けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフまとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。
アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。
女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

「けいおん!」(作品群)の概要

原作の表紙1巻:唯、2巻:澪、3巻:律、4巻:紬、5巻:梓となっている。

「けいおん」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品。
廃部寸前の私立桜が丘女子高等学校軽音楽部を舞台にした学園コメディー作品。平沢唯(ひらやま ゆい)・田井中律(たいなか りつ)・秋山澪(あきやま みお)・琴吹紬(ことぶき つむぎ)の4人でバンドを組み、ゼロから部活動を行っていく。最後に入部した平沢唯は音楽経験がなく、音楽用語も分からないが、仲間に教わりながら成長していく様子も見所の一つである。アニメ「けいおん!」#8「新歓!」後に、新入生の中野梓(なかの あずさ)が加わり5人となりる。#11「ピンチ!」にて顧問・山中さわ子に「放課後ティータイム」(略称HTT)と命名され活動していく。

軽音楽部の物語であるが、音楽活動の描写はほとんどなく、女子高校生の日常を中心にした作品となっている。キャラクターイメージソングや桜高軽音部、HTT名義の楽曲も発表されている。声優陣がけいおんキャラクターに扮し、HTTとして演奏するライブも開催されている。男性キャラクターは律の弟、平沢姉妹の父など、主要人物ではなく1話に数秒登場する程度であるのも「けいおん!」の特徴と言える。

東京放送ホールディングス2012年3月期決算説明会では、アニメグッズ・タイアップ商品・フィギュアなどの商品化アイテムは1500点以上、映像商品を含めた市場規模も380億円に達しているとの報告があった。「第24回日本ゴールドディスク大賞特別賞」を始め、多数の受賞歴もあり、社会現象を起こした作品であることが解る。
熱狂的なファンも多数いる京都アニメーション(京アニ)制作ということで放送前から注目が集まっていた。京アニは、原作に忠実であり、原作の雰囲気を崩さないようストーリーの改変を行うことにも長けている。京アニ制作作品は、主役となる人物の描写が圧倒的なのは当然だが、モブキャラや背景といった細部も書き込まれており、非常にクオリティーの高い映像となっている。当時若手であった山田尚子が「映画けいおん!」まで監督を担当した。

アニメ作品は「けいおん!」が第一期、「けいおん!!」が第二期と「!」で区別できるようになっている。「映画けいおん!」は軽音部がパスポートを取得するまでを描いた第二期番外編「計画!」の後日談として位置づけられる。まんがタイムきらら系原作作品では初の映画化作品となった。
アニメ声優陣によるライブが開催されるなど、人気が高く、澪役の日笠陽子は右利きだが、秋山澪に合わせて左手で演奏している。モブキャラも含めキャラクターソングが発売されており、桜高軽音部および放課後ティータイム名義の楽曲も評価が高い。
女子高校生の日常における名言・名セリフが共感を呼び、多くのファンを獲得している。

「けいおん!」(アニメ第一期)

概要

左:琴吹紬、後:田井中律、右:秋山澪、前:平沢唯。

「けいおん!」アニメ第一期は、本編12話と番外編1話の全13話で構成され、唯・律・澪・紬の入学式と軽音部入部から、2年進級と梓入部、高校二年生終了までとなっている。
#8「新歓!」から、唯・律・澪・紬は2年生に進級し、新入部員として中野梓が入部して5人となった。
第一期の劇中歌は、#1「翼をください」、#4「Maddy Candy」、#6「ふわふわ時間」、#8「わたしの恋はホッチキス」、#9「わたしの恋はホッチキス」、#11「ふわふわ時間」、#12「ふでペン〜ボールペン〜」「ふわふわ時間」、#14「ふわふわ時間」となっている。
#11「ピンチ」にて、学園祭の講堂使用許可証を生徒会に提出する際にバンド名を決める事になり、顧問の山中さわ子先生が命名した「放課後ティータイム(略称HTT)」となり活動をしていく。

☆オープニングテーマ
登場人物による自主制作映像という設定で、素人が撮影・編集したように見せる演出となっている。
「Cagayake!GIRLS」作詞 :大森祥子・ 作編曲: Tom-H@ck
※#9より映像に中野梓のコーラスと2本目のギターパートが追加された。
☆エンディングテーマ
「想像でプロデビューした軽音部」という設定で、プロが作成したようなミュージッククリップ風の映像となっている。
「Don't say "lazy"」作詞:大森祥子・作曲:前澤寛之・編曲:小森茂生
☆劇中歌 ※作詞・作曲表記は作品内での設定。()は実際に担当した人物
「ふわふわ時間(タイム)」作詞:秋山澪・作曲:琴吹紬(作詞:かきふらい・作編曲:前澤寛之)
「わたしの恋はホッチキス」作詞:秋山澪・作曲:琴吹紬(作詞:稲葉エミ・作編曲:藤末樹)
「ふでペン 〜ボールペン〜」作詞:秋山澪・作曲:琴吹紬(作詞:稲葉エミ・作編曲:川口進)
「Maddy Candy」DEATH DEVIL( 作詞:KANATA・作編曲:小森茂生)

私立桜が丘女子高等学校 校歌

作詞・作曲:桜高同窓会

澄みし碧空(あおぞら) 仰ぎ見て
遥けき理想を 結実(むす)ばむと
香れる桜花の 咲く丘に
ああ 励みし友垣が集う校庭(にわ)

連なる美峯(みね)の 懐に
慈愛の精神(こころ)を 育みて
開けゆく未来を 担わむと
ああ 勉めし友垣が集う校庭

清けき水面に 映り来し
乙女の誠心 高き夢
散じて忘れぬ 学窓と
ああ 誓いし友垣が集う校庭
ああ 誓いし友垣が集う校庭

放課後ティータイム(私立桜が丘女子高等学校軽音学部)

#14「ライブハウス!」で唯が考えたHTTのロゴ。

私立桜が丘女子高等学校・軽音学部5人のバンド名で略称はHTT。
部員全員が卒業したため、4人集まらないと廃部になるところであったが、律は「今なら私が部長に」と考え存続させようと澪と入部希望者を待つ。合唱部の見学に来た紬は、強引に勧誘する律と、それにツッコむ澪との会話を聞き入部を決め3人となる。
軽音部の事を音楽教師・山中さわ子から「軽い音楽と書いて軽音部」と説明を受け、カスタネットを想像し、安易な気持ちから入部を希望した唯だったが、「バンドをする」「ギターは弾けない」という事で入部希望を断るために部室へ行く。そこで「演奏を聴いていってくれ」という律のお願いで、「翼をください」を聴く。唯は感動して拍手をしているが「あんまり上手くないですね すっごく楽しそうでした! 私 この部に入部します!」と入部し、「桜高軽音部」として4人で活動を始めた。
唯たち4人の新入部員で活動を始めてから、#11でバンド名が決まるまでは「桜高軽音部」として活動(この時期のCDも「桜高軽音部」名義である)。2年生に進級し、#8「新歓!」で新入生・中野梓が入部して5人となる。#11「ピンチ!」で顧問となったさわ子先生が命名し「放課後ティータイム」となる。

登場人物・キャラクター

平沢 唯(ひらさわ ゆい)

CV:豊崎 愛生(とよさき あき)
私立桜が丘女子高等学校の1年3組・2年2組に在籍。
11月27日生(射手座) 身長156cm・体重50kg・O型。イメージカラー:赤。家族構成:父・母・妹(憂)。髪は茶色のセミロングで、右前髪に黄色のヘアピンをしている。

本作の主人公で「しめじ」や「ドアノブ」などのロゴが入った部屋着を着用している。天然でドジっ娘気質。勉強は苦手で、1つの物事に夢中になって周りが見えなくなることがある。「1つ覚えると1つ忘れるとお祖母ちゃんに言われた」と、唯は喜んでいる。
「軽い音楽」と聞き、カスタネットをイメージして軽音部に入部希望を出すが、ギターが弾けないと入部を辞退しようとする。しかし律・澪・紬の演奏に感激し、入部を決めた。軽音部入部後、ギターを買うがすぐに中間テストとなる。中間テストで赤点を取り、部活禁止令が出たため、追試の勉強をせずギターの練習をしていた。澪に勉強を見てもらい、追試で100点を取るが、ギターコードを忘れてしまう。
1年生時の学園祭でボーカルを任されるが歌うと演奏を忘れ、演奏すると歌わないので顧問となったさわ子先生が特訓をする。特訓は成功したのだが、声を涸らしてしまい、コーラスとなった。2年生時の学園祭では、風邪を引いてしまい、出演も危うい状況になる。当日まで休み、風邪は治ったのだが、自宅にギターを取りに帰り本番に遅刻することとなった。音楽用語もなく、演奏経験もない超初心者だが、耳コピしたり、梓入部後の合宿でチューナーを使わずにチューニングしたところ、梓を「絶対音感!」と驚かせる才能を持つ。

パート:ギター・メインボーカル・コーラス※梓加入後にリードギターとなる。
Gibson 50s Les Paul Standard Faded (ギブソン レスポールスタンダード)を使用している。
最後に軽音部へ入部し、演奏経験はないがギターを担当することになった。
母親にお小遣い5万円を前借し、軽音部で楽器店へ行き「カワイイ」という理由で選ぶが25万円であった。諦めきれない唯を見て、部長の律は「軽音部でバイトをする」ことを提案する。唯は「自分で買えるギターを買うよ」と再度楽器店へ行くが、やはり諦めきれなかった。その様子を見て紬が値切り交渉をして、5万円で購入できた。
「ギー太」という愛称で呼び、添い寝・着せ替えするなどして愛でている。

秋山 澪(あきやま みお)

CV:日笠 陽子(ひかさ ようこ)
私立桜が丘女子高等学校の1年2組・2年1組に在籍。
1月15日生(山羊座)身長160cm・体重54kg・A型。イメージカラー:青。長い黒髪ストレートで前髪は姫カットにしている。律とは小学生の頃から幼馴染み。

HTTメンバー内でもしっかり者で真面目な澪は、極度の人見知り、怖がりが目立つ一方寂しがり屋でもある。小学生の頃は引っ込み思案で、静かに読書していた。律と出会い、男口調で話したらいいという提案で、人見知りは多少緩和された。写真撮影が趣味だが、自分が被写体になることは苦手である。リーダーシップを発揮することもあり、梓から尊敬の眼差しを受けている。HTTメンバーでは、紬と二人だけ勉強ができる。
文芸部への入部しようとしていたが、律に強引に軽音部に連れて行かれ、軽音部員となる。独特なセンスを持ち、HTTオリジナル曲は主に澪が作詞している。メルヘンチックな詞が非常に多く、バンド名を決める際にもそれが見受けられる。
1年生時の学園祭で、声の枯れた唯に代わってボーカルをする。退場時に転んで水色ストライプのパンツを見せてしまい、黒歴史としている。この学園祭後、「澪ちゃんファンクラブ」が発足されるほど人気者である。HTTメンバー唯一の左利き。初めての合宿で水着になった時、澪の胸を見た律と唯が嫉妬するほど、スタイルが良い。

パート:ベース・ボーカル・メインコーラス・作詞
FENDERジャズベース(レフティモデル)を使用している。
恥ずかしがり屋なので、目立つギターを避けてベースを選んだ。悩みに悩んで購入し、相当な愛着を持っている。

田井中 律(たいなか りつ)

CV:佐藤 聡美(さとう さとみ)
私立桜が丘女子高等学校の1年2組・2年2組に在籍。

8月21日生(獅子座)身長154cm・体重48kg・B型。イメージカラー:黄色。家族構成:弟・聡のみ確認。茶髪で黄色のカチューシャをしておでこを出している。

軽音部部長であるが、うっかり者である。明朗闊達・ボーイッシュで、振る舞いはストレートかつ大雑把である。部活動届や講堂使用届(学園祭ライブ)に必要な届出を忘れ、澪や和に叱られている。澪とは小学性から幼馴染みである。澪をおちょくって楽しんでいるが、2年生時に澪が別クラスとなり、和と澪が仲良くしていると嫉妬するなど繊細な一面もある。とても社交的な面もあり、場の空気を明るく盛り上げることもあれば、周囲への細やかな気配りも忘れず、部長らしい面もある。唯と共にボケたりしてハメを外し過ぎて、よくツッコまれたり説教をされている。ドラム担当であり、持ち運びが困難であるため、その場にあるドラムを借りて演奏することが多いが、ドラムスティックだけは持ち歩いている。

パート:ドラム・サブコーラス・部長
YAMAHA Hipgig メローイエロー。シンバル類はZildjian(ジルジャン)を使用している。
ギターやベースのように指でチマチマするのがイヤだという理由でドラムを選んだ。澪からは「走り気味でもイキが良くてパワフル」と評されている。

琴吹 紬(ことぶき つむぎ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

1960年代イギリスの若者達を描いたカルト映画「さらば青春の光」

「さらば青春の光」(原題「QUADROPHONIA=「四重人格」)は、1960年代のイギリスの若者達、「モッズ」と「ロッカーズ」の間で実際に起きた暴動事件をもとに、ある一人の青年の心の軌跡を描いた作品です。 映画内に登場するモッズファッションや音楽は未だに人気が高く、この作品は一種のカルト映画となっています。

Read Article

「漫画の殿堂」芳文社からアニメ化された作品まとめ

かつてはほとんど知られていませんでしたが、今では知らない人が少なくてってきたほど、大ブームを巻き起こしている出版社が芳文社です。形式は4コマ漫画が主体。その漫画雑誌のタイトルは「まんがタイムきらら」で、「けいおん!!」や「ひだまりスケッチ」など数多くの名作を世界に轟かせてきました。そんな芳文社の過去から現在に至るまでを、アニメ化された経緯とともに、まとめてみました。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

NEW

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

「Free!」とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に、高校生になったキャラたちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿、三期では各々夢に向かって邁進する姿などの成長がリアルに描かれた。

Read Article

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents