スーパーマリオサンシャイン(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオサンシャインとは2002年7月19日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ソフトである。南国のリゾート地である「ドルピック島」を舞台に落書き事件の濡れ衣を着せられたマリオが落書きを掃除し、島中に散らばったシャインを集めつつ、濡れ衣を着せた真犯人を探していく。新システム「ポンプ」を使い水を使ったアクションが使用できるなど自由度が大幅に上がった作品である。

出典: i.ytimg.com

コース3。とても美しい海水浴場が舞台のステージ。海にはサンゴ礁などもある。砂浜には「砂山の芽」というものがあり水をかけることで砂が盛り上がりピラミッドや砂のお城など様々な形に変化する。
中央には「太陽の塔」があり中には「おおすなどりの卵」が存在する。
ストーリーによっては「おばけすいかコンテスト」というのが行われており、一番巨大なスイカを持ってきたものが優勝するというものである。このスイカを粉砕してつくるスイカジュースが有名。

ピンナパーク

出典: tse3.mm.bing.net

コース4。ドルピック島から少し離れたところにある「ピンナ島」に建つ遊園地とビーチのステージ。ビーチにはひまわりが咲いている。遊園地内にはジェットコースターを始めメリーゴーランド、観覧車などが存在する。
巨大な電気カメが遊園地内をうろついていたり、観覧車が暴走をしていたり、卵のような殻をかぶったカメがひまわりを荒らしていたりなど色々問題が起こっている。

シレナビーチ

出典: stat.ameba.jp

コース5。このコースのみ夕方という設定であるため、常にきれいな夕日を見ることができる。夕日の見えるビーチに「ホテル・デルフィーノ」という高級ホテルが建っている。ストーリー2以降でホテルの中に入ることができ、ホテル内部は客室やプールがあり、地下にはカジノが存在する。また、南国のホテルということもあってか「かがり火」が多く炊かれている。

ストーリー1でホテルが汚れによって消滅しており、その元凶を倒すことでホテルを復活させることができる。ストーリー2以降もホテルのオーナーから「ホテル内部のお化け退治」や「大掃除」などを無理やりさせられるため、基本的にオーナーの悩みを解決していくとシャインが手に入る。

マーレのいりえ

出典: tse4.mm.bing.net

コース6。マーレ族の故郷であり、巨大な滝が流れ入り江のような場所になっている。貝殻のような塔や巨大な壁があり隠し通路が存在したりするなど少し遺跡っぽい場所でもある。また、入り江の奥底には巨大な水中遺跡も存在する。

ストーリー4までは入り江の水が紫色に汚れていて泳ぐとダメージを受けるが、ストーリー4で元凶を倒しシャインを入手すると、ストーリー5以降ではきれいな水に戻る。

モンテのむら

出典: game55.cocolog-nifty.com

コース7。巨大なヤシの木の上に作られたモンテ族の村であり、多数のモンテ族が住んでいる。温泉やきれいな泉があり「わたげまつり」というわたげを掴んでふわふわ飛ぶことができる祭りがおこなわれている。

ストーリーによって昼と夜が変わり、出現する青コインが変わったりする。

コロナマウンテン

出典: tn-skr3.smilevideo.jp

ビアンコヒルズ、リコハーバー、マンマビーチ、ピンナパーク、シレナビーチ、マーレのいりえ、モンテのむら、各ステージのストーリー7で登場するニセマリオを倒すと行けるようになる今作の最終ステージ。
火山内部ということもあって溶岩が一面にあり足場をうまく渡ったりしつつ攻略していく。最後のエリアまで行くとクッパとクッパJr.が待ち構える温泉へたどり着く。

『スーパーマリオサンシャイン』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

ヨッシーの設定

今作のヨッシーは水が苦手で水に入ると消えてしまうが、これは、今作のヨッシーは魔法の絵の具が出る筆から生まれた存在だからではないかという説がファンの間であった。
一番最初にヨッシーが登場した作品である「スーパーマリオワールド」では水に入っても特に問題なく、それ以降の作品でも水を嫌うようなことはなかった。
しかし、今作のみ水に触れると消滅してしまうのである。また、消滅する瞬間がニセマリオが描いた落書きが消えるのと同じ消え方であることからこのような説が出てきたのである。これに関して任天堂の方からは肯定することも否定することもなかったため、真相はわからないのである。

サングラス・アロハシャツのマリオ

シャインをいくつか入手後にドルピックタウンの東にある砂浜にいてるサングラスをかけたモンテ族に話しかけるとサングラスを貸してもらうことができる。サングラスをかけている間は少しだけ画面が暗くなる。
また、一度クッパを倒してからサングラスをかけたモンテ族に何回か話しかけるとアロハシャツも貸してもらうことができる。アロハシャツは特に効果はないが、サングラスとアロハシャツを着た南国仕様のマリオはかなりレアである。

マリオの活躍ムービー

ポンプを最初に入手したときに所有者の登録をするムービーが入るがその時に左下に今までのマリオが活躍するゲームの画面が流れている。
また、クッパを倒した後のエンディングでポンプが壊れてマリオを見たときに所有者登録の時のムービーが流れるが、ポンプが壊れてるためかマリオのゲームオーバー画面が流れる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパーマリオギャラクシー(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー』とは、2007年11月1日に発売されたWii専用ソフトである。 さらわれたピーチ姫を救出するため、マリオは宇宙へ旅立ち、ロゼッタやチコといった新キャラと共にパワースターを集める。 宇宙が舞台だがステージ中の景色やBGMの完成度が非常に高く、多彩な仕掛けが施された惑星が数多く存在する。ゲームとしての評価が高く、多くの賞を受賞した作品である。

Read Article

New スーパーマリオブラザーズ Wii(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『New スーパーマリオブラザーズ Wii』とは、任天堂から発売されたWii専用テレビゲームである。2Dアクションゲームのマリオシリーズで、2006年発売の『New スーパーマリオブラザーズ』(DS用ゲームソフト)の続編だ。2Dゲームソフトとしてはスーパーマリオシリーズ『スーパーマリオワールド』発売から約19年後に新作として発売された。 このゲームのストーリーはピーチ姫の誕生日会にクッパJr.やクッパ7人衆たちにピーチ姫が連れ去られ、マリオたちが力を合わせて助け出すアドベンチャーである。

Read Article

スーパーマリオブラザーズ(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

任天堂が1985年9月13日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。任天堂を象徴するゲームで、当時は日本で社会現象とも言われる大ブームを巻き起こした。そのブームは日本に留まらず世界中で大ヒットした。家庭用ゲーム機の認知度を上げるのにもっとも大きな成果を残した作品の一つであると言われている。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。

Read Article

スーパーマリオギャラクシー2(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー2』とは、前作『スーパーマリオギャラクシー』の続編となる3Dマリオである。新たにヨッシーが登場し、敵を食べて倒し、敵の攻撃をそのまま吐き出したりするなど多彩なアクションができるようになった。前作と比べると非常に難易度が上がっているが、新たに、中間ポイントを設け復帰しやすくなり、ヒントテレビという冒険中のアクションに行き詰ったらヒントを与えてもらう機能などサポートが充実している。2010年5月27日に発売された。

Read Article

スーパーマリオUSA(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオUSAは、1992年9月14日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトである。日本国内ではスーパーマリオブラザーズシリーズで5番目に発売された。本作は元々、1987年に日本でディスクシステム用で発売されたゲーム「夢工場ドキドキパニック」をベースに、キャラクターをマリオ達に差し替えられて海外で制作されたものである。

Read Article

スーパーマリオ64(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオ64とは1996年6月23日に発売されたNINTENDO64専用ソフトである。ピーチ姫からお城への招待状をもらいキノコ城に向かったマリオだが、城はクッパの手に落ちピーチ姫たちが絵の世界へと連れ去られた後であった。ピーチ姫を助けるためマリオは絵の世界へ入りパワースターを取り戻す冒険が始まる。後の3Dアクションゲームに大きな影響を与えた作品である。

Read Article

スーパーマリオカート(マリカー)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオカート』とは、1992年に任天堂から発売されたスーパーファミコン用のアクションレースゲーム。マリオカートシリーズの記念すべき1作目で、シリーズ内で唯一「スーパー」と付く作品。 本作は、おなじみのマリオキャラクター達がカートに乗ってレースやバトルで競い合うというシンプルなものだが、「アイテムを使って競争相手を妨害できる」という要素が斬新で、後のレースゲームに大きな影響を与えた作品とされている。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents