ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

岩息舞治(がんそく まいはる)

プロフィール

屈強な体に坊主頭、煌めく瞳が特徴。
殴る事を自己表現と考えている。そのため、多くの暴力事件を起こし、ほとんどの人生を監獄で過ごしている。殴るだけではなく、殴られることにも肯定的で、殴られた際に「良い良い良いッ」「全員同時に(殴って)来て欲しい」「もっとォ」などの発言をしている。
アイヌの金塊には興味を示していない。
肉体の強さは相当なもので、網走監獄の囚人で岩息と渡り合えるのは牛島くらいである。殴り合いならば牛島に勝ったことがあるらしい。

来歴

アイヌの金塊に興味がなく、脱獄後すぐに南樺太へと渡った。そこで『賭けスチェンカ(人間の殴り合い)』を始める。そこへアシㇼパを追ってきた杉元たちが現れる。そして杉元たちとスチェンカをする事となり、殴り合いの果てに絆を深めた。
その後、杉元たちに入れ墨を複写させ、自身は金塊を狙う者たちから離れるために大陸の西方面へと向かった。

土井新蔵(どい しんぞう)

プロフィール

認知症を患った老人。かつては幕末の京都で人斬りとして活動していた。その時は『人斬り用一郎』という異名が轟き、人々から恐れられていた。
現在では、老いのせいで失禁や幻覚などの症状が出ているが、剣の腕前は衰えていない。
詳しくは明らかにされていないが、勤皇派の「先生」が理想とする、身分差別のない国を作るため、人斬りという汚れ仕事を引き受けていた。しかし、その「先生」から切り捨てられたような描写がなされている。

来歴

幕末の京都で、身分差別がない国を作るために人斬りとして活動していた。その後、アイヌのコタン(村)に流れ着き、そこで出会った女性と結婚して家庭を持った。しかし人斬りをしていたことから恨みを持たれていた土井は、仇討ちのために妻を攫われる。土井は犯人を切り殺して網走監獄に入る事となる。
その後、妻の余命が少ない事を知り、網走監獄を脱獄する。

監獄をでた土井は妻の最後を見届ける。土井は妻を亡くしたことにより老いさらばえ、その後は季節労働者である『ヤン衆』の中などでひっそりと過ごしていた。そこへ土井から肉親を殺された男が復讐にやってくる。相手が日本刀を振り上げた瞬間、土井は瞬時に相手の指の骨を折り、マサカリを足に振り下ろした。その時、土方が銃で悲鳴を上げている男の頭を吹き飛ばしながら入ってきて、土井と土方は戦うことになる。
土方は戦いの中で、北海道を独立国にして国家の守備を厚くする構想を話した。土方がまだ日本のために戦っていることを知った土井は「俺は疲れたよ。長く生きすぎた。」と話した。そして土方との戦いの果てに重傷を負う。土方は土井を介錯しようとするが、土井は「楽に死ぬのは申し訳ない。」といい、そのまま絶命した。

関谷輪一郎(せきや わいちろう)

プロフィール

元家畜獣医であり、網走監獄では若山と同室だった。
直接的な戦闘能力はないが、狡猾な人間であり、これまで毒によって多くの人間を殺害している。

来歴

関谷には娘がいたが、日曜日に教会に一緒に通っている途中で落雷に打たれて死亡してしまう。その事件により、関谷は、神はなぜ自分のような人間を生かして娘を奪ったのか、と考え、神の存在を問うようになる。
脱獄後、阿寒湖近辺に潜伏していた関谷は、土方の一味と遭遇することになる。そして関谷は土方・牛山・門倉に毒を飲ませることに成功する。その時、土方に対しては毒を飲んだ牛島を人質にして毒を飲ませるという狡猾な手段をとった。しかし、土方はトリカブトとフグ毒が拮抗作用を起こすことを知っており、死んでいなかった。そして土方から致命傷を負わされた。土方が毒を飲んだ時にはトリカブトとフグ毒以外の毒もあり、普通に死んでいてもおかしくなかった。その奇跡的な確率に、関谷は「ありえない…そんなことは奇跡だ。そう…まさに奇跡。やはり神はいた。神は…ようやく俺に裁きを与えやがった。」と言って笑い、満足した表情で死んでいった。

後藤(ごとう)

プロフィール

酒に酔って妻を殺害したことにより網走監獄へと入った男。
作中に初めて出てきた入れ墨の脱獄囚であり、杉元がアイヌの金塊の存在を知ることになったきっかけとなった男である。

来歴

脱走した後、小銭稼ぎに砂金を採っていた。その時、砂金が取れずにふてくされている杉元に遭遇する。そのまま杉元と酒を酌み交わすことになるが、後藤は酔った勢いでアイヌの金塊の事を杉元に話してしまう。、翌朝、金塊の事を知った杉元を殺害しようとしようとする。杉元はその話を信じていなかったが、後藤が自身を殺そうとしたことにより、後藤の話が本当だと知ることになる。後藤は杉元に敵わずに山に逃げるが、その先で熊に襲われて死亡する。そして杉元によって刺青人皮になった。

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

アシリパ(ゴールデンカムイ)の徹底解説まとめ

アシリパとは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公の1人である。北海道の小樽近辺の集落に住むアイヌの少女で、大人顔負けの精神力と狩猟技術と調理技術の持ち主。伝統を尊重しながら時代の変化を柔軟に受け入れ、「新しいアイヌ」たることを信念としている。アイヌが隠した金塊とそれを巡る殺人事件に父が関与していた事を知り、その真実と真意を知るため、元日本兵でもう1人の主人公である杉元と共に、隠し金塊の謎へと挑んでいる。

Read Article

ゴールデンカムイ(金カム)のネタバレ解説まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公・杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていたが、そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込む。手がかりは、脱獄した囚人の体に掘られた入れ墨。一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

白石由竹(ゴールデンカムイ)の徹底解説まとめ

白石吉竹(しらいしよしたけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。通称「脱獄王」の異名を持つ天才的な牢破りである。脱獄する際は看守を騙す詐術や狭い隙間を通るための関節外しなど、脱獄のための多彩な技術を持つ。体には金塊の隠し場所を描いた刺青が彫られており、同じ刺青が描かれている囚人の皮を集めるとありかが分かるようになっている。金塊の手掛かりとなる刺青を持つ囚人たちを探して、北海道で出会った仲間達と共に旅を続けている。

Read Article

NEW

谷垣源次郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説まとめ

谷垣源次郎は、『週刊ヤングジャンプ』に2014年から連載が開始された、野田サトル原作の漫画・アニメ『ゴールデンカムイ』の登場人物。時代は明治時代の北海道。日露戦争(1904年~05年)終結から間もないころ、アイヌ民族が隠したとされる莫大な金塊のうわさを聞き、様々な理由と野望を胸に秘めた男たちが、誇り高き北の大地に集結する。その中で谷垣は金塊を追っている屯田兵の部隊、大日本帝国陸軍最強と謳われた北海道の第七師団(道民は畏敬の念を含めて「北鎮部隊」と呼ぶ)27聯隊に一等卒として所属している。

Read Article

ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。 作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

Read Article

ゴールデンカムイの名言・名セリフまとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

目次 - Contents