スーパーマリオサンシャイン(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオサンシャインとは2002年7月19日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ソフトである。南国のリゾート地である「ドルピック島」を舞台に落書き事件の濡れ衣を着せられたマリオが落書きを掃除し、島中に散らばったシャインを集めつつ、濡れ衣を着せた真犯人を探していく。新システム「ポンプ」を使い水を使ったアクションが使用できるなど自由度が大幅に上がった作品である。

出典: www.nintendo.co.jp

ゲッソーたちの親玉であり、リコハーバーのボスである。
見た目は巨大なゲッソーであり、長い4本の足を使ってたたきつける攻撃をしてくる。弱点は口であり、口を引っ張って放すというゴムパッチンのようにするとダメージを与えることができる。2回繰り返すと倒すことができるが、口を掴ませないように顔面に墨を塗っていて、さらに掴もうとすると足で攻撃してくる。
足は引っこ抜くことができるため先に足を処理し、さらに顔面の墨を放水で洗いあがすことで口を掴むことができる。

リコハーバーだけでなく、マーレのいりえでも遺跡を守るボスとして登場するが特に強くなったりはしていない。

チュウハナ

出典: www.nintendo.co.jp

マンマビーチで登場するポイハナが少し大きくなったような敵キャラである。おおすなどりのたまごを太陽の光で温めるための鏡がマンマビーチにあるが、その鏡の上を歩き回って鏡の向きをめちゃめちゃにしている敵である。鏡は全部で3枚あるが、その上にチュウハナが1体、2体、3体ずつ歩き回っている。足が吸盤になっているためちょっとのことでは鏡の上から落とせない。
放水することでチュウハナを押し出すことができ、鏡の端まで押し出すとチュウハナがバランスを崩すため、バランスを崩しているうちにチュウハナの反対側でヒップドロップをするとその反動でチュウハナを飛ばして落とすことができる。鏡の上から落とすとチュウハナは消滅する。

ボスハナチャン

出典: www.nintendo.co.jp

マンマビーチのボス。マリオシリーズに登場するハナちゃんとしてはシリーズ最大級の大きさである。
初めて登場ストーリーでは、おおすなどりの塔に巻き付くようにして眠っているが、ストーリークリア時にバラバラに落下してしまう。
しかし、その次では復活し、眠っていたのを無理やり起こされたことに腹を立てて、怒り顔で砂浜中を爆走している。
倒すには、マンマビーチに生えている砂山の芽に水をあてて、砂をピラミッドの形などにしてそこにボスハナちゃんの足を引っかけて転ばし、弱点のお腹をヒップドロップで3回踏みつけると倒すことができる。
最大級の大きさでかつ、1回踏みつけるごとにすぐ起き上がりさらに起こってより早く走るようになるため倒すのは中々難しい。

メカクッパ

出典: www.nintendo.co.jp

ピンナーパークにて登場する、ニセマリオに変身するクッパJr.が操るクッパの姿をしたロボットである。ロボットはとても大きいためマリオだけでは倒せないが、ピンナーパーク園長の協力によりピンナーパーク内のジェットコースターにのって、コースターのレール上においてあるペットボトルロケットで戦うことになる。
キラーを飛ばしたり、メカクッパに近づくと火炎放射で返り討ちにしようとするなど多彩な攻撃をしてくる。キラーは放水やペットボトルロケットで破壊することができ、火炎放射は放水で火を小さくすることでかわせるようになる。
ペットボトルロケットをメカクッパに3発あてることで倒すことができるが、ダメージを与えるごとに攻撃が激しくなる。

なお、メカクッパは動くことができないため、的あてのようにして倒すことになる。

チョロブー

出典: www.nintendo.co.jp

ピンナーパークやマーレの入り江で登場する。大砲がついたドーム状の要塞に隠れているモグラのような敵キャラである。遠くからはキラーを飛ばしての攻撃、近づくとボムへいを投げて攻撃してくる。さらに近づくと蓋を閉めて要塞の中へ隠れてしまう。

倒すにはチョロブーが投げてくるボムへいに水をかけて持ち運べるようにし、ボムへいをチョロブーにぶつけるとダメージを与えられ、3発あてると倒すことができる。
なお、要塞の中へ隠れている間はボム兵を投げてもダメージを与えられず、ヒップドロップなども当然効かない。

デンノコキング

出典: www.mariowiki.com

ピンナーパーク内の観覧車の真下で寝ているデンキノコノコ達の親玉である。見た目は赤い甲羅を背負っているデンキノコノコの巨大化したような姿である。
一応ボスであるが倒し方は赤い甲羅を背負ったデンキノコノコと同じで金網の裏からたたくだけで一撃で倒すことができる。さらに、普通のデンキノコノコとは違い眠っているため動くことがなく倒すのはデンキノコノコよりも簡単である。

ピンナーパーク内の観覧車を暴走させた犯人であるが、なぜわざわざ観覧車の真下で眠っているのかはゲーム中で何も言われないため謎である。

マンタ

出典: tn-skr4.smilevideo.jp

ホテルデルフィーノをドロドロによって消し去った元凶であり、シレナビーチのボスである。見た目は、巨大なエイ型の平面生物であり、体から電気のドロドロを出しながら移動する。
放水をマンタにあてることで体が分裂し、少し小さくなる、一番体が小さいときに放水をあてるとそれ以上は分裂できないためか消滅してしまう。
ある程度数を減らしていくと体がピンク色に変化し、一斉にマリオめがけて突っ込んでくるため、うまく逃げながら戦うことになる。
全てのマンタを消滅させると、電気のドロドロは消えてホテルデルフィーノが復活する。

体が大きいときは動きも遅く放水をあてやすいが、小さくなるごとに動きが速くなるため苦戦する相手である。

ボステレサ

出典: blogimg.goo.ne.jp

ホテルデルフィーノの地下カジノのさらに地下に住むテレサの親玉。シレナビーチのボスであり、見た目は巨大なテレサが王冠をかぶっている姿である。
戦闘が始まると、巨大なスロットを出してくる。ボステレサに水をかけるとスロットが回転し、スロットが揃うとボステレサがザコ敵、コイン、果物など揃ったものによって様々なものを吐き出してくる。
なお、ボステレサは辛いものが苦手なため果物を吐き出したときに一緒になぜか出てくるとうがらしをボステレサの舌に投げると、少し動きをとめるため、そのうちにとうがらし以外の果物を投げつけるとダメージが与えられる。
それを3回繰り返すと倒すことができる。

なお、普通のテレサとは違い、目を合わせても恥ずかしがったり、姿を消したりはしない堂々としたテレサである。

むしばウナギ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパーマリオギャラクシー(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー』とは、2007年11月1日に発売されたWii専用ソフトである。 さらわれたピーチ姫を救出するため、マリオは宇宙へ旅立ち、ロゼッタやチコといった新キャラと共にパワースターを集める。 宇宙が舞台だがステージ中の景色やBGMの完成度が非常に高く、多彩な仕掛けが施された惑星が数多く存在する。ゲームとしての評価が高く、多くの賞を受賞した作品である。

Read Article

New スーパーマリオブラザーズ Wii(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『New スーパーマリオブラザーズ Wii』とは、任天堂から発売されたWii専用テレビゲームである。2Dアクションゲームのマリオシリーズで、2006年発売の『New スーパーマリオブラザーズ』(DS用ゲームソフト)の続編だ。2Dゲームソフトとしてはスーパーマリオシリーズ『スーパーマリオワールド』発売から約19年後に新作として発売された。 このゲームのストーリーはピーチ姫の誕生日会にクッパJr.やクッパ7人衆たちにピーチ姫が連れ去られ、マリオたちが力を合わせて助け出すアドベンチャーである。

Read Article

スーパーマリオブラザーズ(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

任天堂が1985年9月13日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。任天堂を象徴するゲームで、当時は日本で社会現象とも言われる大ブームを巻き起こした。そのブームは日本に留まらず世界中で大ヒットした。家庭用ゲーム機の認知度を上げるのにもっとも大きな成果を残した作品の一つであると言われている。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。

Read Article

スーパーマリオギャラクシー2(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー2』とは、前作『スーパーマリオギャラクシー』の続編となる3Dマリオである。新たにヨッシーが登場し、敵を食べて倒し、敵の攻撃をそのまま吐き出したりするなど多彩なアクションができるようになった。前作と比べると非常に難易度が上がっているが、新たに、中間ポイントを設け復帰しやすくなり、ヒントテレビという冒険中のアクションに行き詰ったらヒントを与えてもらう機能などサポートが充実している。2010年5月27日に発売された。

Read Article

スーパーマリオUSA(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオUSAは、1992年9月14日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトである。日本国内ではスーパーマリオブラザーズシリーズで5番目に発売された。本作は元々、1987年に日本でディスクシステム用で発売されたゲーム「夢工場ドキドキパニック」をベースに、キャラクターをマリオ達に差し替えられて海外で制作されたものである。

Read Article

スーパーマリオ64(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオ64とは1996年6月23日に発売されたNINTENDO64専用ソフトである。ピーチ姫からお城への招待状をもらいキノコ城に向かったマリオだが、城はクッパの手に落ちピーチ姫たちが絵の世界へと連れ去られた後であった。ピーチ姫を助けるためマリオは絵の世界へ入りパワースターを取り戻す冒険が始まる。後の3Dアクションゲームに大きな影響を与えた作品である。

Read Article

スーパーマリオカート(マリカー)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオカート』とは、1992年に任天堂から発売されたスーパーファミコン用のアクションレースゲーム。マリオカートシリーズの記念すべき1作目で、シリーズ内で唯一「スーパー」と付く作品。 本作は、おなじみのマリオキャラクター達がカートに乗ってレースやバトルで競い合うというシンプルなものだが、「アイテムを使って競争相手を妨害できる」という要素が斬新で、後のレースゲームに大きな影響を与えた作品とされている。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents