ふたりはプリキュア Max Heart(MH、マックスハート)のネタバレ解説まとめ

「ふたりはプリキュア Max Heart」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作のアニメ作品。プリキュアシリーズの第ニ作目で、前作「ふたりはプリキュア」の二期にあたる。主人公の「美墨なぎさ」と「雪城ほのか」はプリキュアの役目を終え、普通の日常生活をしていた。しかし倒したはずの敵がまた復活してしまうのだった。新たな仲間「シャイニールミナス」を加え、プリキュアの戦いがまた始まるのであった。

28話「ベローネパニック!わんぱく王女のお化け退治」

近頃プリズムストーンが何かおかしいと言うヴィズダム。
長老も気づいており、何か起こりそうな胸騒ぎを感じる2人だった。
するとプリズムストーンが輝きだし、「何か」が虹の園へ飛んでいった。

通学中、なぎさとほのかは莉奈と志穂に声をかける。
すると2人は、なにやらただならぬ様子で「ベローネのルリ子さんが出た」と言い始める。
ルリ子さんとは、ベローネ学院に伝わる怪談で、「人気の無い廊下や教室で1人ぼっちで佇むルリ子さんに出会うと呪われてしまう」というもの。
莉奈はルリ子さんに会ってしまったのかもしれないと言う。
放課後、忘れ物を取りに莉奈が教室へ戻ると勝手にドアが開き、何かが足に触ったが、そこには何も居なかった。
志穂も部室へ忘れ物を取りに行くと、トイレの電気が付いてすぐ消え、誰か居るのかと確かめに行ってみると誰もおらず、鏡を見ると恐ろしい物が映っていた。
2人はこれをベローネのルリ子さんだと思いこみ、怯えるのだった。

トイレの鏡に映った謎の顔。

一方ポルンはひかりに「なんだかゾクゾクする」と言い、怯え出す。
そしてなぎさ達が教室移動をしていると、理科準備室から悲鳴が聞こえ、駆けつけると女子生徒が泣いている。
先生に言われて実験の準備をしていたら、突然棚の引き足がガタガタと動き出し、人体模型が襲い掛かってきた!というのだ。

謎の怪現象。

そして黒板には謎の顔が…。
莉奈と志穂はこれは絶対にベローネのルリ子さんに違いないと言うのだった。

黒板に付いた謎の顔。

ひかりはポルンが具合が悪いのをなぎさ達に報告する。
怯えて震えながら「近づいてくる」と言うポルン。
しかしメップルとミップルは闇の気配は感じない、というのだった。
なぎさは冗談でルリ子さんなのではないかと言う。

放課後、なぎさが忘れ物を取りに怖がりながらも教室へ行く。
メップルに怖いのではないかとからかわれ、「怖くない!」と言うが内心かなりドキドキしている。
教室の中には誰もいないのだが、莉奈が体験したのと同じようにドアが勝手に開き「これって…」と驚く。
その頃、ひかりは帰ろうと下駄箱で靴を出していると、誰かの走る音が聞こえるが、周りには誰も居なかった。
なぎさは恐る恐る教室から出ると、うしろから肩を誰かに叩かれて叫び声を上げる。
その叫び声は下駄箱まで届き、「なぎさが危ない!」とポルンに言われ、ひかりはなぎさの元へ駆け出す。
しかし、なぎさの肩を叩いたのはほのかだった。

私をルリ子さんと間違えるなんて!と怒るほのか。

すると、メップルとミップルが「何か気配を感じる」と言いだす。現れたのはルリ子さんではなくサーキュラスだった。
なぎさはサーキュラスがすべての犯人だと決め付ける(サーキュラスは全く無関係だった)。
そこへなぎさの元へ駆けてきたひかりが到着し、戦闘が始まる。
プリキュアに変身した2人に加勢しようとひかりがルミナスに変身する。
するとそこへ「ポルンを苛めちゃ駄目ルル!」と声と共に、ルルンが現れた。
「プリキュア・マーブル・スクリュー・マックス・スパーク」でサーキュラスを無事撃退した。

ルルンはポルンを探しに虹の園までやってきたのだという。
「暗くて怖いところをいっぱい探した」という言葉を聞き、ほのかはベローネのルリ子さん事件の真相に気づく。
今回騒動となったルリ子さんの正体はルルンだったのだ。

ポルンを探し、教室に居たルルンが莉奈の足元を通り過ぎる。

ポルンを探しにトイレに居たところを、志穂に見られてしまうルルン。

理科準備室の引き出しの中を探すルルン。このはずみで人体模型が倒れた。

黒板消しに顔をぶつけ、その後黒板に顔面衝突するルルン。

ひかりが聞いた足音もルルンのものだった。
ルルンは自分の事を「未来を紡ぐ光の王女ルルン」だと名乗るのだった。

なぎさとほのか、そして莉奈と志穂がタコカフェに行きベローネのルリ子さんについて知っているかとアカネに尋ねる。
するとアカネは、それは自分達が学生の頃に作った怪談だと笑顔で語ったのだった。
では自分達が体験した事はなんだったのか?と疑問に思う莉奈と志穂に「錯覚だよ」と無理やり笑い飛ばすなぎさであった。

ルルンはポルンに物凄く懐いており、ポルンの姿が見えないだけで号泣してしまうほど。
ポルンはルルンにいつも振り回され、面倒を見ることを強いられてしまうため、ポルンが怯えていたのはルルンだったのだ。

ルルンは号泣すると喧しく、常に気を使わなければいけないため、自身もまだ子供のポルンにとってルルンは恐ろしい存在だったのだ。

主題歌

オープニングテーマ「DANZEN! ふたりはプリキュア (Ver.Max Heart)」

「DANZEN! ふたりはプリキュア (Ver.Max Heart)」
作詞:青木久美子
作曲:小杉保夫
編曲:佐藤直紀
歌:五條真由美

エンディングテーマ 「ムリムリ?! ありあり!! INじゃぁな〜い?!」1~36話まで。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スマイルプリキュア!(スマプリ)のネタバレ解説まとめ

『スマイルプリキュア!』とは、東堂いづみ原作・東映アニメーション制作のプリキュアシリーズ第9作目の作品である。歴代プリキュアとしては7代目のプリキュアとなる。 世界をバッドエンドに変えようと企むバッドエンド王国から世界を守るため、メルヘンランドに伝わる伝説の5人のプリキュア戦士として戦う少女たちを描く。

Read Article

ふたりはプリキュア(無印、ふたプリ)のネタバレ解説まとめ

「ふたりはプリキュア」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作のアニメ作品。日曜朝の人気アニメプリキュアシリーズの第一作目である。主人公の「美墨なぎさ」と「雪城ほのか」は、ある日「メップル」と「ミップル」に出会い、伝説の戦士プリキュアの「キュアブラック」と「キュアホワイト」に変身する。ザケンナーと呼ばれる怪物と幹部達との戦いの日々が始まるのであった。

Read Article

キラキラ☆プリキュアアラモード(プリアラ)のネタバレ解説まとめ

『キラキラ☆プリキュアアラモード』とは、2017年2月から放映されたプリキュアシリーズの第14作目。「つくって!たべて!たたかって!元気と笑顔をレッツ・ラ・まぜまぜ!」がキャッチコピーの、スイーツとアニマルをモチーフにした作品。スイーツが大好きな5人の女の子が動物をモチーフとした姿のプリキュアとなってスイーツを守るために敵に立ち向かっていくストーリー。

Read Article

ハートキャッチプリキュア!(ハトプリ)のネタバレ解説まとめ

「ハートキャッチプリキュア!」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作で、プリキュアシリーズ第5作目の作品。主人公の「花咲つぼみ」は、引越しの車の中で謎の少女戦士・キュアムーンライトがその敵ダークプリキュアに敗れる夢を見る。その後妖精のシプレとコフレが現れ、つぼみは「キュアブロッサム」に変身した。そして二人目のプリキュア「キュアマリン」と共に砂漠の使徒と戦うのであった。

Read Article

Go!プリンセスプリキュア(ゴープリ、Goプリ)のネタバレ解説まとめ

「Go!プリンセスプリキュア」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作で、プリキュアシリーズ第12作目の作品。プリンセスになる事を夢見る主人公「春野はるか」は全寮制の学校ノーブル学園に入学する。そこで妖精のパフとアロマに出会い「キュアフローラ」に変身し、闇の勢力「ディスダーク」から皆の夢を守るため戦い始めるのだった。

Read Article

大人だからこそハマってみる価値あり。塗り絵の効用。

何かに夢中になっていると、時間はあっというまに過ぎ去ります。時間が経つのも忘れるくらい没頭できる趣味があると、ストレスが和らぐので健康上にも良い影響が多いことが様々な実例からわかってきました。 手軽に始められる趣味として最近注目を集めているのが、塗り絵です。特に女性には子供時代におなじみの遊びだったかもしれない塗り絵。それが今「大人の塗り絵」として再び舞い戻ってきました。

Read Article

最近のコミケの最高峰クオリティのコスプレまとめ

コミケいってますか?コミケことコミックマーケットは毎年夏(8月)と冬(12月)の2日間開催される日本のポップカルチャーイベントです。会場では限定グッズやオリジナル商品、そして同人誌や同人グッズなど様々な限定商品を購入することができます!そしてもちろん!その会場に訪れるコスプレイヤーも忘れてはいけません!

Read Article

《クイズもあるよ!閲覧注意》世にも奇妙なアニメ・漫画の奇怪イラストたちw

アニメや漫画をよく見てみると、一部映像や背景、絵コンテ、そしてキャラクターの異常さなど、とにかく奇怪なシーンが結構あるものです。人間仕様なのに間接がおかしかったり、脇にいるからと油断しているときの逝っちゃってる顔、その他不気味な絵と様々あります。今回はそんな世にも奇妙なイラストたちを、様々な作品から集めてみました。

Read Article

目次 - Contents