人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『人魚シリーズ』とは、高橋留美子が1984年から週刊少年サンデーで不定期連載していた、人魚の肉を巡る不老不死をテーマにした漫画作品の総称、およびそれを原作としたOVA、テレビアニメ、小説、ラジオドラマ作品である。
人魚の肉を食べたことにより不老不死の体になった漁師の湧太と人魚に育てられた少女・真魚(まな)の二人が旅をする中で、人魚伝説の永遠の命や永遠の若さに翻弄されていく人間の愚かさや強欲にとらわれた人々の悲哀が描かれたシリアスな作品である。

『人魚シリーズ』の概要

『人魚シリーズ』とは、高橋留美子による人魚の肉を巡る不老不死をテーマにした短編漫画作品及び、それを原作としたアニメ、ラジオドラマ、小説などの総称である。
小学館から「人魚の森」、「人魚の傷」、「夜叉の瞳」の三冊が刊行されている。
1984年より週刊少年サンデーや、週刊少年サンデー増刊号で不定期掲載されていた。
世間一般には、「うる星やつら」や「らんま1/2」などのギャグ作品や、「めぞん一刻」などのラブコメのイメージで知られる高橋留美子作品のなかではかなりシリアスな作品である。
1989年に野口五郎主演でラジオドラマ化されている。1994年には金春智子による小説版が二巻刊行されている。1991年からは三度にわたりアニメ化されている。
第20回星雲賞コミック部門受賞作品である。

好奇心で人魚の肉を食べた漁師の湧太と、同じく人魚の肉を食べさせられ不老不死になった少女・真魚(まな)が永遠に続く「死ねない」旅を共にする中で、永遠の命の人魚伝説に翻弄された人たちに出会う。
人魚の肉を食べたものの不老不死になるどころか、浅ましい化け物の姿「なりそこない」になる者や、双子の姉妹でありながら妹に人魚の生き血を飲まされ、姉は片腕だけなりそこないになり、若い姿のまま屋敷の地下牢に閉じ込められていた。姉は何十年も深い憎しみを抱えたまま、妹への復讐心を抱え何十年も生きてきた。
また、人魚の灰の力で生き返り、生前とは違い魂もない悪鬼に変わり果てた女や、海辺の街で傷がすぐに治るという母親から持たされた謎の粉薬を飲む少年・七生と知り合う。
欲望に振り回され、人生を狂わせていく人間。
「永遠の命」、「生きること」をテーマに人間の業や愚かさ、悲哀などを描く。

『人魚シリーズ』のあらすじ・ストーリー

人魚は笑わない

人魚に追われ逃げる湧太と真魚

今から500年前の戦国時代。漁師の湧太は、浜に流れ着いた人魚を見つけて、興味本位で仲間と共にこれを食べてしまう。すると仲間たちは次々に死んでしまい、湧太だけが生き残り、同時に不老不死の存在となっていた。
人魚の肉は人間にとっては猛毒であり、食べた者は命を落とすか、「なりそこない」と呼ばれる自我も人としての姿も失った怪物に成り果てるかが常である。しかし数百年に1人程度の割合で、人魚の毒に耐性のある人間が生まれることがあり、湧太はたまたまその素質を持ち合わせていたのだった。

望まぬ不死を得た湧太は、親しい者たちにことごとく先立たれ、孤独に苛まれるようになる。自分を元の人間に戻す術を、普通に老いて死ぬことのできる体を求めて、湧太は長い旅に出る。
時は流れて現代。死を求めて旅を続けていた湧太は、「人魚の里」と呼ばれる村を訪れる。そこで出会った少女・真魚(まな)は、村に住む人魚たちに騙されて人魚の肉を食わされ、自分でも知らないまま不老不死の存在となっていた。

人魚は若さを保つために、人魚の肉を食べて不老不死となった人間を食べなければならず、真魚はそのために幼い頃に連れ去られてきたのだった。危ういところで湧太は真魚を助け出し、彼女と共に村を脱出する。
しかし、真魚を取り返そうと追ってきた人魚から、湧太は衝撃的な話を聞かされる。人魚の里に住む人魚たちは、湧太と同様に人魚の肉を食べた者の成れの果てで、不老不死の呪縛から逃れる術などないというのだ。彼女たちの醜悪な姿と精神性こそが、“不老不死に疲れ果てた者たちの行く末”であることを物語っていた。

衝撃を受ける湧太だったが、あまりに長く生きたため、絶望で歩みを止めてしまうほどの情動は彼の中に残っていなかった。真魚の奪還を諦めた人魚たちが里に戻っていく一方、湧太は真魚という同行者を得て、新たな旅へと赴いていく。

闘魚の里

時は戦国、湧太が人間に戻る術を求めて故郷を旅立ち、まだ間もない頃のこと。旅の中で鱗(りん)という少女と出会い、親しくなった湧太は、海賊の頭領をしている彼女の父親が、病で命尽きようとしていることを知る。父親を助けるために人魚の肉を探し求める鱗に協力する湧太だったが、鱗たちとは敵対関係にある海賊・逆髪衆の妨害を受ける。
人魚の肉を奪われた上に槍で刺されて海に沈むも、自身の不死性を発揮して陸に戻り、逆髪衆に連れ去られた鱗を救出する湧太。ようやく見つけた人魚の肉は逆髪衆の海賊たちに食べられてしまうも、わずかな例外を除き人間にとって猛毒であるそれを口にした者たちは次々に倒れ、あるいはなりそこないと化していく。実は逆髪衆の頭領の妻である砂(いさご)もまた人魚であり、逆髪衆の海賊たちを不老不死にした上で食べることで、自分の腹の中にいる子供の滋養にしようと企んでいたのだった。

ギリギリで自我を保った逆髪衆の頭領は、砂の裏切りに激昂して彼女に襲い掛かる。これをかわして海に飛び込むと、砂は人魚としての姿を露わにしていずこかへと去っていく。
なりそこないとなった逆髪衆の海賊たちや、それを利用しようとした砂のような怪物と、今の自分は大して変わらない存在なのだ。そう痛感させられた湧太は、思い通わせた鱗と別れ、再び人間に戻る術を求めて旅立つのだった。

人魚の森

湧太は白髪の登和と出会う

旅の途中で事故に遭った真魚は、診察した椎名(しいな)という医師の手配で神無木(かんなぎ)家という場所に運び込まれる。そこには佐和(さわ)という老女と登和(とわ)という少女が暮らしていたが、実はこの2人は双子だった。
若い頃に永遠の美貌を欲した佐和は、不治の病に侵されていた登和を騙して人魚の血を飲ませ、自身が不老不死となるための実験台にしていた。登和は不老の存在となるも右腕だけが“なりそこない”と化し、これを見た佐和は自身が不死を得ることを断念。以後、登和は座敷牢に囚われたまま長い時を生きてきたのだ。

登和は自分を騙して利用した佐和への復讐を目論み、人魚の肉を食わせることで彼女から“人としての死”を奪おうとしていた。かつて婚約者だった椎名に命じて真魚を運び込ませたのも、人魚の肉を手に入れるのが目的だった。
真魚を探してやってきた湧太をも利用して、ついに人魚の肉を手に入れた登和だったが、それを食べさせる直前に佐和は息を引き取る。復讐を遂げられなかったことに絶望した登和は、神無木家に伝わる人魚関連の品を全て燃やすよう湧太たちに依頼し、自身も炎の中に身を投じる。

夢の終わり

ある時、真魚は大眼(おおまなこ)というなりそこないと出会う。大眼はなりそこないであるにも関わらず自我を保っており、自分と同じ不老不死の存在である真魚を気に入って彼女を連れ去る。
しかし、大眼は時折り理性を失い、完全な怪物と化すことがあった。これを知った湧太は、大眼を討伐しようとするマタギの老人と共に、真魚を取り返すために大眼の住み家へと乗り込む。

愛する真魚を奪われ、マタギの老人に追い詰められ、完全に怪物と化して暴れる大眼。湧太によってトドメを刺された大眼は、最後に真魚の名を呼び、ただ彼女に側にいてほしいと願う。真魚はこれに応じ、息絶えようとしている大眼の傍らで、「ここにいる」と語り掛けるのだった。

約束の明日

湧太との約束を思いだし、赤い谷へ急ぐ苗

真魚と共に旅を続けていた湧太は、木暮苗(こぐれ なえ)という女性の墓参りをする。苗は60年前に湧太と恋仲だった女性で、彼と駆け落ちすることまで考えていたが、これを拒絶された後に死亡したという。しかしそこで再会した草吉(そうきち)という苗のかつての従者から、「苗は60年前の姿のままで生きている」と告げられる。
実際に苗は湧太と別れた頃の若々しい姿で彼らの前に現れるが、当時のことをまるで覚えておらず、それどころか次々に人を襲う殺人鬼となっていた。実は彼女は湧太との関係に嫉妬した婚約者の英二郎(えいじろう)に殺されており、60年の時を経て人魚の灰によってそれを蘇らせたのが今の姿だった。性格の豹変もその副作用なのだ。

湧太や真魚との交流の中で、苗は生前の記憶を徐々に取り戻し、それを辿るように駆け落ちのために落ち合う予定だった谷へと向かう。しかし人魚の灰によって蘇ったものは、その力が尽きると共に元の死体に戻るのが定めだった。それを知って谷に先回りした湧太の腕の中で、苗は「あなたがここに来てくれない怖い夢を見た」と語りながら、2度目の死を迎えるのだった。

人魚の傷

湧太を追い詰めた真人

奇妙な死体が上がったという噂を聞いて、とある街を訪れた湧太と真魚は、2年前に電車で顔を合わせた母子と再会。この息子の方がまったく外見が成長していないことから、人魚の肉を食べた人間なのではないかと訝しむ。
果たしてそれは当たっており、彼は子供の頃に人魚の肉を食べて不老不死となった真人(まさと)という人物で、800年もの時を生きていた。子供の姿のまま成長できない真人は、社会の中で生きていくために大人の庇護を必要としており、そのために人間の女性を騙して人魚の肉を食べさせては母親役を務めさせることを繰り返していた。

今の母親役である美沙(みさ)は、人魚の肉の力が切れかかっており、真人が次の母親役を作り出すことを止めようとしていた。この時真人は雪枝(ゆきえ)という家政婦の女性を次の母親役として目を付けていたが、人魚の肉を食わせたところなりそこないとなってしまい、すでに不老不死の存在として完成している真魚に標的を変える。
しかし真魚を取り返そうとする湧太と、その湧太を必死に守ろうとする真魚の姿を見て、偽りの形ではあっても今までで一番長く“母子”の関係を続けてきた美沙のことを思う。もう少し彼女と生きていこうと考え直す真人だったが、雪枝によって致命傷を負わされ、人魚の肉の効力も尽きた美沙はすでに事切れていた。涙と共に街を後にした真人もまた、凄惨な交通事故に遭って生死不明となる。

舎利姫

江戸時代。1人で旅を続けていた湧太は、法師に殺されそうになっていたなつめという少女を助ける。なつめは彼女が“おとう”と呼ぶ男と見世物小屋をしており、そこで「人魚の肉」と称するものを売って生活していた。その際、なつめが自分の腕を切り、これが見る見る内に治る様を見せつけるのが繁盛の秘訣である。
そのなつめは、実はすでに死んでおり、法師が人魚の生き胆を使って疑似的に蘇生させたに過ぎない存在だった。法師からそれを説明された湧太は、元の死体に戻してやるのが本当の幸せだという彼の話に納得し、そのための準備が整うまでなつめを見張る役を任される。

しかし無邪気ななつめを見守る内に、死なせることが忍びなくなった湧太は、一緒に旅に出ようと彼女を誘う。なつめはこれを喜ぶも、湧太の正体を知ったおとうが「商いに使える」と彼を襲う。守る者のいなくなったなつめの前には準備を整えた法師が現れ、彼女から人魚の生き胆を抜き取ってしまう。
死体へと戻っていく娘を救う方法がないことを悟ったおとうは、彼女を抱えたまま崖に身を投じる。なつめの体から人魚の生き胆の効力が完全に失われる最後の瞬間まで、湧太は彼女の傍らで見守り続けるのだった。

夜叉の瞳

晶子と湧太と真魚

明治時代、湧太は鬼柳(きりゅう)という名家で働いていた。そこの長男である新吾(しんご)は生来嗜虐的な性癖を持ち、それを庇ってくれる姉の晶子に強く依存するようになる。その晶子が結婚することになった際、新吾は彼女の婚約者を毒殺。自分が甘やかしてきたせいだと後悔した晶子は、人魚の肉を使って新吾と共に心中して果てた。
時流れて現代、真魚と共に旅を続ける中で「鬼柳家に正体不明の若い娘と、何度殺しても蘇ってくる男が現れた」という話を聞いた湧太は、かつての職場を訪れる。蘇ってくる男というのは、人魚の肉に適合して不老不死を得た新吾で、正体不明の若い娘は中途半端に不老不死を得て仮死状態のままとなっている晶子のことだった。

かつて晶子に潰された右目に、彼女自身の目を移植した新吾は、そこに残る“晶子から見た自分が彼女自身を襲う姿”に悩まされていた。新吾は仮死状態の晶子を殺せばこの幻影も帰ると考えていたが、その前にかつて憧れていた晶子の変わり果てた姿に絶望した湧太が彼女の首を切り落とす。
こうして晶子は完全な死を迎えるも、なお自分の右目の中の幻影が消えないことに絶望した新吾は、自らの首を落として自身に決着をつけるのだった。

azs61u4
azs61u4
@azs61u4

Related Articles関連記事

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

 半妖の夜叉姫(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

半妖の夜叉姫(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半妖の夜叉姫』とは、高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』の十数年後の世界を描いたアニメ作品。 普通の女子高生日暮かごめと、半妖の少年犬夜叉が、現代と戦国時代を行き来しながら繰り広げた大冒険から十数年。2人の姪であるとわは、幼い頃に生き別れた双子の妹せつなと再会するが、せつなは夢の胡蝶という妖怪によって眠りを奪われ、過去の記憶も失っていた。かごめと犬夜叉の娘であるもろはも加わり、かつて彼女たちの親がそうしていたように、3人は現代と戦国時代を行き来しながら大妖怪麒麟丸を追う冒険を繰り広げる。

Read Article

半妖の夜叉姫 弐の章(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

半妖の夜叉姫 弐の章(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半妖の夜叉姫 弐の章』とは、現代と戦国時代を舞台にした、人と妖怪の混血の少女たちの冒険譚『半妖の夜叉姫』の続編である。高橋留美子原作の『犬夜叉』とは世界観と一部キャラクターを共有しており、同作が本作の前日譚となっている。 時を行き来する力を持つ時代樹の精から、世を滅ぼさんと画策しているという大妖怪・麒麟丸の討伐を請け負った、それぞれに妖怪の血を引く日暮とわ、その妹のせつな、賞金稼ぎのもろは。麒麟丸を倒す力を求めて新たな旅を始めたとわたちの前に、その麒麟丸の娘だという少女・りおんが現れる。

Read Article

半妖の夜叉姫の武器・必殺技まとめ

半妖の夜叉姫の武器・必殺技まとめ

『半妖の夜叉姫』とは、高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』の十数年後の世界を描いたアニメ作品。 普通の女子中学生日暮かごめと、半妖の少年犬夜叉が、現代と戦国時代を行き来しながら繰り広げた大冒険から十数年。2人の姪であるとわは、幼い頃に生き別れた双子の妹せつなと再会するが、彼女は夢の胡蝶という妖怪によって眠りを奪われ、過去の記憶も失っていた。かごめと犬夜叉の娘であるもろはも加わり、かつて彼女たちの親がそうしていたように、3人は現代と戦国時代を行き来しながら大妖怪麒麟丸を追う冒険を繰り広げる。

Read Article

めぞん一刻(高橋留美子)のネタバレ解説・考察まとめ

めぞん一刻(高橋留美子)のネタバレ解説・考察まとめ

『めぞん一刻』とは、高橋留美子によるラブコメディ漫画。小学館『ビックコミックスピリッツ』で連載された。アニメ、実写映画、実写ドラマ、ゲーム、パチンコ・パチスロなどにもメディアミックスされた大人気作品。 時計坂にあるおんぼろアパート一刻館に住む世渡り下手な浪人・五代裕作と突然管理人としてやってきた美貌の未亡人・音無響子が織り成す恋愛模様を描く。1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品。 高橋留美子独自のリズミカルでコミカルな展開が小気味いい作品である。

Read Article

犬夜叉(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉』は高橋留美子による少年漫画。1996年から2008年まで週刊少年サンデーで連載された。2000年から2004年にかけてよみうりテレビ、サンライズ制作でアニメ化。現代において受験を控えた女子中学生・かごめが、実家にある曰くつきの井戸から戦国時代にタイムスリップ!妖怪と人間のハーフである半妖の少年・犬夜叉と共に、どんな願いも叶えるといわれる四魂の玉を巡った争いに身を投じる。

Read Article

らんま1/2(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

らんま1/2(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『らんま1/2』とは『週刊少年サンデー』(小学館)にて、1987年36号から1996年12号まで連載された高橋留美子原作の中華風ドタバタラブコメディーである。2002年から2003年にかけて新装版が、2017年から2018年にかけて少年サンデースペシャル版がそれぞれ出版されている。水をかぶると女になってしまう早乙女乱馬と、その許婚天道あかねを軸に数々の個性的なキャラクターが登場するハチャメチャコメディー漫画。

Read Article

MAO(マオ)のネタバレ解説・考察まとめ

MAO(マオ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MAO』とは、高橋留美子によって2019年より『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載されている、現代に生きる少女と900年を生きる陰陽師達の冒険を描いたタイムスリップファンタジー漫画である。事故で両親を亡くした少女菜花(なのか)は、シャッター街に足を踏み入れた途端怪しげな世界に辿りつく。突如化け物に襲われる菜花。そこで出会ったのは一人の少年を連れた男摩緒だった。偶然出会った二人には意外な共通点が。スリル・陰謀・そして淡い恋心が魅力的なダークファンタジーだ。

Read Article

犬夜叉 鏡の中の夢幻城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 鏡の中の夢幻城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 鏡の中の夢幻城』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする2002年に公開された2作目の映画作品である。ついに宿敵・奈落を倒した犬夜叉たち。その日から満月が何日も続く奇怪な現象が起き、犬夜叉たちの前に神久夜(かぐや)と名乗る女が現れた。竹取物語の5つの宝物がそろった時、封印がとけ、神久夜の支配する「夢幻城」が出現し、犬夜叉とかごめを引き裂いていく。

Read Article

犬夜叉 時代を越える想い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 時代を越える想い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 時代を越える想い』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする初の映画作品である。その昔、大陸から元の大軍が日本に攻めてきたときに一緒に日本に渡ってきた大陸の妖怪軍団の首領の息子・瑪瑙丸。彼は完全なる復活を目指し、犬夜叉の持つ刀・鉄砕牙を狙っていた。激しい戦いの中で犬夜叉とかごめは引き裂かれ、絶体絶命の危機が迫る。

Read Article

犬夜叉 紅蓮の蓬莱島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 紅蓮の蓬莱島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 紅蓮の蓬莱島』とは高橋留美子によって『週刊少年サンデー』で連載されていた少年漫画『犬夜叉』を原作とした映画作品。2004年に公開された。劇場版としては4作品目であり、『犬夜叉』最後の映画作品でもある。『犬夜叉』とは、戦国時代を生きる半妖・犬夜叉と、その時代にタイムスリップした女子中学生かごめのファンタジー漫画。 50年に一度姿を現す幻の島、蓬莱島は四闘神(しとうしん)に支配されていた。島に残った半妖の子供たちを助けるべく、犬夜叉一行は蓬莱島へと乗り込み熱いバトルが繰り広げられる。

Read Article

犬夜叉 天下覇道の剣(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

犬夜叉 天下覇道の剣(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『犬夜叉 天下覇道の剣』とは高橋留美子による『週刊少年サンデー』で1996年から2008年まで連載された、戦国時代を舞台にした半妖・犬夜叉と女子中学生かごめのタイムスリップ漫画『犬夜叉』を原作とする2003年に公開された3作目の映画作品である。 かつて西国を支配していた犬の大妖怪がいた。そしてその血を引く息子、兄・殺生丸と弟・犬夜叉。父から譲り受けた剣「鉄砕牙」と「天生牙」の他にもう一つ「叢雲牙(そううんが)」という3本目の剣が存在した。

Read Article

境界のRINNE(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

境界のRINNE(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『境界のRINNE』とは高橋留美子によって2009年より『週刊少年サンデー』にて連載が開始された、霊が視える高校生の少女と死神の少年との交流を中心に描いたオカルトコメディ漫画である。霊が視える女子高生の桜は、ひょんなことからクラスメイトのりんねが人間ではなく死神だという事を知り、日々霊が巻き起こす様々な騒動の解決の手伝いを行うようになる。幽霊や悪霊を題材としているがほのぼのとしたコメディタッチで描かれており、何事にも動じない桜にいつの間にかりんねが惹かれていく淡い恋模様も作品の魅力の一つである。

Read Article

うる星やつら(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

うる星やつら(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『うる星やつら』(うるせいやつら)とは、高橋留美子の漫画作品で、浮気性の少年と宇宙人の少女を中心に描かれる、日本の高校から宇宙の果てまでを舞台にした壮大無比にしてハチャメチャなラブコメディ。 地球の未来を賭けた“追いかけっこ”で鬼星の少女ラムに勝利した諸星あたるは、この時に発した言葉を誤解されて彼女から婚約者扱いされることとなる。女好きなあたるは熱烈な愛情と嫉妬深さを隠そうともしないラムから逃げ回るが、次々と来訪しては傍迷惑な事件を起こす珍客を相手にする内、彼女と強い絆で結ばれていく。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

【あつ森】アニメ・漫画キャラの制服を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】アニメ・漫画キャラの制服を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは様々な人気アニメ、漫画の制服を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年2016年は、「聖闘士星矢」「ドラゴンボール」などの作品の、30周年にあたる。アニメも含め少年ジャンプの黄金時代と言えるだろう。一方で、リアルロボットアニメを中心としたアニメブームは終わり、オリジナル作品は衰え、「ジ・アニメ」「マイアニメ」といったアニメ誌が廃刊していくという時代でもあった。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

海外でも評価が高い80年代のおすすめアニメランキングTOP20!【北斗の拳、シティーハンターほか】

海外でも評価が高い80年代のおすすめアニメランキングTOP20!【北斗の拳、シティーハンターほか】

日本が誇る一大カルチャー「アニメ」。日本のアニメはストーリーやキャラクター設定の綿密さ、作画技術の高さに定評があり、特に海外では高い評価を受けている。日本で放送されたアニメが外国で新たに制作されるケースもあるほどだ。本記事では海外で評価が高かった日本発の80年代アニメを、20タイトルまとめて紹介する。

Read Article

殺生丸の妻の考察まとめ【半妖の夜叉姫】

殺生丸の妻の考察まとめ【半妖の夜叉姫】

『半妖の夜叉姫』は高橋留美子原作のアニメ『犬夜叉』の続編にあたるアニメ作品である。『犬夜叉』から15年以上が経過した時代を舞台に描かれるとのことで、犬夜叉の異母兄にあたる殺生丸の娘が登場する。『犬夜叉』では殺生丸が誰かと結婚したなどという描写はなく、娘の登場で殺生丸は誰を妻にしたのか大きな話題を呼んだ。

Read Article

目次 - Contents