ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』(Danganronpa: Trigger Happy Havoc)とは、2010年11月スパイク(現スパイク・チュンソフト)から発売されたPSP向けのゲーム。ダンガンロンパシリーズの第1作目となる。
2013年にはアニメ化、2014年には舞台化されている。
今作は才能あふれる「超高校級」が集められる希望ヶ峰学園で16人の高校生が監禁され、コロシアイを強要されるストーリーとなっている。

非日常編パート

殺人事件発生後の捜査パート。
生徒3人以上が死体を発見すると、「死体発見アナウンス」が流れ、モノクマから「モノクマファイル」という検死報告書が人数分手渡される。
その後、捜査をし、手がかりや証拠、証言等を集め、全て集めた段階で学級裁判へと移行する。

希望ヶ峰学園でのルール

モノクマが設定した、コロシアイ学園生活でのルール。
詳細は下記の通り。

・殺人を行った犯人を「クロ」と呼ぶ。
・被害者の死体が発見されると捜査パートになり、一定時間経過後、生存者全員で「学級裁判」を行う。
・学級裁判の最後で、全員で投票をする事により「クロ」を決定。正しい「クロ」を指摘出来れば、「クロ」だけが「おしおき」、間違った「クロ」を選ぶと「クロ」のみ「卒業」として学園から脱出でき、「クロ」以外の全員が「おしおき」となる。
・クロに共犯者が存在していても、「クロ」となれて卒業出来るのは直接手を下した者のみ。

学級裁判パート

基本ルール

裁判ではあるが、議長はおらず、参加した生徒全員が進行し、検事や被告、陪審員全てを兼ねる。
モノクマは原則、立会人の為、議論には参加しない。
それぞれが思い思いの発言をする中で、矛盾していると思う発言に「言弾(コトダマ)」をぶつける事で「論破」するのが基本となる。
正しい箇所に論破すると、話の流れが変わり、議論が先へ進む。
議論が発展していくと、ミニゲームが発生したり、他の生徒からの事実確認・新事実提示等が発生する。
事実確認等の際には、既に入手してる言弾を突き付けて証拠提出とする。
また、ミニゲームや事実確認等において、ミスをしてしまうと「発言力」というパラメータが減少。
発言力が「0」になってしまうと、強制的に苗木が犯人として投票されてしまい、ゲームオーバーになる。
発言力は議論や選択肢の正解を選ぶ事で回復する事が出来る。
議論中やミニゲーム中はRボタンで「集中力」を使う事により、進行がスローになり余裕が出来る。
集中力は時間経過で回復する。

ノンストップ議論

事件発生後、生き残った生徒達でテーマ毎に話し合い、その中の矛盾点を論破していく、学級裁判でのメインとなるミニゲーム。
発言の中にある「ウィークポイント」は黄色い文字で表示され、そこで矛盾する部分に「言弾(コトダマ)」と呼ばれる手掛かりを△ボタンで撃ち込む事で論破が可能。
ウィークポイントは、必ずしも全て論破する必要はなく、無関係でダミーのものが混じっている事もある。
また、捜査の段階で入手している言弾での論破が出来ない場合、議論内のウィークポイントから△ボタン長押しで新たに言弾として手に入れる必要がある。
Rボタンを押すと、「精神集中」を使用でき、議論のスピードがスローになるが、集中力を消費する。
難易度が普通以上の場合、途中から「雑音セリフ」という議論に無関係な紫の文字が出て来る。
雑音セリフに言弾が当たると弾かれ、論破が出来なくなる為、〇ボタンで排除する必要がある。
ノンストップ議論に関しては、一度全てのセリフを確認して、苗木がヒントとなる言葉を呟いてから行動に移すのが攻略のポイントとなる。

閃きアナグラム

手掛かりとなるキーワードを苗木が思い出す時に出て来るミニゲーム。
ランダムに画面を流れるひらがなを撃ち、正しいキーワードにし、単語を完成させる。
命中率は裁判成績に影響する。
文字の色によって撃つ回数が異なる為、撃ち過ぎには注意。

マシンガントークバトル

推理の最中に意見が対立した人物と一対一で議論するミニゲーム。
リズムに乗り、相手のセリフを〇ボタンでロックオンし、△ボタンで撃破してゆく。
最後に決定的な「言弾」を突き付け、議論に勝つ。
ボタン入力が正確であると、リズムは速くなっていく。
難易度が普通以上の場合は、途中から連続撃破数に制限があり、リズムに乗せて一発ずつ□ボタンでリロードする必要がある。
相手のセリフが画面上に出ていない時がリロードのタイミングとなる。
Rボタンを押すと、集中力を消費してリズムや残弾を無視して相手のセリフを撃破出来る「フィーバータイム」に突入。

人物指名

裁判終盤で導き出した推理を基に犯人や怪しい人物を指名する。
裁判成績の評価対象ではないが、間違った人物を指名してしまうと発言力が低下する。

クライマックス推理

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園(Danganronpa 2: Goodbye Despair)』とは、2012年7月にスパイク・チュンソフトから発売されたPSP向けのゲーム。 ダンガンロンパシリーズの第二作目。学級裁判での仕様変更や新要素が追加されており、前作よりも難易度が上がっている。 本作はジャバウォック島を舞台に、突如として現れたモノクマによる「コロシアイ修学旅行」が開催される。殺人事件が繰り返される異常事態の中、日向らは真実へと近づいていく。

Read Article

絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』とは2014年にスパイク・チュンソフトより発売されたPSVita向けのゲーム。2017年6月にはPS4版、PC版も発売している。ダンガンロンパシリーズにおいては3作目であり、1、2の間を描いた外伝ストーリーとなっている。 今作は1年半にも及ぶ監禁生活を強いられていた苗木こまるが、「超高校級の文学少女」である腐川冬子と共に世界の異変に立ち向かうストーリーとなっている。

Read Article

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』とは、2017年にスパイク・チュンソフトより発売されたPS4・PS Vita向けのゲーム。同年9月以降には、米国、欧州等でも発売している。ダンガンロンパシリーズにおいては4作目、ナンバリングタイトルとしては3作目となる。作品舞台が希望ヶ峰学園から、才囚学園に変更された。1、2との関連性は薄い。今作は才能あふれる「超高校級」という称号を持つ16人が才囚学園に監禁され、コロシアイの1番を競わされるストーリーとなっている。

Read Article

目次 - Contents