はじめの一歩の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『はじめの一歩』とは、1989年より『週刊少年マガジン』で連載中の「森川ジョージ」作による、ボクシングを題材とした漫画である。登場人物の多くに実在選手を投影している。「登場人物全員が主人公」という作者の言葉通り、脇役やライバル達の物語も詳細に描かれている。作者自身も実際にボクシングジムのオーナーで著名なプロボクサー達と親交があり、誌上やコミックスなどでもインタビューや応援コメントの寄せている。コミックスは120巻を超えている長期連載漫画である。

『はじめの一歩』の概要

『はじめの一歩』とは、1989年より『週刊少年マガジン』で連載中の「森川ジョージ」作による、ボクシングを題材とした漫画である。
登場するボクサーやボクシングジムはすべて架空のものであるが、現役、引退を問わず実在する海外の有名ボクサーや、日本のボクサーを引き合いに出すことがある。 作者の趣味が反映されている作品でもあり、幕之内家の家業は釣り船屋であるが、森川ジョージも釣り好きである。ボクシングの定石なども解る作品となっており、ボクシングを観た事のない読者にも優しい漫画となっている。
199X年東京を舞台とし、鴨川ボクシングジムを中心に物語が展開される。市民の生活などは概ね90年代に準じており、鷹村の家が留守番電話になる、登場人物が携帯電話を持つようになったり、登場人物が”シャツイン”をしなくなるなど、作品中でも90年代と同様の変化がみられた。しかし、連載が2000年代に入ると、DVD、スマホ、ETCなど、90年代に不釣り合いな要素もみられるようになった。
一歩が鴨川ジムで出会った、自身と同い年の宮田一郎を追いかける姿が健気である。一歩と宮田が交わした「プロのリングで決着をつけよう」という”約束”を果たすため、トレーニングを積む一歩の前に立ちはだかる強敵たちとの激戦。「強いとは何か?」の答えを求め、一歩がプロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を描いている。
鴨川ジムに限らず、モブキャラの試合も細かく描くことがあり、そこにもベストバウトがある作品。作者・森川ジョージ曰く”登場人物全員が主人公”と語っているためであり、一歩のライバルでもある千堂武士のスピンオフも掲載されている。
作者自身も実際にボクシングジムのオーナーで、著名なプロボクサー達と親交があり、誌上やコミックスなどでも、インタビューや応援コメントの寄せている。鷹村の”6階級制覇”・青木の”コミックショー”・板垣の”才能”など、見所がたくさんあり、コミックスは120巻を超えている長期連載漫画である。
テレビシリーズは作画崩壊の回もあるものの、スピード感溢れる描写、緩急つけた展開が魅力的で、気合が入った試合シーンなどではキマった場面がカッコよく、概ね原作に忠実な展開であるためファンの評価は高い。選手の得意技やフィニッシュブローの演出は、アニメでしか出せない迫力があり、観てるだけで痛そうである。
はじめの一歩を見てボクシングを始める読者も少なからず存在し、ボクシング人口の増加を受け、日本ボクシングコミッション(JBC)事務局長の安河内剛(当時)は「一歩の影響は間違いなくある」と述べており、内藤大助も愛読者の一人である。読者層も幅広く、10代・20代に留まらず、30代以上の層にも愛読されている少年漫画で、"オトナ"にも響く名言・金言・名セリフは『はじめの一歩』の魅力の一つでもある。

幕之内一歩の名言・名セリフ

強いってどんなんだろう…

ここからボクサーを目指すきっかけとなった。

いじめられっ子の幕之内一歩。高校の同級生の梅沢達からイジメられていた時、通りかかったボクサー鷹村守に助けられる。
鷹村にジムで手当てをしてもらい、鷹村から「今度はやり返してみろ」と言われるが煮え切らない。
そんな様子を見た鷹村はマイク・タイソンのビデオを貸すのだった。
タイソンの試合を観た時のセリフ。

生まれかわるんだ――っ!!

「生まれ変わるのにも才能がいるのかもしれない」
諦めかけた自分を鼓舞した名セリフ。

プロになりたいと鷹村に告げるも、厳しい言葉で諦めさせようとする。
「強いってどんな気持ちですか」と鷹村に迫り、「1週間で(葉っぱを)10枚掴めるようになれ」と課題を出される一歩。
来る日も来る日も課題に取り組むがうまくいかない。

いくら殴られてもがんばろうって立ち上がれるんですよね

鷹村の出した課題をクリアした一歩。ジムでは鴨川会長に「闘争心が感じられない」と嫌味を言われ、入門を賭けてスパーリングをすることになる。
相手は同い年の宮田となる。宮田は父親もボクサーでその才能は高く、一歩には勝ち目がないと周りは思うが、一歩は善戦する。
1ラウンドをしのぎ、コーナーに戻った一歩を鷹村は褒める。
「痛いんだけど。痛くない」そう言う一歩に鷹村は問う。「いじめられてた時の自分の情けなさにどうしようもないと思っていた」に続く名セリフである。
夢に向かって「がんばろう」とする一歩の姿が印象的でもある。

がんばればボクにもできたじゃないか!!

入門スパーリングで宮田に敗れるも、その根性を評価され、入門を認められた一歩。鴨川会長自らトレーニングを開始する。
『ワシが鍛えれば宮田を倒せる』と強気な鴨川会長に対し、弱気な一歩。
しかし、3か月後に宮田との再戦スパーリングが決まる。
『3か月後に互角なんてムリだよなぁ』と元気のない一歩だが、鷹村の課題も諦めかけたことを思い出させる”あの葉っぱ”を見つめ、気持ちを切り替えるのだった。

真正面からぶつかりたいんです

宮田との再戦スパーリングを控え、鴨川会長と練習に励む一歩だったが、宮田のカウンターを恐れていることを鴨川会長に相談する。
鴨川会長は、宮田のスタミナ切れを狙って「じらし作戦」を一歩に教える。
ハードな練習の中、ボクシングシューズを買おうとショップへ行き、宮田と会う。ボクシング談義になり、宮田のカウンターへの思いを知ることになる。
宮田の思いを感じた一歩が、鴨川会長に言い放った「じらし作戦」をやりたくない、という思いのこもった、男らしい名セリフである。

もったいなくて寝てられないですよ!!

宮田との再戦スパーリング。
お互い2度のダウンを奪う激しい展開に、ジムメイトも盛り上がりを見せる。
ボクシング初心者の一歩とボクシングエリートの宮田が、互角に渡り合う展開だが、鴨川会長は心配する。一歩は嬉々として心境を話した名セリフ。

まだ一つ やり残してるコトがあるんです

go-11631
go-11631
@go-11631

Related Articles関連記事

はじめの一歩(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

はじめの一歩(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

1989年より森川ジョージが週刊少年マガジンにて連載を続けているマンガ、アニメ作品。いじめられっ子だった幕之内一歩(まくのうちいっぽ)がボクシングと出会い、「強いとは何か?」という疑問の答えを求めて厳しいトレーニングを積み、ライバルたちとの闘いを経て成長していく様子が描かれる。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

【ボクシング】はじめの一歩画像まとめ【漫画・アニメ】

【ボクシング】はじめの一歩画像まとめ【漫画・アニメ】

いじめられっ子の少年・幕ノ内一歩がボクシングと出会い、その魅力に惹かれプロボクサーとなって人として選手として成長していく姿を描いた、森川ジョージの漫画『はじめの一歩』。1989年から30年以上も連載され続け、アニメ、ゲームなどへのメディアミックスも果たした人気作品である。 作中には主人公の一歩の他に、ジムの先輩の鷹村守、一歩のライバル宮田一郎、なにわのハードパンチャー千堂武士、ロシアの天才ボクサーヴォルグ・ザンギエフなど個性豊かなキャラクターが登場する。彼らの雄姿を描いた画像を紹介する。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

からくりサーカス(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

からくりサーカス(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『からくりサーカス』とは、藤田和日郎による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品である。 莫大な遺産を相続したばかりに親族から命を狙われ不気味な人形たちから逃げていた少年・才賀勝。生来のお節介から縁もゆかりもない勝と関わり、己自身のために戦うことを決意する拳法家・加藤鳴海。勝を守ることを使命とする美しい人形使い・しろがね。彼らに迫る不気味な人形・自動人形、勝の親族に雇われた敵の人形使いとその人形。繰り広げられる人形同士の戦い。偶然と必然から出会った三人の数奇な運命のサーカスが幕を上げる。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からくりサーカス(第1話『開幕ベル』)のあらすじと感想・考察まとめ

からくりサーカス(第1話『開幕ベル』)のあらすじと感想・考察まとめ

親族から命を狙われる少年勝は、大きくて強そうな熊の着ぐるみを着た青年鳴海に助けを求める。勝の一番近くにあるサーカスには、彼を守ってくれる『しろがね』がいるという祖父の言葉を信じてしろがねを探す勝。謎の人形に襲われ窮地に陥った彼らの前に颯爽と舞い降りた美少女人形使いしろがね。道化師型操り人形『あるるかん』を駆使して謎の人形を破壊するも、すぐに次なる刺客が現れる。 今回は「からくりサーカス」第1話『開幕ベル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents