再燃するバンドブームを盛り上げる邦楽バンド(前半)

Wpid original

最近流行りの邦楽ロックバンドを紹介していきます。
愛のあるツンデレレビューをお届け。

ゲスの極み乙女。

230524 news gesunokiwammiotime

何がキモいってまずバンド名。バンド名でウケや注目を狙うのは最近のクソバンドの特徴。最近は数が多すぎるからちょっとでも目立たせようと誰もが必死

このバンドの特徴はプログレッシブで複雑な展開・先の読めないミュージックライン。にもかかわらず、曲は無駄にポップで聴きやすい。

童貞くさい風貌したボーカルがモヤシみたいな声で毒々しいことをつぶやき歌うっていうアンバランスなキモさとリアルさが昨今のタマ無しサブカル大学生のハートを射止めた模様。

だがメンバーの演奏技術は邦楽界でもトップレベルで、もやしロック全盛の現代には珍しい16ビート。アバンギャルドとプログレをジャズチックにポップにまとめればこんな音楽が出来ちまうのかと感心するところも大いにある。

私以外私じゃないの

キラーボール

KANA-BOON

Kana boon a thumb 1200xauto 21288

大阪・堺で結成された、人をイラつかせるようなボーカルのふざけた歌声とピロピロシャンシャン系のまったく重厚感のないサウンドが特徴のクソバンドである。

もうあれよあれよの間に大ヒット。カナブンバカにしてた俺らの完全敗北、カナブンきいてみて「あークソだわ~」とかぼやいてるお前らも完全敗北。

こいつらのせいで邦楽には4つ打ちバンドが蔓延ってしまった。そう、誰もが気付いてしまったんだよ とりあえず「ドン、ドン、ドン、ドン」とすべての拍でビート刻んどけば流行って売れちまう日本

ノリのいいビートに疾走感のあるメロディ、テキトーに繰り返してるだけのサビ
こんな簡単な曲作りでリスナーの脳みそに自分たちの音楽を糊付けしてしまうやつら

しかし売れた ヒットしたこいつらの完全勝利 どれだけ嫌いでもこいつらの音楽を一回聞いてしまうとあのうざいボーカルの声が頭に染み付いてもう離れない
口ずさみ出した俺は完全に完全な敗北。

シルエット

なんでもねだり

キュウソネコカミ

Viz 3699

兵庫・西宮の関西学院のクソサークルのクソ大学生によって兵庫の西宮で結成されたクソバンド。バンド名はなんかゲームのなんちゃらとかめんどくさい由来があるみたいだが、
最近は本人たちもめんどくさくなったようで「窮鼠猫を噛む」で邦楽ロックの大物たちにも噛みつきまくるぜ!みたいな感じで説明してるらしい。

"ファッションミュージック鳴らせないと生き残れないこの世界では
俺が何か叫んだ所で、キャッチーじゃないと誰も聞かない"

こんな歌詞だけ見るとゴリゴリ骨太のロックバンドなのか?とか思うが実態はまったく違ってただの弱々しいピーヒャラバンドである。

基本的にこいつらはクソみたいな実力しかない大学の文化祭レベルのネズミでしかない
だがこいつらは全方位に喧嘩を売りにいくスタイルをデビュー当初から決め込んだ

前にも言ったように斜めに構える姿勢はロックンローラーの基本なので、確かにロックらしいと言えばロックらしいと言えなくもないバンドだ

自分たちの音楽がクソだと、自分たちはちっせえネズミなんだと自覚しているのは素晴らしい。それを自覚した上で彼らはこのクソミュージックで世界を変えたいと本気で思っている。
日本の音楽業界とかいうまるまるとぶくぶくと太ったブタ猫にこいつらネズミは一発かますことができるのか?注目したい

OS

カワイイだけ

DQNなりたい、40代で死にたい

クリープハイプ

8 large

肛門に常にバ●ブ刺さってるかのような声で喘ぎながら歌う噂のキモバンドがまたランクイン。サブカル系メンヘラ女を主な支持層として勢力を拡大してきた。

オカッパ頭に高い声というキモい要素にくわえ、歌詞が「女性目線」。
こいつらはなぜこれほど世間一般からキモいとみなされる方向に進むのか?

だが意外にもこのキモさが一部のメンヘラ女の支持を強烈に獲得してしまい、熱狂的なファンが増加。

こいつらがここまでヒットして街中でもこいつらの喘ぎ声を聞かされるようになり頭は痛いばかりだ。こいつらがヒットして唯一良かったことは女の子がこいつらの曲名のエロやらラブホテルやらをあれいいよね~と口にする様になったことくらいか?

オレンジ

エロ

凛として時雨

9aa735c7

このバンドを一言で表現するとこれ以外の言葉が見当たらない。「変態」。

歪んだぶっといベースとエフェクトをかけて変態チックなリズムを刻むドラムという土台の上でナチュラルハイになって頭がイッちゃってるギターが狂喜乱舞する。そんなキ○ガイサウンド。まさに変態。

リスナーの耳を性的にさわさわして息を吹きかけてしまいにゃ舐めて突き刺して弄ぶ変態。こういう輩はなにか大事を起こす前に一刻も早く当局から逮捕されなくてはいけない。

それに、イヤホンつけて真昼間堂々街中で耳をこいつらに何度もフ○ックされて喜んでる奴ら興奮してる奴らもまごうことなき変態なので早いとこ逮捕されなくてはいけない。

好きなバンドは?と聞いて「しぐ(ry」「あっ、察し」
これくらいの反応速度をもってしてこいつらのファンからは速攻離れないと勧められて勧められてそっちの世界に引きずり込まれてお前らの耳もフ○ックされる。気をつけろ。

Who What Who What

abnormalize

Czecho No Republic

Maxresdefault

バンド名を訳すと、「チェコは共和国ではない」。チェコの独裁政権化を痛烈に批判したものになっている。

そんなバンド名には似合わず、このバンドのスタイルのカワイさ、サウンドの楽しさや煌びやかさがサブカル女に大ウケしてしまった。
当初はチェコの解放を叫び政治的な音楽活動をしていく予定だったが拳を振り上げて共闘してくれるようなファンの獲得に失敗し、
手を叩いて喜ぶようなクソお花畑ファンばかりになってしまったためもうその路線で行くことにした。

ギターとシンセが絡み合うカラフルでポップなメロディーが特徴で、そこに骨太でしっかりしたビートが合わさりあって絶妙に軽快で楽しいアンサンブルを構成してしまう。

いろいろ書いてきたけどこのバンドのにわかファンの99.9%はタカハシマイちゃんが目当てだからな。モデルとしても活躍し、おしゃれで超絶キュートなボイスも持つオン眉ガール。
可愛い女の子キーボード一人入れとけばあっという間に人気になる昨今の邦楽界。こういう売れるための手段が姑息なバンドは総じてクソ(最高)。

No Way

batman
batman
@batman

Related Articles関連記事

ゲスの極み乙女。(ゲス乙女)の徹底解説まとめ

ゲスの極み乙女。は4人組バンドユニット。略称ゲス乙女。 プログレッシブロックやヒップホップを基調としたポップメロディを志向した音楽性。 独創的な音楽やメロディで音楽界に旋風を巻き起こしたが、川谷絵音のプライベートな問題が端を発し、現在はバンド活動は休止状態である。 しかしゲスの極み乙女。の復活を望むファンの声は多い。

Read Article

KANA-BOON(カナブーン)の徹底解説まとめ

大阪出身のロックバンド。精力的にライブ活動を続け、2012年4月ASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントアクトを務め話題となった。積極的なライブパフォーマンスと耳に心地よいまくしたてるような歌唱が魅力のバンド。2013年リリースした1stアルバム『DOPPEL』はオリコン3位を記録し、翌年大阪にて、初の野外ワンマンを開催し16,320人を動員した。

Read Article

凛として時雨(りんとしてしぐれ、Ling tosite sigure)の徹底解説まとめ

男女のツインボーカル、迫力満点のドラミング、個性的な歌詞とサウンドが特徴的な3ピースロックバンド・凛として時雨。 2008年のメジャーデビューからわずか2年でオリコン1位のアルバムを世に送り込み、瞬く間に人気バンドとなった。 メンバー各自のソロ活動も並行して行いつつも、ライブを中心に活動を続けている。

Read Article

男の中に女の子!紅一点バンド特集!

バンドの中に一人だけ女の子がいるバンドってありますよね!通称「紅一点バンド」! メンバーとの関係は?もしや恋人関係とかあるの?と色々想像が膨らみますよね! 有名なところで言うと、サザンオールスターズがそうですよね!紅一点の原由子さんは ボーカルの桑田佳祐さんと結婚していますし、あながちありな話なのかも。 というわけで紅一点バンドについてまとめてみました!

Read Article

いま話題のアニソンが続々!!『Aimer(エメ)』のPV/アルバム情報まとめ

顔出しNG?プロフィール非公開!? 謎に包まれた女性歌手Aimer(エメ)さんが歌い上げる音楽が今、熱い注目を浴びています!「EGOIST」や「凛として時雨」とのコラボ曲も続々と発表され、ファンの盛り上がりも増している今日この頃。アルバム収録曲を含むPVと共に、Aimerさんが持つ歌声の魅力を探っていきましょう。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

【フェスで盛り上がる】KANA-BOONに注目です!【次世代バンド】

フェスやライブで盛り上がれる実力派バンド、KANA-BOON。ストレートなギターロックバンド、疾走感のある曲の良さはもちろん、歌詞の世界観を表現する曲もしっかりと作られています。曲の疾走感に歌詞がしっかりと絡んで中毒性のある良曲がたくさん!クセになること間違いなしのおすすめバンドです。

Read Article

目次 - Contents