ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

プロフィール

老人の詐欺師。小柄で身体能力が低い。当初、杉元は鈴川のことを侮っていたが、用意周到な計画と、巧みな話術で相手の信頼を得る鈴川に感心した。
変装術の達人でもある。

来歴

アメリカ軍人に扮し、いくつもの結婚詐欺を働いたことで網走監獄へと送られた。
脱獄後は、政府の高官になりすまし、樺戸集治監に入って内部から囚人たちを脱獄させた。そして樺戸近くのアイヌの村を訪れ、男たちを殺害した。そして女たちを脅し、脱獄させた囚人たちを住まわせて偽のアイヌを装った。そこで、樺戸集治監から脱獄させた贋作師・熊岸長庵に偽札を作らせていた。
自身は「レタンノ エカシ」という名で村長となっていた。村を訪れる旅人がいれば、寝込みを襲って殺害していた。
そこへ杉元たちが訪れ、鈴川は必死にアイヌを装うが、最終的には見破られて杉元、牛島、尾形という実力者を相手に戦うことになる。そして大乱戦の末に杉元たちに捕縛される。刺青人皮になることを恐れた鈴川は、同じく入れ墨の脱獄囚である姉畑の情報を教える事で殺されなかった。

その後、第七師団に白石が捕らえられたという情報が入り、鈴川は白石の救出に協力させられる。鈴川は網走監獄の典獄(監獄長)である犬童に扮装し、杉元と共に第七師団の駐屯地へと向かう。そこで巧みな話術と交渉術で白石を取り戻す直前まで行くが、鯉登に揺さぶりをかけられ、犬童が下戸という情報を知らなかったことにより、偽物だということが発覚して射殺された。そして刺青人皮となった。

坂本慶一郎(さかもと けいいちろう)

プロフィール

モデルは実在の強盗犯、坂本慶次郎。

『稲妻強盗』という異名を持つ連続強盗犯。凄まじい脚力を持ち、象皮のような足裏で、1日に200kmもの距離を走り抜けたとされる。
『蝮のお銀』という女強盗と夫婦であり、2人一緒に行動している。

来歴

強盗により捕まり、樺戸集治監へと送られる。それから7年の間、服役していたが、外役(監獄外での作業)中に脱走する。『脱獄王』と呼ばれる白石でさえ、外役夜は脱走に向かない、としていたが、坂本は自前の強靭な脚力で逃げ切ることに成功する。
その後、坂本は『蝮のお銀』と呼ばれる凶悪な女強盗と出会い、夫婦となる。それから夫婦で郵便局や銀行を襲い続けた。2人の存在は、反権力の象徴となり、新聞などで取り上げられるようになった。10年間に渡って強盗を繰り返すが、坂本が再び捕まって網走監獄へ送られた。

脱獄後、お銀と再会して、2人でアイヌの金塊を狙う。そしてある賭場に刺青人皮がある事を聞き、賭場強盗を企てる。しかし、それは第七師団が仕掛けた罠であり、坂本は第七師団の面々に取り囲まれて窮地に陥る。しかし、持ち前の脚力で脱出に成功する。
追跡してくる鯉登も振り切ったかに思えたが、鯉登による発砲で鶴見が坂本のところへたどり着き、軽機関銃でお銀と共に撃ち殺された。

姉畑支遁(あねはた しとん)

プロフィール

丸メガネに、口髭、透き通った瞳が特徴。
動植物の学者である。性的趣向が狂っており、生態調査の傍らで獣姦を行ったり、木の穴で自慰行為を行ったりする。獣姦の証拠を隠滅するために、行為後に動物を殺害することもある。
強烈な性癖と、それに対する執念が読者に衝撃を与えた。

来歴

熊との性行為に成功した姉畑。この後、興奮のあまりに死亡した。

家畜を襲って回っていたところを飼い主に気づかれて咎められる。その時、姉畑は飼い主に大怪我を負わせて、その罪で網走監獄へ送られることとなる。
脱走後、エゾシカや狐、鮭、鶏などを下半身丸出しで追い回していた。そしてエゾシカを犯して殺したことにより、アイヌに追われることになる。その時、偶然遭遇した谷垣の銃を奪って逃走し、自身の罪を谷垣へと擦りつけた。
その後、ヒグマを狙って山を徘徊する。そしてメスの熊の糞を体になすりつけて、ヒグマと行為に及ぶことに成功する。それを見ていたアイヌや谷垣たちは愕然と立ち尽くしていた。その中で、杉元だけは「やりやがった!!マジかよあの野郎ッ やりやがったッ!!」「姉畑支遁すげぇッ」と声をあげていた。そして姉畑はヒグマを犯している最中に、興奮のあまりに死亡した。

都丹庵士(とに あんじ)

プロフィール

白髪に、奇妙な装置を耳につけた老人。
盲目だが、その代わりに聴力が異常に発達している。耳につけているのは集音するための覆いで、穴の空いている方向が右と左で違っている。舌を鳴らし、その音の反響で周囲の状況を把握することができる。そうすると常人と変わらないように行動できる。しかし、その凄すぎる聴力のせいで、騒音に弱い。

来歴

網走に入ることになった経緯は不明。網走監獄の典獄(監獄長)である犬童の資金確保のために硫黄山で働かされ、それにより失明する。
脱走後は、自身と同じように硫黄山の硫黄採掘により失明した囚人たちで結成された盗賊団のリーダーとなった。、屈斜路湖近辺で強盗をしていたところに、杉元たちがやってくる。杉元たちを犬童や採掘会社の資格だと思い、夜に温泉に浸かっていた杉元たちを襲撃する。
暗闇でも問題なく行動することができる都丹は、有利に杉元たちを追い詰める。しかし、夜が明けてしまったことで有利がなくなり、自身たちが拠点としている
廃旅館へと逃げ帰る。
廃旅館は真っ暗であり、追ってきた杉元たちはまたもや不利な状況となる。都丹は仲間と共に杉元たちに迫るが、仲間がアシㇼパが撒いたぺカンペ(ヒシの実)を踏んで声をあげたことで、尾形に銃撃される。他の仲間も同じように声をあげ、杉元に刺されて壁に叩きつけられる。その衝撃で日光が入り、杉元は都丹と格闘を繰り広げる。互いに槍と銃を突きつけ合うが、そこに土方が現れて仲裁に入る。

その後、犬童へ報復のため、土方と協力関係となり、杉元やアシㇼパと共に網走監獄へ潜入する。しかし、その時、犬童から鉄球を頭に振り下ろされ、死亡したかに思われた。しかし、後に第七師団の療養地の宿の按摩(マッサージ師)として登場する。都丹は第七師団の情報を土方へと流していた。
そして暗闇に乗じて第七師団を襲撃し、第七師団を翻弄するが、最後は雪崩に巻き込まれた。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。 作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)のネタバレ解説まとめ

2014年より「週刊ヤングジャンプ」で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていた。そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込み、手がかりである入れ墨と一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)の名言・名セリフまとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

目次 - Contents