けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフまとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。
アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。
女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

新入生勧誘に着ぐるみでビラ配りをする軽音部(左から律:犬、紬:ネコ、唯:ニワトリ、澪:馬)。

高校受験が終わり、唯の妹・憂も桜が丘女子高等学校に合格した。
軽音部の面々は高校2年生に進級し、唯・律・紬は同じクラスとなったが、澪は別のクラスとなる。律たちに強がる澪だが、クラスに馴染めないでいた。話す相手もおらず、静かに座る澪。同じクラスに和がいたため喜ぶ澪だった。
唯たちは新入部員勧誘を始めようとするが、澪の作ったチラシが「普通過ぎてインパクトに欠ける」と律は言う。そこへさわ子先生が現れ、「なければつければいいのよ!」と着ぐるみ(唯:ニワトリ、律:犬、澪:馬、紬:ネコ)を着せて勧誘させるのだった。そして馬の澪は新入生・中野梓にチラシを渡す。
放課後、憂は鈴木純に誘われて軽音部の見学へ行くことになった。軽音部のチラシを貰った梓は、ジャズ研の見学へと向かう。憂と純が軽音部を訪ねると、メイドコスの軽音部が出迎えてくれた。
見学に来た憂と純のために「ふわふわ時間」を演奏する軽音部。ジャズ研の見学を終えた梓はなんとなく軽音部を覗きに行くが、唯たちがジャージだったため真剣さが感じられないでいた。軽音部の面々とさわ子先生に圧倒されたのか、純はジャズ研への入部を決めていた。
新入生歓迎ライブで「ふわふわ時間」・「カレーのちライス」・「わたしの恋はホッチキス」・「ふでペン~ボールペン~」を披露する事にした軽音部。憂は梓を誘い、軽音部の新歓ライブへと足を運んだ。
丁度「カレーのちライス」の演奏終了で、唯のMCが始まった。ダラダラとした唯のMCに「コミックバンドか!」と律がツッコミ、「わたしの恋はホッチキス」の演奏が始まった。懸命に背伸びをしてライブを観る梓。
新歓ライブ翌日、軽音部に梓が新入部員としてやってきた。

楽しいは楽しいだよ

妹・憂の桜高合格を泣いて喜ぶ唯。

軽音部の面々は2年へ進級し、新入生を勧誘しようとするが、さわ子先生に着ぐるみを着せられたため、新入生はドン引きであった。
憂とクラスメイトの鈴木純は軽音部の見学へ行く。軽音部の面々とさわ子先生に圧倒され、軽音部への入部に及び腰の様子の純であった。
その晩、唯は憂に見学の感想を訊くと、憂は全力でごまかした。嬉しそうな唯に、憂は軽音部のいい所を訊ねる。

憂「お姉ちゃん」
唯「ん?」
憂「軽音部の一番いい所ってどこ?」
唯「え? んーそうだなぁ… 楽しい所かな やっぱり」
憂「楽しいって?」
唯「楽しいは楽しいだよ あっ! 憂も入らない 目指すは武道館」
憂「考えとくね」

軽音部の魅力を訊かれ、理屈抜きで「楽しいところ」と答えた唯の見出しのセリフである。

#9「新入部員!」

唯に「あだ名は『あずにゃん』だね」と決定した場面。

新入生歓迎ライブの翌日、遂に軽音部に入部希望者がやってきた。「ギターを少し」という新入生・中野梓。梓に先輩と呼ばれ、唯は早くも浮かれモード。唯に「とりあえず何か弾いてみせて」と言われた梓の演奏は上手く、軽音部の2年生たちは面食らっていた。梓は新歓ライブの演奏を見て感動して入部を決めたのだった。
翌日、梓の部活初日にいつものようにお茶を始める唯たち。軽音部の日常なのだが、梓は驚き「自主性が試されているのか」と練習しようとギターを鳴らすと、静かにお茶したかったさわ子先生に「うるさーい!」と怒鳴られ、梓は泣いてしまう。2年生は梓を慰めるのだが、梓はキレた。唯に「いい子いい子」と抱きしめられ、頭を撫でられ梓は収まった。
梓はジャズバンドをやっていた親の影響で、小4からギターを始めたそうだ。さわ子先生は梓にプレゼントと称し「ネコミミカチューシャ」を持ってきていた。恥ずかしがる梓をよそに、律・唯・紬はノリノリだった。やむなくネコミミをつけた梓は「あだ名はあずにゃんで決定だね」と唯に名付けられる。
「練習もしないが疲れた」と言う梓を、唯は「近所に美味しいアイス屋がある」と誘う。
梓の様子を心配する澪は緊急会議を開くが、律は「梓の歓迎会をしよう!」とピクニックを計画する。帰り際に澪は「ウチは軽音部だから明日からは絶対練習するからな!」と引き締めた。
ギターが唯と梓の二人となり、どちらがリードギターをするのかを二人の演奏を聴いて決める事になったのだが、梓の演奏を聴いて、唯は「あずにゃん!ギター教えてください!」と教えを乞う。真面目に練習するかと思いきや、さわ子先生の一声でお茶休憩となり、「このままじゃダメになる」と梓は悩む。
「軽音部じゃなくてよそのバンドに参加しよう」と考えた梓は、ライブハウスへと足を運んだ。
梓が軽音部に顔を出さなくなって数日が経った。2年生はその間ずっと練習をしていた。そこへ梓が部活に顔を出した。梓は「なんで新歓ライブの演奏に感動したのか分からなくなって」と涙を流す。律は「梓のために演奏するか」と演奏を始めた。
澪は梓に「このメンバーとバンドするのが楽しいんだと思う」と声を掛けた。すると梓も「私やっぱり先輩方と演奏したいです」と言い、結束を固めた軽音部であった。

じゃあ 梓のために演奏するか!

外バンを組もうと考えライブハウスへ行った梓は軽音部の演奏と違う事に涙する。

憂に誘われ新歓ライブを見た梓は、軽音部の演奏に感動して入部を決めた。しかし、軽音部は演奏練習をすることはなく、まったりとお茶をしている。
困惑する梓は「軽音部じゃなくてよそのバンドに参加しよう! 他にもきっと素敵なバンドが!」と考え、ライブハウスへと足を運んだ。
ライブハウスで梓は以下のように考えていた。
梓「(どうしてだろう… どのバンドもウチの軽音部より上手いのに… どうして…)」

律たちがしばらく部活に来ない梓の噂をしていると、梓が部活に顔を出した。
律「あ!梓ぁ なんで最近来なかったんだよぉ ここんとこ毎日練習してたんだぞ」
唯「うわぁー待ってたよぉ」
梓に抱き着く唯。
澪「…どうした?」
律「…まさか 辞めるって言いに来たのか?」
唯「それだけは勘弁してくだせぇ」
梓「分からなくなって…」
梓「…どうして軽音部に入ろうと思ったのか …どうして新歓ライブの演奏にあんなに感動したのか しばらく一緒に一緒に居て見ればきっと分かると思って やってきたけど… けどやっぱり分からなくて…」
泣きながら気持ちをぶつける梓。
唯「あずにゃん…」
律「よし! じゃあ梓のために演奏するか! その時の気持ちを思い出せるようにさ」
「わたしの恋はホッチキス」の演奏を始める2年生部員たち。

梓の気持ちを汲んで言った部長らしい律の見出しのセリフである。

さぁ 一緒にやろう 梓!

梓を演奏に誘う2年生部員。

梓のために「わたしの恋はホッチキス」を演奏する2年生部員たち。

梓「(唯先輩はまるで音楽用語知らないし… 律先輩のドラムも走り気味なのに… 4人揃って演奏すると… どうしてこんなにいい曲になるんだろう… どうして)」
澪「梓 この前何で私が外バン(学校外でのバンド活動)組まないか訊いたよね?」
梓「はい」
澪「…やっぱり 私はこのメンバーとバンドするのが楽しいんだと思う きっとみんなもそうで だからいい演奏になるんだと思う さぁ 一緒にやろう 梓!」
梓「…ハイ! 私 やっぱり先輩方と演奏したいです!」
唯「あー よかったぁ」
梓に抱きつく唯。
澪「まぁ これからもお茶飲んだり ダラダラすることもあると思うけど それもやっぱり必要な時間なんだよ ウン」

梓に質問されたことの答えで、仲間になろうと誘う澪の見出しのセリフであり、名場面でもある。

#10「また合宿!」

肝試し中、暗闇でさわ子先生と出会い恐怖する澪(左)と澪に驚く梓(右)。

夏休みとなり、憂と梓は初めて遊ぶ約束をしていた。ファーストフードでお茶をしながら、合宿の話や軽音部の話をしていた。軽音部での唯の様子を訊く憂は、相変わらず姉ラブであった。梓は合宿でたくさん練習できると思い楽しみにしていた。憂は他の先輩たちの話も訊いていて、「律先輩はいい加減だ」と梓が話をしていると後ろの席には律がいた。梓は紬はお嬢様なのかと律に質問し、適当なことを答える律。確認しようと律が紬に電話をすると、琴吹家の執事が電話に出たため「ホントにお嬢様だ!」と慌てる律と梓であった。
軽音部の5人は合宿の買い物に出かけるのだが、水着を買いに来たという唯に、合宿でたくさん練習できると思っていた梓は不安を覚える。前回同様、紬の別荘での合宿となった。前回よりも広い別荘ではあったが、ここ以上に大きい別荘もあるようである。多数決により、まずは遊ぶこととなり、遊びを堪能する唯と律。その様子に梓が「ちゃんと練習できるのか」と膨れていると、唯が「一緒に遊ぼう」と声を掛けるのだった。梓は真っ黒に日焼けするほど楽しんでいた。
日も落ちて、やっと練習となる。チューナーを使わずにチューニングをする唯に「絶対音感!?」と驚く梓であった。
お腹が空き、5人でBBQの支度をする。おにぎりを握る澪と梓。澪は大きさの違いにショックを受ける。BBQ後にやった線香花火に一喜一憂するお嬢様育ちの紬であった。律は「なかなかご飯を食べさせてもらえなかった恨みを晴らす」と肝試しを提案する。
澪と梓はペアになり、森を歩いていると、前方から人が近付いてくる。近付いてきたのはさわ子先生で、怖がりの澪は気絶する。気絶した澪を見て、梓は澪の怖がりを再認識するのであった。律は澪を驚かせるためにコンニャクを用意し、澪が来るのを隠れて待っていた。
6人でお風呂に入り、眼鏡を外したさわ子先生は、澪と梓の見分けがつかないと言う。「胸の大きさで判断したらいいじゃない」と澪に近寄って行くと、澪からゲンコツされるさわ子先生であった。
夜中、目を覚ました梓は、スタジオで練習している唯を見かける。唯と梓は一緒に練習を始めた。梓にギターを教わる唯であった。
合宿後、憂と遊ぶ約束をしていた梓。真っ黒に日焼けしている梓を見て「誰!?」と憂は言う。梓は「遊んでばかりだった」と言うが、「やっぱり行って良かった!」と嬉しそうであった。
梓は改めて4人の先輩を知ることができたようである。

あずにゃんに出会えて良かったよ!!

見出しのセリフを言い、梓(左)に抱きつく唯(右)。

夏休みとなり、今回も紬の別荘で合宿をすることにした軽音部。梓は練習ができると思い、楽しみにしていた。
別荘到着後、多数決で先に遊ぶ事になり、「ちゃんと練習できるのかな」とむくれる梓。唯に誘われ一緒に遊ぶ梓は、真っ黒に日焼けし、一番遊んでいるのだった。
遊びを堪能したあと唯たちは練習をするが、すぐにお腹が空き、BBQの支度をする。BBQの後は、花火、肝試しとまた遊ぶ軽音部。肝試しをしていると、暗闇から現れたさわ子先生に気絶する澪であった。
夜中に目を覚ました梓は、スタジオで練習する唯を見かけ、「私も唯先輩ともっと一緒に練習したいと思ってたんです」と、二人で練習をする。ギター歴の長い梓に教わる唯。
梓の教え通りにやると、難しい所が弾けるようになり、感激して言った見出しのセリフ。

「わたしの恋はホッチキス」を練習している唯と梓。
唯「あずにゃん 上手いねぇ!」
梓「え… そんな事ないですよ」
唯「じゃあ 次 私ね!」
上手く弾けない唯。
唯「おっ! うっ… ここが難しいんだよね…」
梓「最初はスローテンポで弾いてみればいいんですよ」
今度は弾くことができた唯。
唯「できたぁ! あずにゃんに出会えて良かったよぉ!! あずにゃーん!」
梓に抱きつく唯。
唯「ありがとう あずにゃん!」

でもね… やっぱり 行って良かった

合宿後、憂と待ち合わせしていた梓(中央)は、憂に「誰?」と言われている場面。

合宿をすることになって、梓は練習ができると思い楽しみにしていた。梓の思っていたのと違い、ほとんどの時間を遊びに費やしていた。普段も練習しないのに、合宿でも遊んでいる様子に不安と不満がある梓だが、「いつも遊んでばかりなのに 演奏すると何かいいんだよなぁ」という思いも抱いていた。
夜中に目を覚ました梓は、練習する唯を見かけて一緒に練習をする。
合宿後、また憂と遊ぶ約束をしていた梓。ファーストフード店で「ほとんどを遊んで過ごした合宿だった」と愚痴を言う梓。
でも先輩達の色んな事が分かった、という嬉しさを表現した梓の見出しのセリフ。

憂「ふ~ん あんまり練習できなかったんだ」
梓「でもないんだけど… もっと特訓するものだと思ってたのに 海水浴とか肝試しとか ほとんど遊んでた」
憂「ふ~ん」
梓「もっと練習したかったのにぃ」
憂「そっかぁ でも お姉ちゃんは全然焼けてなかったけど 何でそんなに日焼けしてるの?」
梓「そ…それは… 私が一番はしゃいでたから…」
恥ずかしそうにジュースを飲む梓を見てほほ笑む憂。
梓「でもね… やっぱり 行って良かった 先輩たちの色んな事が分かったの」
憂「へぇー どんな風に?」
梓「ん~ 澪先輩は意外と怖がりだった」
憂「そうなんだぁ 律さんは?」
梓「やっぱり大雑把だったけど 澪先輩とはイイ感じだった」
憂「紬さんは?」
梓「ムギ先輩はね みんなの事を思いやってて優しいけど 案外子供っぽい所もあってカワイイ人だったよ」
憂「ふ~ん で お姉ちゃんは?」
梓「う… 唯先輩は… ちゃんと練習してた!」
憂「でしょー!」

#11「ピンチ!」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

1960年代イギリスの若者達を描いたカルト映画「さらば青春の光」

「さらば青春の光」(原題「QUADROPHONIA=「四重人格」)は、1960年代のイギリスの若者達、「モッズ」と「ロッカーズ」の間で実際に起きた暴動事件をもとに、ある一人の青年の心の軌跡を描いた作品です。 映画内に登場するモッズファッションや音楽は未だに人気が高く、この作品は一種のカルト映画となっています。

Read Article

「漫画の殿堂」芳文社からアニメ化された作品まとめ

かつてはほとんど知られていませんでしたが、今では知らない人が少なくてってきたほど、大ブームを巻き起こしている出版社が芳文社です。形式は4コマ漫画が主体。その漫画雑誌のタイトルは「まんがタイムきらら」で、「けいおん!!」や「ひだまりスケッチ」など数多くの名作を世界に轟かせてきました。そんな芳文社の過去から現在に至るまでを、アニメ化された経緯とともに、まとめてみました。

Read Article

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

NEW

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

NEW

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

『Free!』とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に、高校生になったキャラたちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿、三期では各々夢に向かって邁進し成長して行く姿がリアルに描かれた。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents