ジョジョの奇妙な冒険(第6部)のスタンドとスタンド使いまとめ

Img 3

『ジョジョの奇妙な冒険』とは荒木飛呂彦の漫画作品である。第6部の副題は『ストーンオーシャン』。父の愛に飢えた非行少女、空条徐倫はひき逃げの罪を着せられ刑務所に入るが、事故が罠であることや父の愛を知り、仲間と共に「天国」を目指すプッチ神父と戦う。新たなスタンドの発動条件、能力のディスク化とそれを植え込まれたスタンド使いが刑務所に乱立。徐倫たちを待つ物とは何か。運命、絆を描き上げた、壮大なストーリー。

『ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン』概要

『ジョジョの奇妙な冒険(第6部)』とは、『第6部 空条徐倫 ―『石作りの海』(ストーンオーシャン)』の副題を持つ荒木飛呂彦の漫画作品である。
『ジョジョ』シリーズで第3部から登場している空条承太郎の娘、徐倫(ジョリーン)が、シリーズ初の女性主人公として登場。徐倫は荒木氏の作品としては『ゴージャス☆アイリン』以来の女性主人公でもある。
6部ではそれまでなかったスタンドの発動条件、ディスクが現れる。
血の繋がりや引き合う人々の繋がりなど、運命に重きを置いた作りになっており、ラストでは世界そのものが終着と新たな出発を起こしている。つまり、第1部から続くジョースター家とDIOの因縁と世界観は第6部で完結しており、第7部以降はパラレルワールドのような世界になっている。ある意味で第6部は『ジョジョ』シリーズの一つの終着点にして、区切りとも言える。
コミックスは全17巻。『ジョジョ』シリーズの通しで言えば64巻から80巻に当たる。

『ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン』の世界観

スタンド

E5c7f53f s

出典: jojosoku.com

傍らの側に立つことからこの名で呼ばれる。第3部から登場するもので、分かりやすく言えば超能力が形をとったもの。スタンド能力とも呼ばれており、スタンドを持つ者はスタンド使い、もしくは本体という。
スタンドにも能力の特性によってタイプがあり、通常スタンドが傷を負った時に本体も同じ場所にダメージを受けるが、自動操縦型は本体への影響がない。しかし、スタンドに何が起きているのか本体に把握できない上、大ざっぱな動きしかできないといった弱点がある。他にも近距離パワー型、遠隔操作型のように得意とする距離が違う。近くに本体がいないのに精密な動きをすれば遠隔操作型と言うことになり、少し離れた所に本体がいるとして作戦の立て直しができる上、スタンドを攻撃すれば本体にもダメージを与えられる。
能力は一人につき一つ、もしくは一組だがスタンドの特性によっては成長、進化を遂げ、異なる能力を使い分けることもできる。
一般人にはスタンドは見ることも触れることも出来ない。能力の発動には生まれつき、もしくはスタンド能力を引き出す矢尻により傷を負う(第4部登場。適正がないと死ぬ)、血縁、特殊技能をスタンド能力にまで開花させるなど複数の条件が挙げられる。

ディスク化されたスタンド

2 5d692

出典: self-employed-gamer.seesaa.net

左:ホワイトスネイク
右:ホワイトスネイクの能力で、スタンドと記憶がディスク化されて抜き出されている場面

第6部では新たに「スタンドのディスク」が登場する。これはプッチ神父のスタンド、ホワイト・スネイクの能力で、記憶やスタンドをCDのようなディスクの形にして抜き出し、他者に植え付けるというもの。与えられた能力は元の能力者でないと100%操れないが、植え付けられた人物の性格や、その時の状況によっては絶大な効果を発揮する。

DIOの骨

B70cbad0

出典: jojosoku.com

空条承太郎がかつて倒した最大の宿敵、DIOの骨である。生前にDIOが語った「天国へ行く方法」に関してきわめて重要な意味を持つアイテムであり、エジプトで回収されたものの他、DIOの頭部から採取したものがある。この骨に36人の罪人の魂を吸収させるのが、天国へと向かう一つの段階であった。
死者を蘇らせる能力、リンプ・ビズキッドでDIOの蘇生が試みられるが、蘇った「もの」は制御できず、一度は行方を眩ませて再び骨に戻った。その後、緑色の赤ん坊の姿で再登場。緑色の赤ん坊はプッチ神父と融合して新たなスタンドを生み出すこととなる。

天国へ行く方法

DIOが生前研究していた、幸福の理論。プッチ神父に「天国へ行く方法があるかもしれない」と前置きをした上で、それがオカルティックかつ宗教的な意味ではなく、すべての人類に幸福をもたらすための理論であるとした。
この理論について書かれたメモがあったが、承太郎により焼却されていた。承太郎の記憶のディスクを奪ったのはこのためである。天国へ行く為の方法とは、「幸福とは、起こりうる運命をあらかじめ覚悟すること」との考えを示す。
承太郎の記憶のディスクからこれを読み取ったプッチ神父は時間を加速させて、一巡りした世界で一旦未来を経験させることで、何が起こるのかと言う覚悟を植え付けさせようとした。どのような経験をし、どのような結果を進むのかを前もって覚悟させることこそが人々を幸福へ導くと信じ、プッチ神父は行動する。
徐倫や承太郎の殺害を図ったのは、ジョースター家の因縁を新たに生まれる世界へ持ち込ませない為。
この天国が発動する為の条件は「無欲な人間」、「罪人の魂36人分」、「14の言葉」、「ザ・ワールドとそれを捨てる為の勇気」、「最も重力の弱い場所」、「新月」であった。プッチ神父は「新月を待て」という指定に従おうとしたが、ここで言う新月とは、新月の現れる時や日にちのことではなく、新月のもたらす重力のことである。

【14の言葉】
DIOが「私を忘れないように」とスタンドに刻んだもの。らせん階段、カブトムシ、廃墟の町、イチジクのタルト、カブトムシ、ドロローサへの道、カブトムシ、特異点、ジョット、天使、紫陽花、カブトムシ、特異点、秘密の皇帝。

『ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン』のあらすじ・ストーリー

2011年。多忙な父の事情を知らず、愛情を受けていないと感じて育った少女、空条徐倫は恋人とドライブ中にわき見運転事故を起こしてしまう。これにより州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所に収監される。父からの差し入れは奇妙なペンダントのみであり、徐倫はそのペンダントをたまたま同じ護送車に乗っていたエルメェスに渡す。
実は徐倫がこの刑務所に入れられたこと、事故自体が仕組まれた罠だった。差し入れのペンダントはスタンド能力を目覚めさせる矢を加工した物で、徐倫の身を守るために送られたものである。
徐倫は、かつて父、空条承太郎が吸血鬼にしてスタンド使い、邪悪なカリスマを持ったDIOという強敵と戦ったことも、家族を巻き込まない為に何も語らなかったことも知らなかった。面会に訪れた父からすべての事情を聞き、一旦は脱獄を試みるが謎のスタンドにより承太郎のスタンド、そして記憶がディスクとして盗まれてしまう。徐倫は父だけをジョースター家と縁深いスピードワゴン財団に送り、自分は刑務所に戻る。父のスタンドと記憶を取り戻し、本当の敵を探る為だった。

徐倫と同じくペンダントで傷を負いスタンド使いとなったエルメェス、初めは刺客として送り込まれたフー・ファイターズ、徐倫を妻にすると心に決めたナルシソ・アナスイ、記憶を失ったウェザー・リポート、刑務所内でひっそりと暮らす少年エンポリオ・アルニーニョらと共に、刑務所内で敵スタンド使いと戦う。
敵の正体は、DIOの親友だという刑務所の神父、エンリコ・プッチだった。生前のDIOから「天国へ行く方法があるかもしれない」と聞いていた彼は、承太郎の記憶から天国へ行く為の方法(生前DIOがメモとして残していたもの。承太郎が燃やした。この時内容を見ている)を知り、条件の一つである「重力の影響を受けにくい場所」ケープ・カナベラルの宇宙船発射場へと向かう。徐倫たちは刑務所を出たプッチ神父を止める為に脱獄する。
脱獄後の刺客は、DIOが自分の協力者にする為に作り出した息子たちだった。彼らは皆人生に絶望しており、そこをプッチ神父に救われたこともあってプッチ神父に協力していた。この戦闘でウェザー・リポートの記憶と能力が完全に戻りプッチ神父を追い詰めるが、ウェザー・リポートだけが死に神父はケープ・カナベラルへと行ってしまう。天国へ行くには、新月(天国の時)に、「北緯28度24分、西径80度36分」の場所で、スタンドが天国へと導く為のスタンドを生み出すとDIOの遺したメモにあった為である。
ここで神父は、DIOの骨から生まれた緑色の赤ん坊と融合、自分のスタンドを進化させる。また、ケープ・カナベラルの宇宙船発射場にあった展示用のシャトルに乗り込むことで天国の時が訪れた。これにより、最終進化形態のメイド・イン・ヘブンが発動し、時間が加速する。最後の戦いでエンポリオを除く全員が死亡。エンポリオは、徐倫により最後の希望として逃がされる。

プッチ神父の言う「天国」とは、時の加速によって世界を一旦終わらせ、新たに誕生した「一巡りした世界」を実現させることに関係していた。避けられない運命を事前に予知することで覚悟が生まれる、それこそが絶望を吹き飛ばす真の幸福であり天国だとした。一巡り後の世界では全人類が自分の身に起こる運命をいくらか予知できるようになっていた。加速した時の中で未来を一度体験し、経験したことを精神が覚えているためだとプッチ神父は言う。

加速は一度止まり、グリーン・ドルフィン刑務所内でエンポリオと神父の最後の戦いが始まる。それは、プッチ神父の敵であり、プッチ神父の支配を逃れられる運命を持つことになったエンポリオを始末する為だった。
エンポリオはプッチ神父に追い詰められるが、「運命が決まっているならお前に変えてもらうことにした」と言い、敢えてラッシュを受け、持っていたウェザー・リポートのスタンドディスクをプッチ神父の手で押し込ませた。スタンドは暴走し、猛毒の純酸素が密室空間に集められ酸素中毒に陥ったプッチ神父は身動きが取れない状態の中ウェザー・リポートのラッシュを受けることになった。
時が加速せず一巡りすることもなくなった世界は、今までの物とは少しだけ違うパラレルワールドとして存続。道をさまようエンポリオは、徐倫たちに似た人物と出会う。
徐倫に似た女性から名を聞かれたエンポリオは涙ながらに名を名乗り、降り出した雨の中車に乗せられる。ウェザー・リポートと思われる人物の後ろ姿が一瞬映り、物語は終結する。

主要スタンド及びスタンド使い

スタンド:ストーン・フリー / スタンド使い:空条徐倫

ストーン・フリー

52772d19

出典: matome.naver.jp

【破壊力】A
【スピード】B
【射程距離】1~2m
【持続力】A
【精密動作性】C
【成長性】A

アクセサリーとして加工された矢により発動したスタンド。能力は本体及びスタンドの体を糸状にして操ること。単に物を引っ張ったり絡め取る以外にも、網のようにして防御にも使える上、傷口を縫い合わせたり、糸電話の要領で遠くの会話を聞きとることもできる。
使用法は多岐に渡るが、本体の体をほどいているのであり、あまりに多くほつれさせると命の危険すらある。当初は本体及びスタンドのみを糸にしていたが、他者や触れた者を糸状にできるように成長を遂げた。
人型のビジョンでラッシュを食らわせることもできる。その威力は隕石を超高速でたたき込むかのようなものだという。人型の時は高い破壊力を持ち、糸状の時は遠距離での戦闘が可能な、バランスの取れたスタンド能力と言える。

空条徐倫(ジョリーン)

Syocg3bh

出典: twitter.com

19歳。空条承太郎の娘で、『ジョジョ』シリーズで初となる女性主人公である。多忙な父、承太郎の愛に飢えており、ティーン時代のほとんどを不良少女として過ごしてきた。車を盗んだことさえあったが、迎えに現れたのは母のみだった。恋人とのドライブ中、恋人との会話で脇見運転を招いて人をはねさせてしまう。恋人に裏切られ罪を着せられた形になるが、実は事故自体がプッチ神父の仕掛けた罠だった。
初期は母を恋しがる描写もあったが、グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所(G.D.st刑務所)内での生活やスタンド戦でたくましく成長していく。基本的には明るいが、少々下品な所もある。しかし戦闘に際しては冷静沈着な面も見せる。
初めは父を嫌ってあんた呼ばわりしていたが、次第に父さんと呼ぶようになる。承太郎のスタンドと記憶が盗まれる前に、父の愛情と真意を知るのだった。
首筋にはジョースター家の血統を表す星型の痣がある。エンポリオを最後の希望としてすべてを託し、プッチ神父に挑むが倒されてしまう。死にぎわにかつて車を盗んでしまったと誰にともなくつぶやき、「何であんなことしちゃったんだろう」と独り言をいった。
口癖は「やれやれだわ」。ラッシュ時は父の承太郎と同じく「オラオラオラオラ!」と掛け声を発する。また初登場時に刑務所内にいたなど、父との共通点が多い。
プッチ神父を倒した後の世界ではアイリンと言う名前になっており、不良少女でもなく恋人のアナキス、並びに父との関係もうまくいっているらしい。一巡りする前の世界の因縁はほぼ消えているが、星型の痣は残ったままだった。
仲間だったエンポリオのことは覚えていない(と言うか知らない)が、雨が降る中子供一人を放っておけず、自分が来ていた上着を着せ、車に乗るよう促した。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン(Stone Ocean)のネタバレ解説まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第6部となる作品(単行本64〜80巻に収録)、およびそれを基にしたメディア展開作品です。舞台は2011年のアメリカ。無実の罪で刑務所に収監された女性主人公・空条徐倫が仲間達とともに、「天国へ行く方法」を実現させようとするプッチ神父を止めるべく奔走する物語です。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース(Stardust Crusaders)のネタバレ解説まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第3部の作品(単行本12〜28巻に収録)、およびそれを元にしたメディア展開作品のことです。1987年、復活したDIOを倒すために世界を巡り、タロットのアルカナやエジプト神を模した敵と戦う冒険活劇です。今作に登場した「スタンド(幽波紋)」は、今作以降もジョジョを代表する能力となりました。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風(VENTO AUREO、Golden Wind)のネタバレ解説まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第5部となる作品(単行本47〜63巻に収録)、およびそれを基にしたメディア展開作品です。主人公ジョルノ・ジョバァーナが、ギャング組織のチームメンバーとともに「ギャングスターになる」夢を追う物語です。組織のボスや、ボスの放つ刺客たちとの戦いが、2001年のイタリアを舞台に繰り広げられます。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない(Diamond is Unbreakable)のネタバレ解説まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第4部の作品(単行本29〜47巻に収録)、およびそれを元にしたメディア展開作品のことです。1999年の日本M県S市の杜王町(もりおうちょう)にて、主人公の東方仗助(ひがしかたじょうすけ)が、町に潜む連続凶悪殺人鬼と、次々と登場するスタンド使いに挑む、サスペンスホラー風の漫画です。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第7部 スティール・ボール・ラン(STEEL BALL RUN、SBR)のネタバレ解説まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第7部となる全24巻の作品(単行本81〜104巻に収録)、およびそれを基にしたメディア展開作品です。19世紀末に開催された架空の北アメリカ大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」に挑む二人を主軸に、レースの裏に潜む国家の陰謀を描く、ホラー・アドベンチャーです。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド(Phantom Blood)のネタバレ解説まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険」とは、荒木飛呂彦のマンガ作品、およびそれをもとにしたアニメ、小説、ゲーム作品。第1部「ファントムブラッド」は今なお続く大人気シリーズ「ジョジョ」の原点であり、ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーとの青春と対立が描かれています。ジョースター家と宿敵ディオの因縁の物語はここから始まり、様々な時代と舞台で「波紋」や「スタンド(幽波紋)」を駆使して戦いを繰り広げていきます。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第8部 ジョジョリオン(JoJolion)のネタバレ解説まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part8 ジョジョリオン」は、2016年12月の時点で14巻(単行本105〜118巻に収録)刊行されている漫画作品および、それを基にメディア展開されている作品です。第4部でも舞台となった杜王町で、3月11日に起きた震災でできた「壁の目」から出てきた記憶喪失の主人公・東方定助が、自分の記憶を探っていくサスペンス・ホラーです。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第2部 戦闘潮流(Battle Tendency)のネタバレ解説まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流」は、「ジョジョの奇妙な冒険」の単行本5〜12巻に収録されているマンガおよび、一連のメディア展開作品です。第1部から50年後、ジョナサン・ジョースターの孫であるジョセフ・ジョースター達「波紋」の戦士と、第1部から続く石仮面と吸血鬼の力を持ち、「究極生命体」を目指す「柱の男」との死闘が描かれています。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第4部)のスタンドとスタンド使いまとめ

『ジョジョの奇妙な冒険(第4部)』とは、荒木飛呂彦の漫画作品である。副題は『ダイヤモンドは砕けない』。空条承太郎は、祖父ジョセフの財産整理の調査でジョセフの隠し子・東方仗助の存在を知る。仗助はスタンド能力を持っており、杜王町を舞台に承太郎や仲間と共にスタンド使い達、果ては殺人鬼の吉良吉影と戦うことになる。日常に潜む恐怖、奇妙さが描かれているこの部は第3部までとは違った雰囲気を持ち、人気も高い。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第3部)のスタンドとスタンド使いまとめ

『ジョジョの奇妙な冒険(第3部)』とは、荒木飛呂彦による漫画作品である。吸血鬼DIOの覚醒に伴い、突如スタンドなる能力が発動した高校生、空条承太郎。母ホリィにもスタンドが発動するが、操る力がなく死に至る高熱に倒れる。ホリィを救うため、DIOを見つけ出し倒すための旅が始まった。超能力の概念に像を与えた「スタンド」は『ジョジョ』の魅力として広く知られている。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第5部)のスタンドとスタンド使いまとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは荒木飛呂彦の漫画作品である。第5部『黄金の風』はジョルノ・ジョバァーナという青年が、麻薬がはこびるイタリアで正義のギャング・スターなるために奮闘する物語。組織での成り上がりを目指すジョルノだったがボスの非道な行いに仲間たちと共に反旗を翻すことになる。第4部では敵スタンドが弱いという声があったが、第5部では強力なスタンドが登場し、ジョルノたちを苦しめた。

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』のキャラクター達が受け継ぐ「人間讃歌」というテーマ

連載を開始から30年という年月を経ても根強いファンをもち、ゲーム、アニメなど様々なメディア展開を行い続けている、名作漫画。絵柄、言い回し、擬音など、強烈な作風の中でも、時代を経て人々に愛される、シンプルな「人間讃歌」というテーマ、そこに描かれる唯一無二の世界観と、世代を超えて受け継がれていくキャラクター達の生きざまについて解説する。

Read Article

【デッドマンズQ】ジョジョ第4部から続く吉良吉影の奇妙な人生【ジョジョリオン】

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない』に登場するスタンド使い・吉良吉影。杜王町に潜み、長年にわたって人の「手」を求めて殺人を繰り返していた。シリアルキラーでありながらも、人として「平穏」な人生を好む。『デッドマンズQ』や『ジョジョリオン』でも引き続き描かれ続ける吉良吉影の奇妙な人生について解説する。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】漫画家・岸辺露伴の魅力と奇妙な人生を徹底解説

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない』に登場する漫画家・岸辺露伴。舞台となる杜王町に集う「スタンド使い」の一人として一度は主人公達に立ちはだかるも、やがて仲間の一人として町で起こる事件へと挑んでいく。数々のスピンオフ作品でも描かれる、彼の「奇妙な冒険」について、解説する。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】ディオ・ブランドーのカリスマ的魅力と彼の人生を徹底解説【DIO】

「ジョジョの奇妙な冒険」に登場し、初代・ジョジョとの死闘を繰り広げ、血の因縁を作り上げた巨悪、ディオ・ブランドー。底なしの野心のため、人間を辞めて怪物へと変貌した彼の奇妙な人生と「悪のカリスマ」として多くの人々を突き動かした、彼が持つ独特の魅力について、解説する。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第1部)の名言・名セリフまとめ

ジョジョの奇妙な冒険(第1部)は荒木飛呂彦によって1987年に少年ジャンプで連載されたマンガである。 石仮面によって吸血鬼となったディオと、主人公ジョナサンの闘いを描く。 その後ジョジョ第6部まで続くディオとジョースター家の因縁の原点になっている。 人間とは何か?、勇気とは何か?など、まさに少年漫画といえる内容を荒木飛呂彦の独特なセリフ回しで表しており、非常に名言が多い。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第2部)の名言・名セリフまとめ

ジョジョの奇妙な冒険(第2部)は荒木飛呂彦によって1987年から少年ジャンプで連載されたマンガの第2部である。第1部主人公ジョナサンの孫、ジョセフ・ジョースターと1万年の眠りから覚めた「柱の男」たちとの闘いを描く。 ジョナサンとは対照的にユーモアのあるジョセフのセリフや、第1部にも増してのテンションの高さから名言も多い。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第5部)の名言・名セリフまとめ

ジョジョの奇妙な冒険(第5部)は、荒木飛呂彦氏により1987年から少年ジャンプで連載された漫画の第5部にあたる作品である。1部から3部にかけてジョースター家と激戦を繰り広げた宿敵DIOの息子ジョルノ・ジョバァーナが主人公がギャングスターになるまでの過程を描く。 ギャングの世界で頂点を掴もうとするジョルノの意思の強さを表す名言など、全体的に熱い名言が多い作品となっている。

Read Article

名言、迷言多し!第六部までの『ジョジョの奇妙な冒険』歴代ジョジョとラスボスを網羅

第一部冒頭より名言と迷言、そして名シーンの宝庫である『ジョジョ』。まさにタイトル通り、「ジョジョ」の異名を持つ者が過酷な運命に身を投じるというサーガ。「宇宙が一巡りする」前の第六部までの「ジョジョ」と、各部を盛り上げてくれたラスボス、並びに名言と迷言をまとめました。ジョジョ立ち、スタンド戦、頭脳戦ばかりがジョジョの魅力ではない!?

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』第3部スタンドの「暗示」まとめ

『ジョジョ』第3部で初めて登場し、今やパロディやたとえで使われる「スタンド」ですが、初期のものはタロットカードがモティーフで、各スタンドの「暗示」が語られていました。が、「イエロー・テンパランス」以降何でか暗示を言わなくなりましたね。「いや、何の暗示だよ」と。気になりますよね。主人公側も特に語られていませんし、ネット上で散々解釈されているかもしれませんが、まとめました。

Read Article

子供、動物、ゾンビまで?『ジョジョの奇妙な冒険』異質のスタンド使いまとめ(第六部まで)

『ジョジョ』のスタンドバトルは知略戦、意外な能力などで見ていて白熱します。基本的にスタンド使いといったら10代半ば以降の人物、人間が多いのですが、中には「こいつがそうだったのか!」となるような「スタンド使い(本体)」も。動物だったり子供だったりと、そんな異色のスタンド使いをまとめました。能力を操れていなかったり、修行の果てに能力が目覚めた人までいて、奥の深いスタンド道です。

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』×「資生堂」になんだかワクワクさせられた!

資生堂といえば日本が誇る化粧品メーカー。ところが資生堂が“本気”を出した「ジョジョ」のコスプレ(?)を、それも18人にも及ぶキャラクターを披露していた事実をご存知でしょうか? その本気クオリティたるや「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!」レベルなうえに、実はコスプレをしたモデルやスタッフなどにも大きな秘密があったのです。

Read Article

[誰が好き?]ジョジョの奇妙な冒険・敵キャラクターまとめ[第8部(ジョジョリオン)]

濃いキャラクター達や歴史に残る名言を残した人気マンガ、『ジョジョの奇妙な冒険』の敵キャラクターを各部、登場順でまとめました。 第3部からは「スタンド」の概念が登場したので、見えるスタンドは本体の下に表示してあります。 第8部は現在連載中のため、不明なスタンドが多めです。随時更新します。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

彼女が出来て幼なじみと修羅場!?『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』

2013年冬に放送されたアニメ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』に関する記事です。この作品は、色恋沙汰を毛嫌いする主人公に彼女が出来て、それを知った主人公の幼なじみが、その彼女と修羅場を繰り広げる物語です。この記事では、個性豊かなキャラクターと彼女らが描く青春について紹介します。

Read Article

目次 - Contents