めぞん一刻(高橋留美子)のネタバレ解説・考察まとめ

『めぞん一刻』とは、高橋留美子によるラブコメディ漫画。小学館『ビックコミックスピリッツ』で連載された。アニメ、実写映画、実写ドラマ、ゲーム、パチンコ・パチスロなどにもメディアミックスされた大人気作品。
時計坂にあるおんぼろアパート一刻館に住む世渡り下手な浪人・五代裕作と突然管理人としてやってきた美貌の未亡人・音無響子が織り成す恋愛模様を描く。1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品。
高橋留美子独自のリズミカルでコミカルな展開が小気味いい作品である。

『めぞん一刻』の概要

『めぞん一刻』とは、高橋留美子によるラブコメディ漫画作品。小学館『ビックコミックスピリッツ』にて1980年11月号の創刊号から1987年19号まで、全161話が連載された。
『ビックコミックスピリッツ』は当初の月刊から隔週刊行、86年4月14日号から週刊へと変わったが、連載はそれに合わせて行われていた。
月刊当時は、9回中8回を巻頭カラーを担当し、雑誌の看板作品となっていた。

作者・高橋留美子は『めぞん一刻』連載時、『少年サンデー』で『うる星やつら』も連載しており、小学館の少年誌と青年誌両方において看板作品を描いていた。
同時期に連載をしていたこの2作品について作者は「20代の漫画で自分の青春」と語っている。

単行本は全15巻。2007年4月に新装版が発売された。1992年からはA5判のワイド版も発売、1997年には文庫版も発売されている。

1986年にはアニメ化と実写映画化され、1988年にはアニメ映画も作成された。
2007年、2008年にはテレビ朝日系列でテレビドラマ化された。

「時計坂」にある古びたアパート「一刻館」に住む五代裕作は、アパートの管理人としてやってきた若い未亡人・音無響子に一目惚れ。彼女に振り向いてもらうために様々なアプローチをする。
人より苦労を背負い込んでしまう世渡り下手な五代と、生来の鈍感さと亡き夫へ操を立てる真面目さを併せ持つ美貌の管理人・響子のなかなか進まない恋愛を、作者独自のリズミカルでコミカルな展開で描いている1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品。
「一刻館」を舞台に、個性的で常識はずれな住人に振り回されながら少しずつ成長していく五代と、過去に囚われた響子が賑やかな一刻館の面々と関わり時を重ねていくことで少しずつ変わっていく模様を描いている。

『めぞん一刻』のあらすじ・ストーリー

五代と響子の出会い

一刻館の新しい管理人・音無響子(左)と出会った五代裕作(右)は、その美貌に一目惚れする。

高校卒業後に浪人生として上京した五代裕作(ごだい ゆうさく)は、一刻館という下宿に入って受験勉強に励むも、そこに暮らす個性的過ぎる面々に振り回される毎日を送る。このままではまともに勉強できないと感じた五代は、別の下宿に移ることも考えるようになる。しかしそれを伝えようと新しくやってきた管理人の音無響子(おとなし きょうこ)の下へと赴いた際、彼女の美しさに一目惚れしてしまい、そのまま一刻館で暮らすことを決意する。
受験勉強の傍ら、なんとか響子と仲良くなろうと不器用なアプローチを繰り返す五代だったが、彼女に「惣一郎」という想い人がいるらしいことを知って愕然とする。このまま響子を諦めるか、それとも顔も知らない惣一郎に張り合うのか悩む五代だったが、その後も響子や一刻館の面々と交流を重ねる内に意外なことが判明する。惣一郎は響子の想い人どころか夫であり、しかもすでに故人となっていた。つまり、響子は未亡人だったのである。

惣一郎が故人なのであれば、誰が響子にアプローチしても問題ないと思い直す五代だったが、今度は「今も響子に愛情を向けられている死んだ人間相手に、男としてどうやって張り合えばいいのか」と苦悩する。
一方の響子は、五代が自分に想いを寄せてくれていることにはすぐに気づき、それを好ましく感じてはいたが、「今五代の想いに応えたら、自分の惣一郎への愛情がウソになってしまう」との考えから煮え切らない態度を続けていた。

三角関係

プレイボーイの三鷹瞬(右)が響子にアプローチするようになり、五代は焦りを感じていく。

受験を突破し、大学生となっても、五代は一刻館に下宿しながら響子へのアプローチを続けていた。亡き夫である惣一郎への想いと、不器用に愛情を示す五代への想いで響子が揺れる中、新たな波乱が巻き起こる。テニスクラブのコーチをしている三鷹瞬(みたか しゅん)という男が、響子の美貌に惹かれて彼女を口説くようになったのである。
三鷹は容姿端麗で実家も裕福、恋敵である五代に対しても場合によっては(嫌そうな顔をしつつも)助け船を出すという、人間的にも社会的にも立派な人物だった。ただ響子への愛情だけでこれに張り合おうとする五代だが、その一途さや優しさに惹かれた女性が次第に彼の周りにも集まるようになり、響子を巡る恋愛模様は混沌としていく。

自身は三鷹に積極的にアプローチされつつ、様々な女性から想いを寄せられては揺れる五代のことが気にかかるようになっていく響子。自分以外の女性と一緒にいる五代を見て、「私のことが好きだと言っていたのに、どうして他の女になびくのか」と嫉妬の感情を抱いていることを指摘されたことで、響子はようやく自分がいつしか五代を深く愛するようになっていたことを理解する。

重なる想い

様々な女性に言い寄られるも、五代は響子への想いを貫き、その全てとの関係を清算していく。一方、最大のライバルだった三鷹は、唯一の弱点だった犬嫌いを克服するために犬を飼い始め、その縁で出会った九条明日菜(くじょう あすな)という女性を人生の伴侶として選ぶ。
五代が大学を卒業する頃には、彼と響子は互いに互いへの想いが確かなものだという実感を抱くようになっていた。それでも些細な擦れ違いが続き、響子は「早く自分たちの関係を進めたい、あいまいな関係に決着をつけてしまいたい」との思いから五代と体を重ねることを画策。五代はこれを受け入れようとするも、惣一郎のことを意識してしまい、失敗に終わる。

しかしこれによって「響子もまた自分のことを愛してくれている」と理解した五代は、一刻館で2人きりになった晩、彼女に改めて想いを告げる。ようやく五代と結ばれた響子は、迎えた朝の日差しの中、彼に「ずっと好きだった」と自分の気持ちを明かすのだった。

「響子さんをもらいます」

惣一郎のお墓の前で、改めて想いを確かめ合う五代と響子。

五代と結婚する準備を始めた響子は、今まで大事にしていた惣一郎の遺品を彼の実家に返却する。新たに五代との生活をスタートするために、響子なりにけじめを付けようとしたのである。その報告のために惣一郎の墓前に赴いた響子は、そこに五代がいることに気付く。五代は近くに響子がいることを知らないまま、惣一郎の墓に向かって話しかけていた。
出会った時、すでに響子の心の中には惣一郎がいたこと。そのことにどうしても嫉妬してしまうこと。しかし自分が好きになった響子は“惣一郎との出会いを経た響子”であり、そんな彼女をこれからも愛していくこと。

「あなたもひっくるめて、響子さんをもらいます」
静かにそう語る五代を見詰めて、響子はこんなにも深く自分を愛してくれる伴侶に再び巡り合えたことへの喜びと、きっと今も自分を見守ってくれている惣一郎への感謝に涙を流すのだった。

その後三鷹は2人の娘に恵まれ、近々3人目も生まれる予定で幸せそうにしている。五代と響子も結婚して一女を設け、相変わらず一刻館で暮らしていた。響子はまだ管理人の仕事を続けるつもりで、引っ越し代だってバカにならないというのがその理由だったが、それ以前に一刻館は2人が初めて出会った場所なのだ。紆余曲折を経て結ばれた五代と響子は、幸せを噛み締めるようにして、穏やかな日々を過ごしていく。

『めぞん一刻』の登場人物・キャラクター

一刻館の住人

五代 裕作(ごだい ゆうさく)

CV:二又一成

1961年5月4日生まれ。血液型A型。実家は定食屋を営んでいる。
高校卒業後、浪人生として一刻館に入居、5号室に入る。一刻館の非常識な住人たちに馴染めず、頻繁に転居しようとするのだが、実行できず、管理人としてやってきた音無響子に一目惚れすると、そこに住み続けることにした。
1年間の浪人生活を経て、三流私立大学教育学部に入学。
サークル活動として人形劇サークルに所属した。

教育実習として、響子の母校である高校に行くものの、教職に就く意思はない。

就職活動では苦戦を強いられ、ようやく内定を受けた企業が倒産し、就職浪人することになった。
「しいの実保育園」でアルバイトを始めた五代は、その経験から保父を目指すことになった。
後に、人員削減で保育園をクビになり、友人・坂本の紹介でキャバレーで呼び込みのアルバイトをすることになった。
保父の経験から、ホステスの子供たちの世話係(福利厚生部長)となり、就職が決まるまで働いている。
キャバレーで働きながら専門学校に通い、保育士免許を取得。
その後、欠員が出た「しいの実保育園」に就職が決まり、響子に求婚。
結婚し、翌年春に長女・春香をもうけた。

妄想癖が有り、たびたび響子とのラブシーンを妄想し、その度に壁に激突したり溝にはまったりしている。

音無 響子(おとなし きょうこ)

CV:島本須美

1959年生まれ、誕生日は不明だが、原作第133話で、「秋に27になる」と語っていることから秋生まれ。
1980年の秋、「一刻館」の住み込みの管理人に就任した。若くて美しい容貌から、一刻館の住人・五代裕作に一目惚れされた。
管理人就任後の春に、大家が一刻館を訪ねてきた折に、響子の義父が大家であり、響子が大家の息子・惣一郎と死別していたことが明らかになった。

その後、通い始めたテニススクールのコーチ・三鷹瞬にも好意を寄せられるようになる。
紆余曲折を経て、五代と思いが通じ合い、結婚。そのまま一刻館の管理人室に住み続け、翌年には娘が誕生した。

一刻館の住人からは「管理人さん」と呼ばれている。

響子のキャラクターのモデルは女優の夏目雅子。

一の瀬 花枝(いちのせ はなえ)

6bmktmrym
6bmktmrym
@6bmktmrym

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

 半妖の夜叉姫(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

半妖の夜叉姫(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半妖の夜叉姫』とは、高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』の十数年後の世界を描いたアニメ作品。 普通の女子高生日暮かごめと、半妖の少年犬夜叉が、現代と戦国時代を行き来しながら繰り広げた大冒険から十数年。2人の姪であるとわは、幼い頃に生き別れた双子の妹せつなと再会するが、せつなは夢の胡蝶という妖怪によって眠りを奪われ、過去の記憶も失っていた。かごめと犬夜叉の娘であるもろはも加わり、かつて彼女たちの親がそうしていたように、3人は現代と戦国時代を行き来しながら大妖怪麒麟丸を追う冒険を繰り広げる。

Read Article

半妖の夜叉姫 弐の章(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

半妖の夜叉姫 弐の章(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半妖の夜叉姫 弐の章』とは、現代と戦国時代を舞台にした、人と妖怪の混血の少女たちの冒険譚『半妖の夜叉姫』の続編である。高橋留美子原作の『犬夜叉』とは世界観と一部キャラクターを共有しており、同作が本作の前日譚となっている。 時を行き来する力を持つ時代樹の精から、世を滅ぼさんと画策しているという大妖怪・麒麟丸の討伐を請け負った、それぞれに妖怪の血を引く日暮とわ、その妹のせつな、賞金稼ぎのもろは。麒麟丸を倒す力を求めて新たな旅を始めたとわたちの前に、その麒麟丸の娘だという少女・りおんが現れる。

Read Article

半妖の夜叉姫の武器・必殺技まとめ

半妖の夜叉姫の武器・必殺技まとめ

『半妖の夜叉姫』とは、高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』の十数年後の世界を描いたアニメ作品。 普通の女子中学生日暮かごめと、半妖の少年犬夜叉が、現代と戦国時代を行き来しながら繰り広げた大冒険から十数年。2人の姪であるとわは、幼い頃に生き別れた双子の妹せつなと再会するが、彼女は夢の胡蝶という妖怪によって眠りを奪われ、過去の記憶も失っていた。かごめと犬夜叉の娘であるもろはも加わり、かつて彼女たちの親がそうしていたように、3人は現代と戦国時代を行き来しながら大妖怪麒麟丸を追う冒険を繰り広げる。

Read Article

犬夜叉(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉』は高橋留美子による少年漫画。1996年から2008年まで週刊少年サンデーで連載された。2000年から2004年にかけてよみうりテレビ、サンライズ制作でアニメ化。現代において受験を控えた女子中学生・かごめが、実家にある曰くつきの井戸から戦国時代にタイムスリップ!妖怪と人間のハーフである半妖の少年・犬夜叉と共に、どんな願いも叶えるといわれる四魂の玉を巡った争いに身を投じる。

Read Article

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『人魚シリーズ』とは、高橋留美子が1984年から週刊少年サンデーで不定期連載していた、人魚の肉を巡る不老不死をテーマにした漫画作品の総称、およびそれを原作としたOVA、テレビアニメ、小説、ラジオドラマ作品である。 人魚の肉を食べたことにより不老不死の体になった漁師の湧太と人魚に育てられた少女・真魚(まな)の二人が旅をする中で、人魚伝説の永遠の命や永遠の若さに翻弄されていく人間の愚かさや強欲にとらわれた人々の悲哀が描かれたシリアスな作品である。

Read Article

MAO(マオ)のネタバレ解説・考察まとめ

MAO(マオ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MAO』とは、高橋留美子によって2019年より『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載されている、現代に生きる少女と900年を生きる陰陽師達の冒険を描いたタイムスリップファンタジー漫画である。事故で両親を亡くした少女菜花(なのか)は、シャッター街に足を踏み入れた途端怪しげな世界に辿りつく。突如化け物に襲われる菜花。そこで出会ったのは一人の少年を連れた男摩緒だった。偶然出会った二人には意外な共通点が。スリル・陰謀・そして淡い恋心が魅力的なダークファンタジーだ。

Read Article

らんま1/2(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

らんま1/2(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『らんま1/2』とは『週刊少年サンデー』(小学館)にて、1987年36号から1996年12号まで連載された高橋留美子原作の中華風ドタバタラブコメディーである。2002年から2003年にかけて新装版が、2017年から2018年にかけて少年サンデースペシャル版がそれぞれ出版されている。水をかぶると女になってしまう早乙女乱馬と、その許婚天道あかねを軸に数々の個性的なキャラクターが登場するハチャメチャコメディー漫画。

Read Article

犬夜叉 鏡の中の夢幻城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 鏡の中の夢幻城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 鏡の中の夢幻城』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする2002年に公開された2作目の映画作品である。ついに宿敵・奈落を倒した犬夜叉たち。その日から満月が何日も続く奇怪な現象が起き、犬夜叉たちの前に神久夜(かぐや)と名乗る女が現れた。竹取物語の5つの宝物がそろった時、封印がとけ、神久夜の支配する「夢幻城」が出現し、犬夜叉とかごめを引き裂いていく。

Read Article

犬夜叉 時代を越える想い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 時代を越える想い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 時代を越える想い』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする初の映画作品である。その昔、大陸から元の大軍が日本に攻めてきたときに一緒に日本に渡ってきた大陸の妖怪軍団の首領の息子・瑪瑙丸。彼は完全なる復活を目指し、犬夜叉の持つ刀・鉄砕牙を狙っていた。激しい戦いの中で犬夜叉とかごめは引き裂かれ、絶体絶命の危機が迫る。

Read Article

犬夜叉 天下覇道の剣(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 天下覇道の剣(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 天下覇道の剣』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする2003年に公開された3作目の映画作品である。 かつて西国を支配していた犬の大妖怪がいた。そしてその血を引く息子、兄・殺生丸と弟・犬夜叉。父から譲り受けた剣「鉄砕牙」と「天生牙」の他にもう一つ「叢雲牙(そううんが)」という3本目の剣が存在した。

Read Article

犬夜叉 紅蓮の蓬莱島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 紅蓮の蓬莱島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 紅蓮の蓬莱島』とは高橋留美子によって『週刊少年サンデー』で連載されていた少年漫画『犬夜叉』を原作とした映画作品。2004年に公開された。劇場版としては4作品目であり、『犬夜叉』最後の映画作品でもある。『犬夜叉』とは、戦国時代を生きる半妖・犬夜叉と、その時代にタイムスリップした女子中学生かごめのファンタジー漫画。 50年に一度姿を現す幻の島、蓬莱島は四闘神(しとうしん)に支配されていた。島に残った半妖の子供たちを助けるべく、犬夜叉一行は蓬莱島へと乗り込み熱いバトルが繰り広げられる。

Read Article

境界のRINNE(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

境界のRINNE(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『境界のRINNE』とは高橋留美子によって2009年より『週刊少年サンデー』にて連載が開始された、霊が視える高校生の少女と死神の少年との交流を中心に描いたオカルトコメディ漫画である。霊が視える女子高生の桜は、ひょんなことからクラスメイトのりんねが人間ではなく死神だという事を知り、日々霊が巻き起こす様々な騒動の解決の手伝いを行うようになる。幽霊や悪霊を題材としているがほのぼのとしたコメディタッチで描かれており、何事にも動じない桜にいつの間にかりんねが惹かれていく淡い恋模様も作品の魅力の一つである。

Read Article

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年2016年は、「聖闘士星矢」「ドラゴンボール」などの作品の、30周年にあたる。アニメも含め少年ジャンプの黄金時代と言えるだろう。一方で、リアルロボットアニメを中心としたアニメブームは終わり、オリジナル作品は衰え、「ジ・アニメ」「マイアニメ」といったアニメ誌が廃刊していくという時代でもあった。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

【あつ森】アニメ・漫画キャラの制服を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】アニメ・漫画キャラの制服を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは様々な人気アニメ、漫画の制服を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

殺生丸の妻の考察まとめ【半妖の夜叉姫】

殺生丸の妻の考察まとめ【半妖の夜叉姫】

『半妖の夜叉姫』は高橋留美子原作のアニメ『犬夜叉』の続編にあたるアニメ作品である。『犬夜叉』から15年以上が経過した時代を舞台に描かれるとのことで、犬夜叉の異母兄にあたる殺生丸の娘が登場する。『犬夜叉』では殺生丸が誰かと結婚したなどという描写はなく、娘の登場で殺生丸は誰を妻にしたのか大きな話題を呼んだ。

Read Article

目次 - Contents