絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode(Danganronpa Another Episode: Ultra Despair Girls)のネタバレ解説まとめ

Ogp

『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』とは2014年にスパイク・チュンソフトより発売されたPSVita向けのゲーム。2017年6月にはPS4版、PC版も発売している。ダンガンロンパシリーズにおいては3作目であり、1、2の間を描いた外伝ストーリーとなっている。
今作は1年半にも及ぶ監禁生活を強いられていた苗木こまるが、「超高校級の文学少女」である腐川冬子と共に世界の異変に立ち向かうストーリーとなっている。

『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』の概要

『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』とは、2014年9月25日にスパイク・チュンソフトより発売されたPSVita向けのゲームである。
2017年6月29日にはPS4版、(Windows7以降の)PC版も発売されている。
ダンガンロンパシリーズにおいては3作目であり、1作目『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』と2作目『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』の間に何があったのかを描いた外伝ストーリー。
今までの「ハイスピード推理アクション」というジャンルであるダンガンロンパシリーズとは違い、今作は「コトダマアクション」と称したシリーズ初のアクションアドベンチャーゲームになっている。
また、シリーズ初となる3Dグラフィックも取り入れられており、アクションシーンに関しては全編に渡って3Dで構成されている。
他にもシリーズ初となるアニメーションも挿入されていて、ジャンルからグラフィックから、2作目までのダンガンロンパとは一味違う作品になっている。

今作は、1作目の主人公であった苗木誠の妹である苗木こまるが主人公。
1年半にも及ぶ監禁生活を強いられていた苗木こまるが、謎の熊「モノクマ」の襲来を受け、荒れ果てた外の世界に飛び出す。
外の世界で出会った、「超高校級の文学少女」である腐川冬子と協力し、世界の異変に立ち向かうストーリーとなっている。

『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』のあらすじ・ストーリー

12

1年半にも及ぶ監禁生活をさせられている苗木こまる

普通の女子高生である苗木こまる。
しかし、その日常はとても普通ではなかった。
窓には鉄格子、決して開かない玄関のドア、朝昼晩に必ず届けられる食事。
苗木こまるは、1年半もの間、誰が何の為に行っているかも分からない監禁生活を送っていた。
毎朝のように脱出を試み、玄関に向かって叫んでみたり、体当たりをしてみたりするが、反応はない。
脱出する気はあるが、希望も既に無くなっていた。
そんなある日、玄関の方から物音が聞こえる。
この1年半、物音が聞こえる事すらなかった、こまるの生活に変化が訪れたのだ。
誰かが助けに来たのかもしれないという希望を抱き、こまるはドアの向こう側に向かって助けを求めた。
しかし、こまるの目の前に現れたのは鋭い爪だった。
切り裂かれたドアの向こうからは赤い目が鋭く光り、ドアを壊して現れたのは鋭い爪を持つ、白と黒のクマだった。
謎のクマからの襲撃にひたすら逃げるしかないこまる。
皮肉にも、謎のクマからの襲撃により開いた玄関から外へ飛び出した。
初めて出た部屋の外は、マンションの廊下になっていて、何故だか火事が起きていた。
火の手や、謎のクマから逃げ続け、何とか辿り着いたのはエレベーターホールだった。
クマから逃れようと、こまるは必死にエレベーターのボタンを押す。
ようやく開いたエレベーターには数人の黒服の男達が乗っていた。
黒服の男達の先頭に立っていた青年は、拡声器のような物を襲ってきているクマに向け、そこから青い光を放った。
拡声器から放たれた光がクマに当たった瞬間、クマは爆発し、機能停止したようだった。

13

こまるの前に現れた謎の黒服集団の青年が拡声器から青い光をクマに向かって放った

何が起きたのか理解出来ず、茫然とするこまる。
拡声器で謎のクマを倒した青年は、自らを「十神百夜」と名乗り、こまるを監禁したのは自分ではない事と、こまるを助けに来た事を説明した。
十神は「このマンションに『要救助民』が監禁されているという情報が未来機関に入ってきた」と言った。
何も理解出来ないこまるに、十神は説明もせず「これは一体どういうことだ?このモノクマはなんだ?」と先程爆発したクマの頭部に近寄った。
どうやら、こまるを襲ってきた謎のクマは「モノクマ」という名称があるようだった。
更に十神は「俺達がこの街にやってきたのを見計らったようにこんな暴動が起きるとは、タイミングが良すぎる。いや、そもそもあの情報自体が俺達を誘い出す罠だったのか…」と一人で考え込んでいた。
そんな十神にこまるはようやく「暴動って何ですか?外で何が起きてるんですか?さっきの白黒のクマも…何なんですか?」と尋ねた。
それを聞いた十神は「モノクマを知らないとは呑気なものだな」と呆れた様子を見せた。
しかしその後「教えてやるが…今はそんな無駄話をしている場合ではないぞ」と視線を横にずらした。
十神の向けた視線の先には、先程十神と一緒にエレベーターから降りてきた他の黒服達がモノクマに襲われている光景があった。
十神は、先ほど使っていた拡声器をもう一つ出し、こまるに渡した。
そして「向かいのファミレスに未来機関の人間が待機している。おまえにも逃げるくらいは出来るだろう」と言い放ち、こまるに逃げるよう促した。
相変わらずワケが分からないこまるだったが、ひとまず十神の言う通りエレベーターに乗り、外に出た。
一年半ぶりに出た外の世界。
そこには、モノクマが人々を襲っている地獄のような光景が広がっていた。
十神の言っていたファミレスに飛び込み、助けを求めるこまるだったが、その瞬間、外からガラスを破って入ってきたモノクマが店員に襲い掛かる。
そこから他のモノクマ達も一斉に入り込んできて、あっという間にファミレス内は血の海となった。
物陰に隠れ、怯えていたこまるだったが、見つかるのも結局時間の問題。
それでも自分を何とか奮い立たせ、十神から渡された拡声器型の「ハッキング銃」と呼ばれる、モノクマに対抗出来る武器を手に進むしかなかった。
何が起きているのか、未だに理解は出来ていないこまる。
店員も客も、モノクマも居なくなった静かなファミレスの店内に一人ただただ困惑するしかなかった。
すると、どこからともなく誰かの「クスクス」という笑い声が響いた。
「誰!?」と言ってみても返事はなく、こまるは声の主を探し店内を歩いた。
一台のテレビの前に辿り着き、どうやら笑い声はここから聞こえてきているようだった。
画面には、血まみれになって息絶えているニュースキャスターの姿が映っていた。
しばらくすると、テレビの中に4~5人の子供が現れる。
あろうことか、その子供達は倒れていたニュースキャスターを使い、死体を人形かのように弄んでいた。
しばらくして、緑色の髪をして車椅子に乗った少女が現れる。
少女は「初めまして。私達は希望の戦士です。モノクマちゃんのご主人様です。私達はこの街に、子供達の子供達による子供達の為の楽園を建設する事にしました。そういうわけなので、大人の皆さんはもう必要ありません!さようなら~」と言った。
直後にテレビの画面は「しばらくお待ちください」という表示に変わり、以降その画面が変わる事はなかった。

14

テレビの中から不穏な宣言をする子供達

今から一年半と少し前に世界を一変させたある事件が起きた。
事件の発端となったのは、ある学校で起きた学生運動だった。
しかし、その学生運動自体を学校側が隠蔽した事により、世間がそれに気付いた時には手遅れの状況になってしまっていた。
やがて、学生運動は校内だけに留まらず、あらゆる地域を巻き込み、深刻かつ甚大な事件へ変わった。
そもそも、それはただの学生運動ではなかった。
学生運動が起こった学校は希望ヶ峰学園。
様々な分野において特に秀でた才能がある高校生を「超高校級」と称し、集めている特別な学園だ。
あらゆる分野での才能を持つ者が集まった希望ヶ峰学園で起きた学生運動は、窃盗や殺人等あらゆる犯罪の発生率を跳ね上げ、更には復讐という形でも規模を拡大し、世界は絶望に染まった。
世間で「希望ヶ峰学園に入学出来るのは、勝ち組の象徴」という風潮があった為に、希望ヶ峰学園の生徒の影響力は大きく、そこまでの大きな事件となってしまった。
後にこの事件は「人類史上最大最悪の絶望的事件」と呼ばれるようになる。
そんな世界になっていても、こまるは自分の世界に絶対的な信頼を置き、クラスメイトが7人死んでも、まだ大丈夫だと思い続けてきた。
しかし、絶望に染まった世界で大丈夫なはずがなく、突如として見知らぬ男達が家に乗り込んできて、こまるは家族と引き離され、異常で理不尽な監禁生活を強いられたのだった。
異常だけれど、1年半も過ぎれば監禁生活を受け入れ始めていたこまる。
監禁生活も絶望だったが、それが終わった後に待っていたのは更なる絶望でしかなかった。
「希望なんて持つもんじゃない」とこまるは改めて思い知ったのだった。

ファミレスの中で一人になったこまるは、呆然と座り込んでいた。
変わらず外ではモノクマが徘徊しており、また一匹ファミレスに入ろうとしているモノクマもいた。
十神の言葉を思い出したこまるは、未来機関の人間を探す事にした。
十神と同じ黒いスーツを身にまとい、息も絶え絶えになっている男をこまるは見つけ、話しかけた。
未来機関の男は、「君は要救助民か」と言い、続けて「この裏口から出て、真っ直ぐ道なりに進んだ先にある公園に行け。そこに未来機関のヘリがある」とこまるを促す。
二人が話をしていると、またモノクマが店内に入り込んできていた。
「逃げろ!」という未来機関の男に押されるように、裏口へ飛び込んだこまる。
外はモノクマが大量にいて、死体が転がり、爆発の炎が上がっているという凄惨な状況だった。
それでもこまるは何とか走り切り、公園に辿り着き、未来機関のヘリを見つけた。

15

未来機関のヘリまで辿り着いたが、変わらず何も状況が分からないこまる

未来機関の人間に「みなさんの事とか、ここがどこなのかも、全然分からなくて」とこまるは説明を求めた。
それを聞き、「時間はないが説明しよう」と未来機関の男が話し始めた。
「未来機関」とは世界を絶望に染め上げた最悪の事件である「人類史上最大最悪の絶望的事件」から世界を立ち直らせようとしている組織だった。
この街は「塔和シティー」といい、世界有数のIT企業であり、世界の再建に多大なる貢献をしている「塔和グループ」が支配する、海に浮かぶ巨大な埋め立て地であった。
また、塔和グループは例の事件の際に世界各地で発生した毒ガスによる大気汚染に有効な空気清浄機を開発している事、塔和グループの威光のお陰か、この街では例の事件の影響をほとんど受けていない事を聞く。
こまるは、説明の規模が大きすぎて聞いているだけで精一杯だったが、それでも必死に理解しようとした。
モノクマがどこから現れたのか、何故塔和シティーを襲うのか、先程の不気味な子供達の放送等、現時点では未来機関にも分からない事だらけであった為に、こまるが理解出来ないのも仕方のないことだった。
しかし今は、この街から脱出するのが一番だと、こまると未来機関が話していた矢先、どこからともなく歌声が聞こえてきた。
歌が聞こえてきた方に目を向けると、公園の遊具に座り、モノクマのマスクを被った子供が歌を歌っているようだった。
すると、その後モノクマが現れ始め、未来機関の人間に襲い掛かった。
こまるを逃がそうと、未来機関の人間はこまるをヘリに押し込む。
何とかヘリに乗ったこまるだったが、操縦席に座っていたのはなんとモノクマだった。
モノクマのメチャクチャな運転のヘリは、そのうち地面へと墜落した。
脱出したこまるだったが、無数のモノクマに囲まれる絶望的な状況となった。
あまりにも絶望的な状況の中でこまるは、最終的に意識を失ってしまった。

16

無数のモノクマに囲まれ、意識を失ってしまうこまる

こまるが気付いた時には、どこかのベッドで寝ている状況だった。
そして、誰かに呼びかけられている事に気づいた。
こまるが起き上がると、側には首に首輪と太い鎖をつけた青年が立っていた。
青年は自分で「召使い」と名乗り、こまるが丸二日も眠っていた事を説明した。
続けて召使いは「丸二日…世界が様変わりするには、十分過ぎる時間だよね…でも、キミは自分の事の方が心配だよね?これからどうなっちゃうのかってさ」と言った。
分からない事続きだったこまるにとって、世界よりも自分の心配をしてしまうのは当然の事だった。
「どうなっちゃうんですか?」と聞いたこまるに召使いは溜め息をついて「普通過ぎる反応でびっくりしちゃった」と笑った。
召使いは、「世界の九割は平凡で退屈でつまらない人間で構成されているからさ、そういう彼らが感情移入出来るのはキミみたいな人間なんだよ。うん…だから、合格かな」と続けた。
しかし、これは完全に召使いの意見で、「テストを受けてもらわないといけない」と召使いは言った。
そして召使いは、こまるが持っていたハッキング銃を「返すよ」と手渡し、「ここからスタートして無事に『みんな』の元へたどり着けたら合格だよ」とテストの内容を説明しどこかへ行ってしまった。
「みんな」についても「テスト」についても、結局よく理解出来ないこまるだったが、ひとまず進むしかないという事だけは分かった。
こまるは仕方なく、外に出てテストにのぞむ事にした。
部屋の外をウロウロしているモノクマを撃破しながら、何とかある部屋にたどり着いたこまる。
ドアを開けたその先には、テレビで見た「希望の戦士」を名乗る子供達が待っていた。
緑色の髪の車椅子に乗った少女は、こまるの前まで来ると「お姉ちゃんいらっしゃい。来てくれて嬉しいよ」と言った。
相変わらず状況が掴めていないこまるに、緑色の髪の少女は「まずは自己紹介からだね」と言い、子供達はそれぞれ自己紹介をした。
希望の戦士の面々は、希望ヶ峰学園付属の小学校に通っていたクラスメイトであり、それぞれが「超小学生級」の才能を持っているらしかった。
「超小学生級の体育の時間」と呼ばれていた、希望の戦士の中では勇者を担当しており、リーダーだという大門大(ダイモン マサル)。
「超小学生級の社会の時間」と呼ばれていた、希望の戦士の中では賢者兼副リーダーをしているという新月渚(シンゲツ ナギサ)。
「超小学生級の図工の時間」と呼ばれていた、希望の戦士の中では僧侶を担当している煙蛇太郎(ケムリ ジャタロウ)。
「超小学生級の学芸会の時間」と呼ばれていた、元天才子役で、希望の戦士の中では戦士を担当している空木言子(ウツギ コトコ)。
「超小学生級の学活の時間」と呼ばれていた、希望の戦士の中では魔法使いを担当しているモナカ。
5人は希望の戦士として、魔物から世界を救う救世主をしていると主張していた。

1

「希望の戦士は魔物から救う救世主」だと言う言子

更に希望の戦士達は、この街で一番偉い、この街の支配者であるとも言った。
こまるには正直、「魔物」や「支配者」など子供がふざけているようにしか聞こえなかった。
そして、こまるは「だって…キミ達は子供でしょ?子供なんかが支配者なんて…」と言った。
子供「なんか」と言われた事に対し、希望の戦士達から笑顔が消えていった。
言子は「あーあ…『なりかけ』だからどうかと思っていましたけど、もう立派な魔物みたいですね」と呟く。
どうやら、希望の戦士達としては高校生のこまるは、大人に「なりかけ」だが、まだ子供な所もあるのではないかと、自分達のテリトリーに招き入れたようだった。
続けて、今度は渚が「いいか…オトナもコドモも関係ないぞ。力があれば、そんな順序は簡単にひっくり返るんだ。『僕らのモノクマ』を使えば、お前なんかあっというまにグチャグチャだ」と言った。
魔法使いを担当している、モナカの魔法でモノクマは希望の戦士達の言いなりらしかった。
そして、希望の戦士達は大人を排除し、塔和シティーに子供達だけの楽園を作る事を目的としていた。
「あなた達の言ってる事、さっぱりわかんないよ」というこまるに、「わーかーらーなーくーなーいーのー!モナカがー、そうだってー、言ったらー! そーうーなーのー!」とモナカが駄々をこねはじめた。
他の4人が慌ててモナカをなだめ、リーダーである大門はこまるに怒り「お前は絶対にオレっちが狩ってやる!」と言い放った。
渚は「これから僕達はゲームを始めるんだ。お前は、そのゲームで僕達と対戦するんだ」と付け足した。
彼らが言うゲームとは、モナカが考案した「デモンズハンティング」という、ターゲットになった魔物である大人を街に放ち、希望の戦士達で狩るというものだった。
言子が「楽しみですね、モナカちゃん」というと、先程までの駄々をぴたりと止め、モナカは「うんっ、楽しみだねー」と笑顔になった。
そして、知らない間にこまるの後ろに居た召使いは、ゲームのターゲットにつけられる腕輪をこまるの腕につけた。
何故こんなに残酷な事をするのか、希望の戦士達に問うこまるだったが、希望の戦士達は一同爆笑だった。
「ゲームは楽しいからやる。お姉ちゃんの常識や経験を基準に考えても意味ないんだよ。楽しいからこれをやるの」とモナカはにっこり笑った。
とは言え、渚は「楽園設立の為にまだやる事があるから」とゲーム自体には反対の様子だった。
しかし、大人を排除する事自体には反対しているわけではなかった。
そしてモナカが「今のあなたに何かを選ぶことなんて出来ないんだよ。もう既にいるのは奈落の底なんだから」と言うと、こまるの立っていた床が突然開いた。
落とされた場所は、塔和シティーの上空のようだった。
パラシュートが開き、こまるはゆっくり地面に落ちていった。

1

塔和シティーへと落とされたこまる

どこかのビルの屋上に降り立ったこまる。
モノクマがいるという状況は何も変わっているわけがなく、着陸早々にモノクマはフェンスを登りこまるに近付いてくる。
一人怯えているしかなかったこまるの前に、両手にハサミを持ったセーラー服の女が現れ、そこら辺にいたモノクマを一掃した。
そして、こまるに近づくと「見~っけ。あんた、苗木こまるっしょ!? 違うなら違うって言ってよ、バラすから!」と女は言った。
モノクマがいなくなっても結局怯えるこまる。
しかし、話している間にもモノクマが現れる為、二人は一度物陰に隠れ話を始めた。
こまるが「あの、もしかして助けてくれたんですか?」と言うと、女はいきなりこまるにハサミを向けた。
続けて「おい、デコマルつったな?白夜様はどこー?もちろん知ってるんでしょー?」と笑った。
物騒な女は「だってー、デコマルが持ってる銃からー白夜様の匂いがプンプンするもーん」と言い始めた。
彼女の言う「白夜様」というのは、こまるが監禁生活から逃れた後、ハッキング銃を渡してきた未来機関の「十神白夜」の事らしかった。
どういう関係なのかは分からなかったが、この物騒な女は十神白夜を探している事はこまるにも分かった。
そして、話しているうちに彼女の様子がおかしくなり、持っていたハサミを落とし、目が回ったと思ったら雰囲気がガラリと変わった。
「さては、あんた…苗木こまるねっ!」と女は言い出した。
先程も自己紹介をしたはずだったが、女は「仕方ないじゃない、あたしとあいつは記憶を共有できないんだから」と訳の分からない事を言っていた。
「敵か味方かハッキリしてよ」と言うこまるに「味方よ」と女が言ったので、ひとまずこまるは信じる事にした。
女は、モノクマを倒す方が先決だと言い、先程のハサミを持っていた状態になりモノクマを一掃した。
その後、ようやく女は自分の事を「腐川冬子」と名乗った。
そして、こまるは「さっきのすごかったですね!別人みたいになってましたけど」と聞くと腐川は「らしいわね」と曖昧な返事をした。
どうやら、腐川は二重人格であり、ハサミを持ってモノクマを一掃したのは「ジェノサイダー翔」という別の人格だという事だった。
腐川とジェノサイダーは別の人格である為、記憶の共有は出来ないという。
ちなみに腐川は過去に「超高校級の文学少女」として、希望ヶ峰学園に通っていた一人だった。
更に腐川のもう一つの人格であるジェノサイダー翔もまた、「超高校級の殺人鬼」と呼ばれ、正体不明の連続殺人事件を起こしていた。
今までは人格の入れ替わりは不定期に起きていたが、「現在ではスタンガンの電気ショックで意図的に人格を入れ替える事も可能」だと腐川は言った。
これで百人力と喜ぶこまるだったが、電気ショックは「脳が沸騰するからそう易々と使えない」と腐川に怒られる。

2

人格交替はそう何度も使えないと怒る腐川冬子

こまるの質問が一通り終わると、今度は腐川が「何故、十神白夜が持っていたはずのハッキング銃をこまるが持っているのか」、「こまると十神白夜の関係は何なのか」と質問をする。
こまるが「十神さんには、ただ助けてもらっただけで、その機械もその時に渡されただけで」と言うと、腐川は何故か「調子に乗ってんじゃないわよぉ!」と対抗心を燃やした。
どうやら、腐川は十神に想いを寄せている様子だった。
そして、こまるを助けた後、十神が何者かに捕まってしまったという情報をどこかから仕入れたようで、腐川は「早く助けに行きたい」と言った。
とにもかくにも、ひとまずはこの建物から出ない事には話が進まない。
腐川は「先に行きなさいよ」とこまるを先導にさせ、二人は一緒に前へ進む事となった。

屋上からの階段を降りると、この建物は病院のようだった。
モノクマを撃退しながら二人は病室に辿り着く。
そこにはモノクマのマスクを被った子供がいた。
未来機関のヘリの前で見た子供と同じマスクだった。
腐川の話によると、どうやら街の中にはモノクマのマスクを被った「モノクマキッズ」と呼ばれる子供が大勢いて、モノクマと一緒に大人達を殺しているようだった。
モノクマキッズは言葉を発する事はなかったが、プレゼントを置いてどこかへ消えてしまった。
謎は深まるばかりだった。

ようやく建物の外へ出てきたこまると腐川。
こまるは腐川に「どうして腐川さんはわたしが、この街に住んでるって知ってたの?そもそも、何でわたしの事知ってたの?」と会った時から気になっていた事を聞いた。
腐川は「来る途中のヘリの中で白夜様が言っているのを聞いた」と、自分も未来機関のヘリに乗っていた事を明かした。
ただし、正式な未来機関員ではなく、研究生のような扱いで制服も貰えていない状況らしい。
未来機関のヘリに乗っていたのも、自分から潜り込んだかららしかった。
しかし、「ジェノサイダー翔をきちんと制御出来るようになって、二度と人を殺させないように出来れば、正式に未来機関の人間になれる」と腐川は付け足した。
一通り話が終わったところで、こまるは一人では怖くて仕方ないという事を腐川に訴えた。
腐川は意外にもアッサリ「いいわよ、付いていってあげても。未来機関の人間として、見捨てるわけにいかないし」と承諾した。
監禁生活中から、腐川に会うまでずっと一人だったこまるにとって、誰かが居てくれるというのはとても嬉しい事で、腐川のその返事に感激した。
それから二人は、この街から逃げる方法を考える。
こまるは、未来機関員から聞いた「この街は巨大な埋め立て地」という言葉を思い出した。
そして、橋を見つければ外に出られるはずと考え、まずは橋に向かう事を腐川に提案し、二人で向かった。

3

橋から外に出ようと提案するこまる

こまると腐川は協力しながら進んだが、どこもかしこも崩落等で道が塞がれていて思うように進む事が出来なかった。
ひとまず、ホテルまで辿り着いた二人。
他に行ける道もなく、ホテルに入るしかなかった。
もしかすると、このホテルの裏側に橋がある可能性もある。
そんな望みをかけ、ホテルの中に入りまた二人は進んだ。
ホテルの中も至る所がボロボロになっており、廃墟のようになっていた。
歩いているうちに見つけた電話の前で、こまるは「この電話で警察に通報しようよ!」と腐川に言った。
しかし、腐川は「クソアイデアね…繋がるわけないじゃない!」と一蹴する。
現在、この塔和シティーでは電話もネットもメールも、何もかもが繋がらない状況になっている。
落ち込むこまるだったが、「じゃあ、やっぱり橋を目指すしかないね」とまたホテル内を進む事にした。

ホテルのエレベーターホールまで来た二人は、ある一枚の紙を見つける。
そこには「殺すリスト」と物騒な事が書いてあり、顔写真と簡単なプロフィール、生息予想地が書かれている。
腐川は「ガキ共の作ったものでしょうね。あんたみたいなターゲットを効率よく狩り殺す為のリストよ」と説明した。
こまるは、自分以外にもターゲットになっている大人達が居る事に今更驚く。
しかし、「今は人の心配をしている場合じゃない」と腐川に言われ、こまるはまた歩き始める。

4

こまる達が拾った「殺すリスト」

ようやくホテルから出て、橋までやってきたこまると腐川。
「これで脱出出来るね」と喜ぶこまるに対し、「そう…上手くいくかしら…嫌な予感がするのよ」と腐川は呟く。
すると、後ろから誰かに呼ばれ、振り返ると一人の少年が「あんたら…ガキ達の仲間じゃなさそうだな」と二人に向かって言った。
「久しぶりにまともな人間と会えた!オレ、超嬉しい!」と言い、こまるの手を握った。
しかし、こまるの腕につけられた腕輪を見ると少年は「もしかして…キミもあの希望の戦士とかいう子供達につかまったの?」と表情を強張らせた。
少年は自分の腕にもつけられているこまると同じ腕輪を見せた。
喜ぶ事ではないが、同じ境遇の人間に会えて、ホっとするこまると少年。
少年は「朝日奈悠太」と名乗った。
そして、脱出を試みようと三人は橋を渡った。
しかし、途中まで渡った所で橋が崩落している事に気付き、愕然とする悠太とこまる。
引き返そうと腐川が提案した途端、爆発音がし、橋が大きく揺れた。
遠くでは橋に爆弾を仕掛けたモノクマキッズが楽しそうに橋を眺めていた。
三人は必死で来た道を戻り、間一髪の所で橋の崩落を免れた。
呆然としていたこまるだったが、絶望的な状況で逆に開き直った悠太は対岸まで泳いでいくと言い出した。
そんな悠太に腐川は「このへんの水温は思った以上に冷たいし、環境汚染とかで変な生き物だって…やめた方がいいって言ってんの!」と諭した。
それでも、悠太は諦める事なく、「対岸に着いたら未来機関に助けを求めるから大丈夫だ。二人とも待っていてくれ」と泳いでいく事を決意した。
こまると腐川の目の前で躊躇なく海に飛び込み、ものすごいスピードで泳いでいった。
これなら本当に対岸まで行けるかもしれないと思った矢先、悠太の腕輪から警戒音が鳴り、水しぶきと共にその場で爆発した。

5

警戒音が鳴りだした悠太の腕輪

meefow
meefow
@meefow461

目次 - Contents