フォードvsフェラーリ(Ford v Ferrari)のネタバレ解説・考察まとめ

『フォードvsフェラーリ』とは、アメリカ合衆国で2019年に公開された、”ル・マン24”でフォードとフェラーリがしのぎを削る実話を基にした作品である。キャロル・シェルビー、ケン・マイルズ、ヘンリー・フォード2世などの実在の人物が登場する。1965年の”ル・マン24”でマイルズがドライバーから外される描写があるが、実際はドライバーとして参戦(リタイア)しているなど、脚色されている部分もある。伝説といわれる、1966年の”ル・マン24”を描く。第92回アカデミー賞「音響編集賞」「編集賞」受賞作品。

”ル・マン24”は、フランスのル・マンで開催されている耐久レース。スピードと耐久性が求められ、多くの自動車メーカーが優勝を目指すレースである。シェルビーは、1959年のレースでアストンマーティン(イギリス)のドライバーとして優勝を果たしている。作品内では、1966年のレースの様子が描かれている。前年まで6年連続で優勝していた絶対王者の、フェラーリに、フォード社のチームがアメリカの自動車メーカーとして初となる勝利を収める姿を描いている。

シェルビー・アメリカン

”シェルビー・アメリカン”は、カーレースドライバーを引退したキャロル・シェルビーが、スポーツカーをデザイン・製造するために設立した会社。レースに参加することに加え、製造したスポーツカーの販売も行う。シェルビーは、モータースポーツに参戦することとなった、フォードー社のアイアコッカから打診を受けて、フォード社のレースチームの一員として、”ル・マン24”などのカーレースに挑む。
史実では、”シェルビー・アメリカン”の設立によってシェルビーとフォードの協力関係が生まれ、それは”GT40”の”ル・マン24”の制覇に結びつく。”フォード・アドヴァンスト・ヴィークル(FAV)”が満を持して送り出した”GT40”は、1964年はすべてのレースで完走できないという惨憺たる結果に終わる。ところが、シェルビー・アメリカンが2台の”GT40”を受け取ってからわずか8週間後には”デイトナ”と、それに続く”セブリング”で優勝を遂げたのである。1966年から67年にかけて、”GT40”は”ル・マン24”を含む無数の勝利を挙げる。フォード社のレース活動中に勝利を挙げたのはシェルビーが担当した”GT40”だけだった。

1964年初めにはフォード社は新型車”マスタング”を"改造してくれないかとシェルビーに打診する。”ロバでサラブレッドを追い抜くことはできないと思う。”とシェルビーはアイアコッカに答えたというが、副社長のビーブは、”君の考えを訊ねているわけではない”と言い放ったという。結局、わずか数カ月後には”GT350”が生まれるのである。”コブラ”同様、この車も”SCCA”のタイトルを獲得したが、”マスタング”の開発はそこで留まることはなかった。”マスタング”は最初の二度の”トランザム・シリーズ”を制し、それに対抗するために”GM”は”カマロZ28”を開発することになる。もちろん”GT500マスタング”も忘れてはいけない。それが60年代最速の”427コブラ”の誕生に結びつくのである。

GT40

”GT40”は、フォード社によって開発されたレーシングカーの名称。”40”とは、車高が40インチ(約1メートル)であることから名付けられた。シェルビーやマイルズたちが、試運転と改良を繰り返す。

デイトナ、ウィリースプリングス100マイルレース

本作品の序盤で、マイルズがドライバーを務めるシェルビーのチーム”コブラ”が優勝する。
マイルズが”ル・マン24”のドライバーとしての出場権をかけて出場する。マシンへの影響を考慮し、エンジンの回転数7000以上になる走行を控えていたが、後半にシェルビーがマイルズに回転数を7000以上での走行を指示し、マイルズが優勝する。

レンチ

ウィリースプリングスのレースの前に、シェルビーと言い合いとなったマイルズが、シェルビーに向けて投げた。このレンチをシェルビーは、額に入れて飾っておくが、マイルズが亡くなった後に、マイルズの息子のピーターにレンチを渡す。

『フォードvsフェラーリ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

マイルズ「言わせてもらうが、こいつはあんたむきの車じゃない」

マイルズ「こいつはスポーツカーだ。スポーツカーらしく運転しなくちゃいけない。学校の先生みたいな運転をしたら、ダメになっちまう。5,000回転で走らせてみるんだな。2,000回転じゃなく。タフに走らせれば、うまく走るさ」

客「俺が自分の車の走らせ方も知らないとでも言うのか?」

マイルズ「そうじゃない。だけど言わせてもらうが、こいつはあんた向きの車じゃない。あんたに向いているのはプリムスとかスチュードベーカーだよ」

アイアコッカ「ジェームズ・ボンドはフォードの車には乗りません」

アメリカの巨大自動車メーカーであるフォード・モーター社は、経営危機に陥っていた。経営危機を打開するため、フォード社の会長であるヘンリー・フォード2世は、社員にアイデアを求める。
マーケティング担当役員であるアイアコッカは、若者にフォード社をカッコいいと思ってもらう必要があると考えている。
アイアコッカは、フォード2世や副社長のレオ・ビーブたちに対してプレゼンをする。「フェラーリから学ぶべき。ジェームズ・ボンドはフォードの車には乗りません」と語るアイアコッカ。生産台数では圧倒的に少ないフェラーリだったが、”ル・マン24”の常勝チームで、一流の自動車メーカーとして世界で認知されていた。アイアコッカは、経営危機に陥っているフェラーリの買収を提案する。

フォード2世「あの脂ぎったクソイタリア人を”ル・マン24”のフィニッシュラインの100フィート地下に埋めてやるんだ」

フェラーリの買収交渉が破談となった上に、フィアットから買収話のエサに使われたことが判明する。
アイアコッカ「フェラーリはこう言っていました。”あなたはヘンリー・フォードじゃない。ヘンリー・フォード2世にすぎない”と」
フォード2世「最高のエンジニアとドライバーを集めろ。どんなに金がかかっても構わん。レーシングカーを造るんだ。そして、あの脂ぎったクソイタリア人を、”ル・マン24”のフィニッシュラインの100フィート地下に埋めてやるんだ。それを俺が見届けてやる」

シェルビー「スピードの問題じゃないんだ」

フェラーリをレースで負かすようフォード2世から命じられたアイアコッカは、”ル・マン24”のドライバとして優勝経験を持つシェルビーの元を訪れる。現在は、レーシングカーのデザイナーとして活躍するシェルビーは、お金だけでは勝てないことを話す。
シェルビー「勝利は金では買えない」
アイアコッカ「スピードなら買える」
シェルビー「スピードの問題じゃないんだ」
フォード社のチームを任せられることになったシェルビーは、優秀なスタッフやドライバーを集める。その中には、マイルズもいた。

シェルビー「90日だ」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ターミネーター4(T4)のネタバレ解説・考察まとめ

ターミネーター4とは2009年公開のアメリカ映画。世界的大ヒットシリーズ『ターミネーター』の4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクション。審判の日以後の荒廃した未来を舞台に、機械軍に追いつめられたジョン・コナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描く。主演はクリスチャン・ベール。監督は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックG。

Read Article

ボーン・アイデンティティー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・アイデンティティー』とは、『ボーンシリーズ』の1作目で、2002年に公開されたサスペンス・アクション映画。原作はロバート・ラドラムの『暗殺者』。記憶を失くした男が、皮下に埋め込まれたマイクロカプセルを手掛かりにわかった名前はジェイソン・ボーン。自分が何者かを辿るなか、行く先々で警察やCIAに追われるが、知力と体に染みついた高い戦闘スキルで追跡をかわし、襲ってくる暗殺者を倒し、窮地を脱する。偶然知り合ったマリーと逃げる間に見せる人間らしさや生身の体で対決する迫力の格闘シーンも必見。

Read Article

オデッセイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『オデッセイ』は、2015年にリドリー・スコットが監督を務めたアメリカ映画。原作は2011年に出版されたアンデイ・ウィアーのヒット小説『火星の人』。 過酷な状況に置かれながらも人間性を失わず、生存の危機に立ち向かう宇宙飛行士。そして、彼を助けようと奮闘する人々を描いた。NASAが全面的に協力し、惑星科学部門の責任者、ジェームズ・グリーンが科学技術面のアドバイザーとして雇用されている。

Read Article

ボーン・スプレマシー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・スプレマシー』とは『ボーンシリーズ』の2作目で、2004年に公開されたサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンの2年後を描く。インドでマリーと暮らしていたボーンの元に暗殺者が現れ代わりにマリーが殺されてしまう。自分を追う理由を知るため動き出したボーンだが、ある事件の容疑者に仕立てられる。CIAの追跡をかわしながら自分を巡る陰謀の真相を探るボーン。トンネルの中のカーチェイスなど前作以上にスピード感あるスリリングなシーンの連続で観る者を魅了する。

Read Article

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

インターステラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インターステラー』とは鬼才クリストファー・ノーラン監督が世に放った壮大なSF映画である。最新技術と物理学者の協力によって映像化された、物理法則に忠実で当時最も本当の姿に近いといわれたブラックホール、ワームホールが話題となった。何年も雨が降らず、深刻な食糧問題を抱えた、人類滅亡の危機に瀕する近未来。元宇宙飛行士のジョセフ・クーパーは、居住可能な星を探す計画、「ラザロ計画」にスカウトされることになる。クーパーは娘に必ず戻ると約束し、広大な宇宙へと旅立った。果たして彼は人類を救うことができるのか。

Read Article

ボーン・アルティメイタム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・アルティメイタム』とは『ボーンシリーズ』の3作目で、2007年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンは、CIAの極秘計画の暴露記事を書こうとする記者と接触したことで存在が見つかり、またもやCIAに狙われる。その一方、CIA内部の人間と協力し、極秘計画に絡んだ組織の陰謀を暴き、とうとう記憶を取り戻す。その場にいるかのような臨場感溢れる映像やスピーディなストーリー展開、スリリングな逃走劇など息もつかせぬシーンの連続で観る者を引き込む最高傑作。

Read Article

目次 - Contents