火垂るの墓(Grave of the Fireflies)のネタバレ解説まとめ

001

『火垂るの墓』とは、自身の戦争体験を題材にした野坂昭如の短編小説を元に、監督と脚本を高畑勲、新潮社とスタジオジブリが製作した劇場用長編アニメーション映画。1988年4月16日から東宝系で公開された。第二次大戦下の兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、父の出征中に母が亡くなってしまった14歳の兄・清太と4歳の妹・節子が、終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとする姿を描いた物語。

『火垂るの墓』の概要

002

『火垂るの墓』とは、野坂昭如の短編小説を原作とした劇場用長編アニメーション映画。1988年4月16日から東宝系で、宮崎駿監督作品『となりのトトロ』と同時公開された。キャッチコピーは糸井重里作による「4歳と14歳で、生きようと思った」。
新潮社の製作でアニメーション制作はスタジオジブリ。監督・脚本は『パンダコパンダ』『アルプスの少女 ハイジ』の高畑勲。キャラクターデザインと作画監督は、後に『耳をすませば』で監督デビューする近藤喜文。音楽を『太陽の王子 ホルスの大冒険』の間宮芳生が担当。
メインキャストには、公開当時16歳1ヶ月で清太の声を担当した辰巳努、5歳11ヶ月で節子の声を担当した白石綾乃、共に作品舞台と同じ関西地区の出身者である。また清太、節子の母の声を担当した志乃原良子をはじめ、関西出身の俳優が多数出演しており、本職のアニメ声優はほとんど起用されていない。

野坂昭如の原作は、自身の戦争原体験を題材にした短編小説で、1967年(昭和42年)に雑誌『オール讀物』10月号に掲載され、同時期発表の『アメリカひじき』と共に翌春に第58回(昭和42年度下半期)直木賞を受賞している。同小説を原作として、同名タイトルの実写映画、漫画、テレビドラマ、合唱組曲などの翻案作品など数々のメディア作品が作られており、特に本作のアニメーション映画は一般的にも人気の高い作品となっている。なお、イギリスでも実写映画化が予定され、撮影は2014年から行われるはずだったが、結局、実現しなかった。

原作小説を文庫として販売している新潮社が、徳間書店社長・徳間康快の要請を受けて本作『火垂るの墓』の出資・製作となっており、新潮社がメディアミックスで映像製作に携わる初めてのケースとなった(因みに当時の新潮社社長・佐藤亮一が企画・製作でクレジットされている)。こうした経緯から、ビデオやLDは徳間系列ではないパイオニアLDCから発売され、その後リリースされたDVDも、ジブリ作品としては例外的にワーナーの扱いとなっていた(新潮社との契約が満了した2008年8月以降はブエナビスタから再発されている)。2012年4月にはBlu-ray Disc版が発売された。

『火垂るの墓』のあらすじ・ストーリー

003

清太と節子は避難所に向かう途中、焼夷弾が降り注ぎ、辺りは瞬く間に火の海となった。

終戦直後の昭和20年9月21日の夜、神戸・三ノ宮の駅構内で14歳の少年・清太(せいた)が衰弱死した。清掃に来た駅員が清太のポケットから錆びたドロップ缶を見つけ、無造作に近くの草むらへ放り投げると、地面に落ちた缶から清太の妹で4歳の節子(せつこ)の遺骨がこぼれ落ちた。そしてその周りにはたくさんのホタルが飛び交うのだった。清太の魂は自分の死の姿を見つめると、やがて走馬灯のように自分と妹・節子との過去の日々を振り返っていく。

時は終戦直前の昭和20年6月、神戸にある清太の家の外では空襲警報が鳴り響いていた。父は海軍大尉で家には居らず、清太は心臓を患う母と節子と暮らしていた。清太は母を先に避難所へ避難させると、家を片付けてから節子をおんぶして外へ出るのだが、すぐさま焼夷弾が降り注ぎ、辺りは瞬く間に火の海となってしまう。火の手を避けながらなんとか難を逃れた二人は、母のいる避難所の学校へと向かう。学校では怪我人の治療も兼ねていた。そこで近所の知人から「お母さんが怪我をした」と聞いた清太が母の元へ駆けつけてみると、母は全身を包帯でグルグル巻きにされて眠っており、言葉を交わすことも出来なかった。その後、節子と一緒に西宮の親戚の叔母の家に世話になることになった清太は、しばらくして一人で学校の母の元へ行ってみたが、母はすでに亡くなっていた。母は大きな穴に放り込まれて他の犠牲者と一緒に焼かれた。放心した清太は母の遺骨を持ってそのまま西宮の親戚宅へ帰るのだった。清太は、母の死を誰にも言い出せないでいた。
その後、清太は焼けてしまった自宅の敷地から食糧を蓄えてあった甕(かめ)を掘り出し、リヤカーに積んで親戚の家へ持ち帰る。貴重な食料に喜ぶ叔母は、母の見舞いに行くと言い出したので、清太は仕方なく叔母には母の死を告げた。
近所の家に風呂をもらいに行った夜の帰り道。そこには大きな池があり、池の周りにはたくさんのホタルが光と共に飛んでいた。初めて見るホタルに感激する節子。清太は甕から持ち出していたドロップを節子に食べさせた。節子はそのドロップに大喜びした。

004

節子は泣いていてもドロップを貰うとたちまち笑顔になるのだった。

通っていた学校も焼けて、防火活動にも参加せずぶらぶらする毎日が続く清太を見て、叔母は次第に不満をぶつけるようになった。ある日、叔母が母の形見の着物を売ってお米に変えようと言い出した。節子は泣いて反対したが、清太は結構な量の真っ白な米を見て感激する。だが叔母はその米をお国のために働く自分の娘と下宿人に与え、清太と節子は来る日も来る日も雑炊だった。そのことに不満を漏らす清太に、怒った叔母は食事を別々にしても構わないと言い出した。清太は、銀行に母の貯金が7千円残っていることを思い出し、そのお金で自炊用具一式を揃えて自分たちの部屋で自炊を始めることにする。叔母は冗談のつもりだったが、本当に食事を分けようとする可愛げない清太に、叔母の風当たりは日増しに強くなっていく。清太も節子も叔母の家にいることにもう我慢の限界だった。二人は近所の池のほとりにある大きな横穴の防空壕を見つけると、叔母の家を出てそこに住む決意をするのだった。

清太と節子はリヤカーをひいて叔母の家を出た。そして二人は近くの池や川で採れたフナやタニシを食べたり、灯りの代わりに蛍を捕まえたりと、つつましいながらも楽しい暮らしを続けていた。
ある朝、節子は寿命の短い火垂るの死骸を集めて、墓を作るために穴を掘っていた。「何をしているの?」と聞く清太に節子は「お母さんもお墓に入ってるから」と言う。秘密にしていたはずの母の死を、叔母が節子に話していたのだ。涙が溢れて止まらない清太は「いつか(母の)お墓に行こうな」と節子に言った。だが彼は母の遺骨を節子に内緒で防空壕へ持って来ていたのだった。

005

栄養失調で衰弱する節子に何とか美味しいものを食べさせたいと思う清太だった。

次第に食糧は底をつき、困った清太はある日、農家の畑から野菜を盗もうとする。だが、農夫に見つかりボコボコにされた挙句、交番に突き出されてしまう。優しい巡査のおかげですぐに釈放されたが、日に日に目に見えて弱る節子のために、清太は今度は空襲で無人となった家から火事場泥棒をするようになり、必死に飢えをしのいでいた。しかしある日のこと、防空壕の近くで倒れている節子を見つける。すぐに医者に連れて行くも、医者は栄養失調から来るもので滋養をつけるしかないという。節子においしいものを食べさせようとする清太は、残りの母の貯金を下ろしに銀行へ行くと、客の話から日本が戦争に負けたことを知る。さらに連合艦隊もとっくに沈んでしまったことも聞くと、軍艦に乗っていた父も死んでしまったと思い、取り乱したように泣きながら銀行を飛び出す清太だった。

防空壕へ戻ると節子はぐったりと横たわったまま何かを口に入れていた。それはドロップのつもりで舐めていたおはじきだった。清太は慌てておはじきを口から出すと、買ってきたスイカを食べさせようとするが、すでに口にする力も衰えていた。朦朧として横たわっている節子はご飯だと言って小石を清太にくれるという。その痛々しい姿に涙を隠せない清太は、「おかゆを作るから待ってろ」と節子に告げて防空壕を出る。しかしそのまま節子が目を覚ますことはなかった。

011

魂となった清太と節子が見つめる先に立ち並ぶ近代的なビル群。(ラストシーン)

戦争が終わり日本には平和が戻りつつあった。丘の上に登り、清太は節子の遺体をたった一人で火葬にする。節子の遺体が燃え尽き、夜になってたくさんのホタルが舞う様子を清太は見つめた。そしてドロップの缶に節子の遺骨を入れて山を下り、清太はそのまま防空壕に戻ることはなく死を迎えた。

ホタルが舞う野の丘のベンチに、魂となった仲睦まじい清太と節子の兄妹の姿があった。二人が見つめるその先には近代的なビル群が立ち並んでいた。

『火垂るの墓』の主な登場人物・キャラクター

清太(せいた/ CV:辰巳努)

01

14歳の本作の主人公。
海軍大尉の父と心臓を患う母、妹の節子と4人家族の長男で神戸に住む。
父の出征中、空襲で家を焼け出され、母も死去し妹と共に西宮の親戚の家に行くが、叔母と折り合いが悪く妹と共にその家を出て防空壕で生活する。
母の死去後は節子の親代わりとなり、特に後半は節子に食べ物を与えるため必死になる。空襲時に他人の家や畑の野菜を泥棒して生活するが、やがて栄養失調で妹を失い、自身も鉄道の駅構内で衰弱死する。
本作では、死後の清太の魂が自分の死の姿を見つめながら、走馬灯のように自分と妹・節子との過去の日々を振り返っていくように描かれている。

節子(せつこ/CV:白石綾乃)

02

清太の4歳の妹。
空襲によって母と会えなくなって以来、清太から母が亡くなったことは聞かされず、病院に入院していると誤魔化されていた。しかし、叔母から母が既に亡くなったことを聞かされていたことが判明する。
清太と防空壕に住み始めてからは、次第に栄養失調となる。体に汗疹や疥癬ができ、その影響で徐々に目も虚ろになり焦点もあっておらず、死の直前は清太の言葉もほとんど通じていなかった。
清太が買って来たスイカを口に入れた後、目を覚ます事はなくそのまま衰弱死してしまう。
遺体は清太の手によって丘の上で荼毘に付され、遺骨は大好きだったドロップの缶に納められた。

清太・節子の母(CV:志乃原良子)

03

清太と節子の母親。
気立ての良い、上品な美人。
空襲時に清太と節子より先に防空壕に行ったことで被災、全身に大火傷を負い重篤となる。心臓が悪かったこともあり、清太が駆け付けた時には昏睡状態に陥り、そのまま死亡する。清太は節子に母の死を話すことができず、母の遺骨を納めた箱を叔母の家についた直後に庭に隠した。
二人のもしもの時のためにと、銀行に7,000円の貯金を預けていた。

親戚の叔母さん(CV:山口朱美)

04
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

かぐや姫の物語(The Tale of the Princess Kaguya)のネタバレ解説まとめ

『かぐや姫の物語』とは、日本最古の物語と言われている『竹取物語』を題材に、高畑勲が14年ぶりに監督を務めたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。2013年11月公開。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。竹から出てきた娘・かぐや姫が美しく成長し、男性たちからの求婚をかわし、やがて月に帰って行くという『竹取物語』の筋書きはそのままに、何のために地球に来てなぜ月に帰ることになったのか、誰も知ることのなかったかぐや姫の「心」と、物語に隠された真実を描き出す。

Read Article

おもひでぽろぽろ(Only Yesterday)のネタバレ解説まとめ

1991年公開のスタジオジブリ作品。監督・脚本は高畑勲。制作プロデューサーとして宮崎駿も参加している。ひとり旅に出た27歳の私が“小学5年生のワタシ”と一緒に、それまでの歩みを振り返るストーリー。 声優として今井美樹や柳葉敏郎が参加していることも上映当時には話題となった。 キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る」。

Read Article

ゲド戦記(Tales from Earthsea)のネタバレ解説まとめ

2006年公開、スタジオジブリ作品であり、宮崎駿氏の息子である宮崎吾朗氏が初監督を務めた長編アニメーション映画。国を捨て旅に出た王子アレンと、その旅の途中で出会った顔にやけどを負った少女テルー。二人は旅をするにつれ、自身が抱える辛い過去と向き合いながらお互いの理解を深めていく。互いの心に歩み成長していく姿や、メッセージ性に様々な考え方をもたらす作品。

Read Article

もののけ姫(Princess Mononoke)のネタバレ解説まとめ

もののけ姫とは、宮崎駿、スタジオジブリ原作の長編アニメーション映画作品である。 1997年7月12日全国公開され、1998年の春先までロングラン上映を実施した映画館もあったことで、 興行収入193億円を記録し、20世紀日本映画歴代興行収入第1位となった。 アシタカという人間ともののけに育てられたサンが出会い、人間と自然の対立を描いた壮大な作品になっている。

Read Article

コクリコ坂から(From Up on Poppy Hill)のネタバレ解説まとめ

『コクリコ坂から』とは、2011年に公開されたスタジオジブリのアニメーション映画。監督は宮崎吾朗で、キャッチコピーは『上を向いて歩こう。』。 港南学園高校2年生のメルこと松崎海は、毎朝庭で旗を揚げていた。それは戦争に行ったきり、帰ってこない父親へ向けた信号旗だった。ある日、学校新聞「週刊カルチェラタン」で、自分が旗を揚げる少女として取り上げられていることに気が付く。それは同じ高校の3年生、風間俊が書いた記事だった。メルはこの記事をきっかけに俊を気にするようになり、だんだんと彼に惹かれていく。

Read Article

崖の上のポニョ(Ponyo)のネタバレ解説まとめ

「崖の上のポニョ」とは、宮崎駿監督によるスタジオジブリ製作の長編アニメーション映画作品。2008年に公開された。藤岡藤巻と大橋のぞみが歌うエンディング主題歌「崖の上のポニョ」は、オリコン週間3位になり話題になった。崖の上の一軒家に住んでいた5歳児の少年「宗介」は、海で魚の女の子「ポニョ」に出会う。ポニョは宗介に恋をし、人間になろうとするのであった。

Read Article

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

ハウルの動く城(Howl's Moving Castle)のネタバレ解説まとめ

「ハウルの動く城」とは宮崎駿監督、スタジオジブリ製作の日本の長編アニメーション映画作品である。2004年11月20日に全国公開され、興行収入は196億円。スタジオジブリ製作アニメでは「もののけ姫」を抜き、「千と千尋の神隠し」に次ぐ第2位の記録を樹立した。 物語は魔法と機械が混在する架空の世界が舞台。呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの戦火の恋を描く。

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ」。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

猫の恩返し(The Cat Returns)のネタバレ解説まとめ

『猫の恩返し』とは、2002年に上映されたスタジオジブリのアニメーション映画作品。監督は森田宏幸。本作は、同じくジブリ作品である「耳をすませば」の主人公「月島雫」が書いた物語という、ジブリでは珍しいスピンオフ作品。主人公「住吉ハル」は車に轢かれそうになった猫を助けた事が原因で、猫の国へ連れて行かれる事になってしまう。ハルが助けを求めたのは猫の事務所の主「バロン」であった。

Read Article

千と千尋の神隠し(Spirited Away)のネタバレ解説まとめ

2001年の夏に劇場公開されたジブリの長編アニメーション映画。この映画は千尋と言う10歳の少女が神々の世界に迷い込んでしまう物語である。興行収入は300億円を超える業績を生み出し、2003年にはアカデミー賞を受賞した。まさに大作中の大作である。その名作ぶりは2016年のイギリスBBCの投票で、「21世紀の偉大な映画ベスト100」の4位に選ばれたほど。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

となりのトトロ(My Neighbor Totoro)のネタバレ解説まとめ

1988年公開。昭和30年代、緑豊かな農村に引っ越してきた草壁さつき、メイの姉妹は奇妙な生き物トトロと出会います。ネコバスも含め、子供の時にしか会えない彼らとの交流、そして少しの成長を描いたもの。爽やかな自然の描写と、それに相反する多くの暗い都市伝説を持つ作品でもあります。宮崎駿の原作、脚本、監督アニメ映画。

Read Article

魔女の宅急便(Kiki's Delivery Service)のネタバレ解説まとめ

『魔女の宅急便』は、1989年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。キャッチコピーは「おちこんだりもしたけれど、私は元気です」。13歳の魔女キキは満月の夜に自分の住む街を出て、海の向こうの街コリコにたどり着く。そこで「魔女の宅急便」を開業し、挫折を味わい、成長していく。角野栄子の『魔女の宅急便』が原作で、映画では原作よりファンタジー性が抑えられているのが特徴。

Read Article

耳をすませば(耳すま、Whisper of the Heart)のネタバレ解説まとめ

「耳をすませば」は、1995年に公開されたジブリ映画。原作者は柊あおいである。この映画は、ジブリ作品を作画で支えていた近藤善文の最初で最後の監督作品で脚本・絵コンテは宮崎駿が担当している。ストーリーは、主人公「月島雫」を中心に恋や夢、悩みなどを描いている。誰もが一度は経験したことがある甘酸っぱい青春ストーリーで未だに人気の高い作品だ。

Read Article

風立ちぬ(The Wind Rises)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

紅の豚(Porco Rosso)のネタバレ解説まとめ

『紅の豚』は、スタジオジブリ制作・宮﨑駿監督による日本の長編アニメーション作品。 舞台は世界大恐慌に揺れるイタリア・アドリア海。自分自身に魔法をかけて豚の姿になったイタリア人・マルコが偽名「ポルコ・ロッソ」を使い、飛行艇を乗り回す空中海賊「空賊」たちを相手に、賞金稼ぎとして空中戦を繰り広げる。

Read Article

もののけ姫のシシ神の謎についてネタバレ解説・考察まとめ

スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画「もののけ姫」。人間と森に住まう神々「もののけ」との対立を描く。劇中の神々の頂点としてシシ神という存在が登場する。シシ神は多くの謎を覗かせつつも最後までその存在がどういうものかを劇中で語りつくされることなく、物語は終了する。人にとって、また神々にとってどういう存在なのかについて掘り下げていく。

Read Article

ジブリを「音」で支えた天才アーティスト・久石譲のジブリ名曲集

みなさん、「久石譲(ひさいし じょう)」という方をご存知だろうか?編曲家、指揮者、ピアニストでもあり作曲家でもある彼が世に生み出すのは、自然と心に染み渡ってくる美しい音楽である。中でも一際人々の心を掴んでやまないのが、ジブリの長編アニメーション音楽だ。今回は、宮崎駿監督の作品に29年間提供し続けてきた久石譲さんの「音楽」の世界について迫る。

Read Article

現代社会を生きる若者へ贈る野坂御大のお言葉 「野坂説法」全文書き起こし(2分で読めるゾ)

作家、作詞家、歌手、政治家、タレント、評論家等々、様々な顔を持つ知の巨人、野坂昭如。とあるパーティーの壇上で、そのパーティーの主役である故・大島渚に全力で右フックをかましたことはあまりにも有名。一方で、「火垂るの墓」の作者であり「おもちゃのチャチャチャ」を作詞した人物であることを知る者は意外に少ない。 今回はそんな野坂御大が若者に向けて贈った言葉「野坂説法」の全文をお送りします。

Read Article

アニメ・漫画に出てくる、見ているだけでよだれが出てくる美味しそうな食べ物たち

アニメ・漫画で度々登場するのが、食べ物のシーン。しかし食べ物は現実、色のグラデーションや光の吸収率や反射率などがまちまちで、絵として表現するのは至難の技なのです。けれども、そんな中でもその独特な食べ物たちを極めて美味しそうに書いたアニメや漫画があるのです。今回はそんなシーンにこだわって、たくさんの美味しそうな食べ物をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents