『境界のRINNE』主要な契約黒猫たち

人間と死神の血を引いた六道りんねが、幽霊成仏のために奮闘するアニメ『境界のRINNE』。登場する死神たちは、皆サポートを行う黒猫と契約を結んでいます。今回は、主要な黒猫たちを紹介します。

『境界のRINNE』とは?

『境界のRINNE』は、2009年に週刊少年サンデーにて連載を開始した学園コメディー作品です。
幼い頃神隠しにあってから霊が見えるようになった女子高生・真宮桜は、同じ高校に通う六道りんねと出会います。りんねは死神と人間のハーフで、幽霊たちを輪廻の輪(再び生まれ変わらせるための道)に連れていく仕事を学業と両立しています。しかし、りんねは制服が買えないほどの貧乏暮らし。霊にまつわる事件を解決して、その依頼料で生活費や食料などを稼ぎつつ生活していました。
そんな中、成り行きで桜はりんねの仕事を手伝うようになります。貧乏なりんねの為に除霊グッズの資金を貸したり、悪霊退治に同行したりと行動を共にする中で、りんねと桜の感情にも変化が…。
りんねと桜、そして個性豊かなキャラクターたちと共に、霊をあの世へ送る日々を過ごし始めるのでした。
作者の高橋留美子さん曰く、「男性向けの作品」であるそうです。

六道りんねの契約黒猫 六文

主人公の六道りんねと契約しているのが六文です。
元々はりんねの祖母である魂子と契約していましたが、リストラに遭いクビになりました。その後魂子の紹介でりんねの元を訪れます。しかし、りんねは六文をあの世との関わりを持たせるために魂子が寄越したと誤解。当初は契約を拒否してしまいました(貧乏で満足いく給料の支払いができなかったことも要因です)。
そんなりんねが契約を認めた理由は、魂子による六文への解雇通告を目にした際の多少の同情と、六文自身のけなげな態度によるものでした。

但し、契約条件は「食費自分持ち」。りんねやクラスメートの桜など幽霊が見える人からは少年のような姿に見えますが、それ以外はただの子猫にしか見えないため食べ物を恵んでもらうことで空腹を満たしています。桜の家にも入り浸っていることなどから、りんねよりも美味しいものを食べているようです。時にはりんねが食べられないような白米を食べることも。

黒猫の姿になり受け取ったご飯を持って、りんねの元へ急ぐ六文。なんと健気な…。

性格は基本的に忠実で礼儀正しく、冷静沈着かつ分析力や状況判断力にも長けており精神面や頭脳はかなり優秀です。ただ、自己像と客観像が乖離している、いわゆるナルシストな一面も持ち合わせています(上図参照。一体誰なんだ、と突っ込みたくなる容姿)。さらに、些細な理由と動機によりりんねのクラスメートを血祭りに上げようとした経験があるなど、野生の猫さながらの粗暴な部分もあります。

いつもは可愛らしい姿の六文ですが、時には巨大な化け猫に変身します。人間を脅かしたり、桜たちを頭に乗せて飛んだりすることもあります。悪霊もしくは強者に遭遇した際は毛を逆立て威嚇しますが、攻撃を受けてしまうと気絶し元の子猫の姿に戻ってしまいます。
普段話をする際は敬語を使っていますが、化け猫時や謀をしている時などには「ふなーご」と台詞だけでなく文字も同時に画面に表示されます。

鳳の契約黒猫 朧(おぼろ)

朧(おぼろ)は、りんねに好意を寄せている死神鳳と契約している、中学生の様な見た目の黒猫です。
戦闘力は高いものの、性格は短気。鳳をからかっては爆弾を投げられ、散々な目に遭っています。しかも最初の戦いの時には鳳の爆弾によりふっ飛ばされた揚句、1年間岩に挟まれました。ひょんなことで岩から解放された後、恨みを晴らすべく鳳が嫌う大量の蛇の霊を放ちます。契約解除を願い出ますが、結局はそのまま契約を続けることに。
因みに、月給50万と聞いたりんねと六文が驚きの顔を見せたこともあります。

架印の契約黒猫 鈴

あの世の役所に勤める架印が契約中の黒猫、鈴。黒いゴスロリ衣装を身につけているのが特徴です。常に明るい鈴ですが、元は捨て猫でした。段ボールに入っていた鈴を架印が見つけ、契約金を浮かせるために拾われたのです(架印も貧乏であるため、あまりお金は使わないようにしているようです)。
純粋ですが、かなり毒舌で飽きっぽく、おまけに粗野な性格。また、黒猫としての能力は低く自覚がないまま失敗を繰り返すため、度々架印を困らせています。架印の職場で窓口を任された時には勝手に受付を行い、架印に自分が行った仕事の内容を知らせないという大失敗をしたこともあります。
黒猫集会があった際は、テーブルに並べられていた料理をパクパクと食べていました。

翔真の契約黒猫 黒洲

死神小学校に通う翔真が契約している黒猫は、紳士的な見た目の黒洲。子供と契約しているものの実は子供が大嫌いです。そのため、翔真への忠誠もうわべだけで、内心はただただ鬱陶しいと思っているだけのようです。翔真と一緒に長い時間いるとぶっ飛ばしたい衝動に駆られるため、契約時間を短くしています。そのため収入が少なくいつも貧乏な様子。
また、実力は折り紙付きで黒猫幻術の使い手です。黒猫段位試験の試験監督、契約黒猫の適正審査委員長を務めています。

主要な契約黒猫たちをよくよく見てみると、朧以外はみんな貧乏である事が分かります。なぜにこうも貧乏黒猫が多いのでしょうか…。

ck
ck
@ck

Related Articles関連記事

境界のRINNE(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

境界のRINNE(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『境界のRINNE』とは高橋留美子によって2009年より『週刊少年サンデー』にて連載が開始された、霊が視える高校生の少女と死神の少年との交流を中心に描いたオカルトコメディ漫画である。霊が視える女子高生の桜は、ひょんなことからクラスメイトのりんねが人間ではなく死神だという事を知り、日々霊が巻き起こす様々な騒動の解決の手伝いを行うようになる。幽霊や悪霊を題材としているがほのぼのとしたコメディタッチで描かれており、何事にも動じない桜にいつの間にかりんねが惹かれていく淡い恋模様も作品の魅力の一つである。

Read Article

陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『陸王』とは作家の池井戸潤が書いた小説『陸王』が原作のドラマで、脚本は八津弘幸、演出は福澤克雄と田中健太が担当。ドラマのストーリーは資金難に苦しむ老舗足袋屋の社長が、会社の未来を考え新規事業のランニングシューズ開発に乗り出し、たくさんの人の助けで苦難を乗り越え、マラソン足袋「陸王」を開発するまでの企業再生物語。ドラマの主人公である宮沢紘一を俳優の役所広司が演じ、たくさんのエキストラを使った駅伝シーンなどは臨場感のあるシーンに仕上がっている。大多数の人たちから感動したと大反響を呼んだ人気ドラマ。

Read Article

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の徹底解説まとめ

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)の徹底解説まとめ

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)とは「GLIM=幻想的」「SPANKY=攻撃的」という自らの音楽性をバンド名に掲げた男女2人組ロックバンド。1960~70年代の洋楽に影響を受けた平成生まれの2人だが、桑田佳祐、佐野元春、いとうせいこう、みうらじゅんなどの音楽マニアから称賛を受け、そのサウンドと歌詞は折り紙付きとなっている。古さと新しさを兼ね備えた新時代を代表するロックバンドである。

Read Article

くるり(Quruli)の徹底解説まとめ

くるり(Quruli)の徹底解説まとめ

くるりとは、1996年にギターボーカルの岸田繁、ベースの佐藤征史、ドラムの森信行によって結成された京都出身のロックバンド。1998年に1stシングル『東京』をリリースしデビューした。デビュー後は、岸田と佐藤を中心に、メンバーチェンジをしながら活動を続けている。 ロックだけでなく、クラシックやラップなど多様な音楽性を取り入れ、アルバムごとに雰囲気が全く異なるところが、くるりの特徴であり、魅力でもある。TV番組のテーマ曲も担当するなど、知名度と人気を兼ね備えた日本を代表するバンドの1つである。

Read Article

 半妖の夜叉姫(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

半妖の夜叉姫(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半妖の夜叉姫』とは、高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』の十数年後の世界を描いたアニメ作品。 普通の女子高生日暮かごめと、半妖の少年犬夜叉が、現代と戦国時代を行き来しながら繰り広げた大冒険から十数年。2人の姪であるとわは、幼い頃に生き別れた双子の妹せつなと再会するが、せつなは夢の胡蝶という妖怪によって眠りを奪われ、過去の記憶も失っていた。かごめと犬夜叉の娘であるもろはも加わり、かつて彼女たちの親がそうしていたように、3人は現代と戦国時代を行き来しながら大妖怪麒麟丸を追う冒険を繰り広げる。

Read Article

半妖の夜叉姫 弐の章(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

半妖の夜叉姫 弐の章(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半妖の夜叉姫 弐の章』とは、現代と戦国時代を舞台にした、人と妖怪の混血の少女たちの冒険譚『半妖の夜叉姫』の続編である。高橋留美子原作の『犬夜叉』とは世界観と一部キャラクターを共有しており、同作が本作の前日譚となっている。 時を行き来する力を持つ時代樹の精から、世を滅ぼさんと画策しているという大妖怪・麒麟丸の討伐を請け負った、それぞれに妖怪の血を引く日暮とわ、その妹のせつな、賞金稼ぎのもろは。麒麟丸を倒す力を求めて新たな旅を始めたとわたちの前に、その麒麟丸の娘だという少女・りおんが現れる。

Read Article

半妖の夜叉姫の武器・必殺技まとめ

半妖の夜叉姫の武器・必殺技まとめ

『半妖の夜叉姫』とは、高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』の十数年後の世界を描いたアニメ作品。 普通の女子中学生日暮かごめと、半妖の少年犬夜叉が、現代と戦国時代を行き来しながら繰り広げた大冒険から十数年。2人の姪であるとわは、幼い頃に生き別れた双子の妹せつなと再会するが、彼女は夢の胡蝶という妖怪によって眠りを奪われ、過去の記憶も失っていた。かごめと犬夜叉の娘であるもろはも加わり、かつて彼女たちの親がそうしていたように、3人は現代と戦国時代を行き来しながら大妖怪麒麟丸を追う冒険を繰り広げる。

Read Article

めぞん一刻(高橋留美子)のネタバレ解説・考察まとめ

めぞん一刻(高橋留美子)のネタバレ解説・考察まとめ

『めぞん一刻』とは、高橋留美子によるラブコメディ漫画。小学館『ビックコミックスピリッツ』で連載された。アニメ、実写映画、実写ドラマ、ゲーム、パチンコ・パチスロなどにもメディアミックスされた大人気作品。 時計坂にあるおんぼろアパート一刻館に住む世渡り下手な浪人・五代裕作と突然管理人としてやってきた美貌の未亡人・音無響子が織り成す恋愛模様を描く。1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品。 高橋留美子独自のリズミカルでコミカルな展開が小気味いい作品である。

Read Article

犬夜叉(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉』は高橋留美子による少年漫画。1996年から2008年まで週刊少年サンデーで連載された。2000年から2004年にかけてよみうりテレビ、サンライズ制作でアニメ化。現代において受験を控えた女子中学生・かごめが、実家にある曰くつきの井戸から戦国時代にタイムスリップ!妖怪と人間のハーフである半妖の少年・犬夜叉と共に、どんな願いも叶えるといわれる四魂の玉を巡った争いに身を投じる。

Read Article

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『人魚シリーズ』とは、高橋留美子が1984年から週刊少年サンデーで不定期連載していた、人魚の肉を巡る不老不死をテーマにした漫画作品の総称、およびそれを原作としたOVA、テレビアニメ、小説、ラジオドラマ作品である。 人魚の肉を食べたことにより不老不死の体になった漁師の湧太と人魚に育てられた少女・真魚(まな)の二人が旅をする中で、人魚伝説の永遠の命や永遠の若さに翻弄されていく人間の愚かさや強欲にとらわれた人々の悲哀が描かれたシリアスな作品である。

Read Article

らんま1/2(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

らんま1/2(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『らんま1/2』とは『週刊少年サンデー』(小学館)にて、1987年36号から1996年12号まで連載された高橋留美子原作の中華風ドタバタラブコメディーである。2002年から2003年にかけて新装版が、2017年から2018年にかけて少年サンデースペシャル版がそれぞれ出版されている。水をかぶると女になってしまう早乙女乱馬と、その許婚天道あかねを軸に数々の個性的なキャラクターが登場するハチャメチャコメディー漫画。

Read Article

MAO(マオ)のネタバレ解説・考察まとめ

MAO(マオ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MAO』とは、高橋留美子によって2019年より『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載されている、現代に生きる少女と900年を生きる陰陽師達の冒険を描いたタイムスリップファンタジー漫画である。事故で両親を亡くした少女菜花(なのか)は、シャッター街に足を踏み入れた途端怪しげな世界に辿りつく。突如化け物に襲われる菜花。そこで出会ったのは一人の少年を連れた男摩緒だった。偶然出会った二人には意外な共通点が。スリル・陰謀・そして淡い恋心が魅力的なダークファンタジーだ。

Read Article

犬夜叉 鏡の中の夢幻城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 鏡の中の夢幻城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 鏡の中の夢幻城』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする2002年に公開された2作目の映画作品である。ついに宿敵・奈落を倒した犬夜叉たち。その日から満月が何日も続く奇怪な現象が起き、犬夜叉たちの前に神久夜(かぐや)と名乗る女が現れた。竹取物語の5つの宝物がそろった時、封印がとけ、神久夜の支配する「夢幻城」が出現し、犬夜叉とかごめを引き裂いていく。

Read Article

犬夜叉 時代を越える想い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 時代を越える想い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 時代を越える想い』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする初の映画作品である。その昔、大陸から元の大軍が日本に攻めてきたときに一緒に日本に渡ってきた大陸の妖怪軍団の首領の息子・瑪瑙丸。彼は完全なる復活を目指し、犬夜叉の持つ刀・鉄砕牙を狙っていた。激しい戦いの中で犬夜叉とかごめは引き裂かれ、絶体絶命の危機が迫る。

Read Article

犬夜叉 天下覇道の剣(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 天下覇道の剣(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 天下覇道の剣』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする2003年に公開された3作目の映画作品である。 かつて西国を支配していた犬の大妖怪がいた。そしてその血を引く息子、兄・殺生丸と弟・犬夜叉。父から譲り受けた剣「鉄砕牙」と「天生牙」の他にもう一つ「叢雲牙(そううんが)」という3本目の剣が存在した。

Read Article

犬夜叉 紅蓮の蓬莱島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 紅蓮の蓬莱島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 紅蓮の蓬莱島』とは高橋留美子によって『週刊少年サンデー』で連載されていた少年漫画『犬夜叉』を原作とした映画作品。2004年に公開された。劇場版としては4作品目であり、『犬夜叉』最後の映画作品でもある。『犬夜叉』とは、戦国時代を生きる半妖・犬夜叉と、その時代にタイムスリップした女子中学生かごめのファンタジー漫画。 50年に一度姿を現す幻の島、蓬莱島は四闘神(しとうしん)に支配されていた。島に残った半妖の子供たちを助けるべく、犬夜叉一行は蓬莱島へと乗り込み熱いバトルが繰り広げられる。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

3D彼女 リアルガール(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

3D彼女 リアルガール(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『3D彼女 リアルガール』とは、講談社の月刊誌「デザート」に那波マオが連載していた『3D彼女』を原作として「フッズエンタテインメント」が製作したアニメ作品である。 アニメやゲームが好きな高校3年生の筒井光は、男癖と女受けの悪さで有名な五十嵐色葉から交際を申し込まれる。葛藤の末に付き合うことにした筒井は、色葉が転校するまでの半年間、対人関係の変化や現実の荒波に直面しながらも色葉との仲を深めていく。

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

【あつ森】アニメ・漫画キャラの制服を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】アニメ・漫画キャラの制服を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは様々な人気アニメ、漫画の制服を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年2016年は、「聖闘士星矢」「ドラゴンボール」などの作品の、30周年にあたる。アニメも含め少年ジャンプの黄金時代と言えるだろう。一方で、リアルロボットアニメを中心としたアニメブームは終わり、オリジナル作品は衰え、「ジ・アニメ」「マイアニメ」といったアニメ誌が廃刊していくという時代でもあった。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

殺生丸の妻の考察まとめ【半妖の夜叉姫】

殺生丸の妻の考察まとめ【半妖の夜叉姫】

『半妖の夜叉姫』は高橋留美子原作のアニメ『犬夜叉』の続編にあたるアニメ作品である。『犬夜叉』から15年以上が経過した時代を舞台に描かれるとのことで、犬夜叉の異母兄にあたる殺生丸の娘が登場する。『犬夜叉』では殺生丸が誰かと結婚したなどという描写はなく、娘の登場で殺生丸は誰を妻にしたのか大きな話題を呼んだ。

Read Article

半妖の夜叉姫・ドラゴン、家を買うなどアニメ化に対する反応まとめ

半妖の夜叉姫・ドラゴン、家を買うなどアニメ化に対する反応まとめ

『半妖の夜叉姫』は高橋留美子原作のアニメ『犬夜叉』の続編にあたるアニメ作品である。『犬夜叉』から15年以上が経過した時代を舞台に描かれる作品で、大きな話題を呼んだ。その他『ドラゴン、家を買う』『スーパーカブ』『俺だけ入れる隠しダンジョン』といった話題のアニメ化作品に対する反応をまとめた。

Read Article

目次 - Contents