者」と作中で呼ばれ、数々の並行世界を駆け抜けていく。その先にあるのは救済なのか、破滅なのか。それまでの平成ライダー世界を再構成(リ・イマジネーション)する作風は賛否両論を浴びつつも、多くの派生作品でも重要な役割を果たす、欠くことのできない存在である。

Read Article

仮面ライダーBLACK(Kamen Rider Black)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダースーパー1』終了から6年振りのテレビシリーズのコンセプトは「原点回帰」。 「仮面ライダー0号」と位置付け、主要スタッフの大幅な刷新を行い、これまでとは全く違ったスタイルの仮面ライダー像を得た。漆黒のボディの自由の戦士は、30年を経た今もなお、我々を魅了する。 人間文明破壊をたくらむ暗黒結社ゴルゴムに対し、南光太郎が仮面ライダーBLACKへと変身し、その身と青春をかけ戦う。

Read Article

仮面ライダーG(Kamen Rider G)のネタバレ解説まとめ

仮面ライダーGはテレビ『SmaSTATION!!Presents SMAP☆がんばりますっ!!』の企画「SMAPチャレンジ」の1つ。SMAPの稲垣吾郎の「幼少時の憧れであった仮面ライダーになってみたい」という要望を石森プロと平成仮面ライダーの製作スタッフの全面協力のもと実現したヒーローの名称である。 武装組織「シェード」に誘拐され、改造人間となった五郎が仮面ライダーGとなってシェードと戦う物語。

Read Article

人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)のネタバレ解説まとめ

『人造人間キカイダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。キカイダー/ジローは不完全な人造人間として創られたことに悩みつつも、生みの親である光明寺博士を探しだし、ミツコとマサルの兄弟を守るために、ダーク破壊部隊のロボットと戦う。生前、石ノ森章太郎はこの作品に対して『仮面ライダー』よりも思い入れがあると話していた。

Read Article

仮面ライダーV3(Kamen Rider V3)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダーV3』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。『仮面ライダーシリーズ』の人気を定着させた作品である。ショッカー・ゲルショッカーの後継組織であるデストロンの魔の手から人々の自由と平和を守るために、風見志郎/仮面ライダーV3が悪の怪人と闘い続ける。登場人物は前作『仮面ライダー』から一部引き継がれ、前作と同様、もしくはそれ以上の人気を獲得する作品となった。

Read Article

仮面ライダーZX(仮面ライダーゼクロス、Kamen Rider ZX)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダーZX』は、10番目の仮面ライダーの名称と、それに関連する企画を総称したもの。「バダン」の野望を止めるべく、仮面ライダーZXは戦う。1982年~1984年にかけて、雑誌でのグラビア連載や、『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』で登場した。仮面ライダーの中ではやや影が薄かったものの、漫画『仮面ライダーSPIRITS』で主人公として選ばれたことで知名度や人気が向上することとなった。

Read Article

仮面ライダーエグゼイドのライダーガシャットまとめ

『仮面ライダーエグゼイド』とは「ゲームスタート!」「ノーコンティニューで運命を変えろ!!」がキャッチコピーの平成仮面ライダーシリーズ第18作目。 病院を舞台にゲーム要素が盛り込まれており、ライダーガシャットと呼ばれるキーアイテムが存在する。ガシャットは各ライダーが基本形態や強化形態に変身する際に使用するものと、「ゲーマ」と呼ばれるサポートユニットを召喚するものに分類される。

Read Article

ロボット刑事の名言・名セリフまとめ

『ロボット刑事』とは、1973年に放映されたテレビ番組の原作であり、『仮面ライダー』や、『サイボーグ009』で有名な石ノ森章太郎が描いたSF漫画でもある。 物語は、優れた科学技術で作られた謎のロボット「K」が、機械嫌いのベテラン捜査官・芝刑事とコンビを組んで、悪人にロボットを貸す謎の組織「R・R・K・K」の正体を追うというものである。 ロボットでありながら人間の心を持つKを中心に様々な名言が生まれている。

Read Article

まさかの超高額商品も!プレミアムバンダイ注目の仮面ライダーフィギュア6選!

これまでもプレミアムバンダイのサイトから注目の商品をいくつかご紹介してきましたが、今回は仮面ライダーシリーズから厳選した6つのフィギュアをご紹介したいと思います。プレミアムバンダイの商品はどれもスペシャルなものばかりですが、今回は驚きの超高額商品も登場!注目の仮面ライダーフィギュアを是非ご覧下さい☆

Read Article

真骨彫製法によって誕生した究極の仮面ライダー7選!

仮面ライダークウガのアルティメットフォームの予約開始で注目を浴びた、真骨彫製法フィギュアシリーズ!徹底的にこだわり抜いた造形はもはや究極といっても良いでしょう!仮面ライダーは過去にも多くのフィギュアシリーズが登場しましたが、真骨彫製法シリーズはTVの造形を完全再現したかのような美しさと存在感!ファンなら要チェックです!

Read Article

プレミアムバンダイ限定!漆黒のヒーロー。黒い仮面ライダー5選!

仮面ライダー。それは長い歴史の中で宿命を背負って戦ってきた孤独な戦士の名前でした。そんな戦士達をリアルな造形で手に入れる事が出来るのが「S.H.Figuarts」という完成品フィギュアのシリーズ。今回はそのシリーズの中でもプレミアムバンダイ限定の商品をご紹介。特に「黒い仮面ライダー」をテーマに厳選してみました。漆黒のヒーロー!アナタはいくつ知っていますか?

Read Article

目次 - Contents