ふたりはプリキュア Max Heart(MH、マックスハート)のネタバレ解説まとめ

「ふたりはプリキュア Max Heart」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作のアニメ作品。プリキュアシリーズの第ニ作目で、前作「ふたりはプリキュア」の二期にあたる。主人公の「美墨なぎさ」と「雪城ほのか」はプリキュアの役目を終え、普通の日常生活をしていた。しかし倒したはずの敵がまた復活してしまうのだった。新たな仲間「シャイニールミナス」を加え、プリキュアの戦いがまた始まるのであった。

祖母さなえは「希望を捨てずに頑張っていれば、明日はきっと良い日になりますよ。ね、ほのか。」と優しく語りかけ、現在のほのかを見た。

なぎさの両親は「上手く行かなかったことを素直に認めるのも勇気だぞ、なぎさ」と優しく語りかけ、現在のなぎさを見た。

2人の淡い夢(又は幻想)はバルデスの声と破壊音でかき消される。
そして、なぎさとほのかは「私達にはまだ明日がある」「だから諦めるわけにはいかない」と立ち直り、壊れてしまった「スパークルブレス」も2人の気持ちに応え復活するのであった

活力を取り戻したプリキュアは、バルデスに反撃に出る。
苦戦を強いられ続けるプリキュアであるが、バルデスに「戦っているのは自分達2人だけはなく、この世界すべての命と戦っている」のだと言い、「プリキュア・マーブル・スクリュー・マックス・スパーク」を放った。

バルデスを倒したかのように見えた。
しかしバルデスは真の姿「ジャアクキング」になる。
闇のファイターのバルデスとは仮の姿で、自身の「生命」であった洋館の少年を取り込んだ事で、完全復活を遂げていたのだった。
その圧倒的な力にまたも苦戦を強いられる事になったプリキュア。
ジャアクキングの攻撃で虹の園は建物が壊れ、地面が割れ、なぎさ達の街はぐちゃぐちゃになってしまった。
しかし2人は、どんなことをされても自分達の心までは支配できない、ならば自分達は誰にも負けないと、ジャアクキングに立ち向かう。
これまで戦ってきた思いを力にして渾身の一撃をジャアクキングに打ち込み、倒したかのように思えた。
だが倒したのはジャアクキングのほんの一部であり、本物のジャアクキングは地球から半身が出てしまう程の大きさであったのだ。
ジャアクキングは腕を振りかぶり、地球を破壊しようとした、しかしその腕を復活したクイーンが押さえ込んだ。
クイーンと同化したルミナスがブラックとホワイトの元に現れ、これでお別れになってしまう事を告げるのだった。
自分は消えてしまっても皆の心の中にずっと一緒にいるから、この選択に後悔はないとルミナスは言い、ブラックとホワイトも「私達は永遠に繋がっている」と応えた。
そして、キュアブラック・キュアホワイト・シャイニールミナスの三人の合体技のさらにパワーアップ版「エキストリーム・ルミナリオ・マックス」でジャアクキングを完全に倒した。

ベローネ学院の卒業式の日、なぎさとほのかは学院を卒業した。
プリキュアとしての使命も終わり、メップル達ともお別れし、そしてひかりは居なくなってしまった。
皆の前では笑う二人であったが、帰り道耐え切れずほのかは泣いてしまう。

しかしタコカフェに寄ってみると、そこにはいつも通りひかりが居たのだった。

すべてを生み出す力によって、ひかりは独立した存在になった。
そして洋館の少年も同じく独立した存在となり、ひかりの弟「九条ひかる」となった。
メップル、ミップル、ポルン、ルルンもまたなぎさ達とずっと一緒に居れる事になり、2年に渡ったプリキュアの物語は終わるのだった。

美墨 なぎさ(みすみ なぎさ)

CV:本名陽子

本作の主人公。
活発な性格で友達が多く、運動神経が良いが勉強は苦手。
MHではベローネ学院中等部の3年生になり、ラクロス部のキャプテンになった。
藤村への片想いも続いている。
ほのかとは完全なパートナーとして息の合ったやり取りや戦い方をする。

キュアブラック

ハートフルコミューンになったメップルの力で、なぎさが変身した姿。
前作と同じく、連続打撃技や強い一撃を入れるパワフルな戦い方をする。

変身掛け声「デュアル・オーロラ・ウェイブ!」
決め台詞「闇の力のしもべ達よ!(ホワイト台詞)とっととお家に帰りなさい!(ブラック台詞)」

メップル

CV:関智一

「選ばれし勇者」、語尾は「メポ」
普段はハートフルコミューンの姿をしている。

前作でミップル達と共に永遠の眠りに付いたはずであったが、闇の力が消滅していなかったため復活。
前作に引き続き、なぎさとは喧嘩が絶えないが良き相棒である。

雪城 ほのか(ゆきしろ ほのか)

CV:ゆかな

本作のもう1人の主人公。
おっとりとしていて大人しい性格で、容姿端麗な優等生。
MHではベローネ学院中等部の3年生になり、科学部の部長になった。
なぎさとは完全なパートナーとして息の合ったやり取りや戦い方をする。

キュアホワイト

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Go!プリンセスプリキュア(ゴープリ、Goプリ)のネタバレ解説まとめ

「Go!プリンセスプリキュア」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作で、プリキュアシリーズ第12作目の作品。プリンセスになる事を夢見る主人公「春野はるか」は全寮制の学校ノーブル学園に入学する。そこで妖精のパフとアロマに出会い「キュアフローラ」に変身し、闇の勢力「ディスダーク」から皆の夢を守るため戦い始めるのだった。

Read Article

スマイルプリキュア!(スマプリ)のネタバレ解説まとめ

『スマイルプリキュア!』とは、東堂いづみ原作・東映アニメーション制作のプリキュアシリーズ第9作目の作品である。歴代プリキュアとしては7代目のプリキュアとなる。 世界をバッドエンドに変えようと企むバッドエンド王国から世界を守るため、メルヘンランドに伝わる伝説の5人のプリキュア戦士として戦う少女たちを描く。

Read Article

ふたりはプリキュア(無印、ふたプリ)のネタバレ解説まとめ

「ふたりはプリキュア」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作のアニメ作品。日曜朝の人気アニメプリキュアシリーズの第一作目である。主人公の「美墨なぎさ」と「雪城ほのか」は、ある日「メップル」と「ミップル」に出会い、伝説の戦士プリキュアの「キュアブラック」と「キュアホワイト」に変身する。ザケンナーと呼ばれる怪物と幹部達との戦いの日々が始まるのであった。

Read Article

キラキラ☆プリキュアアラモード(プリアラ)のネタバレ解説まとめ

『キラキラ☆プリキュアアラモード』とは、2017年2月から放映されたプリキュアシリーズの第14作目。「つくって!たべて!たたかって!元気と笑顔をレッツ・ラ・まぜまぜ!」がキャッチコピーの、スイーツとアニマルをモチーフにした作品。スイーツが大好きな5人の女の子が動物をモチーフとした姿のプリキュアとなってスイーツを守るために敵に立ち向かっていくストーリー。

Read Article

ハートキャッチプリキュア!(ハトプリ)のネタバレ解説まとめ

「ハートキャッチプリキュア!」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作で、プリキュアシリーズ第5作目の作品。主人公の「花咲つぼみ」は、引越しの車の中で謎の少女戦士・キュアムーンライトがその敵ダークプリキュアに敗れる夢を見る。その後妖精のシプレとコフレが現れ、つぼみは「キュアブロッサム」に変身した。そして二人目のプリキュア「キュアマリン」と共に砂漠の使徒と戦うのであった。

Read Article

最近のコミケの最高峰クオリティのコスプレまとめ

コミケいってますか?コミケことコミックマーケットは毎年夏(8月)と冬(12月)の2日間開催される日本のポップカルチャーイベントです。会場では限定グッズやオリジナル商品、そして同人誌や同人グッズなど様々な限定商品を購入することができます!そしてもちろん!その会場に訪れるコスプレイヤーも忘れてはいけません!

Read Article

《クイズもあるよ!閲覧注意》世にも奇妙なアニメ・漫画の奇怪イラストたちw

アニメや漫画をよく見てみると、一部映像や背景、絵コンテ、そしてキャラクターの異常さなど、とにかく奇怪なシーンが結構あるものです。人間仕様なのに間接がおかしかったり、脇にいるからと油断しているときの逝っちゃってる顔、その他不気味な絵と様々あります。今回はそんな世にも奇妙なイラストたちを、様々な作品から集めてみました。

Read Article

大人だからこそハマってみる価値あり。塗り絵の効用。

何かに夢中になっていると、時間はあっというまに過ぎ去ります。時間が経つのも忘れるくらい没頭できる趣味があると、ストレスが和らぐので健康上にも良い影響が多いことが様々な実例からわかってきました。 手軽に始められる趣味として最近注目を集めているのが、塗り絵です。特に女性には子供時代におなじみの遊びだったかもしれない塗り絵。それが今「大人の塗り絵」として再び舞い戻ってきました。

Read Article

目次 - Contents