けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフまとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。
アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。
女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

成田空港で動く歩道で律と唯から「噂の彼とはどうなってるんですか?」と訊かれムスッとノーコメントで通す紬。インタビューごっこをして遊んでいる場面。

CV:寿 美菜子(ことぶき みなこ)
私立桜が丘女子高等学校の1年2組・2年2組・3年2組に在籍。卒業後の進路はN女子大学。「け・い・お・ん・ぶキーホルダー」は「お(紫)」を付けている。
7月2日生(蟹座)身長157cm・体重53kg・O型。イメージカラー:ピンク。クセ毛のためウェーブのかかったロングヘアで、金髪のような明るい色をしている。色白で、半円状の太い眉毛が特徴。愛称は「ムギ・ムギちゃん・ムギ先輩」。

おっとりとして温厚で、ぽわぽわしている。大企業の社長令嬢で執事がおり、多数の別荘を所有していて、合宿は紬の別荘で行うのが恒例となっている。お嬢様らしい丁寧な言葉遣いで可愛らしい少女であるが、重いアンプやドラムセットを軽々と運んだり、登下校時にキーボード(約17kg)をソフトケースに入れて背負うなど腕力もある。部活の時間をティータイム化した根源で、「値段不明だがベルギー王室で使っていた」というティーセットなどを持ち込み、貰い物の高級お菓子やケーキも紬が持ってきている。夏にはかき氷を作るために氷を持ってくるなどしている。家柄を自慢することはないが、お嬢様育ちゆえの価値観のズレからメンバーを戸惑わせることがある。ホームセンターでテンションが上がり爆買いするなど、「庶民の文化」や「普通」へ憧れを抱いており、目を輝かせる場面が多い。引っ込み思案ではないが、一歩引いた位置から唯たちとのやり取りを楽しんでいることが多い。澪と同レベルで勉強はできる。
自宅では、クサガメ・ミナミイシガメ・ミシシッピーニオイガメを飼っているらしく、「餌が足りなくなったら持ってくる」と言い、梓と共にトンちゃんの世話係をする。トンちゃんが脱皮した際は、自宅にある大きな水槽を提供する。3年次の学園祭でクラスの出し物「ロミオとジュリエット」では脚本を担当している。

パート:キーボード・コーラス・作曲
KORG TRITON EXTREME(トライトンエクストリーム) 76 を使用している。CV:寿美菜子は「キー坊」と呼んでいる。
4歳のころからピアノを習い、コンクールでの受賞歴もある。HTTオリジナル曲を作曲している。

中野 梓(なかの あずさ)

寝ぼけながらも唯の落とした飴を拾い澪たちの部屋を訪れた梓。

CV:竹達 彩奈(たけたつ あやな)
私立桜が丘女子高等学校の1年2組・2年1組に在籍。「け・い・お・ん・ぶキーホルダー」は「ぶ(緑)」を付けている。

澪のように真面目で、軽音部の緩い雰囲気を引き締める常識人だが、ややシニカルで毒舌家な面もある。入部当初は緩んだ雰囲気を快く思っておらず「こんなんじゃダメです!」と激昂してしまう。練習をしない軽音部を辞め、外バンを組もうとライブハウスへ行くが、「やっぱり先輩方と演奏したいです!」と軽音部に残った。軽音部のライブに感動、唯の演奏にも憧れて入部したが、演奏経験もなく、音楽用語も知らない唯に、梓が教える立場になっている。唯からは「あずにゃん」と呼ばれ、抱きつかれたりしてかわいがられている。梓はすぐに抱きついてくる唯に困惑しているが、嫌いではないようだ。
非常に日焼けしやすい体質で、合宿や夏フェスで日焼け止めを塗るが真っ黒に日焼けしている。先輩たちの大学合格祈願のために、お賽銭に千円札を使い、全力で合格祈願し、先輩想いな一面を見せていた。
「映画けいおん!」では、卒業旅行に同行し、旅行のスケジュールプランもまとめた。

パート:リズムギター・サブコーラス
FENDER JAPAN ムスタング・愛称「むったん」を使用している。
両親がジャズバンドをやっていた影響で小4からギターを始めたため、演奏技術は確かである。ムスタングは「手が小さいのでネックが細いものを選んだ」と言っている。

山中 さわ子(やまなか さわこ)

「マイルが貯まっていた」とジャパンフェスティバルに駆け付けたさわ子先生。

CV:真田 アサミ(さなだ あさみ)
私立桜が丘女子高等学校の音楽教師で吹奏楽部兼軽音部の顧問。唯たちが3年時には3年2組の担任をする。
1月31日生(水瓶座)身長165cm・体重56kg・B型。楕円レンズのフレームレス眼鏡を常用。「さわちゃん・さわちゃん先生」と呼ばれている。趣味は軽音部に自作衣装を着せる。

美人で物腰が柔らかく生徒から人気が高い。軽音部で出されるお茶とお菓子を目的に部室へ入り浸るようになり、友達同士であるかのように親しく接している。それ以外の場所ではきちんと生徒と教師という関係のけじめをつけようとしている。桜高の卒業生であり、在校時は軽音部であったが生徒たちには秘密にしていた。軽音部に顧問を頼まれるが、すでに吹奏楽部の顧問をしていたため断る。教師としてのイメージを守りたいさわ子は、軽音部時代のバンド「DEATH DEVIL」の写真を処分しようと走るが、黒歴史である過去を知られてしまい、軽音部の顧問となった。初恋の男子の好きなタイプが「ワイルドな女性」であったため、ワイルドを突き詰め過ぎて脱線し「やり過ぎ」とドン引きされて失恋した過去がある。教師になった理由は、想いを寄せていた男性の「先生になりたい」という夢に合わせて自分も志したため。恋をすると相手の色に染まるタイプである。夏フェスが初めてのHTTメンバーと参戦し、仕切り屋であると律に言われる。趣味を活かして、学園祭の「ロミオとジュリエット」の衣装担当に立候補したり、HTTのライブの為にTシャツを作る。
バンド名を決められない軽音部に「ゆっくりお茶もできやしない こんなの適当に決めればいいのよ」という事で「放課後ティータイム」と命名した。

DEATH DEVILでは「キャサリン」という名前でリードギターとボーカルを担当していた。この頃は赤いアンダーリムの眼鏡を着用していた。
速弾き・タッピング・歯ギターなどを軽々とこなすなど、ギターの演奏技術は非常に高い。唯の代役で学園祭のステージに立ち、「エピフォン製 白のフライングV」を弾いていた。友人の結婚式でDEATH DEVILの演奏をお願いされるが断る。紀美(クリスティーナ)は、HTTと一緒に演奏しようとする。周りの「DEATH DEVILってカワイイ」という言葉を聞き、自らの内なる衝動を抑えられずに「キャサリン」となり、大多数の生徒に秘密がバレた。本人の心配をよそに「かっこよかった」と好意的に受け入れられている。

平沢 憂(ひらさわ うい)

ロンドンでライブするHTTのためにさわ子先生が作った忍者衣装を着た憂の写真。

CV:米澤 円(よねざわ まどか)
私立桜が丘女子高等学校の1年2組・2年1組に在籍。
2月22日生(魚座)身長154cm・体重50kg・O型。唯の妹、梓・純の同級生。髪型はポニーテールで、髪を下ろすと唯と見分けがつかない。姉ラブである。

真面目で礼儀正しくしっかり者で、家事も万能で唯とは正反対である。唯とそっくりな性格を想像していた律たちから「出来た子だ」という印象を与える。生真面目で、自分が体調を崩していても家に来たHTTメンバーにお茶を出そうとするほどであった。唯に似て無邪気で人懐っこい面もある。唯の笑顔を見ることに幸せを感じており、唯の面倒を積極的に見る。どちらが姉かわからないとも言われている。成績優秀で、1学年上の姉・唯に勉強を教え、赤点を回避させている。
学園祭を前に風邪を引いた唯に変装し、軽音部に行っている。バッティングセンターで、隣の親子の指導を聞いてホームランを打つという天性の器用さを持っている。

真鍋 和(まなべ のどか)

ロンドンでライブするHTTのためにさわ子先生が作った忍者衣装を着た和の写真。

CV:藤東 知夏(ふじとう ちか)
私立桜が丘女子高等学校の1年3組・2年1組・3年2組に在籍。生徒会に所属し、3年時には生徒会長もしている。卒業後の進路はK大学。
12月26日生(山羊座)身長158cm・体重52kg・A型。茶髪ショートヘアで赤のアンダーリムメガネを着用している。

唯とは幼稚園から幼馴染である。冷静かつ理知的で何事もそつなくこなし、多くの長所を持っている。長年の付き合いから唯の扱い方を熟知しており、良き理解者でもあるが、毒舌な一面もある。生徒会に所属していることから律が部活に関する各種の届け出を忘れた時にそれを指摘し、フォローしてくれる。
秋山澪ファンクラブ会長の曽我部恵の後任として、秋山澪ファンクラブの会長を渋々ながら引き継ぐ。ファンクラブ会長としての責務を果たしていないと考え、ファンクラブ会員のためにお茶会を開いて欲しいとHTTに頼んでいる。

鈴木 純(すずき じゅん)

ロンドンでライブするHTTのためにさわ子先生が作った忍者衣装を着た純(青)と憂(黄)の写真。

CV:永田 依子(ながた よりこ)
私立桜が丘女子高等学校の1年時クラス不明・2年1組に在籍。ジャズ研に所属し、ベースを担当。
コゲ茶色でクセ毛のショートカットをツインテールにしている。憂と同じ中学出身で友達。

桜高入学後に、憂を誘い軽音部に見学に行くが、軽音部の個性ある雰囲気に圧倒されて入部せず、「カッコイイ先輩がいる」とジャズ研に入部した。梓や憂から話を聞くうちに軽音部を「うらやましい」とよく言っている。梓が苦言を呈するほどマイペースな面が見られる。振り返ったら寝ているなど、寝つきは非常に良い。
ベースをやっているため、澪に憧れている。

平沢家の父母

「映画けいおん!」設定資料集より。平沢姉妹の父母。

平沢父CV:北沢 力(きたざわ りき)
平沢母CV:夏樹 リオ(なつき りお)
「映画けいおん!」設定資料集で顔が初公開となった平沢姉妹の両親。卒業旅行前日に脚と後ろ姿が登場し唯に英会話本と変圧器を渡す。
「けいおん!#3「特訓!」」で出張している父に母も同行していると説明され、「けいおん!#7「クリスマス!」」では旅行好きでクリスマスは夫婦でドイツへ行っていると紹介されている。

川上&河口 紀美(かわかみ & かわぐち のりみ)

「映画けいおん!」設定資料集より。川上さん(左)と河口紀美(右)。

川上(左)CV:中村 千絵(なかむら ちえ)
ライブハウスのマネージャーで、さわ子の同級生で元桜高軽音部員であった。DEATH DEVILのメンバーではないが、バンドでは「キャサリン」という名前であった。イギリス人の知人である回転寿司店の店長への開店祝いのために「ラブ・クライシス」に演奏を依頼している。「ラブ・クライシス」のマキに聞いて、卒業旅行でロンドンを訪れている「放課後ティータイム」に、日本の女子高生バンドとして「ジャパンフェスティバル」への出演を依頼した。「ジャパンフェスティバル」には「ラブ・クライシス」・「ブラックフリル」にも出演依頼をしている。

河口 紀美(右)CV:浅川 悠(あさかわ ゆう)
私立桜が丘女子高等学校軽音学部のOGでさわ子の同級生。「DEATH DEVIL」のメンバーで、愛称は「クリスティーナ」。使用楽器はB.C.リッチ・ビースト WMD SOB(WSOBGO)で、担当はサイドギターとコーラス。桜高在籍時は毎日、さわ子とギターテクニックで競い合っていた。

ラブ・クライシス

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

1960年代イギリスの若者達を描いたカルト映画「さらば青春の光」

「さらば青春の光」(原題「QUADROPHONIA=「四重人格」)は、1960年代のイギリスの若者達、「モッズ」と「ロッカーズ」の間で実際に起きた暴動事件をもとに、ある一人の青年の心の軌跡を描いた作品です。 映画内に登場するモッズファッションや音楽は未だに人気が高く、この作品は一種のカルト映画となっています。

Read Article

「漫画の殿堂」芳文社からアニメ化された作品まとめ

かつてはほとんど知られていませんでしたが、今では知らない人が少なくてってきたほど、大ブームを巻き起こしている出版社が芳文社です。形式は4コマ漫画が主体。その漫画雑誌のタイトルは「まんがタイムきらら」で、「けいおん!!」や「ひだまりスケッチ」など数多くの名作を世界に轟かせてきました。そんな芳文社の過去から現在に至るまでを、アニメ化された経緯とともに、まとめてみました。

Read Article

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

NEW

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

NEW

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

『Free!』とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に、高校生になったキャラたちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿、三期では各々夢に向かって邁進し成長して行く姿がリアルに描かれた。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents