未来少年コナン(Future Boy Conan)のネタバレ解説まとめ

『未来少年コナン』とは、宮崎駿監督が初監督をした作品で、小説家アレグザンダー・ケイの「残された人々」を原作にしています。NHKによって1978年4月から10月まで放送された作品。この作品は核兵器を上回る超磁力兵器によって文明が崩壊して20年が経った後の世界で、野生児コナンとその仲間たちによる冒険アクションアニメです。

『未来少年コナン』の概要

未来少年コナンは宮崎駿が初監督をした作品。
超磁力兵器によって地殻がねじ曲がり、5つの大陸が沈んだ世界を舞台にしている。
主人公のコナンがヒロインのラナを使って世界征服をしようとする悪役レプカとの戦いを描いた物語である。
原作は冷戦の影響が濃い作品だったが、宮崎駿監督の意志によってストーリーや登場人物が大きく変更された。
キャラクターの動き、テンポの速さが大きく評価され、40年経っても不朽の名作として語られている。

『未来少年コナン』のあらすじ・ストーリー

西暦2008年、核兵器を上回る超磁力兵器によって世界は滅亡に追い込まれた。
超磁力兵器は地殻をもねじまげてしまう威力を持っていた。
その兵器によって起きた大変動で5つの大陸は海の底に沈んでしまった。
大変動から20年後、「のこされ島」に墜落した宇宙船で野生児の少年コナンと一人の年寄りおじいが住んでいた。
おじいはその宇宙船の船長で仲間がいたが、その仲間も次々に死に絶えてしまい、今では二人だけになった。
ある日、ラナと呼ばれる少女がこの島に漂流する。
ラナは鳥と放せたり、テレパシーで意思疎通を図れる能力を持っていた。
彼女はハイハーバーという島に住んでいたが、レプカを始めとするインダストリアの勢力に狙われていた。
コナンはラナと仲良くなるが、インダストリア局員モンスリーにラナがさらわれてしまう。
モンスリーはこの世界に唯一存在する飛行艇ファルコの搭乗者で、かつレプカの右腕だった。
ラナが攫われたときのいざこざでおじいは大きなけがを負い亡くなってしまう。
コナンはおじいの死をきっかけにのこされ島に別れを告げる。ラナを取り戻すために途中でプラスチック島で出会った仲間ジムシィとインダストリアに向かった。
インダストリアは前時代の巨大ビル三角塔を中心としていたが、資源も残り少なく数年で尽きる運命だった。
三角塔は太陽エネルギーで動く仕組みになっており、資源不足を解決するためにはどうしてもそのエネルギーが必要だった。
そのため、インダストリアの博士たちは太陽エネルギーの権威であるラオ博士を探していた。
インダストリアの局長であるレプカはインダストリアの地下に眠るギガントを復活させるために、博士とテレパシーで会話できるラナを追っていた。
ギガントは世界を滅ぼした超磁力兵器の生き残りで、太陽エネルギーでしか動くことはできなかった。
レプカはそのギガントを使って世界征服をしようとする野望を持っていたのである。
ダイスはバラクーダ号の船長でインダストリアの貿易局員だったが、レプカの野望を知ってインダストリアに反逆した。
彼はラナをハイハーバーに戻すために逃げるが、コナンはそれを追った。
しかし、レプカとモンスリーの追跡によって、ダイスはとジムシィは捕らわれてしまい、コナンとラナは大海原に放り出された。
その後、二人は砂漠を放浪するが、サルベージ船のボスパッチによって拾われる。
パッチは実はあのラオ博士がインダストリアの追手から逃れるために偽装した仮の姿だったのである。
ラオ博士はインダストリアが地殻変動によって海の底に沈むことを予見していた。
サルベージ船で沈んだ船を引き揚げることによって、インダストリアの人々を救おうとしたのである。
コナンとラナ、ラオ博士はレプカの魔の手から逃げることに成功し、同じくインダストリアから逃走したダイスやジムシィと合流する。
コナンたちはそのままハイハーバーへ向かったが、ラオ博士はインダストリアの人々を救うためにコナンたちと別れた。

ハイハーバーについたコナンたちは島の住民と仲良くなる。
ハイハーバーはかつて山だったところが大変動後に島として残り、住民たちは農業や漁業を営んでいたのである。
しかし、南部の荒れ地ではオーロを始めとした不良たちが占拠していた。
オーロは大変動で孤児になった若者で、ハイハーバーの人々と対立していた。
しかも、ハイハーバーを自分のものしようとする野心もあったため、コナンたちととも対立した。
ある日、インダストリアの軍が襲撃し、ハイハーバーは混乱に陥った。
インダストリアは資源が豊かなハイハーバーを占領ことによって、食料の確保とラナの捕獲をしようとしていたのである。
オーロは軍の指揮官であるモンスリーと同盟を組み、ハイハーバーの住民たちを降伏させた。
こうしてインダストリアはハイハーバーを支配することになった。
しかし、インダストリアの支配も突如やってきた大津波によって終焉を迎えるようになる。
モンスリーは大津波を見て突如無気力になった。
彼女は大変動時に家族と愛犬を失ったあげく大津波に襲われたため、その体験がトラウマになっていた。
モンスリーを始めとする軍やオーロは降伏し、ハイハーバーの住民として生活するようになった。
コナンは大津波の件でインダストリアにも異変が起きたかもしれないと感じたため、ラナやモンスリーたちと再びインダストリアに行くことになった。

コナンたちはインダストリアの追手に襲われるも、無事にインダストリアに到着した。
インダストリアではレプカがラオ博士や委員会の博士たちを手中に置き、独裁者となっていた。
そして地下に住んでいた地下住民を徹底的に抑圧していた。
コナンたちは地下住民とともに反乱を起こし、レプカを倒すことに成功した。
その後、ラオ博士を主導として三角塔を太陽塔として復活させた。
この時、地殻変動が近づいてきたため、ラオ博士はサルベージ船で船を引き揚げ、住民を脱出させようとした。
住民の脱出にはどうしても太陽エネルギーの復活が必要だった。
こうして三角塔は本来の機能を復活させたが、それは旧文明の驕りが築き上げた産物だった。
ラオ博士はそれを反省し、自然との共生こそ正しい道であるとコナンたちに説いた。
コナンたちは脱出の準備を進めていたが、地下ではレプカが生き延びており密かにギガントの復活を進めていた。
レプカは三角塔のエネルギーコントロール室を占領させてギガントにエネルギーを注入した。
こうしてレプカは世界を滅ぼした毒蛾ギガントを復活させた。
コナンとダイス、ジムシィの三人はレプカの野望を阻止するためにギガントに乗り込んだ。
三人はメインエンジンを壊すなどして大暴れし、ギガントを航空不能にさせた。
レプカはギガントとともに海の藻屑となった。
インダストリアの住民を導くためコナンと別行動をとったラナとモンスリーは地殻変動が近くなったため、早期にインダストリアから脱出した。
その後、インダストリアはラオ博士の予言通り海の底に沈んだ。
インダストリアが沈んだ後、ラオ博士は大変動の責任とインダストリアでの戦いから解放されたのち、世界の運命をコナンたちに託しこの世を去った。
ハイハーバーに帰った後、コナンたちはバラクーダ号で新たな移住先を見つけようとした。
移住先ではのこされ島だったところが地殻変動によって新大陸として隆起していたのである。
コナンたちは新大陸で生活することを決意した。

『未来少年コナン』の登場人物・キャラクター

コナン(CV:小原乃梨子)

出典: rupanana.fam.cx

のこされ島で育った野生児の少年で、自然を愛している。
自然の中で育ったおかげで、腕力や筋力が常人よりもはるかにある。
2016年生まれで12歳になる。
ラナと会うまではおじい以外の人間を知らなかったが、彼女に会って以来色々な人々と出会いを果たすことになる。

ラナ(CV:信沢三恵子)

出典: userdisk.webry.biglobe.ne.jp

ハイハーバーに住んでいる12歳の少女で、鳥と話せたり、言葉なしで意思疎通が図れる能力を持つ美少女。
太陽エネルギーの権威であるラオ博士の孫娘。
博士の孫娘であるのとその能力を持っているがゆえに、レプカに狙われてしまう。
コナンとはのこされ島であって以来、親友の枠を超えた絆を結ぶようになる。

ジムシィ(CV:青木和代)

出典: tn-skr3.smilevideo.jp

プラスチック島で出会ったコナンの親友で、狩りの名人。
2018年生まれでコナンやラナより二歳年下であるとされている。
気分屋な一面もあるが、友情に厚い少年。
最初はダイスとは敵対していたが、後半では名コンビを組むようになる。

ダイス(CV:永井一郎)

出典: www.geocities.jp

元インダストリア貿易局員でバラクーダ号の船長。
自分勝手ではあるが、どこか憎めない人物。
海の男と自称しているため、インダストリアの海域を正確に把握している。
後半ではジムシィとコンビを組んでいる。
モンスリーとは最初は仲が悪かったが、次第に惹かれ合い、最終的には結婚することになる。

モンスリー(CV:吉田理保子)

出典: livedoor.4.blogimg.jp

インダストリア行政局次長で、レプカの腹心。
きつい性格だが、かなり頭の切れる人物。
実は大変動で家族と愛犬を失った悲しい過去を持っており、コナンと会うまでは心を閉ざしていた。
最初はダイスを見下していたが、徐々に彼に好意を持つようになる。
最終的にはダイスと結婚することになる。

レプカ(CV:家弓家正)

出典: densetsunavi.com

インダストリアの局長で、太陽エネルギーの復活を主張している。
実は巨大機ギガントを復活させて世界征服を目論む野心家。
そのためにラオ博士やその孫娘ラナを狙っている。
後半はインダストリアの独裁者となったが、地下住民とコナンたちの反乱で倒されてしまう。
24話で太陽エネルギーの力でギガントを復活させたが、コナン、ダイス、ジムシィの3人にギガントを破壊され、海に沈む最期を迎えた。

ラオ博士(CV:山内雅人)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

谷山浩子(Hiroko Taniyama)の徹底解説まとめ

谷山浩子とは、日本のシンガーソングライター。代表曲はNHK「みんなのうた」で流れた「まっくら森の歌」「しっぽのきもち」など。作風は小さな子でも聞ける童話的なものから歌謡曲チックなもの、シュール・ブラックメルヘン・感動系なものまで様々。物語が見えてくるようなファンタジーな歌詞が多く、谷山浩子ワールドを繰り広げている。2012年にデビュー40周年を迎えた。

Read Article

崖の上のポニョ(Ponyo)のネタバレ解説まとめ

「崖の上のポニョ」とは、宮崎駿監督によるスタジオジブリ製作の長編アニメーション映画作品。2008年に公開された。藤岡藤巻と大橋のぞみが歌うエンディング主題歌「崖の上のポニョ」は、オリコン週間3位になり話題になった。崖の上の一軒家に住んでいた5歳児の少年「宗介」は、海で魚の女の子「ポニョ」に出会う。ポニョは宗介に恋をし、人間になろうとするのであった。

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

コクリコ坂から(From Up on Poppy Hill)のネタバレ解説まとめ

『コクリコ坂から』とは、2011年に公開されたスタジオジブリのアニメーション映画。監督は宮崎吾朗で、キャッチコピーは『上を向いて歩こう。』。 港南学園高校2年生のメルこと松崎海は、毎朝庭で旗を揚げていた。それは戦争に行ったきり、帰ってこない父親へ向けた信号旗だった。ある日、学校新聞「週刊カルチェラタン」で、自分が旗を揚げる少女として取り上げられていることに気が付く。それは同じ高校の3年生、風間俊が書いた記事だった。メルはこの記事をきっかけに俊を気にするようになり、だんだんと彼に惹かれていく。

Read Article

千と千尋の神隠し(Spirited Away)のネタバレ解説まとめ

2001年の夏に劇場公開されたジブリの長編アニメーション映画。この映画は千尋と言う10歳の少女が神々の世界に迷い込んでしまう物語である。興行収入は300億円を超える業績を生み出し、2003年にはアカデミー賞を受賞した。まさに大作中の大作である。その名作ぶりは2016年のイギリスBBCの投票で、「21世紀の偉大な映画ベスト100」の4位に選ばれたほど。

Read Article

おもひでぽろぽろ(Only Yesterday)のネタバレ解説まとめ

1991年公開のスタジオジブリ作品。監督・脚本は高畑勲。制作プロデューサーとして宮崎駿も参加している。ひとり旅に出た27歳の私が“小学5年生のワタシ”と一緒に、それまでの歩みを振り返るストーリー。 声優として今井美樹や柳葉敏郎が参加していることも上映当時には話題となった。 キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る」。

Read Article

ルパン三世 カリオストロの城(Lupin III: The Castle of Cagliostro)のネタバレ解説まとめ

『ルパン三世 カリオストロの城』とは、モンキー・パンチ原作の漫画「ルパン三世」の劇場用アニメーション映画化第2作。1979年12月東宝系公開。 宮崎駿が初めて劇場用作品の監督を手掛け、映画史上に残る不滅のアニメーションとして世界的に親しまれている名作。ゴート札なる偽札を製造し、世界経済の裏側で暗躍していると伝えられるカリオストロ公国で、カリオストロ伯爵の妻にさせられようとしている公女クラリスを救うため、そして国の秘密を暴くため、ルパン三世とその仲間たちの活躍を描く。

Read Article

魔女の宅急便(Kiki's Delivery Service)のネタバレ解説まとめ

『魔女の宅急便』は、1989年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。キャッチコピーは「おちこんだりもしたけれど、私は元気です」。13歳の魔女キキは満月の夜に自分の住む街を出て、海の向こうの街コリコにたどり着く。そこで「魔女の宅急便」を開業し、挫折を味わい、成長していく。角野栄子の『魔女の宅急便』が原作で、映画では原作よりファンタジー性が抑えられているのが特徴。

Read Article

もののけ姫(Princess Mononoke)のネタバレ解説まとめ

もののけ姫とは、宮崎駿、スタジオジブリ原作の長編アニメーション映画作品である。 1997年7月12日全国公開され、1998年の春先までロングラン上映を実施した映画館もあったことで、 興行収入193億円を記録し、20世紀日本映画歴代興行収入第1位となった。 アシタカという人間ともののけに育てられたサンが出会い、人間と自然の対立を描いた壮大な作品になっている。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

紅の豚(Porco Rosso)のネタバレ解説まとめ

『紅の豚』は、スタジオジブリ制作・宮﨑駿監督による日本の長編アニメーション作品。 舞台は世界大恐慌に揺れるイタリア・アドリア海。自分自身に魔法をかけて豚の姿になったイタリア人・マルコが偽名「ポルコ・ロッソ」を使い、飛行艇を乗り回す空中海賊「空賊」たちを相手に、賞金稼ぎとして空中戦を繰り広げる。

Read Article

耳をすませば(耳すま、Whisper of the Heart)のネタバレ解説まとめ

「耳をすませば」は、1995年に公開されたジブリ映画。原作者は柊あおいである。この映画は、ジブリ作品を作画で支えていた近藤善文の最初で最後の監督作品で脚本・絵コンテは宮崎駿が担当している。ストーリーは、主人公「月島雫」を中心に恋や夢、悩みなどを描いている。誰もが一度は経験したことがある甘酸っぱい青春ストーリーで未だに人気の高い作品だ。

Read Article

風立ちぬ(The Wind Rises)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

ハウルの動く城(Howl's Moving Castle)のネタバレ解説まとめ

「ハウルの動く城」とは宮崎駿監督、スタジオジブリ製作の日本の長編アニメーション映画作品である。2004年11月20日に全国公開され、興行収入は196億円。スタジオジブリ製作アニメでは「もののけ姫」を抜き、「千と千尋の神隠し」に次ぐ第2位の記録を樹立した。 物語は魔法と機械が混在する架空の世界が舞台。呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの戦火の恋を描く。

Read Article

となりのトトロ(My Neighbor Totoro)のネタバレ解説まとめ

1988年公開。昭和30年代、緑豊かな農村に引っ越してきた草壁さつき、メイの姉妹は奇妙な生き物トトロと出会います。ネコバスも含め、子供の時にしか会えない彼らとの交流、そして少しの成長を描いたもの。爽やかな自然の描写と、それに相反する多くの暗い都市伝説を持つ作品でもあります。宮崎駿の原作、脚本、監督アニメ映画。

Read Article

もののけ姫のシシ神の謎についてネタバレ解説・考察まとめ

スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画「もののけ姫」。人間と森に住まう神々「もののけ」との対立を描く。劇中の神々の頂点としてシシ神という存在が登場する。シシ神は多くの謎を覗かせつつも最後までその存在がどういうものかを劇中で語りつくされることなく、物語は終了する。人にとって、また神々にとってどういう存在なのかについて掘り下げていく。

Read Article

ナウシカが招いた死の未来【漫画版 風の谷のナウシカ(ネタバレあり)】

初めてのジブリ作品で、代表作の一つである『風の谷のナウシカ』。ナウシカには映画版と漫画版があり、映画版の内容は漫画版全7卷の中で第1巻のストーリーです。 漫画版では、王蟲や腐海の蟲はなぜ生まれたのか、巨神兵は何のために生まれたのか、ナウシカたちは何者なのか、など映画では描かれなかった衝撃の事実が明らかになります。それを知ったナウシカはある行動に出ます。それは逃れられない滅びの道です。 この記事では、漫画版で描かれた衝撃の結末・ナウシカの決断を解説します。

Read Article

目次 - Contents