ソードアート・オンライン アリシゼーション(第1話『アンダーワールド』)のあらすじと感想・考察まとめ

仮想世界へフルダイブするマシンを使用した極秘プロジェクトが行われる中で、キリトはマシンで仮想世界にダイブするアルバイトをしていたが、フルダイブ中の記憶は消去されていた。そんなある日、キリトは現実世界で因縁がある「死銃(デス・ガン)事件」の実行犯・ジョニー・ブラックに襲われ、昏睡状態になる。
今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第1話『アンダーワールド』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

クライン

リズベット

シリカ

アスナ

GGO内のキリトのアバター

戦闘を終えたキリトたちのパーティーは、GGO内の酒場に集まり、先ほどの戦闘について話し合っていた。
クライン「しっかし噂には聞いてたけど、ハードなゲームだなGGOってのは。フィールド(GGO内の主な町の外。町の中では戦闘をしてはいけないが、外なら戦闘をしても良いというVRゲームの決まりがある。)ならどこでもPKし放題ってんだからよ!」
シノン「自由にPKできるっていっても、さっきのスコードロン(パーティーのGGO内での呼び方)は異常だわ。普通のPKは、お金とかアイテム狙いだけど…。」
キリト「あいつら俺たちを殺すことしか考えてなかったな。グレネード(銃弾)やスモーク(煙幕)もバンバン使ってたし。あれじゃ完全に赤字じゃないか。」
シノン「でしょうね。でも現れる時はいつもあんな感じなの。フィールドで孤立してるスコードロンを襲って皆殺しにして、アイテムのルート(自分の物にすること)もしないで消える。」
アスナ「あの人たち、勝率100%って本当なの?」
シノン「私の知る限りはね。で、とことん変則的なスタイルでなら勝てるかもって思ってみんなに協力してもらったんだけど…ごめん。私の考えが甘かったわ。まさか、あんなに簡単に撤退するなんて…。」
シノンは他のみんなに頭を下げた。クラインは「でもまぁ、負けじゃねえよな。いや!あいつらが逃げたんだから勝ちみてぇなもんだろ!」とシノンを慰める。しかしリズベットに「正体とは目的とかはさっぱり分からないままだけどねぇ~」と言われて、クラインは何も言えずに黙り込んでしまった。
アスナ「せめて、誰がリーダーの名前くらい分かれば良かったんだけど。」
シリカ「あの中の誰がリーダーなのかもはっきりしなかったですよね。」
一方、話を聞いていたはずのキリトは、突然眠気に負けて隣に座っていたリズベットに寄りかかり、リズベットは「わわ!ちょっと寝落ちしないでよ…。」と驚く。それを見たアスナは、「木曜からずっと学校休んで、企業見学に行ってたみたいなの。」と説明した。それを聞いたシノンは、「また何か妙なことに首を突っ込んでるんじゃないの?」と心配そうに呟く。キリトは以前にも、政府関係者の菊岡に頼まれて、危険なゲーム内での調査に入ったことが何度もあるからだ。

その日は他に分かったことも無かったため、一行は解散することにした。シノンはアスナとキリトを呼び止め、他にお願いしたいことがあるから現実世界の方で会えないかと聞く。3人は、現実世界で仲間の1人であるエギルが経営している飲食店で明日の夕方に会うことを約束し、ゲームからログアウトした。その間もキリトはずっと眠そうな表情をしており、アスナとシノンの話も聞いているのかいないのか分からない様子だった。

PKスコードロンのことについて話すキリトとアスナ、シノン、リズベット、シリカ、クライン

キリトのアルバイト

翌日、シノンから約束のことを書いたメールを読んだキリトは、エギルが経営する店・ダイシーカフェに行き、アスナを待っている間シノンと話していた。シノンは現実世界のキリトを見て、「あんた…また痩せた?」と聞いたが、キリトは「そうかな?」と無自覚な答えを返す。
キリト「それより、俺に何か用があるんだろ?B o B(バレット・オブ・バレッツという大会のこと。年末にGGO内で行われる大会で、GGO内で一番強いプレイヤーが優勝する大会)のことだっけ?」
シノン「うん。第4回で優勝したサトライザーってプレイヤーだけど、あいつ第1回大会でも優勝してるのよ。みんな燃えてたんだけどね。あの伝説のサトライザーと戦えるって。」
キリト「そいつ中継見てる感じだと、黙々と淡々と戦ってたな。なんとなく、昨日のPKスコードロンの連中に近い雰囲気があった。」
シノン「ああ。言われてみればそうかもね。だた、サトライザーの奴は強さが段違いよ。私もそうだったけど、行動を完全に先読みされて超接近戦に持ち込まれて銃を構える暇もなく死亡。」
キリト「すごいな。B o B本戦に出るようなプレイヤーの行動を見切るなんて。」
シノン「逆にベテランになると、セオリーが染みついちゃってて行動パターンが読まれやすいのかもね。そこでなんだけど…セオリーにない行動をするプレイヤーなら、サトライザーの裏を取れるんじゃないかって思うの。だから気が早いけど、年末の第5回で協力してもらおうとこうしてお呼び立てしたってわけ。相手が何者だろうと、次は絶対に勝つわ。どんな手を使ってもね。」
シノンは指で銃の形を作り、キリトに突き付けた。キリトはそれを見て、「大分平気になってきたみたいだな。」と言った。シノンはそう言われて、自分が指で銃の形を作っていることに気づき、「ああ…全く平気ってわけじゃないけど、良くはなってる。」と照れたように言った。
シノンは地元の東北にいた小学生の時、郵便局で強盗被害に遭い、母親が撃たれそうになった。それを見たシノンは咄嗟に強盗に飛び掛かり、揉み合っている内に強盗が持つ銃が暴発し、強盗は亡くなってしまった。それ以来、シノンは地元で殺人者扱いされ、現実でも二次元でも銃を見ると吐くようになった。高校進学を機にシノンは上京し、ショック療法のためにGGOを始めたが、現実世界ではまだ銃を見るとパニックを起こしていた。しかし、キリトと出会ってある事件に巻き込まれた過程で少しづつトラウマを克服し、現実世界で銃を見てもパニックを起こさなくなって行ったのだ。
キリトとシノンが巻き込まれた事件は「死銃(デス・ガン)事件」と言い、ステルベンというアバターが持つデス・ガンというアイテムに撃たれたGGO内のプレイヤーが、現実世界でも死ぬという物だった。ステルベンはシノンのことも殺そうとしていたが、犯人の1人はシノンの仲が良い同級生の新川だった。
キリト「そういえば、彼はどんな様子なんだ?」
シノン「新川君は…。うん、落ち着いてきたみたい。もう少ししたらまた面会に行ってみるつもり。」
キリト「そうか…じゃあ、デス・ガン事件はこれで何もかも終わったってことかな。」
シノン「まだ1人、逃走中の犯人がいるけどね。」
キリト「そいつも逮捕は時間の問題って菊岡が言ってたよ。」

そこへアスナが来たが、現実世界のキリトを見て「あなた痩せたんじゃない?」と心配そうに言った。
アスナ「例のバイトのせいでしょ?また無茶して…。」
シノンとアスナはB o Bのことを話し、アスナも参加することになった。
シノン「まあ、とにかくアスナが手伝ってくれるなら、鬼に金棒、トーチカに重機関銃だわ。」
アスナ「期待に沿えるよう頑張るね。」
そう言ってシノンとアスナは握手をして、シノンはキリトの方に話を振った。
シノン「さてと、聞かせてもらうわよ、あんたの怪しいバイト。新しいVRMMOゲーム(仮想世界に意識をダイブさせるゲームのこと)」のαテスト(実用段階前のテスト)なんでしょうけど。」
キリト「テストしてるのはゲームアプリじゃない。新型フルダイブシステムのブレインマシンインターフェイス(ゲーム内にダイブする時に頭に被る機械)そのものにある。開発してるのはラース(会社の名称)。」
シノン「聞いたことない会社ね。」
アリス「鏡の国のアリスに出てくる空想上の生き物と同じ名前だね。豚っていう説と亀っていう説があるけど。」
シノン「へぇ。そこが次世代型のフルダイブ機を発売するの?」
キリト「いや、どうかな…。現行のフルダイブ技術とは別物なんだよな。」
シノン「別?中の世界はどんな感じなの?」
シノンの質問に「知らないんだ、俺。」とキリトは答え、シノンとアスナは驚く。
キリト「秘密保持のためなんだろうけど、そのマシンが作るVRワールド内部の記憶は、現実世界に持ち出せないんだ。テスト中にどんな物を見て、何をしたのか、今の俺は一切合切忘れてる。」
アスナ「一切合切忘れてる!?それってまさかのオーグマー(VR機器とは違う拡張現実機器のこと。仮想世界に意識をダイブさせるのではなく、仮想世界の光景を現実世界で見聞きできる。記憶スキャンをするため、脳にかなりの負荷がかかる。)みたいな…?」
キリト「あ、違う違う!オーグマーみたいに脳に負荷をかける物じゃないんだ。フラクトライトとの経路を遮断してるから、ただ思い出せないってだけで…。」
アスナ「フラクト…?」
キリトはゲームに関することを一から2人に説明した。
人間の脳細胞を含めた細胞には、マイクロチューブというその細胞を支える骨格がある。そのマイクロチューブは中空の管で、中には光子の揺らぎがあり、ラースはその光子の揺らぎが人間の心や魂だと考えており、フラクトライトと呼んでいる。
キリトの説明を聞いたアスナは、ふと疑問に思ってキリトに確認した。
アスナ「フラクトライトを読みとる機械がソウル・トランスレーターってことなのよね?でも、それって逆も出来るんじゃないの?アミュスフィア(現在キリトやアスナ、シノンたちがVR世界にフルダイブするために使っている機器)は視覚や聴覚の信号を脳に送り込んで、私たちに仮想世界を体感させてるでしょ。同じように、ソウル・トランスレーターも魂に情報を送ることが出来るんじゃ…。」
キリト「ああその通り。ソウル・トランスレーター、STLはフラクトライトに短期的な記憶を書き込むことで、見せたい物や聞かせたい音の情報を与えるらしい。ニーモニック・ビジュアルデータって言うらしい。俺、ごく初期のテストダイブ中の記憶ならあるんだけど、違ったよ。全然違った。アミュスフィアが作るVRワールドとは。俺は、最初そこが仮想世界だと分からないくらいだった。」
アスナ「でも、それは本当に安全な物なの?私、怖いよ…。そのアルバイトの話を持ってきたのは、総務省の菊岡さんなんでしょ?」
キリト「ああ…確かに、あの男には気の許せない所がある。でも俺は知りたいんだ。フルダイブ技術が一体どこに向かっているのか…予感がするよ。STLには何かある。まあ、フラクトライトとかニーモニック・ビジュアルとか言うと難しく聞こえるけど、STLが作る仮想世界はリアルな夢みたいなものなんだ。」
アスナ「夢?」
キリト「例えば、長い夢を見ることがあるだろう?目が覚めた時、2時間とか3時間夢を見ていた気分になることがさ。でも実際に夢を見ているのは、ほんの数分だったりするんだ。STLはそれと同じような現象を起こさせるんだ。人が数分間の内に夢を見るように、実際のダイブ時間の数倍の世界を仮想世界で体感できる。それがSTL最大の目玉機能、フラクトライト・アクセラレーション。略してFLAだ。」
シノンとアスナはキリトの言葉に驚き、シノンは「あんたがダイブしてた3日の間、中でどれくらいの時間を過ごしたわけ?」とキリトに尋ねた。キリトはそれに「覚えていない。」と答えた。
キリト「どうにか1つだけ教えてもらったのは、実験用仮想世界のコードネームだけさ。アンダーワールド。」
アスナ「もしかしたらそれもアリスなのかもしれないね。不思議の国のアリスって、最初の私家版は地下の国のアリスって名前だったのよね。」
アスナの言葉を聞いたキリトは、何かを考え込むような表情になった。シノンは「どうかしたの?」とキリトに聞くが、キリトは「いや…アリスって名前を聞いて、何か思い出せそうな気がしたんだ。何か…何か今すぐにしなきゃいけないことを忘れてる気がする…。」
キリトは頭を抱え、アスナはそんなキリトを心配そうに見る。

エギルの店に集まったキリトとアスナ、シノン

ジョニー・ブラックとの遭遇

その後、3人はダイシーカフェを出て別れ、キリトとアスナは一緒に帰っていた。その途中、キリトはアスナにアメリカの大学に行こうと考えていることを打ち明ける。キリトが学びたい次世代型フルダイブ技術の研究は、日本よりアメリカの方が進んでいるからだ。
キリト「どうしても見たいんだ。次の世界が生まれる所を…。」
アスナ「うん。楽しいことだけじゃなく辛い事、悲しい事もいっぱいあったもんね。何のために、どこに辿り着くためにあの城に呼ばれたのか、確かめたいよね。」
キリト「それを見届けようとしたら、何百年生きても足りそうにないけどね。」
アスナとキリトはSAO(ソードアート・オンライン)というVRゲームの中で出会った。
SAOは初めて発売されたVRゲームで、1万人が購入して配信初日にダイブしていた。舞台は空に浮かぶ100層もの階層を持つ孤城・アインクラッド。しかし、配信初日にダイブしたプレイヤーは、ゲームからログアウトすることが出来なかった。SAOを作った天才物理学者でプログラマー・茅場明彦は、ゲームをコンプリートするまでプレイヤーがログアウトすることが出来ず、ゲーム内でポイントがゼロになったら現実世界でのプレイヤーも死に至るようなプログラムを忍び込ませていたのだ。そんなデスゲームによって約4千人が死亡したが、キリトとアスナは生還した。しかし、茅場明彦の自殺によって、何故SAOというプログラムとアインクラッドという仮想世界が創り出されたのかは分からずじまいだった。キリトはその答えが欲しかったのだ。
キリト「それで、俺と…俺と一緒に来て欲しいんだ。アスナ。無茶なこと言ってるって分かってる!でも…それでもやっぱり…俺…アスナがいないとダメだ!」
アスナはキリトの手を取り、「もちろん、行くよ、一緒に。君と行く所ならどこにだって。」と言って微笑んだ。そのまま、2人はそのことを確かめるようにキスをした。

再び歩いている時に、アスナはふと疑問に思って、「ソウル・トランスレーターは研究したくないの?あれも次世代のインターフェイスなんでしょ?」とキリトに尋ねた。
キリト「ああ…。あれは、何ていうか、ただ人間を仮想世界にフルダイブさせるための機械じゃない気がする。人間の意識、フラクトライトを知るためのマシンなのかな…。それにさ、STLはヒースクリフ(茅場明彦がSAO内にこっそり入り込んでいた時に、使っていたアバターの名前。茅場はゲームがコンプリートされた時に、自分も死ぬように設定してフルダイブしていた。)の思想の延長上にあるマシンだと思うんだ。あの男が何のためにナーブギア(SAOにダイブするために使われていたVR機器)とSAOを使って、何千人もの犠牲者を出して、自分の脳も焼切って、その上でザ・シード(現在リリースされているVRゲームの元になったプログラム)なんて物をばらまいたのか…。それを知りたい気はするけど、自分の進路にはしたくない。いつまでもあいつの手の平で踊らされてる気がするからな。」

キスをする二人

2人がそんな話をしていると、後ろから1人の男性が「あ!すみません。あの~駅はどっちの方ですか?」と声をかけてきた。
アスナは駅の方向を教えようとしたが、キリトがアスナの肩に手をかけて前に出た。アスナはキリトの行動にきょとんとしていた。
キリト「お前、ダイシーカフェの側にいたな。」
キリトの言葉を聞いた男性は、「はあ、やっぱり不意打ちは無理か。」と一人ごとを呟いた。
キリト「誰だ?」
男性「ヘイヘイ、そりゃないよキリトさん。って、あっちじゃいつもマスク被ってたっけな。」
キリトはその言葉を聞いて、まさかと思い驚愕の表情を浮かべる。
男性「ザザの奴が捕まっちまったから、俺が根性見せないとじゃん?ラフコフ最後の1人としてさ。」
ザザとは死銃(デス・ガン)事件の犯人の1人であり、死銃(デス・ガン)事件を主導していたのは、SAO内でPKを専門に行っていた組織がラフィン・コフィンことラフコフだ。男性は死銃(デス・ガン)事件で逃亡していた最後の1人、ジョニー・ブラックであることにキリトは気づいた。
キリトは思わず、ゲーム内と同じように背中に背負った剣を取ろうとするしぐさをしたが、現実世界のキリトの背中には当然だが剣はない。そんなキリトを見て、ジョニー・ブラックは狂ったように笑う。キリトは持っていた傘を剣のように構えた。
キリト「お前、まだ逃げていたのか。」
ジョニー・ブラック「オフコース!しっかしキリトさんよぉ。剣がないとただのひ弱なガキですなぁ。俺を散々ぶちのめした剣士様と同一人物とは思えねえな~。」
キリト「お前だって、得意の毒武器はないだろ!」
ジョニー・ブラック「あるよ。毒武器あるよ!」
そう言ってジョニー・ブラックが見せた注射器を見て、キリトは青ざめた。それは、死銃(デス・ガン)事件で現実世界にあるプレイヤーの肉体を死亡させるために使われた、毒入りの皮膚に刺さないタイプの注射器だったのだ。
ジョニー・ブラックが2人の方に走り出したのを見て、キリトは咄嗟にアスナを後ろに突き放し、「アスナ!逃げろ!」と叫んだ。キリトはジョニー・ブラックの足に傘の先端を突き刺して止めようとしたが、ジョニー・ブラックに注射を打たれてしまう。そして2人は道路に倒れて動かなくなった。
アスナは青ざめて「キリト君!」と大きな声で呼びかけるが、キリトからは何の反応もなかった。

ジョニー・ブラックが持つ毒薬入りの注射器

キリトは注射を打たれ、ジョニー・ブラックは傘で足を刺されて倒れ込んだ。

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第1話『アンダーワールド』の感想・考察

sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)』とは、川原礫による架空のVRゲームを舞台とした人気ライトノベルシリーズ『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が現実世界での事故によって人工の異世界「アンダーワールド」に迷い込んでしまい、そこで出会ったユージオやアリスらアンダーワールドの住人たちと共に、現実世界への帰還を目指して冒険する物語を描いている。

Read Article

キルラキル(KILL la KILL)のネタバレ解説・考察まとめ

キルラキル(KILL la KILL)のネタバレ解説・考察まとめ

MBS・TBS系テレビ「アニメイズム」枠で放送された、TRIGGER制作のアニメ。 2013年10月から翌年3月までの24話に加え、BD/DVDに収録された特別編を含む全25話で構成される。 荒んだ世界を舞台とした学園バトルものであり、着た人間に人知を超えた力を与える制服や自我を持った制服が登場するという、ファンタジー要素も盛り込まれている。 キャッチコピーは「キルカ、キラレルカ」。

Read Article

NOIR(ノワール)のネタバレ解説・考察まとめ

NOIR(ノワール)のネタバレ解説・考察まとめ

『NOIR』とは、2001年にテレビ東京で放送されたテレビアニメ。孤高の暗殺者ミレイユ・ブーケと記憶を失った謎の少女夕叢霧香(ゆうむら きりか)の二人組による暗殺ユニット「ノワール」が殺しの依頼や襲い来る刺客と立ち向かう。最初は噛み合わなかった二人の関係性は依頼をこなすうち利害とは関係のない真のパートナーとなる。そんな二人に迫る数多の謎を精緻な描写で描いたダーク色の強いガンアクションアニメ。全26話。

Read Article

プリンセス・プリンシパル(Princess Principal)のネタバレ解説・考察まとめ

プリンセス・プリンシパル(Princess Principal)のネタバレ解説・考察まとめ

『プリンセス・プリンシパル』とは、株式会社3Hz、株式会社アクタスによって共同制作されたオリジナルアニメーションである。 19世紀末、アルビオン国は特定の範囲を無重力にする「ケイバーライト」を生み出す。それにより巨大な軍事力を有することとなり、覇権国家となる。しかし、革命により「アルビオン王国」「アルビオン共和国」へ分断された。国内の名門校クイーンズ・メイフェア校に通う「博物倶楽部」の5人は共和国のスパイという裏の顔を持っていた。

Read Article

LiSA(リサ)の徹底解説まとめ

LiSA(リサ)の徹底解説まとめ

LiSAとは、日本の女性歌手。「SACRA MUSIC」所属。2010年に「LiSA」名義でメジャーデビュー。翌年にソロデビューを果たす。アニソンアーティストとして活動しているが、ロック系フェスティバルへの出演、外国でのライブ公演と幅広い活動をしている。また自身の魅力をよりもっと作品へ反映させていくためのオリジナルブランド「YAEVA MUSIC」を立ち上げている。

Read Article

藍井エイル(Eir Aoi)の徹底解説まとめ

藍井エイル(Eir Aoi)の徹底解説まとめ

J-POPやアニソンを中心に歌い上げる女性歌手・藍井エイルは、アニメ『Fate/Zero』『ソードアート・オンライン』『アルスラーン戦記』などのテーマ曲で一躍有名となり、「アニソン界のヒロイン」と呼ばれる。テレビ出演に始まり、世界13ヵ国でライブを行うなど精力的な活動を続けてきたが、2016年、体調不良を理由に無期限の活動休止を発表した。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

戸松遥(Haruka Tomatsu)の徹底解説まとめ

戸松遥(Haruka Tomatsu)の徹底解説まとめ

戸松遥とは2007年からデビューし、多くの作品を手がける人気声優。歌手としての活動も行なっている。 声優としてデビューしたことがきっかけになり、後に歌手としても活動するようになる。また、ラジオパーソナリティやナレーターなど様々なジャンルを手掛けて活動する。 現在もアニメやゲームといったサブカルチャーをメインに活動している。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(SAOアリシゼーションWoU)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は「アンダーワールド」と呼ばれる人工の異世界を舞台に、ヒロインであるアリスが主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちと共に、『ダークテリトリー』と呼ばれるその異世界の闇の領域に住む軍団と、それを裏から操る現実世界の侵略者たちの陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)』とは、川原礫の人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』の時雨沢恵一によるスピンオフ作品とそのテレビアニメ作品である。本作は主人公のレンこと小比類巻香蓮が、VRゲームをプレイすることで高身長という自分のコンプレックスと向き合い、そしてピトフーイやエムらライバルたちと競い合うことで人間として成長していく物語を描いている。

Read Article

NEW
アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(AW VS SAO)』とは、2017年3月よりアートディンクから開発・発売されたPlayStation 4及びPlayStation Vita用のアクションRPGゲーム。川原礫のライトノベル『アクセル・ワールド』及び『ソードアート・オンライン』のクロスオーバー作品であり、主人公のキリトとアスナらその仲間たちが、未来からやってきた黒雪姫とシルバー・クロウたちと共に仮想世界を冒険する物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とは、ライトノベル『ソードアート・オンライン』を原作とするアニメである。 キリトは過去に因縁がある死銃事件の実行犯による襲撃を受け、昏睡状態に陥る。キリトが目覚めると、そこは現実世界とそっくりな仮想世界・アンダーワールドだった。彼はそこで出会った少年・ユージオと共に、世界の中心「セントラル・カセドラル」を目指す。 現実世界での極秘プロジェクトと仮想世界での事件がリンクする世界観で、冒険や絆、バトルを描くSFアクション系ファンタジー。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第10話『禁忌目録』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第10話『禁忌目録』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオの側付きであるロニエとティーゼの姿が見当たらず、キリトは2人を探すために外に出た。入れ違いにならないように部屋に残ったユージオの元に来たのは、ティーゼの同室の初等練士であるフレニーカだった。彼女からロニエとティーゼに危険が迫っていることを知らされたユージオは、1人でウンベールとライオスの部屋へと駆けつける。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第10話『禁忌目録』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第6話『アリシゼーション計画』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第6話『アリシゼーション計画』)のあらすじと感想・考察まとめ

ラースの研究施設「オーシャン・タートル」への潜入に成功したアスナは、菊岡にキリトの居場所はどこかと詰め寄る。そこで菊岡に明かされたのは、想像を絶する壮大な目的を持つ「ソール・トランスレーター」を使った計画である「アリシゼーション計画」と、その計画でのキリトの役割だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第6話『アリシゼーション計画』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第5話『オーシャン・タートル』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第5話『オーシャン・タートル』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界ではキリトは昏睡状態に陥り、行方不明となっていた。恋人のアスナを始めとした仲間たちがキリトの行方を追い、茅場晶彦の大学時代の同期・神代凜子が関わる研究がキリトの居場所に繋がる鍵なのではないかということに気づく。神代凜子に連絡を取ったアスナは、キリトが居るかもしれない人工島「オーシャン・タートル」に辿り着く。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第5話『オーシャン・タートル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第12話『図書室の賢者』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第12話『図書室の賢者』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下牢からの脱出に成功したキリトとユージオは、整合騎士エルドリエ・シンセシス・サーティワンに遭遇し、戦闘になる。その最中エルドリエが人間としての記憶を失っていることに気づいた2人は、エルドリエに過去の記憶を思い出すように呼びかけるが、更なる追手が迫って来た。 絶体絶命の2人を救ったのは、カーディナルと名乗る1人の不思議な少女だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第12話『図書室の賢者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第7話『剣の学び舎』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第7話『剣の学び舎』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオはルーリッドの村を出て央都セントラルに着き、北セントリア帝立修剣学院で剣士になるために学ぶ日々を送っていた。キリトが側付きとなった学院次席のソルティリーナは、キリトの剣術にまだ見せていない強さがあると見抜き、キリトは彼女の卒業までにまだ見せていない技を見せると約束する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第7話『剣の学び舎』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第9話『貴族の責務』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第9話『貴族の責務』)のあらすじと感想・考察まとめ

上級修剣士となったキリトとユージオだが、ユージオは自分の剣にどんな想いを込めて強くなれば良いのかと悩んでいた。そんな中、ユージオは次席のウンベールに絡まれて立ち合いの申し込みを受け、引き分けになった。上級貴族である自分が平民出身のユージオと引き分けになったことで逆恨みをしたウンベールは、ユージオを貶めるために自分の側仕えである少女を利用する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第9話『貴族の責務』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第8話『剣士の矜持』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第8話『剣士の矜持』)のあらすじと感想・考察まとめ

学院首席のリーバンテイン先輩との手合せで、引き分けの結果になったキリト。そんなキリトの試合を見たソルティリーナは、独自流派であるセルルト流の後継者である自分への自信を持ち、修剣士検定試合で首席の座を勝ち取る。一方、上級貴族の同期生からの嫌がらせでキリトが大切に育ててきた花が無惨にも荒らされてしまうが、仮想世界でのイメージ力がキリトに力を貸す。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第8話『剣士の矜持』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第15話『烈日の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第15話『烈日の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

セントラル・カセドラルを上るキリトとユージオの前に現れたのは、リネルとフィゼルと名乗る2人の少女だった。何故子どもがいるのかと不思議に思うキリトとユージオだったが、リネルとフィゼルの不意打ちで毒剣を刺されてしまい、麻痺状態になってしまう。 身動きが取れない2人はリネルとフィゼルに引きずられながら、副騎士長を務める整合騎士の元へ連れて行かれる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第15話『烈日の騎士』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第11話『セントラル・カセドラル』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第11話『セントラル・カセドラル』)のあらすじと感想・考察まとめ

禁忌目録に違反したキリトとユージオは罪人となり、セントラル・カセドラルの牢屋に投獄されることになった。2人を連行するために姿を現したのは、何と整合騎士になったアリスだった。しかしアリスはユージオのことを覚えておらず、雰囲気も幼い時とは全く違う物に変わっていた。 一方、現実世界では、キリトの回復を待つアスナの前に奇妙な姿のロボットが現れる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第11話『セントラル・カセドラル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第13話『支配者と調停者』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第13話『支配者と調停者』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトはカーディナルが招いたセントラル・カセドラルの中の大図書室で、彼女とアドミニストレータであるクィネラとの因縁を説明された。カーディナルはアンダーワールドの秩序を守る自律型プログラムだったのだ。キリトはそれを聞いて驚くが、彼女は更にアンダーワールドに迫りくる危機を告げる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第13話『支配者と調停者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第4話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第4話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオは大怪我を負いながらも、ゴブリンたちの手からセルカを救い出すことに成功した。またゴブリンを退治したことで、ユージオは青薔薇の剣を使えるようになり、キリトに剣術を教えてもらう。そして無事にギガシスターを切り倒した二人は、剣士になるために旅立つ。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第4話『旅立ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第2話『悪魔の樹』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第2話『悪魔の樹』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界で昏睡状態に陥ったキリトが目覚めると、そこは仮想世界を彷彿とさせる謎の世界だった。キリトは森の中を彷徨い、巨大な樹の下で1人の少年・ユージオと出会う。ログアウトが出来ない状況の中、仮想世界の謎は深まるばかりだった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第2話『悪魔の樹』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第14話『紅蓮の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第14話『紅蓮の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオは剣を取り戻し、セントラル・カセドラルの最上階を目指した。そんな2人の前に立ちふさがったのは、整合騎士デュソルバート・シンセシス・セブンだった。 デュソルバートの神器「熾焔弓」がキリトとユージオを襲うが、連携と連撃技を使って2人は勝利する。アリスを連れ去ったデュソルバートに恨みを抱くユージオ。しかしデュソルバートには、人間としての記憶がなかった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第14話『紅蓮の騎士』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第3話『果ての山脈』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第3話『果ての山脈』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトはユージオと出会った次の日、ルークリッド村で、6年前にアリスという少女が王都に連れて行かれた事件について知る。そんな中、アリスの妹・セルカが危険な果ての山脈へ行ってしまい、キリトとユージオはセルカの元へ駆けつけた。そこでは凶暴なゴブリンがセルカを捕まえており、キリトとユージオを殺そうとする。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第3話『果ての山脈』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第16話『金木犀の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第16話『金木犀の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトは整合騎士副騎士長ファナティオとの戦いに勝ち、ユージオと共にセントラル・カセドラルの上階を目指す。2人は昇降係と名乗る少女の案内で80階の雲上庭園に辿り着いた。 そこにはユージオが探し求めていた少女アリスが待ち構えており、神器「金木犀の剣」を持つアリスとの戦いが始まった。しかし庭園を囲む壁が突然崩れ、キリトとアリスは建物の外に放り出されてしまう。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第16話『金木犀の騎士』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

人気声優プロフィール・経歴・出演作品まとめ

人気声優プロフィール・経歴・出演作品まとめ

人気アニメや人気ゲームなどに出演されている声優の方々のプロフィール・経歴・出演作品をまとめた記事です。今まで声優さんに興味のなかった方や、アニメを観ていたりゲームをやっていて「この人がやってたんだ!」と気づくこともあると思いますので、記事を読んで楽しんで頂ければなと思います。 ※画質が悪い画像があります。ご了承ください。

Read Article

【ソードアート・オンラインII】銃の世界でただ一人、ライトセーバーで戦う少年が居た。

【ソードアート・オンラインII】銃の世界でただ一人、ライトセーバーで戦う少年が居た。

舞台を剣の世界から銃の世界に移して繰り広げられるソードアート・オンラインの続章。 GGO(ガンゲイル・オンライン)で都市伝説とされていた、謎のプレーヤーにゲームの世界で撃たれた人々が現実世界でも死を遂げる事件が発生する。主人公はその事件の調査をすべくGGOへと潜り込む。

Read Article

【藍井エイル】芸能人、AV女優、歌手…“リストカットの跡”がある有名人たち【Cocco】

【藍井エイル】芸能人、AV女優、歌手…“リストカットの跡”がある有名人たち【Cocco】

リストカットは、自殺の方法としては比較的知られているものである。しかし正確に動脈を傷つけなければ死に至るケースは少ないので、成功率自体はそれほど高くないともされている。 ここでは、リストカットの跡がある芸能人、モデル、タレント、女優、AV女優たちを紹介する。一部グロい画像を含むので、閲覧は自己責任でお願いする。

Read Article

目次 - Contents