【おそ松さん】六つ子たちの少年時代をゲームで振り返ってみよう!【キャラゲー】

65248

空前絶後の大人気アニメ『おそ松さん』のリメイク元である、『おそ松くん』にはゲーム作品が存在します。
人気の6つ子が登場するゲーム作品を見ていきましょう!

『おそ松さん』の元となった作品、『おそ松くん』のゲーム作品

近年、『おそ松くん』のリメイク作品として大ブームとなっている『おそ松さん』。 リメイク元となったおそ松くんは赤塚作品の中でもかなり有名であり、この作品をゲーム化したものも数作登場しています。 このまとめでは『おそ松くん』のゲーム化作品を紹介します。

おそ松くん はちゃめちゃ劇場(メガドライブ)

164000007

正月を迎えた六つ子たちだったが、突然イヤミとチビ太によってカラ松からトド松までの5人が誘拐されてしまった。
長男のおそ松はパチンコを片手にイヤミ&チビ太を追いかけるが、そこに二人の解き放った怪物たちが現れ、おそ松に襲い掛かる……。

出典: www26.atwiki.jp

ジャンプはフワフワしており、ブレーキも利きにくい。
スタート時のおそ松のパチンコの射程が泣けるほど短い。

背景が非常にサイケデリックで、見ていると目が痛くなる。

エフェクトが「ボワン」「ボゥン」と無機質で迫力が欠けている。爽快感がない。

出典: www26.atwiki.jp

単体のゲームとしてもキャラゲーとしても非常に出来の悪い作品。

出典: www26.atwiki.jp

原作者である赤塚不二夫がプレイしてあまりの出来に腹を立て、開発者に灰皿を投げ付けたという逸話がある

出典: www26.atwiki.jp

Illucwns
Osomatsu kun   hachamecha gekijou  j   5bc 5d 5b  5d002
10081783166 s

メガドライブで発売された、おそ松くん初のゲーム作品。
捕らわれの身になった5人の弟達を救うべく、おそ松が奮闘するというアクションゲームです。

「あまりの酷い出来に、作者である赤塚不二夫氏がキレて灰皿を投げつけた」という噂があるほどの問題作です。
たった3つのステージの上、ギミックに気付かないと無限ループに陥る。 操作性も悪く、SEは取って付けたように迫力の無さ。 グラフィックも見づらく、キャラグラも今一の再現度い。

キャラゲーとしてみてもクオリティが低いため、おそ松くんファンからは不評だった事でしょう。 上述した「赤塚不二夫氏が激怒した」という教材不明の噂が広まっている事がその証拠と言えます。

おそ松くん バック・トゥ・ザ・ミーの出っ歯の巻(ファミリーコンピュータ)

Mfc0000008070

プレイヤーは主人公のおそ松くん本人になり、掛け軸に描かれていたイヤミのご先祖様をもとにデカパン博士が発明したタイムマシンで時を駆け巡りながら、出っ歯の秘密を暴いていくという内容。しかし秘密を探っていくうちに、イヤミの出っ歯に徐々に変化が…。

出典: www26.atwiki.jp

タイムマシンを使うことにより現代、江戸時代、原始時代と3つの時代を行き来する。

出典: www26.atwiki.jp

深刻な場面に遭遇すると「デロデロデ~ン」という効果音が突然鳴ることがある。
ドラクエの呪いの音楽に似た不気味な音色が使われており、とくに後半は些細な事でも鳴る場合があり、人によってはトラウマもの。
戦闘BGMも曲自体は短いものの、かなりの緊張感がある。それに加えて場面によっては怪獣の鳴き声が響いていたりと、子供なら泣きそうなシーンである。

出典: www26.atwiki.jp

グラフィックが美麗(オープニングはまるでアニメ意識したかの様な演出で本当にアニメ見ているかのような気分にさせてくれる。また、各キャラの表情も豊かで喜怒哀楽がはっきりとわかる芸の細かさ。)

キャラクターの再現が遺憾なく発揮されている

出典: www26.atwiki.jp

時間大王などのゲームオリジナルキャラクターも登場する。

出典: ja.wikipedia.org

P1
201108202114028c2
Osomatu best

おそ松くんゲーム第2作。 ファミコンで発売されたアドベンチャーゲームです。

赤塚作品の有名キャラである"イヤミ"の出っ歯の秘密を明かすべく、おそ松がタイムマシンに乗って時代を遡り、過去の時代を冒険するというもの。 当時としては珍しい、タイムトラベルをテーマにしたストーリーです。

前作とうって変わって、こちらは高い評価を受けています。 キャラゲーとしては、キャラグラの再現度がかなり高い上、作品に登場するキャラ達は過去の世界でもご先祖様という設定で出てきます。
キャラのせリフ回しや原作の雰囲気が上手く再現されており、別の時代に出てくる先祖もキャラの性格を反映し、違和感の無いものとなっています。

アクションゲーム単体としても、操作性は前作と比較にならないほど快適で、ストーリー分岐もあり、やりこみプレイにも対応しています。
少し難易度は高めですが、ファミコン時代のゲーム作品は総じて難易度が高いので気にするほどでもないでしょう。 ホラーチックな演出も多数あるため、子供向けではなく「長くおそ松くんに慣れ親しんだ年長者向けの作品」といえる、当時としては珍しい作品です。

必殺パチンコステーションV9 おそ松くん(PS2)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

おそ松さん(Mr. Osomatsu)のネタバレ解説まとめ

「おそ松さん」とは、テレビ東京系にて2015年10月から2016年3月の2クールにわたって放送された、赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」原作のテレビアニメ、またそれを基にメディア展開された作品です。主人公である六つ子が成人してもニートであるという設定や、六つ子をメインに据えたギャグストーリー、原作でも人気だったイヤミやチビ太などの登場人物に、多くの女性が魅了されました。

Read Article

27年の時を経て再びアニメ化!!「おそ松くん」と「おそ松さん」キャラクターと声優一挙紹介!

1966年に第1作、そして1988年に第2作とアニメ化され放送されていた赤塚不二夫原作「おそ松くん」 が大人に成長した姿で27年ぶりにアニメ化され話題となった「おそ松さん」! 今回は「おそ松くん」、「おそ松さん」の登場キャラクターと歴代のアニメ制作スタッフをご紹介します!

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

『おそ松さん』のイヤミ・・・何だかイケメンじゃないかい?

大人気の『おそ松さん』を見ていて思ったこと一つ。「イヤミ・・・スタイリッシュ・・・?」おフランスがえりを自称するだけあって、何だかすらっとして見えます。前からそうだったか?と思うほどにイケメンに見えます。あ、第一話のガチでのイケメンバージョンではなく、通常のイヤミですよ。

Read Article

おそ松さんの公式女体化『じょし松さん』6人の喪女像がリアルすぎる件について

3/25ついに最終回を迎えた人気ギャグアニメおそ松さん。 その13話で初登場となった、六つ子を女体化した『じょし松さん』たち。 松野家の6つ子たちと同じ声優さんが演じている為オネエキャラのようなキモカワな魅力 で話題となりましたが、それだけではないリアルな『喪女』っぷりを 振り返ってみます。

Read Article

【おそ松ラブライブ】高クオリティなコスプレで踊ってみた動画【ジョジョニャル子ほか】

個人がダンスを披露する「踊ってみた」動画は、今やニコニコ動画のメインジャンルと言えるでしょう。その中でも「コスプレ」をして踊る動画は、作品の世界観を半分現実で体感できる「2.5次元」の世界として人気を博しています。見ているだけで楽しい気持ちになる「コスプレで踊ってみた」動画を集めてみました。

Read Article

深夜枠放送名作アニメの悲喜こもごも

「何で深夜枠・・・何ですぐ終わる・・・」そう思わせる名作漫画「アニメ化作品」の数々。規制のせいか!?などと短絡的に思ってしまいましたが、カンタンに録画で見られる時代です。それに名作はアニメになったって名作・・・とは限らないのが、原作ファンにとっては哀しいところ。せっかく色や音、動きがつくのだから原作並みのクオリティで突っ走ってほしいものです。

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

なんだコレ!(褒め言葉)『おそ松さん』の一風変わったグッズまとめ

放映開始から各方面お騒がせな『おそ松さん』。6つ子が着ているパーカーが即時完売したため転売屋が横行したり、はたまた同人誌イベントで暴動一歩手前の騒ぎが起きたりと話題に暇がありません。そんな中そろそろ出揃った感のある『おそ松さん』グッズから、ちょっと「アレ」な感じを集めました。※2016年1月までの物を限定しまとめました。【修正及び加筆…4/1】

Read Article

今更ながら『おそ松さん』を深読みする(最終回ネタバレあり)

深夜枠の放送ながら何かと話題の『おそ松さん』。「ギャグ漫画の巨匠の作品」。そのネームバリューだけではない快進撃ですが、何だか単なるギャグではなく、風刺の香りがプンプンしますね。ものすごく今更ですが、第1話をはじめいろいろと振り返って、色々と考察というか深読みして行こうかと思います。「本当に今更だな!」とチョロ松兄さんからツッコミが入ろうとも。

Read Article

目次 - Contents