ペット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ペット』とは、2016年公開のアメリカのアニメーション・コメディ映画である。製作会社はイルミネーション・エンターテインメント。監督はクリス・ルノーとヤーロー・チーニーが務めている。マンハッタンとブルックリンを舞台に、飼い主がいない間のペットの暮らしぶりを描く作品である。小型犬マックスは飼い主と平和に過ごしていたが、ある日保健所から大型犬デュークを連れてきた。マックスはデュークを受け入れられないでいるが、一緒に過ごすうちに和解する話である。2019年には、続編『ペット2』が公開された。

『ペット』の概要

『ペット』とは、2016年公開のアメリカ合衆国の3Dコンピューターアニメーション・コメディ映画である。製作会社はイルミネーション・エンターテインメント。監督はクリス・ルノーとヤーロー・チーニーが務めている。マンハッタンとブルックリンを舞台に、飼い主がいない間のペットの暮らしぶりを描く作品である。2016年6月16日開催のアヌシー国際アニメーション映画祭にてプレミア上映が行われた後、アメリカで2016年7月8日から上映された。
2016年8月9日までの本作の収入は制作費の7500万ドルに対して総計5億0690万ドルとなっており、そのうち北米地域では3億2340万ドル、他地域では1億8340万ドルの収入を上げている。2019年には、続編『ペット2』が公開された。

小型犬のマックスは飼い主のケイティと幸せに暮らしていた。しかし、ケイティが保健所から大型犬のデュークを引き取り家に連れて帰ってきたため、マックスは気にくわないでいた。後日、ペットシッターに連れられ近所の犬たちと公園で遊んでいたマックスとデューク達。しかし横柄な態度をとるマックスに腹を立てたデュークは、公園から出た路地裏にあるゴミ箱にマックスを閉じ込めてしまう。すると、マックスとデュークはそこに住んでいた野良猫のオゾンに目を付けられる。オゾンに首輪を外され動物管理局の職員に捕まえられたマックスとデュークが、協力してケイティのもとに帰る物語である。

『ペット』のあらすじ・ストーリー

平和な日常

いつも一緒の飼い主のケイティと、小型犬のマックス

ジャック・ラッセル・テリアという犬種の小型犬・マックスは飼い主・ケイティといつも一緒に過ごしている。マックスはケイティのことが大好きで、2人で一つだと思って生活している。マックスの悩みは毎日ケイティがどこかへ出かけること。マックスはケイティが外出した後、玄関で帰ってくるのを待つのが日課である。
マックスはいつものように玄関でケイティを待っていると、向かいの家に住むポメラニアンのギジェットが窓越しに「忙しい?」とマックスに聞いた。マックスが「ケイティを待たなきゃいけない」と答えると、ギジェットは「邪魔しないでおく。私も忙しいんだ」と言ってマックスを眺めてぼーっとした。
マックスの家の近所に住む猫のクロエと、バグのメルと、インコのスイートピーが、それぞれ飼い主が出かけた隙にマックスの家に遊びにくる。皆「おはよう」と朝の挨拶をしていると、家を探しに来たモルモット・ノーマンが換気口から顔を出した。ノーマンは3週間も自分の家を探していた。自分の家でなくマックスの家だと分かったノーマンは、再び家を探しに出掛けた。その後すぐにダックスフンド・バディがマックスの家に遊びにきた。マックスは失くしたボールを探すようにバディに頼んでいて、バディはそのボールに似たものを持ってきてくれた。マックスは失くしたボールに似ていたため興奮する。クロエは猫なのでボールに興味がなく、そのボールを蹴飛ばした。するとマックス、メル、バディがボールを追いかけて遊び始める。クロエがその様子を見て笑っていると、スイートピーは鍵についているキーホルダーのレーザーを付けた。そのレーザーを見たクロエはレーザーで遊び始めた。

マックスとデュークの出会い

マックスに大型犬デュークを紹介するケイティ

その日の夕方、皆自分の家に帰った後にマックスはケイティの帰りを玄関で待っていた。ケイティがドアの鍵を開けると、マックスは興奮しケイティを出迎える。ケイティはドア越しでマックスに「落ち着いて。話があるの。ビッグニュースよ。慣れるまでしばらくかかると思う」と言ってドアを開け、ニューファンドランドという犬種の大型犬・デュークを紹介した。ケイティは保健所からデュークを引き取ってきたのだ。マックスは初めて会うデュークを怖がり威嚇する。ケイティがマックスをなだめている間に、デュークは部屋の奥に走って中を見て回る。デュークはバディが持ってきてくれたボールを咥えてケイティの元に持ってくる。それを見てケイティは「失くしたボールをデュークが見つけた。私たちいいチームになりそうね」とマックスとデュークを抱きしめた。デュークの噛む力が強くボールが割れてしまったため、マックスはため息をついた。
寝る時間になり、マックスとデュークは2人で同じ部屋で寝ることとなった。マックスは小さいベッド、デュークは毛布の上が寝床である。ケイティは歯磨きをするため洗面所に移動した。マックスと二人っきりになったデュークは「この部屋本当にいいね。そのベッドの寝心地良さそうだね。代わりばんこに寝よう」とマックスのベッドを見て言った。マックスは「毛布があるじゃないか」と言うが、デュークはマックスの小さいベッドに無理矢理入り込む。押し出されたマックスはケイティがいる洗面所に向かう。マックスはケイティに「デュークのせいで生活がめちゃくちゃだ。怖いしおっかないし臆病神だ」と悪口を言う。もちろんケイティはマックスの言葉は「ワンワン」としか聞こえておらず、内容は伝わっていない。ケイティはマックスを洗面所から追い出すと、悪口を聞いていたデュークは怒ってマックスに威嚇をする。デュークが「どっちか1人しか残れないのなら残るのは俺だ」と怒って言うと、マックスは怯えた。デュークはマックスの小さいベッドで寝て、マックスはデュークの毛布の上で寝る。デュークの気は収まらず、マックスが寝ていた毛布を奪って自分にかけた。

マックスの企み

デュークが割った花瓶を見て焦るマックス

次の日の朝、マックスはデュークより先に起きて、ベランダに出て非常階段を登りクロエに助けを求めた。マックスはクロエに「保健所から変なのを引き取ってきた。ベッドをとられた」とデュークのことを思い出しながら怒る。クロエは「そいつをなんとかしないとあんたが言う完璧な暮らしは終わりよ。居場所を取り戻したいならあんたが仕切らないと終わり」と助言すると、マックスは助言を聞き入れ自宅に戻った。
ケイティが外出するのを見届けた後、デュークはマックスの分の餌も食べる。マックスはデュークに「それは僕の餌だよ。基本ルールを作ろう」と怯えながら話しかける。デュークはマックスの話を聞いておらず、マックスの後ろをじっと見つめる。マックスの後ろの換気口からノーマンが現れたので、デュークは「ねずみ!」と叫びながらノーマンに突進した。すると、側にあった花瓶が落ちて割れてしまった。マックスは「ケイティはカンカンに怒るよ。君が部屋をめちゃくちゃにしたって知ったら」と言い、デュークを追い出す方法を思いつく。部屋をめちゃくちゃにしてデュークのせいにするという考えだ。デュークは「たかが花瓶一つだろ?」と言うと、マックスは違う花瓶を落として割ったり、デスクに置いてある書類をめちゃくちゃにする。デュークが「何をしている?」と聞くと、マックスは「ケイティは疑わないよ。僕はするはずないもん。こんなこと」と言い、ミニテーブルを倒そうとする。デュークは事の大きさに気づき、マックスが倒そうとしたミニテーブルを元に戻す。マックスは「疑われるのは捨て犬だった君だ。ケイティとの信頼関係もないもんな」と言いながら、カウンターテーブルに飾ってある瓶を落とす。デュークは割れないようになんとか掴む。デュークが怒りマックスに威嚇すると、マックスは「噛み付くのか?やれよ、ケイティが帰ってきたら、助けてケイティ。デュークを止めようとしたけどこいつ暴れるんだ」と言いつけると脅す。マックスは、テレビのコードを咥えテレビを倒そうとして「分かったらおすわり」と言う。おすわりをしたデュークを見てマックスは「よーしいい子だ」と言った。

捕まったマックスとデューク

檻に閉じ込められるマックスとデューク

マックスとデュークと近所の犬達は、ペットシッターに散歩をしてもらっていた。家にいるギジェットは外からマックスの声が聞こえたので、窓越しに話しかける。デュークの姿を見てギジェットは「新しいルームメイト?男の子?女の子?」とマックスに聞く。マックスが「誰でもないよ。もうすぐいなくなるから」と言うと、デュークは静かに怒る。公園についてリードを外された犬たちはそれぞれ遊んでいた。マックスだけリードを外すのを忘れられ、マックスは「いいや」と言い、リードがついたまま遊びに行くことにした。マックスはデュークに「小枝をとってきてくれたまえ。今の私は小枝を噛みたい気分なのでね」と偉そうに言って、デュークに小枝を探させる。デュークは小枝探しに奥の方へ進み、立ち入り禁止ゾーンを見つけるとマックスに「こっちには小枝が山ほどあるぞ。こっちにきて見てみろよ」と呼ぶ。マックスが奥に行くと、デュークはマックスを立ち入り禁止ゾーンへ押し出してそのまま道路に飛び出す。デュークはリードを咥えて遠くに走り、マックスを路地裏のゴミ箱に入れる。そのゴミ箱から野良猫・オゾンが出てきて、マックスをゴミ箱から出す。デュークはオゾンを見て「なんだお前?」と聞くと、オゾンは「ちょっと喧嘩したにゃ。でっかいバカ犬と。勝ったがにゃ」と答える。デュークの首輪を見たオゾンは「これいいにゃ。もらっちゃおうっと」と言い、素早い動きでデュークの首輪を奪った。デュークが「やる気かよ」と言って怒ると、オゾンの後ろからたくさんの野良猫が出てきたためデュークは道路の方へ走って逃げる。取り残されたマックスはごみ箱に入って隠れるが、野良猫たちから攻撃され飛ばされて、洗濯物と一緒に吊るされる。マックスの頭の上に乗った子猫がマックスの首輪を引きちぎり、オゾンはマックスの首輪を受け取った。子猫はマックスが吊るされている紐をちぎりマックスを落下させた。するとデュークが猛ダッシュで路地裏に戻ってきた。マックスが「戻ってきた?」と不思議そうにつぶやくと、デュークは「逃げろ」と叫びながら走り続けた。首輪がないため野良犬と思われ、動物管理局の職員が捕まえにきたのだった。オゾンたちは猛スピードで隠れたが、マックスとデュークは捕まりトラックに乗せられてしまった。ペットシッターはマックスとデュークがいないことに気づいておらず、そのまま他の犬を連れて帰ることにした。
トラックの中でマックスがデュークに怒っていると、デュークは反対に怯えていた。デュークは「ケイティにやっと助け出してもらったのに、また保健所か。そしたら俺はおしまいだ」と落ち込んで言った。

元ペット軍団のスノーボールとの出会い

人参をかじって鍵の形にするスノーボール

ギジェットは家で『情熱のパッション』というドラマ見ていた。ドラマの女優・マリアが「顔を合わせてしまったの。この世界の最悪のものと。その名は孤独」と言っていた。ギジェットはドラマを食い入るように見ていたが、外から犬の鳴き声がしたのでマックスがいると思い込みベランダ越しに話しかける。しかし、マックスがいないことに気づいたギジェットは「マックスはどこ?」と叫ぶ。その場にいたバディが「マックスはここに…」と言い周りを見渡した。バディは、マックスがいないことに気づいた。メルはギジェットに「心配するな。マックスが藪の中に消えて行った時悲鳴を聞いたから」と呑気に答えた。ギジェットは「嫌な予感がする」とつぶやく。その時ドラマの俳優・フェルナンドがマリアに「彼を愛しているなら彼の元に行かないと。そして彼を救ってやれ」と言った。そのセリフを聞いたギジェットは「そうよ彼を救わなきゃ」と言い窓から飛び出す。ギジェットはベランダの日除けの布をトランポリン代わりにして、向かいのマンションまで飛び、クロエの住む家の窓にぶつかって到着した。

その頃マンホールからうさぎ・スノーボールが連れ去られた仲間を助けるために現れた。動物管理局の職員が車から降りてスノーボールの様子を見ていると、スノーボールは職員を攻撃した。マンホールから豚のタトゥとトカゲのドラゴンも出てきて、車に乗っているもう1人の職員を攻撃した。その車はマックスとデュークが保護されている車だった。スノーボールは持っていたにんじんを鍵の形にかじって檻を開け、仲間のブルドッグを救い出す。車に乗っていた職員を外に追い出し、乗っ取った車をタトゥが運転をする。しかしそのまま路地に入り込み、壁に衝突し停車してしまった。
デュークがスノーボールに「君は誰?」と聞くと、スノーボールは「元ペット軍団だ。飼い主に捨てられた恨みをはらしに行くのさ」と答えた。マックスが「僕らも連れてって」とお願いすると、スノーボールはマックスの匂いを嗅ぎ「ペットだからお断りだ」と断った。マックスとデュークは「違う、人間なんて大嫌いだ」と言いスノーボールを信用させようとする。さらに、デュークはスノーボールを信用させるために「飼い主を殺した」と嘘をついた。スノーボールは目を輝かせ「仲間を増やそうと思ってた。子分になるなら檻から出してやる」と言ってマックスとデュークが入っている檻の鍵を開けた。その後下水道に入り込んだスノーボールと子分たちについていったマックスとデュークであった。

タイベリアスとの出会い

鷹・タイベリアスを協力者にする犬・ギジェット

ギジェットはマンションの屋上にあがり、上から眺めてマックスを探そうとした。すると、小屋の中から誰かに「悩みを抱えているんだね」と話しかけられる。ギジェットが声のする方に近づくと、そこにはこの小屋を住処とする鷹・タイべリアスがいた。タイベリアスは「私は目がいいんだ。出してくれたら友達を見つけてやる」と言う。ギジェットは小屋の中に入り、タイベリアスの食べた後であろう骨の残骸を避けながら奥に進む。目隠しをされていたタイベリアスが「フードを取ってくれ」と言うと、ギジェットは目隠しのフードを外した。タイベリアスは大きく羽ばたき、ギジェットを食べようと襲う。しかしタイべリアスは鎖でつながれていたため、ギジェットがそれを避けて「私を食べようとしたわね」と怒る。タイベリアスは泣きながら「猛禽類だから仕方ないんだ。友達がいないんだ1人も。鎖を外して」とお願いする。ギジェットは「あの変な小屋に住んでいるせいね。マックスを見つけてくれたら親友になってあげる」と言った。タイベリアスは友達が欲しいという思いから協力することにした。鎖を外してもらうと、ギジェットを襲いたい気持ちを抑えながらマックスの情報を教えてもらう。タイベリアスは「もし飼い主が来たらフードを被って私のフリをしとけ」とギジェットに言ってマックスを探すために飛び立った。

下水道を進んでいくスノーボールたちは住処にたどり着いた。スノーボールは「元ペットの吹き溜まりだ」と言い、マックスとデュークに住処を見せた。たくさんの元ペットがおり、スノーボールはマックスとデュークを他の子分たちに紹介する。スノーボールはマジシャンに飼われていたが、飼い主がマジシャンを辞めたと同時に捨てられた経緯があった。スノーボールは「入門の儀式を始める」と言い準備をした。
一方でタイベリアスはオゾンを連れてきて、オゾンが口に咥えていたマックスの首輪を吐かせる。タイベリアスはオゾンにマックスの居場所を聞くが、オゾンが口を割らない。タイベリアスは屋上からオゾンを頭から落とそうとする。しかし脅しに屈しないオゾンを見て、タイベリアスは一旦諦めてギジェットの近くにオゾンを蹴飛ばした。ギジェットが何も話さないオゾンに怒り、何度もビンタをする。すると、ギジェットの攻撃に耐えられなかったオゾンは「下水道の中に攫われて行ったにゃ」と教えた。

マックスとデュークのピンチ

儀式である大蛇からの一噛みを受けさせられるマックスとデューク

スノーボールの住処ではパイプから大蛇が出てくる。スノーボールは「その一噛みを受けることが儀式だ」と大蛇に噛まれる儀式を始めようとする。手始めにマックスから儀式を受けるさせることに決まると、スノーボールの子分たちがマックスを捕まえて大蛇の前に突き出した。すると、さきほどマックスたちを襲った野良猫たちがやってきて「よせ!ペットどもに入門の儀式をさせるなんて何事じゃ。さっき道で出くわして首輪をぶった斬った奴らじゃ」と儀式を止めさせる。スノーボールはマックスたちが嘘をついていたことに怒り、「貴様は大蛇の餌になるのがお似合いだ。捕まえろ」と言って子分たちに襲わせる。デュークは大蛇の尻尾を咥えて振り回し、スノーボールや周りの子分を攻撃した。デュークが大蛇を柱に投げつけると大蛇は柱に絡まった。近くにいたマックスに噛みつこうと体を伸ばす大蛇だったが、柱に絡まったまま体を伸ばしていたため天井が崩れ下敷きになり死亡した。大蛇の死にスノーボールと子分は号泣し、怒ったスノーボールは「逃すなー!」と叫ぶ。スノーボールの言葉を聞いて一斉に襲ってくる子分たちから逃れるため、デュークはマックスをくわえて下水道に飛び込んだ。

一方ギジェットはクロエ、メル、バディ、スイートピーを集め「マックスが行方不明よ。探して家に連れ戻さなきゃ」と伝える。メルは「でも外は騒々しいし、怖いよ」と言うと、タイベリアスを見つけて「鷹だ!」と騒ぐ。ギジェットはタイベリアスを友達だと紹介した。バディは「リードなしで外に出たら網で捕まっちゃうぜ」と反対する。ギジェットは「時間がないのよ。マックスを助けなきゃ」とお願いする。バディは「でもマックスはお前に気はないぜ」と言う。ギジェットは「それでもいいの。好きなんだもん。心の底から好き。さぁ来る人は?」と聞くが、誰も反応しない。クロエは呆れて「あんたたちったら情けない人ね。私の爪がカーテンに引っかかった時助けてくれたのはマックスだった。バディ、メル、去勢手術の後楽な姿勢を教えてくれたのは?」とバディとメルに聞く。バディは「マックスだった」と言い、メルも「マックスだ」と興奮し走り回る。クロエが続けて「“どこかの猫”がスイートピーを食おうとした時助けてくれたのは?」と問うと、その“どこかの猫”は「お前だろ」と返すバディにスイートピーも同意した。クロエは「その猫がどこの猫かより、助けてくれたのは誰かでしょ?」と焦って話を変える。メルは「マックスだ」と言い、バディも「マックスを助けに行こう」と興奮する。ノーマンが換気口から現れ「マックスを助けに行こう!どれがマックスだっけ?」と聞くと、タイベリアスはノーマンを足で捕まえ食べようとする。ギジェットが「タイベリアスダメ!そんなことしたら!」と怒るとタイベリアスはノーマンから顔を離した。するとタイベリアスが誤魔化すように「ちっこくてかわいいな」と言いながらノーマンの頭を撫で、ノーマンは笑った。

1999_demianb3
1999_demianb3
@1999_demianb3

Related Articles関連記事

怪盗グルーのミニオン危機一発(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪盗グルーのミニオン危機一発』とは、『怪盗グルーシリーズ』の第2作目で2013年公開の3Dアニメーションのコメディ映画。 日本の興行収入は25億円となった大ヒット作品。 監督は前作同様、ピエール・コフィンとクリス・ルノーが務める。 前作で三姉妹マーゴ、イディス、アグネスとすっかり打ち解けたグルーは悪党稼業から足を洗いよき父となり、すっかりマイホームパパになっていた。しかし、巨大磁石でとある極秘研究所が盗まれるという事件が起き、反悪党同盟はグルーに協力を仰ぐことになる。

Read Article

怪盗グルーの月泥棒(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪盗グルーの月泥棒』(原題: Despicable Me)とは、2010年に公開されたアニメーション映画。 『怪盗グルーシリーズ』の第1作であり、ユニバーサル・ピクチャーズ配給映画初の3Dアニメ作品となっている。 グルーは性格のねじまがった泥棒で、黄色いミニオンズを手下にして悪事を働いている。ひとつ大きな盗みをしようと月泥棒を計画していると、ひょんなことから孤児院で暮らす3姉妹を引き取ることになる。3姉妹に手を焼き、ライバル泥棒ベクターと戦いながら、次第にグルーは子供たちに心を開いていく。

Read Article

ペット2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ペット2』とは、2019年公開のアメリカのアニメーション・コメディ映画で、『ペット』の続編である。製作会社はイルミネーション・エンターテインメント。監督は引き続きクリス・ルノー。共同監督はジョナサン・デル・ヴァル、脚本はブライアン・リンチが務めている。ペットがどう考え過ごしているのかというのが描かれた物語である。小型犬マックスは大型犬デュークと平和に過ごしていたが飼い主が妊娠しリアムが産まれたことで、心配性のマックスは行動障害を起こす。そんな性格のマックスの成長が見られる作品である。

Read Article

目次 - Contents