テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)のネタバレ解説まとめ

Wallpaper01 1280x1024

XBOX、PS3用ゲームテイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)について。本作は人気テイルズシリーズの10作目にあたる作品である。漫画、映画、ドラマCDなどに発展している。下町の平和のために旅に出たユーリが旅の途中で様々な仲間と出会い、ギルド「ブレイブヴェスペリア」を結成する。そして仲間とともに世界の存続をかける陰謀に立ち向かっていくストーリーである。

概要

Op

テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)とは、2008年8月7日にバンダイナムコゲームスから発売されたロールプレイングゲームである。当時は、XBOXで発売され、話題となった。

翌年の2009年9月17日には、新たなキャラクターのパーティメンバー追加、サブイベントの追加、衣装の追加などの多くの追加要素を加え、PS3にて発売された。人気テイルズオブシリーズのマザーシップタイトルの第10作目にあたる作品である。キャラクターのデザインは人気イラストレーターの藤島康介を起用し、魅力的なキャラクターが数多く登場する。

あらすじ・ストーリー

テルカ・リュミレースという世界で生活する主人公たち。その世界は万物を構成する力であるエアルと、エアルによってしか起動することのできない魔導器によって支えられている世界である。

しかし、旧文明の遺産である魔導器は帝国の厳しい管理下におかれ、その恩恵は一部の貴族のみが享受できた。帝都の下町で育ったユーリ・ローウェルは、水を供給する水道魔導器が盗まれたという話を聞く。水道魔導器の盗難には「モルディオ」という人物が関与していることをつきとめると、ユーリはモルディオの屋敷に潜入する。

しかし、途中で騎士団につかまり、牢屋に入れられてしまう。牢獄を脱出したユーリは、城の中で、次期皇帝候補のエステルと出会う。エステルは次期皇帝候補として帝国のザーフィアス城で暮らしている王族のお姫様であった。ユーリとエステルの2人は城の中でザギと出会う。

ザギは強い相手を倒し快楽を得る暗殺者で、ユーリの旧友であり、帝国騎士団に所属しているフレンを探して倒そうとしていた。ザギはユーリをフレンだと勘違いし、ユーリに闘いを挑む。ユーリとエステルの二人は共闘し、ザギを倒し、城の用水路を抜けて脱出を果たす。ユーリは水道魔導器を奪還するため、捜索のために帝都を発つこととなる。エステルは、暗殺者のザギがフレンの命を狙っていることをフレンに伝えた方が良いと感じ、ユーリとともに帝都を発つ。

クオイの森では、少年のカロルと出会い、行動を共にする。クオイの森をぬけた花の街ハルルでは、ハルルの樹が枯れ果てて、活気がなくなっていた。ハルルの樹はハルルの街を守る役割を持つ魔導器であった。なんとかしようと思ったユーリたちは、ハルルの樹を復活させようと、汚れたものを清浄化できるパナシーアボトルを求めて再びクオイの森に赴くことになった。

クオイの森でエッグベアを倒し、無事にパナシーアボトルの材料を手に入れる。ハルルの樹の復活を期待する住民たちの前でパナシーアボトルを使用するが、効果がない。その時、エステルが不思議な力を発動させ、見事にハルルの樹を復活させるのであった。

水道魔導器の盗難の容疑者であるモルディオがアスピオにいることを突き止めるユーリたち。アスピオではリタ・モルディオを追い詰めるが、リタは容疑を否認する。リタからの情報で魔導器の大規模な泥棒をしているギルドが存在することを知る。

港の街カプワノールでは、民衆がラゴウ執政官の暴政に困り果てていた。ユーリたちは、ラゴウの裏に魔導器の存在を疑う。そして、ラゴウの屋敷に潜入することになる。
疑惑通りにラゴウの屋敷で魔導器を発見したが、謎の竜使いによって破壊されてしまう。そして、ユーリたちは船を使って逃亡するラゴウを追いかけ、屋敷を飛び出す。ラゴウを乗せた船の上で、魔導器泥棒の組織がギルド「ブラッドアライアンス」であることを知る。すでに沈みかけていた船からなんとか脱出したユーリたちはトリム港に到着する。

魔導器泥棒の黒幕であるギルド「ブラッドアライアンス」の足取りを追うユーリたち。少しでも情報を得るため、ギルドの街であるダングレストに向かうことにする。
すべてのギルドを牛耳るボスであるドン・ホワイトホースからは、水道魔導器がバルボスによって盗まれたことを知る。バルボスを追うため、謎の竜使いの協力を得ながら、バルボスのいるガルファロストに乗り込む。謎の竜使いもバルボスが大量の魔導器を独占し、世界のエアルを乱していたことを危険視し、バルボスを倒そうとしていた。ユーリはガルファロストにて、謎の竜使いがジュディスであることを知る。ジュディスは、世界のエアルを乱す魔導器を壊すために世界を回っていた。死闘の末にバルボスを倒し、水道魔導器を取り戻す。

水道魔導器盗難事件も解決し、一段落したユーリは、ダングレストで、自分でギルドを作ってみたいという夢をもつカロルとともに、ギルド「ブレイブヴェスペリア」を結成することを決める。ユーリと出会うまで、次期皇帝候補として城で暮らしていたエステルは、自身はゼーフィアス城に戻るべきではないかと悩んでいた。

エステルは、自分の信念を貫き通そうとするユーリやその仲間たちを身近で見ていくなかで、一個人として何ができるかを考えるようになっていた。エステルは、仲間のカロルとギルドを結成することを決めたユーリとともに、旅を続けることを選択した。

闘技場のある街「ノードポリカ」では、新月の夜に「始祖の隷長(エンテレケイア)」という種族であるベリウスと出会う。しかし、ギルド「リヴァイアサン」の策略で、ハリーという人物の指示による襲撃に遭い、ベリウスは傷を負う。その際、傷を癒そうとしたエステルの力で暴走、ベリウスは命を落としてしまう。

ハリーはドン・ホワイトホースの孫であった。エンテレケイアと人間との間で暴動が起きることを危惧したドン・ホワイトホースは孫の失態の責任を負うために自刃することになる。ドン・ホワイトホースの自刃はユーリたちに強い悲しみを与えた。

クリティア族の街である「ミョルゾ」で、エステルは「満月の子」の伝承を知ることになる。エステルは、以前ベリウスから、エステル自身は満月の子であると言われていた。満月の子は、人を癒すことができる術を使えることができるが、その代償としてエアルを大量に消費してしまうため、結果的に世界のエアルが乱れ、魔物が多く出没してしまうということが伝承に伝えられていた。エステルの一族は満月の子の子孫であり、エステルは特に満月の子の力を強く受け継いでいたのだった。
エステルは自分が世界にとって自分は害悪な存在であると思い込んでしまう。

ショックのあまり一人で飛びだしたエステルは、帝国騎士団長アレクセイの命令でエステルの尾行を任されていたレイヴンと共に姿を消してしまう。エステルを誘拐した犯人は帝国騎士団長であるアレクセイであった。アレクセイは、エステルの力を利用し、世界を作り替えようとしていた。

ユーリは怒りと驚きが抑えられない中で、エステルがいると思われるバクティティオン神殿へと向かった。神殿では、アレクセイのスパイであったレイヴンと再会。レイヴンが帝国騎士団の主席総長であることを知る。
アレクセイにとってレイヴンは捨て駒であり、最後はレイヴンの協力でユーリたちはバクティオン神殿から脱出することができる。

ユーリたちは、アレクセイとユーリのいる移動要塞「ヘラクレス」へ赴いた。しかし、一度はエステルの救出に失敗し、一行は傷を癒すこととする。帝都がエステルの力によって地獄と化していることを知ったユーリは、旅の仲間で忠犬としていつもユーリに付き従っていたラピードとともに、一人でもエステルの暴走を止める決意をする。

帝都はエアルの暴走で狂暴化した魔物が入り込み、下町は巨大化した植物によって覆いつくされてしまっていた。帝都ザーフィアス城でエステルを奪還したユーリたちだったが、アレクセイを取り逃してしまった。

ザウデ不落宮でアレクセイを追い詰めるユーリたちであったが、アレクセイは誤って、「星喰み」という世界の終焉を呼び寄せてしまう存在を召喚してしまう。アレクセイは絶望の末に絶命してしまう。

ユーリはザウデ不落宮から落下してしまうが、デュークによって救出される。デュークは、デュークは人間と魔物との間で起きた人魔戦争において、人間側に勝利をもたらして英雄で、現在は世界各地を周り、世界のエアルの乱れを清浄化して回っていた。

リタはザウデ不落宮の調査結果から、エアルの乱れを抑制する方法を発見しかけていた。リタの希望でゾフェル氷刃海へと向かう。ここのエアルクレーネと聖核を利用してエアルの抑制を図った。エアルクレーネは地中に水脈のように流れるエアルが大量に地上に露出した場所で、聖核は始祖の隷長の体内で作られる純粋かつ高密度のエネルギー体である。

ゾフェル氷刃海では、精霊の誕生という予想外の大成功となる。精霊の力は星喰みの力に対抗できることを知ったユーリたちは、精霊を増やすために各地を訪れることにした。

ユーリたちは世界各地を巡り、4属性の精霊を手にすることに成功した。一方デュークは人間の命を利用して、星喰みを倒そうとしていた。

精霊の力で星喰みを倒し、人間を滅亡させてでも星喰みを倒そうとするデュークを阻止するため、古代都市タルカノンに最終決戦に挑む一行。デュークを倒すことができた。

そして、星喰みを倒すためには、代償として、人間が魔導器の恩恵を捨てなければならなかった。人間は、魔導器の恩恵を捨て、新たに自らの足で立って歩くことを決意するのであった。

システム

ワールドマップ

ワールドを自由に移動し、敵のシンボルに触れるとバトルが開始される、シンボルエンカウントを採用している。ワールドマップには、ダンジョンや街が点在されていて、自由に行き来できる。飛行船を手に入れると、ワールドマップを自由に飛びまわることができる。

戦闘

Batoru

バトルはリアルタイムで進み、プラットホームの進化により美麗なグラフィックによるバトルを楽しむことができる。バトル中は、キャラクターが行動するたびに、豪華声優陣があてた声が発せられるようになっていて、とてもにぎやかなバトルになっている。バトル中は主に一人のキャラクターを操作することになる。

主に、仲間キャラクターはオートで操作されるため、仲間と共闘する雰囲気が味わえるつくりとなっている。キャラクターごとに特有の武器、特技、秘奥義が割り当てられていて、簡単なボタン操作で発動できるようになっている。自身が操作するキャラクターをオートで動かすこともできる。

EFR-LMBS(エヴォルドフレックスレンジ・リニアモーションバトルシステム)

テイルズシリーズマザーシップタイトル第8作目にあたる、テイルズオブジアビスの戦闘システムを正当進化させたもの。3Dバトルフィールドを、フリーランにより縦横無尽に駆け回ることができる。

バトルはリアルタイムで進むため、緊張感、爽快感のあるものになっている。フェイタルストライク等の新システムも追加された。

術・技

Tov%e8%a1%93%e6%8a%80

術・技は各キャラに設定されたTPとよばれるポイントを使用して行使することができる。各術・技ごとにTPを消費し、各キャラクターのTPがつきるまで術・技を使用することができる。術・技は主に、敵にダメージを与えたり、味方キャラを回復したりする効果がある。メニュー画面から、使いたい術・技を登録することで、左スティックとXボタンの組み合わせで使用できる。

術・技は、主に一定のレベルに達すること、特定の術・技の使用回数が一定回数以上になること、特定のサブイベントをクリアすることで習得できる。

技はコマンド入力するとすぐに発動し、主に敵にダメージを与える。○ボタンで発動できる通常攻撃から連続して出すことができるため、通常攻撃を最後まで出し切った後に技を連携させるのが基本となる。

術は、攻撃、回復、補助などさまざまな効果を持つ。ただし、コマンド入力してもすぐには発動されず、詠唱を終えてから発動するのが特徴である。術には、下級、中級、上級があり、より上級の術ほど詠唱時間も長くなる。

状態異常

敵から特定の攻撃や補助系の術を受けると、味方キャラクターは状態異常に陥ってしまう。状態異常はすべてが味方にとって不利に動き、戦闘が終了しても回復しない。

種類としては、毒、麻痺、精神汚染、虚弱、術技封印、スキル封印、石化がある。回復手段としては、エステルの習得する術か、特定の回復アイテムを使用する必要がある。料理によっては、状態異常を回復できるものもある。

作戦

操作モードがオート以外のキャラクターは、作戦に従って自動的に行動する。状況によって臨機応変に作戦を変えていけば、思い通りに味方を動かすことも可能である。作戦では、どの敵をターゲットするのか、どの程度敵から距離をとるのか、どの状況でアイテムを使うのか、といった項目が設定できる。

スキル

ほとんどの武器には、スキルという特殊な能力がついていて、装備するとスキルの効果を得ることができる。スキルは、パラメーターをアップさせるものなど、有利に働く。

スキルは全部で403種類ある。それぞれ、攻撃、移動、防御、補助の4つのカテゴリーに分けることができる。

オーバーリミッツ

戦闘画面の左側にはオーバーリミッツゲージが表示されている。ゲージのカウントが1以上たまっている場合、方向キーを上下左右のいずれかに入力するとオーバーリミッツが発動される。

オーバーリミッツが発動されると、攻撃を際限なく連携できるようになったり、魔術の詠唱時間がなくなるなど、有利な効果をいくつも得られる。戦闘中、一発逆転をも狙える非常に強力なシステムである。

オーバーリミッツのゲージが3つ以上あるうえで、特別なスキルである「スペシャル」をセットしていると、秘奥義を出すことができる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)のネタバレ解説まとめ

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)とは2000年11月30日にナムコから発売されたPlayStation用RPG。キャッチコピーは「変われる強さ、変わらぬ想い」。猟師のリッドはある少女に出会い、旅に出ることになる。その日一日生きられればいいと考えていた少年が、大事な人を守りたいと願うようになり、仲間とともに世界を救うことを決意する。

Read Article

テイルズ オブ ベルセリア(Tales of Berseria、TOB)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ ベルセリア』はバンダイナムコエンターテインメント発売のRPGであり、『テイルズ オブ』シリーズの第16作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が君らしく生きるためのRPG」。 マザーシップタイトル初の単独女性主人公が話題となった。 信頼していた義兄に目の前で弟を殺されたベルベッド。左手を業魔にされた彼女は世界を救う救世主となった義兄を殺す復讐の旅にでる。

Read Article

テイルズ オブ リバース(Tales of Rebirth、TOR)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ リバース』はバンダイナムコゲームス発売のRPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第6作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が生まれ変わるRPG」。 主人公のヴェイグ・リュングベルが、さらわれた幼馴染の少女クレア・ベネットを救うべく、仲間たちと共に旅に出る中、「ヒューマ」と「ガジュマ」二つの種族の共存と対立の問題に直面していく物語である。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss、TOA)のネタバレ解説まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

テイルズ オブ レジェンディア(Tales of Legendia、TOL)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ レジェンディア』はバンダイナムコゲームス発売のPS2用専用RPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第7作目のマザーシップタイトルである。ジャンル名は「絆が伝説を生み出すRPG」。遺跡船と呼ばれる巨大な船に流れ着いたセネルとシャーリィの兄妹が、世界の命運をかけた戦いに巻き込まれていくストーリーである。

Read Article

テイルズオブシリーズのマスコットキャラ+グッズまとめ

我らがバンナム様の大人気ゲーム、テイルズオブシリーズですが、その壮大でリアルな世界観はRPGとして最高峰です。そんな中、いくつかのシリーズに登場するマスコットキャラクターがいます。それは今ではマスコットの範疇で収まる事無く、数多くのグッズとして制作・販売され、そのかわいさも抜群なのです。今回は、そんなテイルズオブシリーズのマスコットキャラの紹介とグッズをまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents