サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER(平ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』(通称平ゼロ)とは『仮面ライダー』と並ぶ石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』の3作目のTVアニメ。サイボーグに改造されてしまった009こと島村ジョーがそれぞれ違った特殊能力を持つ仲間と共に世界中で暗躍する「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」と戦う。2001年10月から2002年10月まで全51話が放送された。

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』の概要

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』とは『サイボーグ009』の3作目のTVアニメシリーズであり、2001~2002年に放送された。 平成版サイボーグ009という意味で「平ゼロ」と呼ばれる。 原作漫画に忠実という方針で制作に臨み、『誕生編』から『地底帝国ヨミ編』および同時期の主要な短編を含む流れでアニメ化された。原作発表時と放送当時の時代背景との時代的ズレや、現代の社会情勢にそぐわない個所を考慮し設定変更が多く施された。avexが出資者となり、音楽を小室哲哉が担当、主題歌はglobeが担当し、話題を呼ぶ。
石ノ森章太郎の遺稿である『Conclusion God's War』は最後の3話で序章部分が語られるが、放送時は第47話と第48話の間に当初の予定にはなかった総集編が追加されたため、『Conclusion God's War』は2話に短縮された。
主人公の島村ジョーは身体をサイボーグに改造され、他の8人のサイボーグ戦士たちと世界の平和を乱す死の商人である「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」と戦う。原作では東西に分裂したドイツ、ベトナム戦争、アフリカの独立戦争、中東戦争などの国際紛争から、遺伝子工学や宇宙開発といった科学的発見などリアルタイムな話題が盛り込まれている。原作の作品の発表先は幅広く、週刊誌、月刊誌、少年誌、少女誌、青年誌を網羅している。

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』のあらすじ・ストーリー

ゼロゼロナンバーサイボーグ

001の導きによってゼロゼロナンバーサイボーグに合流した009/島村ジョー(左)。右の女性は003/フランソワーズ・アルヌール、抱かれている赤ん坊は001/イワン・ウイスキー。

島村ジョーは不思議な声に呼ばれて目を覚ました。そこは研究施設のような場所で、ジョーは手術台の上に寝かされていた。自分が置かれた状況が理解できないジョーが戸惑っていると、再び不思議な声が脳内に響く。ジョーは不思議な声に導かれるままで施設から脱出。その途中でジョーは、足に内蔵されたジェット噴射で空を自由自在に飛ぶことができる002(ゼロゼロツー)/ジェット・リンクに出会った。空を飛んでいることに驚いてジョーが声を上げると、002は笑って「どこに落ちたい?」と尋ねる。002に連れられたジョーはその先で自分や002と同じ真っ赤な服に身を包み黄色いロングマフラーを巻いた8人の人物に出会う。彼らは悪の組織・黒い幽霊団(ブラックゴースト)によって改造されたサイボーグであり、ジョーは自分もまた同じようにサイボーグであることを知った。

不思議な声の主はその中の一人・強力な超能力の使い手である001(ゼロゼロワン)というコードネームを持つロシア人の赤ん坊イワン・ウイスキーだった。001はジョーが9番目のサイボーグ・009(ゼロゼロナイン)というコードネームであること、00(ゼロゼロ)から始まる自分たちサイボーグをゼロゼロナンバーサイボーグと呼ぶこと、さらに009/ジョーの能力、自分達が何をしようとしているかを説明する。ブラックゴーストに無理やり改造された彼らは、ブラックゴーストに反旗を翻し、まずは実験場からの脱出を試みていた。

009は自分の中で答えが出せないまま、とりあえず001/イワン達と共に行動する。その過程でブラックゴーストにとらわれていたギルモア博士を救出し、脱出するための戦闘機を手に入れた。最後の一歩が踏み出せず戦闘機に乗ることに躊躇する009に、001は「一緒に来てほしい」ことを伝えた。009は001や他のゼロゼロナンバーサイボーグ達と共に旅立つ決意を固める。

009達は戦闘機でブラックX島(ブラックえっくすとう)に向かう。そこにいるギルモア博士と同じようにブラックゴーストに騙されえていた博士達を救い逃げ出すはずだった。しかし009達の侵入はバレており、基地の兵士や兵器と激しい戦闘になる。009は戦いの中でスカールと呼ばれるブラックゴーストのボスを見つけたが、逃げられてしまい倒すことはできなかった。

ブラックX島はブラックゴーストの幹部によって爆破されてしまう。009達はそこにあった万能戦闘艦(のちのドルフィン号)を手に入れて脱出した。

刺客との戦いの日々

009達はブラックゴーストの実験場から逃げ出し、ギルモア博士の友人であるコズミ博士の家に身を寄せていた。先日倒したブラックゴーストは氷山の一角であり、母体である組織は健在だ。ゼロゼロナンバーサイボーグ達は、刺客の襲撃に怯えながら暮らすことになる。その生活にうんざりする者、もう戦いなんてしたくない者、9人のサイボーグ戦士達の考えはさまざまで意見が衝突した。全員国籍も違うし、年齢も違う。001から004(ゼロゼロフォー)/アルベルト・ハインリヒに至っては産まれた時代さえ何十年も前だ。001から004までは、第1世代と呼ばれるサイボーグ戦士であり、第一次世界大戦の時代に改造され、その後技術が進歩するまで凍結されていたのだ。

バラバラのゼロゼロナンバーサイボーグ達の元には、それでも構わずブラックゴーストの刺客が差し向けられる。双子の強大0010(ゼロゼロテン)、宇宙船のような円盤に姿を変えられた0011(ゼロゼロイレブン)。さまざまなサイボーグがゼロゼロナンバーサイボーグを始末しようとやってきた。その中でゼロゼロナンバーサイボーグ達は互いの能力を活かし協力することを学んでいく。

誘拐されたコズミ博士

0013(手前)と対峙した009(奥)。009が抱えているのは迷子の少女。

ある日コズミ博士が誘拐された。後に東京で大規模な兵器実験をするブラックゴーストが、ゼロゼロナンバーサイボーグに邪魔をされないようにするためにコズミ博士を人質に取ったのだ。コズミを探す過程で、夫を亡くした孤独な女性を利用した0012(ゼロゼロトゥエルブ)サイボーグと戦闘。そしてコズミが東京にいることを突き止めたゼロゼロナンバーサイボーグ達はコズミ博士を探しに東京へ赴いた。009はそこで0013(ゼロゼロサーティーン)に出会う。0013は心の優しい少年と巨大なロボットの2人で1つ。0013は009に優しくされたことが嬉しかったが、命令に従い仕方がなく戦った。しかし自分にはやはり009を殺すことができないと悟った0013(少年)は、コズミ博士を解放し、巨大ロボットと共に自ら海に身を投げ死亡した。

0013との戦いを経て南極にブラックゴーストの基地があることを知ったゼロゼロナンバーサイボーグ達はコズミ博士に別れを告げ、ブラックゴーストを倒すための旅に出るのだった。

本拠地での戦い

南極の基地を破壊したゼロゼロナンバーサイボーグ達。しかしそこは一実験場に過ぎず、ブラックゴーストの本拠地ではなかった。ブラックゴーストの情報を集めながら、ゼロゼロナンバーサイボーグ達は旅を続ける。するとある日突然ドルフィン号の中にスカールの立体映像が突然現れた。スカールはゼロゼロナンバーサイボーグ達に投降するように促すが、彼らはそれを受け入れず戦いの道を選択する。その答えを聞いたスカールは待機させていたブラックゴーストの人間にドルフィン号を襲撃させ、ゼロゼロナンバーサイボーグ達は捕まってしまう。しかしこれはブラックゴーストの本拠地を知るためにわざと捕まったのだ。彼らの思惑通りブラックゴーストの人間は、捕まえたゼロゼロナンバーサイボーグを本拠地へ連れて行く。

本拠地への侵入したゼロゼロナンバーサイボーグ達は、着々と基地を制圧していく。スカールの放った高電磁波によって動きを封じられるピンチに陥るも、009がスカールと一騎打ちし勝利をもぎ取る。本拠地は作動していた時限爆弾によって壊滅し、ゼロゼロナンバーサイボーグ達とブラックゴーストの戦いは終わった。

”神”ミュートスとの戦い

ブラックゴーストのガイア博士に作られたミュートス・サイボーグ。左端の赤髪の白いマントの男性がアポロン。

ブラックゴーストを倒したゼロゼロナンバーサイボーグ達は、平和を取り戻した。それぞれがそれぞれの場所で、思い思いの生活をする。しかし世界各地では不思議なことが起こり、そのことがブラックゴースト暗躍を示唆していた。

ゼロゼロナンバーサイボーグは世界各地で起こる大災害を調査していた。そんな折、自分達を”神(ミュートス)”と名乗る者達が現れる。彼らはたしかに”神”の如き力を持っており、圧倒的な力を持って人間達の戦争を終わらせたりしていた。力こそが全てであり、力があれば何でもできる。そして自分達にはその力があると豪語する”神”達とゼロゼロナンバーサイボーグ達の考えには大きな隔たりがあり、和解できずに戦闘にもつれ込む。そしてゼロゼロナンバーサイボーグ達は敗れ、撤退を余儀なくされた。

ゼロゼロナンバーサイボーグ達は再び”神”達と戦うために、彼らの本拠地がある島へと赴く。自身の力を過信する”神”は、ゼロゼロナンバーサイボーグ達の連携の前に徐々に劣勢になっていく。しかし”神”をまとめるアポロンだけはその力で変わらずゼロゼロナンバーサイボーグ達を圧倒していた。009とアポロンの戦いは熾烈を極め、009がトドメを刺されそうになったその時、アポロンの姉・アルテミスが割って入った。アポロンの攻撃を受けてしまったアルテミスは倒れ、アポロンは慌てて駆け寄る。その時既にアルテミスはガイアという男から銃で撃たれており重症を負っていた。ガイアはブラックゴーストの科学者であり、”神”達はガイアが生み出したミュートス・サイボーグだったのだ。

ガイアの思惑を知ったアポロンはガイアの元へ行き、彼を殺した。009はアポロンに自分達と一緒に行こうと手を差し伸べるが、人でない姿をしている自分達はもう戻れないとし、アポロンは崩れ行く島と共に沈んだ。他の”神”達も島と共に運命を共にする。ゼロゼロナンバーサイボーグ達は、戦いに勝利することはできたが、各々その胸に戦いの虚しさを覚えていた。

ミュータント戦士との戦い

ゼロゼロナンバーサイボーグ達は、未だにブラックゴーストが世界各地で暗躍していることを知り、新たな戦いを予感していた。

ある日006(ゼロゼロシックス)/張張湖(ちゃんちゃんこ)が経営する中華料理店・張張湖飯店(ちゃんちゃんこはんてん)に一人の若者が駆け込んでくる。若者は「ブラックゴースト」と一言つぶやきその場で絶命した。若者は何者かの超能力によって殺されたことがわかった。若者の持ち物はサンクトペテルブルクへの切符と、ペンダント型の通信器らしきもの。それを見てギルモア博士は001/イワンの父親であるガモ・ウイスキーが、かつてブラックゴーストで超能力研究に携わっていたことを思い出した。

ゼロゼロナンバーサイボーグ達はロシアに向かう。そこでリナ、ミー、フィル、ケインという超能力を使う4人の少年少女と戦いになった。彼らはガモ・ウイスキーによって作られた超能力を駆使して戦うミュータント戦士であり、未来から009達のいる時代にやってきたという。

戦いの中でリナはあやまって009と共に未来へ飛ぶ。その時ガモによって消されていた記憶が蘇ったリナは、009にブラックゴーストと関わりを持つようになったいきさつを話した。未来にもブラックゴーストが存在していることを知った009は、その事実に驚愕する。

一方現代に残ったミーとフィルは、リナを呼び戻すためにゼロゼロナンバーサイボーグに協力を仰いでいた。罠かと最初警戒したゼロゼロナンバーサイボーグ達は、009を現代に戻すためにも協力する。一行は未来に飛びリナと009に合流した後、再び現代に戻った。しかしそこで待ち受けていたのはケインとガモだった。ミー達が裏切ったと知り、待ち伏せしていた。

リナは恋人であるニコルをケインを殺したことを知って激昂し、ケイン諸共別の世界にワープして消える。フィルもまたガモに超能力を使い、道連れにした。残された最後のミュータント戦士はミーだけ。しかしミーも体が透けて、「未来はきっと変えられる」という言葉を残して消えてしまう。

ブラックゴーストを倒し未来はきっと変えられると確信するゼロゼロナンバーサイボーグだったが、それと同時に彼らは戦いに対する悲しさに打ちひしがれるのだった。

地下帝国”ヨミ”

プワ・ワーク人のヘレン(左)とビーナ(右)。

世界各地に謎の巨大生物が現れ、各国を襲撃する事件が相次いだ。この事件で疑心暗鬼に陥った世界各国は互いを警戒し始めていた。ゼロゼロナンバーサイボーグ達は、一連にブラックゴーストが関わっていて、世界戦争を引き起こそうとしていると考える。戦いを未然に防ぐため、ゼロゼロナンバーサイボーグ達は早速調査に乗り出した。

調査の過程で009は昔孤児院で共に育った仲間と出会う。しかし彼らは既にブラックゴーストに改造されており、009は昔の仲間と戦うことになってしまう。彼らとの悲しい戦いを終えた後、009は002、003(ゼロゼロスリー)/フランソワーズ・アルヌールと共にブラックゴーストに追われているヘレンという女性を保護した。ヘレンには記憶がなく、004はそんな彼女を匿うことに反対する。

004が危惧したとおり、ヘレンはブラックゴーストのスパイだった。プワ・ワーク人と呼ばれる地下帝国”ヨミ”の住人であるヘレンは、記憶が無いながらも妹のビーナと交信し、それを通してゼロゼロナンバーサイボーグ達の動向を報告していた。

ヘレン達プワ・ワーク人はかつてザッタン人という種族に支配されていた。しかしザッタン人はブラックゴーストに倒され、今度はブラックゴーストに支配されているという。ヘレンを助けに来たビーナは、ゼロゼロナンバーサイボーグ達にプワ・ワーク人を救うことを条件にブラックゴーストの本拠地を教えると申し出る。しかし004だけはその申し出を疑っていた。

地下帝国”ヨミ”にドルフィン号で向かう途中、ゼロゼロナンバーサイボーグ達はブラックゴーストの襲撃に遭う。航行不能となったドルフィン号を捨て、ゼロゼロナンバーサイボーグ達は非常用脱出艇のモングランに乗り脱出した。ドルフィン号の居場所を知らせていたのは、ヘレンとビーナの下にいる3人の妹達の内の1人・ダフネだった。

ダフネの裏切りにより、ゼロゼロナンバーサイボーグ達の動きはブラックゴーストに筒抜け。地下帝国”ヨミ”へ向かう途中でみんなは散り散りになり3組に分かれてしまう。006、007(ゼロゼロセブン)/グレート・ブリテン、008(ゼロゼロエイト)/ピュンマ、ギルモア博士の4人はブラックゴーストに捕まり、001、002、003、005(ゼロゼロファイブ)/G・ジュニア、009、ヘレンの6人は対ブラックゴーストを掲げるザッタン人の生き残りに掴まる。残された004とビーナは仲間を探してさまよう中で009達を見つけた。しかし彼らはザッタン人の催眠術にかかっており、004とビーナに襲いかかる。2人はなんとか009達から逃げたものの、その後ブラックゴーストに捕まってしまった。一方ではブラックゴーストに捕まった006達がダフネの助けで脱出し、009達の催眠はとくことに成功する。そこに004とビーナが公開処刑されるとの情報が入った。

004とビーナを救うためにゼロゼロナンバーサイボーグ達が集結する。彼らを追いかけてザッタン人も集まってきた。そこにさらにスカールが乗る巨大な魔神像も現れ、公開処刑場は混沌とする。ザッタン人はその場でスカールによって滅ぼされた。その傍ら004とビーナは無事に救出されるが、裏切ったヘレン、ビーナを含めた5人姉妹はその場でブラックゴーストに殺されてしまう。ビーナを殺されたことに激昂した004はブラックゴーストに立ち向かうが歯が立たない。004は009をアシストし、009はヘレン達を殺したブラックゴーストの幹部を倒すことに成功した。

残るは魔神像に乗るスカールのみ。ゼロゼロナンバーサイボーグ達の最後の戦いが始まる。

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』の登場人物・キャラクター

ゼロゼロナンバーサイボーグ

009/島村ジョー(しまむらジョー)

Kyazu0818t2
Kyazu0818t2
@Kyazu0818t2

Related Articles関連記事

仮面ライダービルド(Build)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダービルド(Build)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダービルド』とは、2017年月から放送された、仮面ライダーシリーズの作品。平成仮面ライダーシリーズの第19作目。 全体的に物理学のモチーフが綴られた話になっている。 ストーリーは記憶を失った天才物理学者・桐生戦兎と、無実を証明する為に脱獄した脱走犯・万丈龍我のバディによる謎解きと、三国間の戦争などミリタリー要素が強く、シリアス要素が強い作品となっている。

Read Article

仮面ライダー(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。45年以上の長きにわたって、日本の等身大ヒーローの代表格であり続けるシリーズの1作目となる番組である。ショッカーによる改造手術を受けて、自らが望まぬ圧倒的な力を得てしまった本郷猛と一文字隼人は、仲間の力を借りつつ、仮面ライダーとして明日も知れぬ戦いに身を投じていく。「人類の自由と平和」のために。

Read Article

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

Read Article

009ノ1(石ノ森章太郎)のネタバレ解説・考察まとめ

009ノ1(石ノ森章太郎)のネタバレ解説・考察まとめ

『009ノ1』(ゼロゼロナイン・ワン、ゼロゼロクノイチ)とは、1967年8月より1974年11月まで週刊漫画アクションで連載された石ノ森章太郎のSFスパイ・アクション作品。原作は漫画で、それを元にした映像作品が制作されている。サイボーグの女性を主人公として、当時の国際情勢のまま東西冷戦が続いていたと仮定している未来が舞台となっている。石ノ森章太郎が初めて青年向け漫画雑誌に掲載した作品で、性描写や救いのないストーリーがふんだんに盛り込まれた大人向けの作風が特徴である。

Read Article

人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)のネタバレ解説・考察まとめ

人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)のネタバレ解説・考察まとめ

『人造人間キカイダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。キカイダー/ジローは不完全な人造人間として創られたことに悩みつつも、生みの親である光明寺博士を探しだし、ミツコとマサルの兄弟を守るために、ダーク破壊部隊のロボットと戦う。生前、石ノ森章太郎はこの作品に対して『仮面ライダー』よりも思い入れがあると話していた。

Read Article

仮面ライダー1号(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー1号(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー1号』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』を原典とした映画。45年の時を経て、再び藤岡弘、が本郷猛として、仇敵の地獄大使が率いるショッカーと、そして新たな敵ノバショッカーと戦う。「偉人の魂」を駆使して戦う若きライダー、仮面ライダーゴーストは共闘の後に言う。「本郷猛は永遠の英雄」と。

Read Article

仮面ライダーゴースト(Ghost)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーゴースト(Ghost)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゴースト』とは、生と死をテーマにした仮面ライダーシリーズの第17作目である。2015年10月4日から2016年9月25日まで放送された。 主人公のタケルは、眼魔と呼ばれる怪物に襲われて命を失う。その後、死後の世界にて仙人と出会ったタケルは、仙人の力によって幽霊として現世に復活した。タケルは15個揃うと願いが叶う眼魂を集め、生き返るために仮面ライダーゴーストとして戦う事となる。 命の尊さに向き合うタケルの姿や格好いい戦闘シーンなどから、子供たちを中心として人気を得た作品だ。

Read Article

ロボット刑事の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ロボット刑事の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ロボット刑事』とは、1973年に放映されたテレビ番組の原作であり、『仮面ライダー』や、『サイボーグ009』で有名な石ノ森章太郎が描いたSF漫画でもある。 物語は、優れた科学技術で作られた謎のロボット「K」が、機械嫌いのベテラン捜査官・芝刑事とコンビを組んで、悪人にロボットを貸す謎の組織「R・R・K・K」の正体を追うというものである。 ロボットでありながら人間の心を持つKを中心に様々な名言が生まれている。

Read Article

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

仮面ライダー電王(Den-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー電王(Den-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー電王(Den-O)』とは、石ノ森章太郎原作の東映製作特撮テレビドラマシリーズの一つで「電車」がモチーフである仮面ライダーである。2007年1月28日~2008年1月20日までテレビ朝日系列で放送された。平成仮面ライダーの8作品目で、未来の人間の精神体である「イマジン」と呼ばれる怪人が過去の世界を支配して自分たちの良いように歴史を変えようとするが、仮面ライダー電王が「時の列車デンライナー」で現在と過去を行き来して悪のイマジンから現在の世界を守るために戦う時間SFストーリーである。

Read Article

仮面ライダーX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーX(エックス)』とは、特撮テレビシリーズ「仮面ライダー」、「仮面ライダーV3」に続くシリーズ第3弾のタイトルであり、同時に主人公の名前でもある。秘密組織「GOD]が送り出す怪人たちと戦いながら、人々を守る仮面ライダーXの活躍を描くヒーロー物である。スマートなビジュアル、変化に富んだストーリー作り、シリーズ初のアンチヒーローや巨大ロボットが登場することなど、挑戦的な試みにあふれた意欲作である。1974年に、全35話が放映された。

Read Article

仮面ライダーオーズ/OOOのネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーオーズ/OOOのネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーオーズ/OOO』とは、石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ作品で、2010年9月5日から2012年8月28日まで全48話がテレビ放送された。平成仮面ライダーシリーズ第12作目。800年前に封印されたコアメダルの怪物、グリードが蘇った。火野映司(ひのえいじ)はオーズドライバーと3つのコアメダルを渡され仮面ライダーオーズに変身する。戦いの中で新たなコアメダルを獲得し、3つのメダルを差し替えて多彩なフォームチェンジができるなど大人にも子供にも人気の作品である。

Read Article

仮面ライダーフォーゼ(Fourze)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーフォーゼ(Fourze)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーフォーゼ(Fourze)』とは、石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ作品で2011年9月4日から2012年8月26日まで全48話放送された。平成仮面ライダーシリーズ第13作目にして、仮面ライダー生誕40周年記念作品である。天ノ川学園高校に転校してきた如月弦太朗(きさらぎげんたろう)は、学校を荒らす怪人「ゾディアーツ」から生徒を守るために「仮面ライダーフォーゼ」に変身し、宇宙のパワーで戦う、近未来を舞台に繰り広げられる青春学園物語である。

Read Article

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)』とは、2019年に公開された特撮ヒーロー映画である。特撮テレビドラマ『仮面ライダージオウ』の単独映画作品。興行収入11.7億円、観客動員数78.0万人を記録した。ソウゴは仮面ライダージオウとして平成ライダーの力であるライドウォッチを集めていた。全てのライドウォッチを集めた時、平成をやり直そうとする集団クォーツァーが現れた。平成に築いた人々の暮らしを守るため、ソウゴと仲間達がクォーツァーに立ち向かう。

Read Article

仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)』とは2020年に劇場上映、BD/DVDが発売された特撮ヒーローオリジナルビデオ作品である。『仮面ライダージオウ』のテレビシリーズの後日談で、主人公は仮面ライダーゲイツに変身する明光院景都。普通の高校生・明光院景都は謎のロボットに襲われ、戦いに巻き込まれてゆく。”守るために戦う”ことを決めた景都は仮面ライダーゲイツに変身した。景都が”救世主”を目指すきっかけとなった物語が描かれる。

Read Article

仮面ライダーアマゾン(Amazon)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーアマゾン(Amazon)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーアマゾン』とは、石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』シリーズ第4弾のタイトルであり、同時に主役が変身するヒーローの名前である。通称、アマゾンライダーともよばれている。物語は、世界征服をたくらむ悪の組織ゲドンやガランダー帝国の放つ獣人(じゅうじん)と戦うアマゾンライダーの活躍を描いている。1974年10月から1975年3月までの間で、全24話が放映された。仮面ライダーシリーズの原点回帰を目指した作品と言われている。

Read Article

『BLEACH』の久保帯人「新しい009のアニメはキャラの魅力がスポイルされてる」【009】

『BLEACH』の久保帯人「新しい009のアニメはキャラの魅力がスポイルされてる」【009】

石ノ森章太郎のSF漫画『サイボーグ009』を現代の技術でアニメ化した2012年公開の映画『009 RE:CYBORG(リ・サイボーグ)』について、『BLEACH』の作者の久保帯人は「新しい009のアニメひっでえな。009に特に思い入れの無い俺が言うのもアレだけど、キャラの外見的な魅力が徹底的にスポイルされてる。」と自身のTwitterアカウントで言及した。

Read Article

【仮面ライダージオウ】情報解禁!新仮面ライダーのニュースまとめ002【仮面ライダーゼロワン】

【仮面ライダージオウ】情報解禁!新仮面ライダーのニュースまとめ002【仮面ライダーゼロワン】

『仮面ライダー』とは、主人公が正義の戦士として成長していく様を描いた、特撮を代表する作品である。毎年新シリーズが発表されており、「次のライダーはどんな物語になるんだろう」と楽しみにしているファンは非常に多い。 ここでは、そんな『仮面ライダー』の2018年作品である『仮面ライダージオウ』と、翌2019年作品にして初の“令和仮面ライダー”ともなった『仮面ライダーゼロワン』の情報が解禁された時の反応と、新商品について紹介する。

Read Article

目次 - Contents