耳をすませば(耳すま、Whisper of the Heart)のネタバレ解説まとめ

Img 384470 16161802 0

「耳をすませば」は、1995年に公開されたジブリ映画。原作者は柊あおいである。この映画は、ジブリ作品を作画で支えていた近藤善文の最初で最後の監督作品で脚本・絵コンテは宮崎駿が担当している。ストーリーは、主人公「月島雫」を中心に恋や夢、悩みなどを描いている。誰もが一度は経験したことがある甘酸っぱい青春ストーリーで未だに人気の高い作品だ。

あらすじ・ストーリー

好きなひとができました――。

主人公「月島雫」は読書が大好きな中学3年生。いつものように借りた本をペラペラとめくっていた雫は、あることに気付く。それは、図書カードの「天沢聖司」という名前だった。見覚えのあるその名前は他の本の図書カードにも記入されており、雫は「どんな人なんだろう」と天沢聖司に思いを馳せるのであった。

夏休みの最中
同じクラスの親友「夕子」と学校の昇降口で待ち合わせをしている雫は、先に学校の図書室へ向かう。借りたい本を見つけた雫は、その本に「天澤」という蔵書印があることに気付く。その後、夕子と合流した雫は、二人で校庭前のベンチに座る。夕子に頼まれていたカントリーロードの訳詞を見せて、次に冗談で書いたコンクリートロードを見せる。ひとしきり笑った後、雫は「相談って何?」と切り出すのであった。その相談内容は、他のクラスの子からもらったラブレターのこと。さらに雫は、夕子が同じクラスの「杉村」に想いを寄せていることを知る。夕子との帰宅途中、雫は借りた本をベンチに忘れてしまったことに気付く。一人でベンチに戻った雫は、見知らぬ男の子が自分が借りた本を読んでいるところを目にする。「その本…」と声をかけた雫に、男の子は本を返して「コンクリートロードはやめた方がいいと思うよ」と去って行った。コンクリートロードを読まれたことと彼の捨て台詞に怒り心頭の雫は「嫌な奴」と思うのであった。

夏休みのある日。雫は、父親が忘れたお弁当を届けるために電車で市立図書館(父親の勤務先)に向かっていた。電車の窓から景色を見ていた雫は、一匹の猫がいることに気付く。偶然にも降りる駅が猫と一緒だった雫は「物語が始まるかも」という理由で猫を追うことにするのであった。猫を追っていくと、アンティーク調の素敵なお店「地球屋」にたどり着く。店内に入ってみると机の上に置いてあった猫の人形「バロン」に目がとまり、バロンを見ていると店主である「西 司郎」という優しそうな老人が現れる。店主との会話を楽しむ雫だったが、父親にお弁当を届けなくてはいけないことを思い出して急いで図書館に向かうことに。図書館に到着した頃、「月島」と呼ぶ声がしたため振り返る。その声の人物は、なんと例の「嫌な奴」だった。「これ、お前のだろ?」と「嫌なやつ」から地球屋に忘れたお弁当を渡される。実は、地球屋の店主は「嫌なやつ」の祖父だったのである。

二学期
登校中に夕子とラブレターの話をする。夕子は、まだ返事はしていないが断ろうと思うと雫に伝える。昼休み、雫はベテランの先生に図書室で見つけた本の寄贈者「天澤」について聞く。すると同じ学年に寄贈者の末っ子がいることが判明。動揺した雫は、最後まで話を聞かずに職員室から出て行ってしまうのであった。その日の夜、泣きはらした顔の夕子に呼び出される。夕子は、杉村から「友達から頼まれたからラブレターの返事をくれ」と言われたと泣きじゃくる。そして「こんな顔では学校に行けないから明日は休む」と言うのであった。

次の日の学校帰り、夕子の様子を見に行くために家に向かっていると杉村に呼び止められる。呼び止めた理由は「原田にラブレターの話をしたら急に泣き出して…何か悪いことしたのかな?」というもの。「本当に鈍い」と怒る雫は「夕子は杉村のことを好きなの」と言う。それに対して杉村は自分は雫のことが好きだから困ると答えたのだった。動揺した雫はその場を立ち去ろうとするが杉村に引き止められる。「ずっと友達だったから…」と言う雫に「これからもか?」と聞く杉村。小さくうなずいた雫を見て「そうか…」と杉村は立ち去ったのであった。

帰宅後、複雑な気持ちを抱えた雫は地球屋に向かう。お店が閉まっていたため、店先にいた猫(電車の中で出会った猫)の隣に座る。するとそこに「嫌な奴」が現れるのであった。お店の中に入れてもらえることになった雫は、そこで「嫌な奴」がバイオリン作りをしているところを目にする。その後「バイオリンを弾いて」とお願いする雫に対して彼は「弾くからお前は歌え」と言うのであった。曲は「カントリーロード」。彼がバイオリンを弾き、雫が歌っているところに地球屋の店主とその音楽仲間が現れて5人の演奏会となる。終了後、店主の音楽仲間の一人が「聖司くんにこんな可愛い友達がいるなんて」と口にする。聖司という名前にハッとした雫は「あなた、まさか天沢聖司なの!?」と聖司に聞くのであった。嫌な奴だと思っていた人物こそ、思いを馳せていた天沢聖司だったのである。
地球屋からの帰り道、雫を送る聖司は「バイオリン作りの職人になりたい」「中学を卒業したらイタリアのバイオリン製作学校に行きたいが両親に反対をされている。」と雫に話すのであった。

次の日。「月島はいるか?」と雫のクラスに聖司が来る。周囲の冷やかしを避けるために屋上に聖司を連れて行く雫。そこで聞かされた話は「パスポートが取れ次第、イタリアのアトリエで2ヶ月見習いをやる。バイオリン作りの職人として見込みがあるかを見てもらう。」というものだった。そして、聖司は照れながら、ずっと前から図書カードで雫に気付いており、雫よりも先に図書カードに名前を書くために本をたくさん読んだと告白する。続けて、イタリアで雫の歌を歌って頑張るからなと伝えるのであった。

夢に向かって進んでいる聖司に、目標がない雫は置いて行かれるような気持ちになる。しかし「聖司がやるなら自分もやればいいんだ」と自分の才能を確かめるために物語を書くことを決意するのであった。物語の主人公をバロンにしようと思い、聖司の祖父に許しをもらいに地球屋に訪れた雫。聖司の祖父は、快諾して最初の読者にしてほしいと笑顔で言うのであった。

物語を書き始めた雫は学業に支障が出はじめる。ついには、テストの順位を100番も落としてしまい母親が学校に呼び出されてしまうことになる。両親に「部屋で何をしているのか」「今やらなくてはいけないのか」と聞かれた雫は「今は言えない。自分を試すと決めたからあと3週間でやらなくちゃいけない」と両親に伝えるのであった。そんな雫に対して理解を示した両親は「自分の信じる通りにやってみろ」と言うのであった。

物語が完成したため、聖司の祖父のもとを訪れた雫は「何時間でも待っているから今すぐ読んでほしい」と言う。その後、読み終えた聖司の祖父がとても良かったというが、雫は自分の作品がよくないことを分かっていたため否定する。そして、聖司に追いつくために物語を書いたが、書きたいという気持ちだけでは書けないことに気付いたのであった。

帰宅した雫は、すっきりした顔で母親にとりあえず受験生に戻ると宣言したのであった。まだ空が薄暗い朝、窓を開けて見下ろすと、なんとそこに聖司がいた。驚く雫は急いで家を飛び出し聖司のもとに。そして、聖司の自転車の後ろに乗った雫は、聖司と共に高台(聖司の秘密の場所)で朝日を見ながら結婚の約束をするのであった。

登場人物・キャラクター

月島 雫(つきしましずく)

Qyk1xhcguanhuz5 fsjqu 9 640x360

本作の主人公で中学3年生。受験生の身でありながら夏休みに本を20冊読むという目標を掲げていたほどの読書好き。聖司とは夏休みに出会う。最初こそ嫌な奴だと思うが次第に惹かれていき、ラストでは結婚の約束をする。なお、ジブリ作品の「猫の恩返し」は雫の作品という設定。

天沢 聖司(あまさわせいじ)

Entryimage 20140705080711fa8 640x360

雫と同じ学校に通う中学3年生。ずっと前から図書カードで雫のことに気付いており、雫よりも早く図書カードに名前を書くためにたくさんの本を読んだと明言している。将来の夢はバイオリンを作る職人で、中学卒業後にイタリアのバイオリン製作学校に行きたいと思っている。本作の終盤では、反対していた父親の許しを得て、自分を試すためにイタリアのアトリエに2ヶ月間の見習いに行く。

原田 夕子(はらだゆうこ)

Yuuko 01

雫のクラスメイトで親友。同じクラスの杉村に想いを寄せている。エンドロールでは杉村と待ち合わせをしている描写があり、恋人同士かは定かではないものの、友達よりも進展している模様。

杉村(すぎむら)

4jlsdj45shjf436 9hmpn 179

雫と同じクラス。ずっと前から雫のことが好きだったが、今もこれからも友達だと言われてしまう。聖司が雫を訪ねてクラスに来た際は、複雑そうな表情をしていた。

西 司郎(にししろう)

573b4f08 640x344

聖司の祖父で地球屋の店主。ドイツに留学した際に「バロン」を見つける。店主に譲ってほしいとお願いするも、バロンには恋人がおり引き離すわけにはいかないと断られてしまう。(バロンの恋人は修理に出されていた為、その時はいなかった。)帰国の日がせまっていたため、諦めようとしたところ、一緒にいたルイーゼが自分が恋人の猫を預かって、必ず二人を一緒にするからと申し出る。そして、ようやく折れた店主からバロンを譲り受けることになるのであった。バロンと恋人を引き合わせる時がルイーゼとの再会の日でもあったが、帰国後すぐに戦争が起きてしまう。終戦後、必死でルイ―ゼとバロンの恋人を探すものの、とうとう見つからなかった。バロンは、聖司の祖父にとって大切な思い出及び約束の品で、今も手元に置いているのである。

バロン

Img 1

フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵という名の人形。作中では、バロンや男爵と呼ばれている。

ムーン

Cx2kxykvaae1j5e

雫が乗った電車にいた猫。聖司は「ムーン」と呼んでいるが飼い猫ではないため、他にも「おたま」という名前がある模様。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

千と千尋の神隠し(Spirited Away)のネタバレ解説まとめ

2001年の夏に劇場公開されたジブリの長編アニメーション映画。この映画は千尋と言う10歳の少女が神々の世界に迷い込んでしまう物語である。興行収入は300億円を超える業績を生み出し、2003年にはアカデミー賞を受賞した。まさに大作中の大作である。その名作ぶりは2016年のイギリスBBCの投票で、「21世紀の偉大な映画ベスト100」の4位に選ばれたほど。

Read Article

おもひでぽろぽろ(Only Yesterday)のネタバレ解説まとめ

1991年公開のスタジオジブリ作品。監督・脚本は高畑勲。制作プロデューサーとして宮崎駿も参加している。ひとり旅に出た27歳の私が“小学5年生のワタシ”と一緒に、それまでの歩みを振り返るストーリー。 声優として今井美樹や柳葉敏郎が参加していることも上映当時には話題となった。 キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る」。

Read Article

魔女の宅急便(Kiki's Delivery Service)のネタバレ解説まとめ

『魔女の宅急便』は、1989年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。キャッチコピーは「おちこんだりもしたけれど、私は元気です」。13歳の魔女キキは満月の夜に自分の住む街を出て、海の向こうの街コリコにたどり着く。そこで「魔女の宅急便」を開業し、挫折を味わい、成長していく。角野栄子の『魔女の宅急便』が原作で、映画では原作よりファンタジー性が抑えられているのが特徴。

Read Article

紅の豚(Porco Rosso)のネタバレ解説まとめ

『紅の豚』は、スタジオジブリ制作・宮﨑駿監督による日本の長編アニメーション作品。 舞台は世界大恐慌に揺れるイタリア・アドリア海。自分自身に魔法をかけて豚の姿になったイタリア人・マルコが偽名「ポルコ・ロッソ」を使い、飛行艇を乗り回す空中海賊「空賊」たちを相手に、賞金稼ぎとして空中戦を繰り広げる。

Read Article

天空の城ラピュタ(LAPUTA: Castle in the Sky)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

となりのトトロ(My Neighbor Totoro)のネタバレ解説まとめ

1988年公開。昭和30年代、緑豊かな農村に引っ越してきた草壁さつき、メイの姉妹は奇妙な生き物トトロと出会います。ネコバスも含め、子供の時にしか会えない彼らとの交流、そして少しの成長を描いたもの。爽やかな自然の描写と、それに相反する多くの暗い都市伝説を持つ作品でもあります。宮崎駿の原作、脚本、監督アニメ映画。

Read Article

もののけ姫(Princess Mononoke)のネタバレ解説まとめ

もののけ姫とは、宮崎駿、スタジオジブリ原作の長編アニメーション映画作品である。 1997年7月12日全国公開され、1998年の春先までロングラン上映を実施した映画館もあったことで、 興行収入193億円を記録し、20世紀日本映画歴代興行収入第1位となった。 アシタカという人間ともののけに育てられたサンが出会い、人間と自然の対立を描いた壮大な作品になっている。

Read Article

崖の上のポニョ(Ponyo)のネタバレ解説まとめ

「崖の上のポニョ」とは、宮崎駿監督によるスタジオジブリ製作の長編アニメーション映画作品。2008年に公開された。藤岡藤巻と大橋のぞみが歌うエンディング主題歌「崖の上のポニョ」は、オリコン週間3位になり話題になった。崖の上の一軒家に住んでいた5歳児の少年「宗介」は、海で魚の女の子「ポニョ」に出会う。ポニョは宗介に恋をし、人間になろうとするのであった。

Read Article

ハウルの動く城(Howl's Moving Castle)のネタバレ解説まとめ

「ハウルの動く城」とは宮崎駿監督、スタジオジブリ製作の日本の長編アニメーション映画作品である。2004年11月20日に全国公開され、興行収入は196億円。スタジオジブリ製作アニメでは「もののけ姫」を抜き、「千と千尋の神隠し」に次ぐ第2位の記録を樹立した。 物語は魔法と機械が混在する架空の世界が舞台。呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの戦火の恋を描く。

Read Article

風の谷のナウシカ(Nausicaä of the Valley of the Wind)のネタバレ解説まとめ

1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ」。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

猫の恩返し(The Cat Returns)のネタバレ解説まとめ

『猫の恩返し』とは、2002年に上映されたスタジオジブリのアニメーション映画作品。監督は森田宏幸。本作は、同じくジブリ作品である「耳をすませば」の主人公「月島雫」が書いた物語という、ジブリでは珍しいスピンオフ作品。主人公「住吉ハル」は車に轢かれそうになった猫を助けた事が原因で、猫の国へ連れて行かれる事になってしまう。ハルが助けを求めたのは猫の事務所の主「バロン」であった。

Read Article

未来少年コナン(みらいしょうねんコナン、Future Boy Conan)のネタバレ解説まとめ

宮崎駿監督が初監督をした作品で、小説家アレグザンダー・ケイの「残された人々」を原作にしています。NHKによって1978年4月から10月まで放送された作品。この作品は核兵器を上回る超磁力兵器によって文明が崩壊して20年が経った後の世界で、野生児コナンとその仲間たちによる冒険アクションアニメです。

Read Article

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

ジブリを「音」で支えた天才アーティスト・久石譲のジブリ名曲集

みなさん、「久石譲(ひさいし じょう)」という方をご存知だろうか?編曲家、指揮者、ピアニストでもあり作曲家でもある彼が世に生み出すのは、自然と心に染み渡ってくる美しい音楽である。中でも一際人々の心を掴んでやまないのが、ジブリの長編アニメーション音楽だ。今回は、宮崎駿監督の作品に29年間提供し続けてきた久石譲さんの「音楽」の世界について迫る。

Read Article

アニメ・漫画に出てくる、見ているだけでよだれが出てくる美味しそうな食べ物たち

アニメ・漫画で度々登場するのが、食べ物のシーン。しかし食べ物は現実、色のグラデーションや光の吸収率や反射率などがまちまちで、絵として表現するのは至難の技なのです。けれども、そんな中でもその独特な食べ物たちを極めて美味しそうに書いたアニメや漫画があるのです。今回はそんなシーンにこだわって、たくさんの美味しそうな食べ物をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents