もののけ姫のシシ神の謎についてネタバレ解説・考察まとめ

C6rhvbzuoaibyol

スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画「もののけ姫」。人間と森に住まう神々「もののけ」との対立を描く。劇中の神々の頂点としてシシ神という存在が登場する。シシ神は多くの謎を覗かせつつも最後までその存在がどういうものかを劇中で語りつくされることなく、物語は終了する。人にとって、また神々にとってどういう存在なのかについて掘り下げていく。

『もののけ姫』の概要

「もののけ姫」は、1997年にスタジオジブリによって制作された長編アニメーション映画作品である。中世の日本を舞台とし、まだ神々が人間にとって身近に存在していた時代の人と森=神との闘争を描いた作品である。監督である宮崎駿が構想に16年を費やした大作であり、当時の日本の映画興行記録を塗り替えた。映画に登場する動物たち「もののけ」が神々として人々に畏れられる存在であるなか、神々の頂点にいるものとして「シシ神」という存在が描かれている。物語の中心にいる存在であるにも関わらず、シシ神については多くを語られず謎を残したまま映画は終わる。
シシ神は神々にとって、そして人間にとってどういう存在であったのか。物語を通してその謎に迫っていく。

『もののけ姫』のあらすじ・ストーリー

20160516225951

まだ森が深く、神々が住んでいたとされる時代の物語。エミシの村に住む少年アシタカは、村を襲ったタタリ神(神々が死を恐れたために呪いを受けた化け物)を退治した際に右腕に呪いを受けることになる。タタリ神の亡骸からは鉄のつぶてが撃ち込まれた痕跡があり、それが巨大な猪神(ナゴの守)を苦しめ、タタリ神にしたことがわかる。アシタカは自身の呪いを解く方法を求め、ナゴの守が来たとされる西の地へ旅立つのだった。
西の地を目指す途中、地侍のいさかいに巻き込まれていたジコ坊を助けた縁から、神々が昔の姿のままにいる深い森、シシ神の森のことを聞きそこを目指すことになる。
シシ神の森を目指すみちすがら、森の近くにある大きなタタラ場(製鉄場のこと)に寄ることとなり、アシタカはそこでエボシという女城主と出会う。エボシはタタラ場の鉄でつくられた石火矢を操り森にいる神々「もののけ」を狩っていた。アシタカに呪いをもたらしたナゴの守に撃たれた鉄のつぶてもエボシが撃ったものであった。アシタカは右腕の呪いを見せつけ、自分のように呪われる人を増やさぬようエボシに語りかけるが、エボシは拒む。アシタカはエボシの案内で身体をハンセン病におかされた人々の小屋にいく。そこで、エボシに救われた人々から人の世の儚さ厳しさ、それでもなお生きたいという慟哭を聞き、そんな彼らにとってのエボシの存在の大きさを知る(エボシのやっているタタラ場は稼働させていくことで森から木を伐採し人が住める場所をふやしていることにも繋がる)。また、タタラを踏む女性たちにとってのタタラ場の価値、エボシのかけがえのなさを知り、自分がどうすべきかを思い悩むようになる。
そんなアシタカの前に、エボシを恨み命を狙う犬神に育てられた少女サンがタタラ場に襲撃をかけにくる。これ以上の憎しみを増やしたくないアシタカは、エボシとサンの争いを止めるが、その際に重傷を負ってしまう。アシタカは傷の身体のままにサンを連れてタタラ場を後にする。
アシタカはサンにシシ神の森で介抱を受ける。そしてアシタカはシシ神と出会い、その傷を癒されるも、腕の呪いを解かれることはなかった。「あがき苦しみ生きろ」と言われていると考えたアシタカは、森と人との間で悩み続けることとなる。
森には鎮西(九州)から海を渡りやってきた巨大な猪神乙事主をはじめ、猪神が集結。サンたち犬神の一族とともに人間を迎え撃つ準備を整えていた。エボシたち人間もまた、石火矢衆を集め、シシ神の森に攻め入る準備を進めていた。天朝からの指令により、不老不死が宿るとされるシシ神の首を狩り献上するようにいわれているためだ。
アシタカの傷が癒えたころ、ついにエボシたち人間はシシ神の森に攻め入り、エボシはシシ神の首を狩ることに成功する。しかし、シシ神は首のない姿のままに首を求めて死をもたらすデイダラボッチとなり、周りの生命を奪っていった。森が滅びゆく景色のなかで、サンは人間に対しての憎しみを止められずに心を開いていたアシタカをも拒絶しようとするも、アシタカはその気持ちを包み込み、一緒に首を取り戻そうと語りかける。
アシタカとサンは首を取り戻すことに成功、シシ神は最後にアシタカの呪いを解き、周りに緑を取り戻しこそすれども、姿は消えてしまった。シシ神は死んだと落胆するサンに対し、シシ神はいなくならない、生命そのものだとアシタカは語りかける。
森に帰るサンに対し、アシタカは人と森との間で生き続ける道を選択し、タタラ場に戻っていくのだった。

神々の存在と人

Be2b43239566309e2d406b1ce2367365

出典: matome.naver.jp

猪神である乙事主

Cpgj5lyusaa 0rl

出典: www.google.co.jp

捨てられたサンを育てた犬神モロの君

劇中では神々とされる獣たち「もののけ」が存在している。言葉を操り、今の動物たちよりもはるかに身体が大きい。この神々とは、日本の神道でいうところの八百万の神々である。
日本国には「畏れ」という考え方が古来より存在している。畏れとは、人間にはどうすることもできないもの、天災、災害、理解できないものに対して恐怖を感じたり、おそれることをいう。言葉を操り、人間の考えの届かない存在としての「もののけ」たちもまた、神々として畏れ敬われてきた存在だ。「もののけ」たちは森と同義に扱われている。自然=神である。その神々を畏れ敬いつつ、もののけ姫の世界の人々も自然と共生して生活をしていた。アシタカの故郷であるエミシの里が良い例である。タタリ神であるナゴの守を討ち果たしこそすれど、しっかりと敬い、その亡骸を埋葬している。
その畏れが弱まっているのが「もののけ姫」の人間の舞台、タタラ場だ。
タタラ場とは人間の砦のように扱われているたたら製鉄場のことである。この製鉄場は自然破壊の象徴として扱われている。たたら製鉄は砂鉄を原料として、燃料には木材が使用される。たたら製鉄を盛んに行うということは、それに比例して森林伐採が進んでいくということでもある。人間社会のコミュニティの発展は自然破壊と同時並行で進んでいく。それに怒り、森の主でもある「もののけ」は人を襲うこともある。
その神々を殺すために武装し、石日矢(拳銃)を操っていったのがエボシたちである。
一見すれば、森の神を殺すエボシたちではあるが、エボシが行っていることは単純に悪とは呼べない。例えば、タタラ場では女性を雇用し社会的地位を得ている。他にも、他の村とは比べ物にならないほどタタラ場には活気がある。エボシたちが生み出す鉄は銃を作るが、その銃でタタラ場に来た侍を追い返している。さらに病で苦しみ、忌避される人々にエボシは優しい手を差し伸べている。ある観点ではエボシの行いは「正義」なのだ。当然森の主であり、「もののけ」たちにすれば人を打倒し、森を守ろうとすることが「正義」である。
「もののけ姫」は単純な勧善懲悪では表せない人と自然との関係を現している。その自然と人間の関係のなかで一際異彩を放つ存在。それがシシ神である。

シシ神の謎

シシ神の特徴

Cpgt751vuaa0aie

出典: togetter.com

シシ神、昼の姿。顔は人間のようだ。

O0960049213855663849

出典: ameblo.jp

シシ神の夜の姿、デイダラボッチ

シシ神は、神々の頂点として扱われている。猪神たちがシシ神の森に集まったときに、シシ神を森の守り神であると述べている。そのシシ神自身は非常に謎に満ちた存在感をもって各所の場面に登場してくる。その謎を3つの特徴から紐解いていく。
シシ神の特徴、1つ目はしゃべらないということ。登場してくる「もののけ」たちは総じて人の言葉を操っているのに対して、シシ神は劇中で言葉を発することは一度もなかった。意思の疎通を図れない存在、超常の存在としての神の在り方を表している。劇中において、乙事主は、一族の姿が小さくなり、言葉を失っていくことに対して嘆いてたが、シシ神は言葉を失ったのではなく、元々話さない存在である。そのため、劇中シシ神に対して「もののけ」たちが語りかける場面は一度もない。そういう超常の存在として神々からも認知されているのだ。
2つ目は姿が昼と夜で変わるということ。昼は鹿を思わせる姿であるのに対し、夜はデイダラボッチという巨人の姿にも変わる。昼の姿は、顔は人間、胴体はシカ、カモシカなどの複数の動物が合わさっているような姿をしている。この姿であることで、人を含めた全ての動物に通ずる存在として表現されている。夜の姿デイダラボッチは、古来から日本の神話、伝承において、国造りの伝説を多く残している存在だ。その巨体で山を作り、湖をつくり、川をつくったとされている。つまり昼の姿が生きとし生ける生命を、夜の姿は自然を表現している。
そして、3つ目、一番の特殊性は命を救うこともできれば、奪うこともできるということだ。これは自然界そのものを表現している。自然というのは恵み豊かな実りで生きている生命を育むこともあれば、台風や洪水、地震といったどうしようもない災害によって生命を奪うこともある。意思の疎通ができず、姿形を変え命のやりとりをする。まさに人間にはどうすることもできない、畏れの神そのものである。
特徴的なのは、その神としての在り方が人間だけではなく、「もののけ」たちにとっても当てはまるということだ。映画終盤乙事主はタタリ神となってしまうが、シシ神はその姿を見て救うのではなく、命を奪うということをして乙事主を眠りにつかせた。その反面、人間であるアシタカを一度救っている。そのあり方は人も「もののけ」も関係がない、抗いようのない生と死そのものが形となって現れた姿といえる。猪神たちが森の守り神だとシシ神のことを述べているが、これは「もののけ」の守り神ではないということの暗喩だ。

『シシ神』の名前の意味

ここでシシ神という名前について触れておく。シシという言葉には下記の意味がある。

肉を意味する古語で、「宍」「肉」の字をあて、食肉や人体の肉をさす。また「獣」の字をあてて、食肉の供給源であったけだものを総称し、なかでもシカとイノシシをさすことが多いが、これは、とくにその肉が好んで食されたことによるものと考えられる。シカは「かのしし」ともいい、イノシシともども「しし」の語と密接な関係があるが、このことは『古語拾遺』(807成立)に、大国主命(おおくにぬしのみこと)が、骨休めとして農民にウシの肉をふるまい、大歳神(おおとしのかみ)の怒りを買う話が伝えられているように、仏教の殺生禁断の教えが日本人の肉食の習慣、とくに家畜の肉を食することを禁じたため、シカやイノシシが重要な食肉の供給源となった結果とみられる。

出典: kotobank.jp

シシという言葉には食肉という意味があることがわかった。自然そのものであるシシ神にこのシシという言葉を使った意図は、自然が人間に食いものにされてしまうということの暗示だ。人間と自然、互いになくてはならないものとしながらも、シシ神にこのようなメッセージ性を込めたのは、人間はやはり悪であるということなどではなく、そうやって生きていくしかないということだ。
人間が生きていく以上、森を狩り、田畑を耕し住居を建てる。それもひとつ人間が自然界にいる以上、自然の営みの1つとして組み込まれている。アシタカは、サンと別れたあとタタラ場で過ごすことになるが、タタラ場は報いをうけて崩壊している。食いものにした自然のせいで、自分たちの豊かだった暮らしはリセットされた。そうやって生きていくしかない。これがシシ神の名前に込められた想いだ。

なぜシシ神は全ての命を奪ったのか

Cpvhtf8uiaaow2k

出典: twitter.com

森と人、手を取り合うアシタカとサンのラストシーン

最後の場面、一見理不尽だと思えることが起こる。首を落とされたシシ神は周りに死をもたらすデイダラボッチとなり、人も森も関係なく触れたもの全ての命を奪っていった。人間に対しては天罰と考えられるが、シシ神を守ろうとした森に対しても同様に死をもたらすというのは、必死にシシ神を守ろうと闘った「もののけ」たちからしてみれば理不尽な処罰だ。シシ神の首は最終的にはアシタカとサンによって返されたものの、豊かだった森は死に絶える。
このシシ神の行動が物語っているのは、どちらか一方が生き残ればいいというものではなく、森も人も共に歩まなくてはいけないということだ。人間だけがいればいいというものではない、森だけがあればいいというものでもない。既に両者が存在しているのであれば、手を取り合って進んでいけ、最後のアシタカとサンの在り方がシシ神が伝えたかったことである。
シシ神は『自然界そのもの』を現している存在だ。「もののけ」たちは神と呼ばれながらも、その命には寿命がある。乙事主にしても、サンの育ての親である犬神モロの君にしても、長い時間を生きていながらも劇中で命を落としている。反面、シシ神は死ぬことはない。劇中ラストでアシタカがサンに語っている通り、シシ神は生命そのもの、自然そのものであるため、命という営みがある限りその在り方がなくなるということはない。
自然そのものだからこそ、人に味方をすることもあれば、「もののけ」の命を奪うこともある。シシ神という姿こそあれど、どちらの思いにも応えることなく、まさに自然そのもののように在り様は超然としていた。シシ神という存在を引き合いに出しつつも、人と「もののけ」、自分たちがよりよく住める環境を手に入れたいがための争いであった。自然界そのものであるシシ神にとってみれば、そこに関与するはずもない。

「もののけ姫」が公開された当時の1997年は、環境問題についての議論が盛んにされるようになった時代である。象徴的な出来事は、温暖化問題について世界の取り組みとして京都議定書が採択されたことにある。宮崎駿がこの映画を構想し始めた時代は更にその前、日本が高度経済成長を遂げ、人間の幸せを追い求め続けた時代である。まさに劇中のエボシたち人間と同じである。そんな時代において、シシ神は自然を表す神として、人と「もののけ」の争いにひとつの結果を出した。
人はタタラ場を失い、森はそのものを失った。決して明るい未来が待っている終わり方ではない。それだからこそ、手を取り合って進まなければならない。シシ神はそれを伝え、シシ神としての殻を捨て、あまねくすべてに宿る生と死そのものへと溶けて行った。

森が死に絶えたのち、わずかばかりの緑を芽吹かせたシシ神に対して、アシタカに命を救われた甲六は「花咲かじいさん」と語った。
命の連鎖、シシ神は偉大なる自然の摂理だ。

最後に宮崎駿が「もののけ姫」について述べた文を記載する。

「アシタカが「ここで暮らそう」と決めた世界が、希望に満ちているかと言うと、そうじゃなくて、その当時の日本に住んでいた多くの人々が共有していた世界そのものなんです。他の土地に比べたら、そこの方がましだということでもない。じゃあ他の土地に比べたら酷いかというと、同じなんですね。そういう所に生きていくということなんです。」

出典: www.yk.rim.or.jp

starwarofthegod
starwarofthegod
@tw-143255473

Related Articles関連記事

もののけ姫(Princess Mononoke)のネタバレ解説まとめ

もののけ姫とは、宮崎駿、スタジオジブリ原作の長編アニメーション映画作品である。 1997年7月12日全国公開され、1998年の春先までロングラン上映を実施した映画館もあったことで、 興行収入193億円を記録し、20世紀日本映画歴代興行収入第1位となった。 アシタカという人間ともののけに育てられたサンが出会い、人間と自然の対立を描いた壮大な作品になっている。

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

千と千尋の神隠し(Spirited Away)のネタバレ解説まとめ

2001年の夏に劇場公開されたジブリの長編アニメーション映画。この映画は千尋と言う10歳の少女が神々の世界に迷い込んでしまう物語である。興行収入は300億円を超える業績を生み出し、2003年にはアカデミー賞を受賞した。まさに大作中の大作である。その名作ぶりは2016年のイギリスBBCの投票で、「21世紀の偉大な映画ベスト100」の4位に選ばれたほど。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

となりのトトロ(My Neighbor Totoro)のネタバレ解説まとめ

1988年公開。昭和30年代、緑豊かな農村に引っ越してきた草壁さつき、メイの姉妹は奇妙な生き物トトロと出会います。ネコバスも含め、子供の時にしか会えない彼らとの交流、そして少しの成長を描いたもの。爽やかな自然の描写と、それに相反する多くの暗い都市伝説を持つ作品でもあります。宮崎駿の原作、脚本、監督アニメ映画。

Read Article

おもひでぽろぽろ(Only Yesterday)のネタバレ解説まとめ

1991年公開のスタジオジブリ作品。監督・脚本は高畑勲。制作プロデューサーとして宮崎駿も参加している。ひとり旅に出た27歳の私が“小学5年生のワタシ”と一緒に、それまでの歩みを振り返るストーリー。 声優として今井美樹や柳葉敏郎が参加していることも上映当時には話題となった。 キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る」。

Read Article

魔女の宅急便(Kiki's Delivery Service)のネタバレ解説まとめ

『魔女の宅急便』は、1989年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。キャッチコピーは「おちこんだりもしたけれど、私は元気です」。13歳の魔女キキは満月の夜に自分の住む街を出て、海の向こうの街コリコにたどり着く。そこで「魔女の宅急便」を開業し、挫折を味わい、成長していく。角野栄子の『魔女の宅急便』が原作で、映画では原作よりファンタジー性が抑えられているのが特徴。

Read Article

耳をすませば(耳すま、Whisper of the Heart)のネタバレ解説まとめ

「耳をすませば」は、1995年に公開されたジブリ映画。原作者は柊あおいである。この映画は、ジブリ作品を作画で支えていた近藤善文の最初で最後の監督作品で脚本・絵コンテは宮崎駿が担当している。ストーリーは、主人公「月島雫」を中心に恋や夢、悩みなどを描いている。誰もが一度は経験したことがある甘酸っぱい青春ストーリーで未だに人気の高い作品だ。

Read Article

風立ちぬ(The Wind Rises)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

紅の豚(Porco Rosso)のネタバレ解説まとめ

『紅の豚』は、スタジオジブリ制作・宮﨑駿監督による日本の長編アニメーション作品。 舞台は世界大恐慌に揺れるイタリア・アドリア海。自分自身に魔法をかけて豚の姿になったイタリア人・マルコが偽名「ポルコ・ロッソ」を使い、飛行艇を乗り回す空中海賊「空賊」たちを相手に、賞金稼ぎとして空中戦を繰り広げる。

Read Article

コクリコ坂から(From Up on Poppy Hill)のネタバレ解説まとめ

『コクリコ坂から』とは、2011年に公開されたスタジオジブリのアニメーション映画。監督は宮崎吾朗で、キャッチコピーは『上を向いて歩こう。』。 港南学園高校2年生のメルこと松崎海は、毎朝庭で旗を揚げていた。それは戦争に行ったきり、帰ってこない父親へ向けた信号旗だった。ある日、学校新聞「週刊カルチェラタン」で、自分が旗を揚げる少女として取り上げられていることに気が付く。それは同じ高校の3年生、風間俊が書いた記事だった。メルはこの記事をきっかけに俊を気にするようになり、だんだんと彼に惹かれていく。

Read Article

崖の上のポニョ(Ponyo)のネタバレ解説まとめ

「崖の上のポニョ」とは、宮崎駿監督によるスタジオジブリ製作の長編アニメーション映画作品。2008年に公開された。藤岡藤巻と大橋のぞみが歌うエンディング主題歌「崖の上のポニョ」は、オリコン週間3位になり話題になった。崖の上の一軒家に住んでいた5歳児の少年「宗介」は、海で魚の女の子「ポニョ」に出会う。ポニョは宗介に恋をし、人間になろうとするのであった。

Read Article

ハウルの動く城(Howl's Moving Castle)のネタバレ解説まとめ

「ハウルの動く城」とは宮崎駿監督、スタジオジブリ製作の日本の長編アニメーション映画作品である。2004年11月20日に全国公開され、興行収入は196億円。スタジオジブリ製作アニメでは「もののけ姫」を抜き、「千と千尋の神隠し」に次ぐ第2位の記録を樹立した。 物語は魔法と機械が混在する架空の世界が舞台。呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの戦火の恋を描く。

Read Article

猫の恩返し(The Cat Returns)のネタバレ解説まとめ

『猫の恩返し』とは、2002年に上映されたスタジオジブリのアニメーション映画作品。監督は森田宏幸。本作は、同じくジブリ作品である「耳をすませば」の主人公「月島雫」が書いた物語という、ジブリでは珍しいスピンオフ作品。主人公「住吉ハル」は車に轢かれそうになった猫を助けた事が原因で、猫の国へ連れて行かれる事になってしまう。ハルが助けを求めたのは猫の事務所の主「バロン」であった。

Read Article

火垂るの墓(Grave of the Fireflies)のネタバレ解説まとめ

『火垂るの墓』とは、自身の戦争体験を題材にした野坂昭如の短編小説を元に、監督と脚本を高畑勲、新潮社とスタジオジブリが製作した劇場用長編アニメーション映画。1988年4月16日から東宝系で公開された。第二次大戦下の兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、父の出征中に母が亡くなってしまった14歳の兄・清太と4歳の妹・節子が、終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとする姿を描いた物語。

Read Article

未来少年コナン(Future Boy Conan)のネタバレ解説まとめ

『未来少年コナン』とは、宮崎駿監督が初監督をした作品で、小説家アレグザンダー・ケイの「残された人々」を原作にしています。NHKによって1978年4月から10月まで放送された作品。この作品は核兵器を上回る超磁力兵器によって文明が崩壊して20年が経った後の世界で、野生児コナンとその仲間たちによる冒険アクションアニメです。

Read Article

ルパン三世 カリオストロの城(Lupin III: The Castle of Cagliostro)のネタバレ解説まとめ

『ルパン三世 カリオストロの城』とは、モンキー・パンチ原作の漫画「ルパン三世」の劇場用アニメーション映画化第2作。1979年12月東宝系公開。 宮崎駿が初めて劇場用作品の監督を手掛け、映画史上に残る不滅のアニメーションとして世界的に親しまれている名作。ゴート札なる偽札を製造し、世界経済の裏側で暗躍していると伝えられるカリオストロ公国で、カリオストロ伯爵の妻にさせられようとしている公女クラリスを救うため、そして国の秘密を暴くため、ルパン三世とその仲間たちの活躍を描く。

Read Article

ゲド戦記(Tales from Earthsea)のネタバレ解説まとめ

2006年公開、スタジオジブリ作品であり、宮崎駿氏の息子である宮崎吾朗氏が初監督を務めた長編アニメーション映画。国を捨て旅に出た王子アレンと、その旅の途中で出会った顔にやけどを負った少女テルー。二人は旅をするにつれ、自身が抱える辛い過去と向き合いながらお互いの理解を深めていく。互いの心に歩み成長していく姿や、メッセージ性に様々な考え方をもたらす作品。

Read Article

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

かぐや姫の物語(The Tale of the Princess Kaguya)のネタバレ解説まとめ

『かぐや姫の物語』とは、日本最古の物語と言われている『竹取物語』を題材に、高畑勲が14年ぶりに監督を務めたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。2013年11月公開。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。竹から出てきた娘・かぐや姫が美しく成長し、男性たちからの求婚をかわし、やがて月に帰って行くという『竹取物語』の筋書きはそのままに、何のために地球に来てなぜ月に帰ることになったのか、誰も知ることのなかったかぐや姫の「心」と、物語に隠された真実を描き出す。

Read Article

ナウシカが招いた死の未来【漫画版 風の谷のナウシカ(ネタバレあり)】

初めてのジブリ作品で、代表作の一つである『風の谷のナウシカ』。ナウシカには映画版と漫画版があり、映画版の内容は漫画版全7卷の中で第1巻のストーリーです。 漫画版では、王蟲や腐海の蟲はなぜ生まれたのか、巨神兵は何のために生まれたのか、ナウシカたちは何者なのか、など映画では描かれなかった衝撃の事実が明らかになります。それを知ったナウシカはある行動に出ます。それは逃れられない滅びの道です。 この記事では、漫画版で描かれた衝撃の結末・ナウシカの決断を解説します。

Read Article

ジブリを「音」で支えた天才アーティスト・久石譲のジブリ名曲集

みなさん、「久石譲(ひさいし じょう)」という方をご存知だろうか?編曲家、指揮者、ピアニストでもあり作曲家でもある彼が世に生み出すのは、自然と心に染み渡ってくる美しい音楽である。中でも一際人々の心を掴んでやまないのが、ジブリの長編アニメーション音楽だ。今回は、宮崎駿監督の作品に29年間提供し続けてきた久石譲さんの「音楽」の世界について迫る。

Read Article

アニメ・漫画に出てくる、見ているだけでよだれが出てくる美味しそうな食べ物たち

アニメ・漫画で度々登場するのが、食べ物のシーン。しかし食べ物は現実、色のグラデーションや光の吸収率や反射率などがまちまちで、絵として表現するのは至難の技なのです。けれども、そんな中でもその独特な食べ物たちを極めて美味しそうに書いたアニメや漫画があるのです。今回はそんなシーンにこだわって、たくさんの美味しそうな食べ物をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents