テイルズ オブ デスティニー(Tales of Destiny)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ デスティニー』とは、ナムコから発売されたPlayStation用のRPGゲーム。
人気の高い作品で、後にリメイク版やディレクターズカット版がPlayStation 2用ソフトとして発売された。
主人公のスタンは故郷を飛び出し、大国セインガルドへ向かう飛行竜に密航していた。しかしその飛行竜にモンスターの大群が襲来。絶体絶命のスタンであったが飛行竜の倉庫で発見した知能のある剣「ディムロス」と出会い、ソーディアンマスターとなったことで彼の運命は大きく変わっていく。

『テイルズ オブ デスティニー』の概要

『テイルズ オブ デスティニー』とは、1997年12月23日にナムコから発売されたPlayStation用のRPG。テイルズオブシリーズのマザーシップタイトル第2作目で、シリーズ内のジャンル名は「運命のRPG」、キャッチコピーは「運命を解き放て」である。
2002年11月28日に本作から18年後が舞台続編となる『テイルズ オブ デスティニー2』が発売された。2006年11月30日には新しいシステムやグラフィックが採用されたリメイク版がPlayStation 2用ソフトして発売されジャンル名も「運命という名のRPG」に変更された。さらに2008年1月31日には『テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット』がリメイク版と同じくPlayStation 2用ソフトして発売された。こちらのジャンル名は「もうひとつの運命という名のRPG」となっており、作中に登場するキャラクターであるリオンを主人公とするストーリーの「リオンサイド」といった新要素が盛り込まれている。
リメイク版では本編シナリオの大部分はオリジナル版そのままに、グラフィックやシステムを一新させ、キャラクター設定の一部変更やそれに伴うストーリーや台詞は全て書き直されている。また、オリジナル版では戦闘やAPW(アクティブ・パーティー・ウィンドウ)によるキャラクターの会話ぐらいしかボイスは収録されていなかったが、リメイク版とディレクターズカット版はメインストーリーがフルボイスとなっており、新規アニメーションも追加されている。説明書等のキャラクターイラストもいのまたむつみによって描き直しがされ、エンディングにも描き下ろしのイラストが20枚使用されている。
ディレクターズカット版は豪華プレミアムBOXも発売され、ゲームソフトの他にいのまたむつみの描き下ろしイラストBOX、128ページにも及ぶメモリアルイラストブック、21曲収録されたオリジナルサウンドトラックがセットとなっている。

OP主題歌はDEENの「夢であるように」が起用されており、Production I.Gがアニメーションを制作している。オープニングで主題歌とアニメーションムービーが流れるというテイルズシリーズのスタイルを定着させた作品である。リメイクであるPlayStation 2版でも主題歌、アニメーションムービー共に変更はなくPlayStation版のまま使用されている。いのまたむつみがキャラクターデザインを務めている。ゲームの他にアンソロジードラマCDや小説、漫画の他、パチスロやパチンコにもなる等広くメディア展開されている作品である。

自然豊かな国フィッツガルドにあるリーネ村に住む主人公スタンは幼い頃に両親を亡くし、祖父と妹と穏やかに暮らしていた。そんな生活に飽き、刺激のある冒険を求めていたスタンは剣士として名声を上げる為王国の兵士を目指そうと単身村を飛び出し、大国セインガルド行きの飛行竜に密航する。しかし乗り込んだ飛行竜が突然モンスターに大群に襲われてしまい、絶体絶命の危機の中逃げ込んだ倉庫内でスタンは「ディムロス」と名乗る知能を持った「ソーディアン」という1本の剣と出会いこの危機を脱する。
ディムロスのマスターとなったスタンはこの先出会うことになる、自分と同じくソーディアンマスターとなった仲間達と共にこれから起こる「神の眼」を巡る大きな戦いに巻き込まれていく。

『テイルズ オブ デスティニー』のあらすじ・ストーリー

本編シナリオの大部分はオリジナル版リメイク版共に相違はないが、台詞は全て書き直されている。一部のキャラクターはオリジナル版とリメイク版で設定が異なる人物がおり、シナリオも改変されている部分がある。
記載しているシナリオは主にオリジナル版である。

第一部

スタンの旅立ちと仲間達との出会い

飛行竜の倉庫でソーディアン・ディムロスと出会う

主人公のスタンは剣士としての名声を上げる為王国の兵士になるべく故郷のリーネ村から飛び出し、大国セインガルド行きの飛行竜ルミナ・ドラコニスに密航していた。しかし飛行竜のクルーに見つかってしまい、艦長らから厳しい尋問を受けてしまう。実はスタンが密航した飛行竜は極秘にソーディアンという特別な剣を護送する特命を帯びていたのであった。そのソーディアンを狙ってモンスターの大群が飛行竜に飛来しクルー達を襲い始める。スタンもモンスターに襲われるが武器がないので応戦できない。武器を探す為艦内を捜索すると倉庫の奥で光る物を発見する。近づいてみるとそれは厳重に鎖でつながれた1本の剣であった。モンスター達はこの剣を狙って襲ってきたのであった。
スタンが剣を手にするといきなり剣が喋り出し、自らを「ディムロス」と名乗りこの危機に力を貸すと言う。スタンは驚きながらもこの言葉を信じてソーディアンマスターとなり、ディムロスを手にモンスター達を撃退していきながら甲板まで行き脱出ポッドで脱出する。

スタンはセインガルドを目指す為国境の街ジェノスへ向かう

脱出ポッドは雪の降り積もる山奥の湖に落下しスタンは気を失ってしまうが、旅人のウッドロウという青年に助けられ山小屋へと運ばれる。目を覚ましたスタンはウッドロウにお礼を言うと、山小屋の主で弓の達人であるアルバという老人が現れ孫娘のチェルシーが裏山から戻らないことを心配してウッドロウに探しに行くよう依頼する。これにスタンも同行し山小屋から少し離れた裏山の奥でチェルシーを見つけ出す。チェルシーを連れて山小屋へ戻るとスタンは当初の目的地であるセインガルドを目指し出発すると言うのでウッドロウも同行してセインガルドとファンダリアの国境の街ジェノスへ向かうことになる。

マリーとの出会い

ジェノスに到着するとウッドロウと別れスタンは単身街を出ようとするが、セインガルドへ行くにもファンダリアへ行くにも通行証がないと街から出られないことが判明しどちらの通行証も持たないスタンは足止めされてしまう。街を出られず途方に暮れているとマリーという女剣士が現れ、こちらも何かに悩んでいる様子であった。マリーは仲間がダンジョンの罠にはまってしまい1人では助けられないので力を貸してほしいと言うのでスタンは快く引き受けマリーと共にそのダンジョンへと向かう。

マリーの仲間ルーティが神殿の罠にはまっている

マリーに導かれるまま山道から隠し通路を通って神殿と思われる場所までやってくると神殿の奥でマリーの仲間ルーティが罠に捕らわれて身動きが取れなくなっていた。スタンとマリーの2人で罠を解除しルーティを助けると謎の男達がやってきて取り囲まれてしまうが強引に切り抜け3人で神殿を脱出する。

ルーティはスタンと同じソーディアンマスターでアトワイトの持ち主だった

その後、ルーティの道案内でジェノスへ入ると門番から通行証がもらえセインガルドへの道が開ける。ジェノスの酒場へ向かい3人で話をする内にマリーは記憶喪失であり、ルーティがスタンと同じようにソーディアンマスターで「アトワイト」というソーディアンを持っている事が判明する。しばらく3人で旅をすることが決まり、早速翌日にはハーメンツという村へ向かうことになる。

ソーディアン・シャルティエの持ち主でセインガルド王国の客員剣士リオンに捕まり城へ連行される

ハーメンツでは村の権力者ウォルトにルーティが神殿で手に入れていた「ふるびたつえ」を渡し報酬を受け取ると宿屋で1泊することになる。翌朝3人が宿屋を出ようとすると神殿に現れた男達が再び現れ、彼らがセインガルドの兵士だと判明する。ルーティが神殿からふるびたつえを持ち出したことがばれて国宝荒らしの容疑で兵士達に襲いかけられる。兵士達を倒すとセインガルドの客員剣士リオンと戦うことになり、勝敗に関係なくセインガルドの首都ダリルシェイドへと連行されてしまう。

王は天地戦争時代の最終兵器とされる「神の眼」がストレイライズ神殿に安置されていると告白する

ダリルシェイドのセインガルド城地下牢へ幽閉されてしまったスタン達だったがセインガルド王に呼び出され王座の前まで連れてこられる。王から、最近セインガルドの国教である女神「アタモニ」が祀られているストレイライズ神殿への道にモンスターが出現し人々の往来ができなくなり、ストレイライズ神殿とも連絡がつかなくなっていると言う。王はこの事態を解決する為、ストレイライズ神殿への調査に人を向かわせようとする。すると、王の忠臣であるヒューゴという人物がストレイライズ神殿への調査をスタン達に任せてはどうかと王に進言する。ヒューゴは実はオベロン社の社長でもある人物である。スタン達だけでは心配なのでリオンを監視役に任命し、スタン、ルーティ、マリーには逃走防止の為に発信機と遠隔操作で電気ショックを与えることのできるティアラを取り付けられる。

旅立つ前に挨拶を交わすリオンとマリアン

ストレイライズ神殿へ向かう前にヒューゴの屋敷に寄り、ディムロスとアトワイトを返してもらってからストレイライズ神殿へ出発する。屋敷を出る直前にリオンは用事があるからと屋敷の奥に引き返す。リオンは屋敷のメイドでリオンの世話係であるマリアンという女性に会って挨拶をしておきたかったのだった。マリアンはリオンを「エミリオ」と呼び、彼の無事を祈って送り出した。

大司祭グレバムが「神の眼」を奪ったとフィリアは言う

ストレイライズの森を抜け、神殿の敷地内に入ると何者かによって神殿や教会が破壊されていた。神殿内の中央の扉には封印が施されており、何名かの神殿の関係者が閉じ込められていることが判明する。神殿内に5つ存在する結果石を全て破壊すると中央の扉の封印が解けて中に入ることができる。扉の中は「知識の塔」と呼ばれる神殿の資料庫となっており、司教のアイルツの話を聞き大聖堂を目指す。大聖堂には隠し入口があり、そこから通路を通って一番奥の部屋へ入ると司祭のフィリアが石にされていた。その石化を解くとフィリアは「大司祭グレバムが「神の眼」と呼ばれる巨大なレンズを奪っていった」と言う。神の眼が盗まれてしまったこととストレイライズ神殿の状況を王に報告する為、スタン達はフィリアを仲間に加えセインガルド城に戻った。王に一連の出来事を報告すると、スタン達は神の眼とそれを盗んだグレバムを追うこととなる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テイルズ オブ グレイセス エフ(Tales of Graces f)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ グレイセス エフ』とは、バンダイナムコゲームスからWii版に新エピソードや衣装が追加された移植版として発売されたPlayStation 3用のRPGゲーム。 ドラマCDやコミック等幅広くメディア展開されている作品である。 主人公であるアスベルと弟ヒューバートは幼年期に記憶喪失の少女ソフィと出会う。 ある事件でソフィは姿を消してしまうが、7年後に立派な騎士へと成長したアスベルが故郷に戻ると、事件で姿を消したソフィそっくりの少女が現れ、運命の変転に巻き込まれていく。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ シンフォニア(Tales of Symphonia)のネタバレ解説まとめ

「テイルズオブシンフォニア」とはロールプレイングゲーム「テイルズオブ」シリーズのマザーシップ(本編作品)としては5番目の作品。キャッチコピーは「君と響きあうRPG」、退廃的な世界を舞台に繰り広げられる苦難や葛藤など、壮大なストーリーが魅力の一つ。ニンテンドーゲームキューブで2003年に発売され、2004年にはPS2ソフトとしても発売、OVAとしてアニメ化も果たした。

Read Article

テイルズ オブ リバース(Tales of Rebirth)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ リバース』はバンダイナムコゲームス発売のRPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第6作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が生まれ変わるRPG」。 主人公のヴェイグ・リュングベルが、さらわれた幼馴染の少女クレア・ベネットを救うべく、仲間たちと共に旅に出る中、「ヒューマ」と「ガジュマ」二つの種族の共存と対立の問題に直面していく物語である。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

テイルズ オブ ファンタジア(Tales of Phantasia)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ ファンタジア』とはナムコから発売されたスーパーファミコン用RPGゲーム。 後にPlayStation版を始め様々な機種で移植やリメイクがされた。 トーティス村に住む主人公クレスは親友のチェスターと共に近くの森まで狩りに出掛けるが、村の非常事態を知らせる半鐘の音が鳴り響くのを聞き、異変を感じた2人が村に戻ると壊滅状態となっていた。 村が襲われた原因がクレスが父からもらったペンダントにあると知り、村人達を弔う為村に残る親友と別れ、クレスは謎を探る為に1人旅立った。

Read Article

テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia)のネタバレ解説まとめ

XBOX、PS3用ゲームテイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)について。本作は人気テイルズシリーズの10作目にあたる作品である。漫画、映画、ドラマCDなどに発展している。下町の平和のために旅に出たユーリが旅の途中で様々な仲間と出会い、ギルド「ブレイブヴェスペリア」を結成する。そして仲間とともに世界の存続をかける陰謀に立ち向かっていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia)のネタバレ解説まとめ

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)とは2000年11月30日にナムコから発売されたPlayStation用RPG。キャッチコピーは「変われる強さ、変わらぬ想い」。猟師のリッドはある少女に出会い、旅に出ることになる。その日一日生きられればいいと考えていた少年が、大事な人を守りたいと願うようになり、仲間とともに世界を救うことを決意する。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

テイルズ オブ ベルセリア(Tales of Berseria)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ ベルセリア』はバンダイナムコエンターテインメント発売のRPGであり、『テイルズ オブ』シリーズの第16作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が君らしく生きるためのRPG」。 マザーシップタイトル初の単独女性主人公が話題となった。 信頼していた義兄に目の前で弟を殺されたベルベッド。左手を業魔にされた彼女は世界を救う救世主となった義兄を殺す復讐の旅にでる。

Read Article

テイルズ オブ レジェンディア(Tales of Legendia)のネタバレ解説まとめ

『テイルズ オブ レジェンディア』はバンダイナムコゲームス発売のPS2用専用RPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第7作目のマザーシップタイトルである。ジャンル名は「絆が伝説を生み出すRPG」。遺跡船と呼ばれる巨大な船に流れ着いたセネルとシャーリィの兄妹が、世界の命運をかけた戦いに巻き込まれていくストーリーである。

Read Article

テイルズオブシリーズのマスコットキャラ+グッズまとめ

我らがバンナム様の大人気ゲーム、テイルズオブシリーズですが、その壮大でリアルな世界観はRPGとして最高峰です。そんな中、いくつかのシリーズに登場するマスコットキャラクターがいます。それは今ではマスコットの範疇で収まる事無く、数多くのグッズとして制作・販売され、そのかわいさも抜群なのです。今回は、そんなテイルズオブシリーズのマスコットキャラの紹介とグッズをまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents