スーパーマリオサンシャイン(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオサンシャインとは2002年7月19日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ソフトである。南国のリゾート地である「ドルピック島」を舞台に落書き事件の濡れ衣を着せられたマリオが落書きを掃除し、島中に散らばったシャインを集めつつ、濡れ衣を着せた真犯人を探していく。新システム「ポンプ」を使い水を使ったアクションが使用できるなど自由度が大幅に上がった作品である。

出典: oyster.ignimgs.com

マリオシリーズではお化け屋敷のステージで登場するお化けの敵である。
今作では、シレナビーチに登場し、ホテルデルフィーノの内部で登場する。ヨッシーで食べて倒すことができる。
同ステージのホテルデルフィーノ地下カジノの奥に親玉であるボステレサが住みついている。

また、テレサ以外にも水をかけるとブロックに変身するピンク色のテレサ「ブロックテレサ」や通路をふさぐようにして眠っている太ったテレサ「デブテレサ」などのテレサも今作で登場する。

プクプク

出典: tse4.mm.bing.net

海の中を泳ぐ目が大きな赤い魚。見た目はフグのようだがトビウオの仲間である。
今作ではマーレのいりえなどに登場し、海の中を泳いでいる。海の中を泳いでいるとマリオの頭に吸い付き、海の奥の方へ引きずり込んでいく恐ろしい敵である。
トビウオの仲間であるため、海の中を泳ぐだけでなく海の中から飛び出してくるプクプクも存在する。

キラー

出典: www.nintendo.co.jp

砲台から飛び出してくるミサイルに目がついたような敵キャラ。
今作ではチョロブーの砲台から打ち出されてくる。マリオめがけてまっすぐに飛んでくる黒色のキラーとマリオを見つけたら少し速度を落とし壁や障害物にぶつかって爆発するまで延々と追尾してくる紫色のキラーの2種類存在する。

キラーは放水することで爆発させ倒すことができ、放水で倒すとコインを落とす。さらにキラーが出現する場所ではほぼ無限にキラーが出てくるため大量のコインを集めることができる。ただし、キラーが落とすコインには限界があるため無限にコインを集めることは不可能である。

ボムへい

出典: www.nintendo.co.jp

爆弾に顔がつき足が生えて2足歩行ができる敵キャラである。
キラーと同じでチョロブーの砲台からチョロブー自身が投げてくる。放水で水をあてると青色に変化し、爆弾の導火線が消えて持ち運べるようになるが一定時間たつとカウントが始まり0になると爆発する。また、投げることですぐに爆発する。チョロブーを倒すのに必要な敵キャラである。

サンボ

出典: cdn.staticneo.com

サボテンのような姿をした敵キャラである。今作ではドルピック島の色々な場所に出現する。
最初は花に化けておりマリオが近づくと姿を現し、体を倒して体当たりしてくるが、その場から動くことができない。頭を踏むことで倒すことができる。

今作ではサンボの頭だけの敵キャラ「サンボヘッド」やサンボヘッドが青色に変色し、マリオが近づくと逆に姿を隠して花に変身し種をばらまいて攻撃してくる「たねまきサンボ」といった派生種が存在する。

ポイハナ

出典: www.mariowiki.com

今作初登場であり、マンマビーチにて出現する鳥の頭だけのような姿をした敵キャラ。
あたりをうろうろ歩いている奴や、眠っている奴がいるがマリオを見つけると起きたりして走って追いかけてくちばしでマリオを空高く投げ飛ばしてしまう。青いポイハナと赤いポイハナが存在するが、どちらもマリオに近づいて投げ飛ばしてくるだけである。青い方はダメージを受けないが赤い方は投げられたときにダメージを受けてしまう。
水をかけるとこけてしまうがこの時に踏むとコインを出して少しの間気絶してしまう。
マンマビーチにある砂山の芽にポイハナを近づけて砂山の芽に水をかけて砂浜を膨らませると、ポイハナが空高く吹っ飛び、そのまま倒すことができる。

デンキノコノコ

出典: www.mariowiki.com

ピンナーパークにて登場する電気を発する甲羅を背負ったカメである。
ピンナーパーク内を徘徊する青い甲羅を持った者と金網の上に張り付いて行動する赤い甲羅を持ったものの2種類が存在する。
どちらも触れるだけで感電しダメージを受けてしまう。青い甲羅の方はマリオめがけて電気の甲羅をブーメランのように投げてくるが、甲羅を投げている間に本体のノコノコに水をかけると、戻ってきた甲羅で感電し倒すことができる。
赤い甲羅の方は水をかけても動きを止めるだけだが、金網の反対側からパンチやヒップドロップをすることで吹っ飛ばして倒すことができる。
同じピンナーパーク内には親玉である「デンノコキング」が生息しており、ボスとして登場する。

ボスパックン

出典: blog-imgs-56.fc2.com

パックンフラワーの親玉であり、ビアンコヒルズの大風車の上で待ち構えるボス。
見た目は巨大なパックンフラワーであるが、足が生えているため2足歩行で歩くことができ、さらに両手を羽のようにばたつかせて空を飛ぶこともできる。
口から大量の泥を吐き出し泥まみれにしてきたり、竜巻を発生させマリオを吹き飛ばそうとしたりする。
泥を吐き出す瞬間に水を大量に飲ませると、バランスを崩して倒れてしまい、弱点であるお腹があらわになるため、お腹にヒップドロップを3回繰り返すと倒すことができる。

なお、ストーリーを始めたときは大抵昼寝をしている姿がムービーで流れる。

ボスゲッソー

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパーマリオギャラクシー(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー』とは、2007年11月1日に発売されたWii専用ソフトである。 さらわれたピーチ姫を救出するため、マリオは宇宙へ旅立ち、ロゼッタやチコといった新キャラと共にパワースターを集める。 宇宙が舞台だがステージ中の景色やBGMの完成度が非常に高く、多彩な仕掛けが施された惑星が数多く存在する。ゲームとしての評価が高く、多くの賞を受賞した作品である。

Read Article

New スーパーマリオブラザーズ Wii(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『New スーパーマリオブラザーズ Wii』とは、任天堂から発売されたWii専用テレビゲームである。2Dアクションゲームのマリオシリーズで、2006年発売の『New スーパーマリオブラザーズ』(DS用ゲームソフト)の続編だ。2Dゲームソフトとしてはスーパーマリオシリーズ『スーパーマリオワールド』発売から約19年後に新作として発売された。 このゲームのストーリーはピーチ姫の誕生日会にクッパJr.やクッパ7人衆たちにピーチ姫が連れ去られ、マリオたちが力を合わせて助け出すアドベンチャーである。

Read Article

スーパーマリオブラザーズ(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

任天堂が1985年9月13日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。任天堂を象徴するゲームで、当時は日本で社会現象とも言われる大ブームを巻き起こした。そのブームは日本に留まらず世界中で大ヒットした。家庭用ゲーム機の認知度を上げるのにもっとも大きな成果を残した作品の一つであると言われている。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。

Read Article

スーパーマリオギャラクシー2(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー2』とは、前作『スーパーマリオギャラクシー』の続編となる3Dマリオである。新たにヨッシーが登場し、敵を食べて倒し、敵の攻撃をそのまま吐き出したりするなど多彩なアクションができるようになった。前作と比べると非常に難易度が上がっているが、新たに、中間ポイントを設け復帰しやすくなり、ヒントテレビという冒険中のアクションに行き詰ったらヒントを与えてもらう機能などサポートが充実している。2010年5月27日に発売された。

Read Article

スーパーマリオUSA(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオUSAは、1992年9月14日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトである。日本国内ではスーパーマリオブラザーズシリーズで5番目に発売された。本作は元々、1987年に日本でディスクシステム用で発売されたゲーム「夢工場ドキドキパニック」をベースに、キャラクターをマリオ達に差し替えられて海外で制作されたものである。

Read Article

スーパーマリオ64(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオ64とは1996年6月23日に発売されたNINTENDO64専用ソフトである。ピーチ姫からお城への招待状をもらいキノコ城に向かったマリオだが、城はクッパの手に落ちピーチ姫たちが絵の世界へと連れ去られた後であった。ピーチ姫を助けるためマリオは絵の世界へ入りパワースターを取り戻す冒険が始まる。後の3Dアクションゲームに大きな影響を与えた作品である。

Read Article

スーパーマリオカート(マリカー)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオカート』とは、1992年に任天堂から発売されたスーパーファミコン用のアクションレースゲーム。マリオカートシリーズの記念すべき1作目で、シリーズ内で唯一「スーパー」と付く作品。 本作は、おなじみのマリオキャラクター達がカートに乗ってレースやバトルで競い合うというシンプルなものだが、「アイテムを使って競争相手を妨害できる」という要素が斬新で、後のレースゲームに大きな影響を与えた作品とされている。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents