鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。
竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。
『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

人物

上弦の陸。遊郭に潜んでいた。妓夫太郎と堕姫は兄妹であり、二人で一つの鬼である。殺すためには妓夫太郎と堕姫、どちらの頸も落とさなければならない。

堕姫は美しい容姿をしており、遊郭で『蕨姫花魁』という花魁に化けている。「(不細工は)生きてる価値がない」と発言するほどに醜い人間を嫌う。癪に触る人間をいじめ、多くのものを自殺へ追いやった。綺麗な女性を好んで喰らう。女将は蕨姫花魁が人間ではないことに気づいたことによって殺されたが、堕姫は喰うこと無くただ殺害した。気に入った花魁を喰らい続けている。
帯を武器にして戦う。帯は堕姫が自由に操ることができ、鋭い切れ味を持つ。また、帯の中に人間を入れて保存しておく事もできる。帯は切り離す事もでき、遊郭の地中深くの空洞に女たちを取り込んだ帯がある。この帯を吸収することで本来の力を発揮する。帯を吸収すると髪が白く染まる。自身の頸も帯のように柔らかくよく伸びる。その為、頸を落とすためには余程の速度で斬り落すか、複数の方向から挟み込むように斬らなければならない。
堕姫一人でもヒノカミ神楽を使う炭治郎と渡り合うほどに強い。しかし、音柱の宇髄天元によると上弦の柱とは思えないほどに弱いらしい。事実、宇髄は簡単に堕姫の頸を斬り落とした。妓夫太郎が目覚めると、堕姫の眼の一つが妓夫太郎の眼となり、堕姫を妓夫太郎が操ることができる。これによりさらに戦闘力は増す。

妓夫太郎は顔と体に痣があり、そして胸部と腹部だけ異常に痩せこけた容姿をしている。
普段は堕姫の中で眠っており、堕姫が危機に陥ると姿を現す。「〜〜なぁ」という語尾を伸ばした特徴的な話し方をする。嫉妬心が異常に強く、優れた容姿を持つ宇髄に「妬ましいなああ」「死んでくれねぇかなぁあ」と発言している。堕姫とは比べ物にならない強さを持ち、宇髄と炭治郎の二人を圧倒していた。
血鬼術で作った鎌を武器に戦う。妓夫太郎の血には毒が含まれており、この鎌で斬られると程なくして死亡する。他にも血を飛ばして斬りつける血鬼術を使用する。

血鬼術

八重帯斬り(やえおびぎり)

堕姫が使用する血鬼術。8枚の帯で交差するように斬りつける。

血鎌(ちがま)

妓夫太郎が自身の血で作り出した鎌。この鎌で切られると猛毒に感染して死に至る。妓夫太郎はこの鎌を武器に戦う。

飛び血鎌(とびちがま)

妓夫太郎の血鬼術。血を飛ばして斬撃を繰り出す。もちろんこの技で傷を負うと猛毒に侵される。飛ばした斬撃は妓夫太郎が自由に操ることができる。

跋扈跳梁(ばっこちょうりょう)

妓夫太郎の血鬼術。血の斬撃を周囲に展開し、身を守る。『跋扈跳梁』とは、「我が物顔で振舞う」といった意味を持つ。

円斬旋回・飛び血鎌(えんざんせんかい・とびちがま)

妓夫太郎の血鬼術。両腕から旋回する血の斬撃を発生させる。ノーモーションで繰り出されるので、避けるのは困難である。

作中での活躍

炭治郎、禰豆子と戦う堕姫

花魁に化けて人間を喰っていた堕姫

遊郭に潜んで人を喰っていた。遊郭に潜入していた音柱・宇髄天元の嫁から連絡が途絶え、宇髄が炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助を引き連れてやってくる。
炭治郎、善逸、伊之助は女装して遊郭に潜入することになり、善逸が入った店に堕姫がいた。堕姫は善逸が鬼殺隊の者だと気づき、帯で捉える。その後、結婚して遊郭をを出ようとしていた『鯉夏』という花魁を喰らうために堕姫が姿を現す。そこへ堕姫の匂いに気付いた炭治郎が現れ、戦闘となる。
『水の呼吸』の呼吸では太刀打ちできないと踏んだ炭治郎は『ヒノカミ神楽』で戦うが、堕姫は「遅いわね。欠伸が出るわ。」と発言する。しかも炭治郎の身体はヒノカミ神楽の連発に耐えられず、すぐに悲鳴を上げてしまう。炭治郎は必死に食らいつこうとするが、堕姫の元へ切り離していた帯が戻ってきて、堕姫はさらに強くなってしまう。そこへ騒ぎを聞きつけた遊郭の住人たちが駆けつけてくる。堕姫は無差別に攻撃を始める。「醜い人間に生きてる価値ないんだから仲良くみんなで死に腐れろ」と言う堕姫に炭治郎は表情を変える。激昂した炭治郎は「失われた命は回帰しない。二度と戻らない。なぜ奪う。なぜ命を踏みつけにする?」と問う。その炭治郎の姿を見た堕姫は脳裏に男の姿を見る。それは無惨の記憶で、男は無惨を追い詰めた『始まりの剣士』だった。
炭治郎は限界を超えてヒノカミ神楽を使う。炭治郎は強くなった堕姫の攻撃を掻い潜り、頸へ刃を振り下ろす。しかし堕姫の頸は帯のように柔らかく、斬る事はできなかった。そこで炭治郎の身体は限界をむかえる。ヒノカミ神楽の使いすぎで炭治郎は死の間際にいた。呼吸も上手く出来ないほどに疲弊して絶体絶命のピンチを迎える炭治郎だったが、そこへ禰豆子が加勢に入る。禰豆子は炭治郎が命の危機に陥った事で怒り、鬼化が進んでいた。堕姫を凌ぐほどの再生力を持った禰豆子は足を斬られようとも瞬時に繋げ、堕姫に攻撃を加える。しかしその状態の禰豆子は自分を律することができず、周囲の人間を襲おうとしてしまう。炭治郎がそれを必死に止めていると、そこへ宇髄が現れる。宇髄は「お前上弦の鬼じゃねぇだろ。弱すぎなんだよ。」と話す。その時、堕姫の頸は宇髄によって斬られていた。

妓夫太郎の出現

堕姫の身体の中から現れた妓夫太郎

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。 炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と技が登場する。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎を徹底解説!

鬼滅の刃は週刊少年ジャンプで連載されている和風ファンタジー作品。 作者は吾峠呼世晴。読切「過狩り狩り」で第70回JUMPトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞した。「文殊史郎兄弟」「肋骨さん」「蠅庭のジグザグ」の読み切り作品を描いた後、2016年11号から「鬼滅の刃」が連載される。 妹の禰豆子を元の人間に戻すため、過酷な運命に対峙しながら鬼と戦っていく主人公である竈門炭治郎について徹底解説!

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

目次 - Contents