も〜っと!おジャ魔女どれみ(第3期)のネタバレ解説・考察まとめ

『も~っと!おジャ魔女どれみ』とは東映アニメーション制作のオリジナルアニメーション『おジャ魔女どれみ』(全4期)のシリーズで、第3期にあたる。その後、OVA・映画・漫画・小説とマルチメディア化している作品である。ストーリーは、魔女見習いでなくなってしまった主人公春風どれみと、同じ魔女見習いの仲間たちが再びチャンスを与えられ、魔女見習いとして新たな課題「お菓子づくり」に挑戦していく。仲間と協力しながら様々な課題をクリアし、魔女として認めてもらえるよう奮闘・成長していく物語。

『も〜っと!おジャ魔女どれみ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

恩師の死とももこのピアス

出会ったばかりのももこ(左)とマジョモンロー(右)。

第2話。本作初登場となったももこの回想シーン。ももこは、アメリカで上手くなじめなかった自分を救ってくれた「マジョモンロー」のお菓子店でお手伝いをしていた。ある日、ももこはマジョモンローを魔女だと見抜いてしまい、魔女ガエルに変えてしまう。元の姿に戻すために、魔女見習いとなり、魔女見習い試験に励んでいく。だが、マジョモンローは段々具合が悪くなり寝たきりになっていく。ようやく試験を突破して魔女になれたことを報告したが、その直後、マジョモンローは寿命により息を引き取ってしまう。ようやく元の姿に戻して、これから楽をさせてあげたかったのに。と悔やむももこ。その手には、形見として渡されたマジョモンローのピアスが握られていた。以降ももこは常にそのピアスをつけている。

大切な相手からもらった鳩笛を探すシーン

鳩笛を探すまさる(左)とはづき(右)。

第9話。幼馴染のはづきとまさるが幼いころ、泣いていたはづきのためにまさるが自身の鳩笛をはづきに渡す。2人だけの秘密の鳩笛は、勘違いによりももこの物になってしまう。それが気に入らず怒ってしまうまさる。なんとか取り返そうと奮闘するはづき。勘違いに気づいたももこは、まさるに鳩笛を返すが、2人だけの秘密を破ったことに怒り、川の中へ鳩笛を捨ててしまう。鳩笛を探すために、はづきはあえて魔法は使わずに自ら川に入る。また、どれみ達おジャ魔女も魔法を使うことなく加勢する。鳩笛は無事見つかり、はづきとまさるは仲直りをする。大切な相手との切ないすれ違いがあっても、また分かり合えるという名シーンだ。

どれみ「友達ってそういうもんじゃん?」

どれみ(左)のお陰でどんどん心を開いていくかよこ(右)。

38話。どれみと同じクラスで不登校のかよこ。20話でどれみ達と仲良くなれたものの、まだ学校には来れていなかった。人目や、他人の言葉が人一倍気になってしまうかよこ。不登校のせいで、お母さんや学校の先生、友達に更なる迷惑をかけてしまっていると落ち込み、余計に学校に行きづらくなってしまう。そんなかよこにどれみ達がクッキーを作ってもっていく。迷惑をかけていると泣き出すかよこに対し、はづき・あいこ・おんぷ・ももこが、どれみちゃんの方が時間にルーズで忘れ物も多く、迷惑をかけていることもある。でも、自分たちにならちょっとくらい迷惑かけても全然平気と伝える。どれみはかよこに向かって、『友達ってそういうもんじゃん?』と言う。それらの言葉はかよこの背中を押してくれる勇気に代わり、翌日からかよこは保健室登校をするようになる。

『も〜っと!おジャ魔女どれみ』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

制作の裏話

原作の存在しない、おジャ魔女どれみシリーズ。いかに子どもたちに共感してもらえる作品にするかを重視し、プロデューサーだった関弘美が小学3年生以下の男女児童に対するマーケティング調査を行い、それらがストーリーの基本となった。また、スタッフたちの子どもの頃の実際の思い出を元に作られたエピソードも存在している。魔女というコンセプトは、ロアルドダール作『魔女がいっぱい』をヒントにしている。

ハナちゃんの髪型

2つ結びになったハナちゃん(中央)。まわりは同じ幼稚園の仲間たち。

第3期冒頭では、髪の毛をちょんまげのように一つに結んでいたハナちゃんであったが、でんぐり返しの練習をする際に邪魔にならないように、とどれみがツインテ―ルに結びなおしてあげている。このハナちゃんの髪型は次回作の第4期で成長した際にも同じツインテ―ルの形を保っている。

心と身体の成長を子どもの目線になって伝える

自分の身体のことを話題にされ、恥ずかしがるクラスメイトの奥山。

作品の本筋である「魔法」「パティシエ試験」とは別に、学校生活の日常も多く描かれている『も~っと!おジャ魔女どれみ』。中には、センシティブな身体の成長にまつわる回があり、胸が大きいことを気にしているクラスメイト・奥山を気にかけ、フォローしようとするどれみ達や、からかってくる男子はリアルな小学生を彷彿とさせる。この回では、魔法を使って直接問題を解決しておらず、先生たちの保健の授業によって「人と違っていい」ということを学ぶことで、奥山の心を軽くした。このように、魔法に頼らずとも問題を解決していく話はいくつか存在する。こうすることでより、視聴者である子どもたちにより親近感を与えさせている。

『も〜っと!おジャ魔女どれみ』の主題歌・挿入歌

OP(オープニング):MAHO堂「おジャ魔女でBAN²」

作詞:里乃塚玲央/作曲:小杉保夫/編曲:安井歩
MAHO堂メンバーはシリーズによって人員が増えていくが、第3期では春風どれみ(CV:千葉千恵巳)藤原はづき(CV:秋谷智子)妹尾あいこ(CV:松岡由貴)瀬川おんぷ(CV:宍戸留美)飛鳥ももこ(CV:宮原永海)の5名。

ED(エンディング):こむろゆい「たからもの」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

おジャ魔女どれみ(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみ』とは、東映アニメーション制作のアニメ作品。以後シリーズ化し、コミックス・ゲーム・OVA・映画化などのメディアミックス展開をしている。春風どれみは、ひょんなことから魔女マジョリカの正体を暴いてしまい、素性がばれたマジョリカは呪いによって魔女ガエルにされてしまう。マジョリカを元の姿に戻すため、どれみは親友の藤原はづき、妹尾あいこ、妹の春風ぽっぷと共に魔女見習いとしての修行に励むことになる。魔法の力を借りながら周囲の人々の悩みを解決していく模様を描いたストーリーとなっている。

Read Article

魔女見習いをさがして(おジャ魔女どれみ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔女見習いを探して』は1999年に放送開始した、テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズの20周年を記念して制作された映画。本作は、テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』を視聴して成長した3人を主人公としているため、小学生・春風どれみを主人公としたアニメシリーズとは異なる完全新作映画である。大学4年生で進路に悩む長瀬ソラ、仕事が思うようにいかず苦しむ会社員の吉月ミレ、夢のために奮闘するフリーターの川谷レイカ。3人が偶然にも『おジャ魔女どれみ』という共通点で繋がり、ゆかりの地を巡る旅に出かける。

Read Article

おジャ魔女どれみ♯(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみ♯』とは、東映アニメーション制作のアニメ作品。以後シリーズ化し、コミックス・ゲーム・OVA・映画化などのメディアミックス展開をしている。今作では、「ウィッチー・クイーン・ローズ」から生まれた赤ん坊・ハナちゃんを育てることが主なストーリー。おジャ魔女である春風どれみ、藤原はづき、妹尾あいこ、瀬川おんぷ、春風ぽっぷが彼女を育てることを通して愛情を知り一人前のママになっていく。また、一期と同じく魔法の力を借りながら周囲の人々の悩みを解決していく模様を描いたストーリーも顕在である。

Read Article

おジャ魔女どれみナ・イ・ショ(第5期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみナ・イ・ショ』とは、東映アニメーションが制作した魔法少女アニメ作品『おジャ魔女どれみ』シリーズの第5期。 スカイパーフェクTVで、2004年6月26日から2004年12月11日にかけて全13話が隔週で有料放送された。 今作のテーマは「ささやかな秘密」。小学5年生の春風どれみやそのクラスメイトたちの秘密の話が中心に語られる外伝的なシリーズである。 これまでのシリーズとは異なり、1話完結の形式になっている。

Read Article

おジャ魔女どれみドッカ〜ン!(第4期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』とは、東映アニメーションが制作した魔法少女アニメ作品『おジャ魔女どれみ』シリーズの第4期。 2002年2月3日から2003年1月26日にかけて、全51話が放送された。 今作のテーマは「卒業」。小学6年生になった春風どれみとその仲間たちが、魔女界で起こる問題や自身の将来について悩みながら、困難に立ち向かっていく。 これまでのシリーズよりも魔法を使うことは少なくなり、彼女たち自身の力で問題解決をしていくようになる。

Read Article

フレッシュプリキュア!(フレプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『フレッシュプリキュア!』とは、東堂いづみ原作・東映アニメーション制作の『プリキュアシリーズ』第6作目の作品であり、4代目のプリキュアである。 スウィーツ王国に伝わる伝説の戦士プリキュアとなった「桃園ラブ」が仲間達とともに、全てのパラレルワールド征服を企む「管理国家ラビリンス」に立ち向かう物語である。 シリーズ初の敵キャラから味方になるプリキュアや、エンディングのダンスCG、より高い年齢層に向けた謎の多いストーリーなどが魅力の作品である。

Read Article

地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

Read Article

Go!プリンセスプリキュア(ゴープリ・Goプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

「Go!プリンセスプリキュア」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作で、プリキュアシリーズ第12作目の作品。プリンセスになる事を夢見る主人公「春野はるか」は全寮制の学校ノーブル学園に入学する。そこで妖精のパフとアロマに出会い「キュアフローラ」に変身し、闇の勢力「ディスダーク」から皆の夢を守るため戦い始めるのだった。

Read Article

まもって守護月天!(初代/解封の章)のネタバレ解説・考察まとめ

『まもって守護月天!』とは1996年から『月間少年ガンガン』にて連載を開始した桜野みねねによるハートフルコメディ漫画及び、漫画を原作としたアニメ作品のことである。幼少期より家族の不在によって心に寂しさを抱えて過ごしてきた少年が、父からの贈り物によって呼び出された精霊たちと生活を共にして賑やかな日々を送るようになる。日常のドタバタ劇だけではなく、登場人物たちの恋模様や頼りなかった少年が徐々に成長していく姿も見どころだ。

Read Article

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説・考察まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

出ましたっ!パワパフガールズZ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『出ましたっ!パワパフガールズZ』とは、2006年よりテレビ東京系列ほかで放送された東映アニメーション創立50周年記念作品である。 カートゥーンネットワークの看板キャラクターとしても名高いクレイグ・マクラッケンの『パワーパフガールズ』を原作としている。 偶然、スーパーヒロインに変身する力を得た3人の少女が「パワパフガールズZ」として、町の平和を守るためモンスターたちと戦っていく。 この作品を基にした漫画が少女漫画雑誌『りぼん』に連載され、ニンテンドーDSでゲーム版も発売されている。

Read Article

おジャ魔女どれみ16シリーズ(第6期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみ16シリーズ』とは、東映アニメーションが制作した魔法少女アニメ作品『おジャ魔女どれみ』シリーズの小説で、シリーズの第6期にあたる作品である。 2011年12月2日から2019年10月2日にかけて、全10巻が刊行された。 第4期の『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』のときから3年後、主人公の春風どれみが高校生になった姿を描いた作品である。 以前のシリーズよりも、さらに現実的でシリアスな内容が中心に描かれている。

Read Article

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

NEW

ラブ★コンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ラブ★コン』は、中原アヤ作のラブコメ少女漫画、およびそれを原作とする各種メディアミックス作品である。『別冊マーガレット』にて2001年から2006年にかけて連載された。巨女・小泉リサと小男・大谷敦士の名コンビを中心に、周りの友人たちを交えた恋愛や友情模様を描く。本作は恋愛漫画であるとともに、笑いの要素が極めて強い作品でもある。多くの胸キュンシーンだけでなく漫才さながらの掛け合いが随所に見られることで人気を集め、単行本の累計発行部数800万部を超えた人気作となっている。

Read Article

目次 - Contents