おジャ魔女どれみ♯(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみ♯』とは、東映アニメーション制作のアニメ作品。以後シリーズ化し、コミックス・ゲーム・OVA・映画化などのメディアミックス展開をしている。今作では、「ウィッチー・クイーン・ローズ」から生まれた赤ん坊・ハナちゃんを育てることが主なストーリー。おジャ魔女である春風どれみ、藤原はづき、妹尾あいこ、瀬川おんぷ、春風ぽっぷが彼女を育てることを通して愛情を知り一人前のママになっていく。また、一期と同じく魔法の力を借りながら周囲の人々の悩みを解決していく模様を描いたストーリーも顕在である。

『おジャ魔女どれみ♯』の概要

『おジャ魔女どれみ♯』とは、朝日放送テレビで日曜朝8時30分から放送されていたアニメである。制作は、東映アニメーション。
大きなお団子頭がトレードマークの主人公・春風どれみを中心としたストーリー構成となっている。どれみは、魔女になることへ憧れを抱いている小学生だ。好きな人に告白する勇気を魔法で手に入れたいという願いを抱く中、ひょんなきっかけで本物の魔女・マジョリカと出会う。どれみは彼女の正体を魔女だと見破ってしまい、素性がばれたマジョリカは呪いによって魔女ガエルにされてしまう。どれみはマジョリカを元の姿に戻すため、親友の藤原はづき、妹尾あいこ、妹の春風ぽっぷと共に魔女見習いとしての修行に励むことになる。またライバル関係にあった魔女見習い・瀬川おんぷも、前作のラストでどれみ達に命を救われたことをきっかけに大親友となっており行動を共にしている。

『おジャ魔女どれみ』は、魔法で巨悪を退治するような勧善懲悪ものとは一線を画すストーリー構成が魅力的だ。魔法は主に、周囲の人々の悩みを解決する手立てとして使われている。そのため、友達の力になれるようにどれみたちが魔法を使って解決しようとする内容が多くなっている。その中には、恋愛話や母子家庭、単身赴任家庭など繊細な内容も含まれている。しかしそれをどれみ達が当人達に気付かれないように、魔法でこっそりと紐解いていく展開がこのシリーズの魅力である。また、彼女達はストーリーを通して内面での成長も大きく見られる。序盤ではすぐ魔法に頼ろうとする彼女達であるが、中盤頃からは魔法に頼らずとも自分達の力で問題を解決していく姿が見られる。
当作品の監督である順一は、ストーリー展開として難易度の高い「万能魔法」を組み込むことを考えて制作にあたっていたという。『おジャ魔女どれみ』が生み出されたの魔法少女ものは、大人やアイドルに変身できる「限定された魔法」が多かった。しかし、いわゆる「万能魔法」は、事件が起こっても全部魔法で解決できてしまいドラマを起こしにくい。でも、視聴者の子供達が観ていて楽しいのは万能魔法だ。そのためあえて挑戦してみよう、と佐藤監督は語っている。

平均視聴率は、11.2%。『おジャ魔女どれみ』は前作からシリーズ化されており、4年間続く人気シリーズとなっている。放送当初どれみ達は小学4年生であるが、現実で流れる時間と同じく彼女たちも1年ごとに進級している。視聴者側で流れる時間とどれみ達の時間をリンクさせることによって、共に年齢を重ね、成長できるようになっているのだ。その後もどれみ達は年齢を重ねており、放送後に小説版として『おジャ魔女どれみ16シリーズ』が出版された。同シリーズでは、16~20歳に成長した彼女達の姿を見ることができる。2020年秋には、映画『魔女見習いをさがして』が公開予定となっている。これは、かつて『おジャ魔女どれみ』を見て育った子供達の成長後を描くストーリーだ。
第2期は2000年2月6日から2001年1月28日までの全49話構成。

『おジャ魔女どれみ♯』のあらすじ・ストーリー

強大な力を持った、魔女の赤ちゃんとの出会い

ウィッチー・クイーン・ローズから赤ちゃんが産まれたところ。

前作にて、おんぷの命を救うために禁断の魔法(他人の命を救う魔法)を使ってしまったどれみ、はづき、あいこ、ぽっぷ。彼女達とおんぷは魔女界の禁忌を冒したために魔女の資格を剥奪されてしまう。そして、どれみたちが小学3年生の終業式の日。これまでMAHO堂で彼女達と過ごしてきた魔女ガエルのマジョリカや妖精達が、寂しさを堪え黙って魔女界へと帰ってしまった。しかしマジョリカ達が帰り空っぽになったMAHO堂の中で、どれみ達はマジョリカの忘れ物を発見する。偶然魔法界への扉も開いていたため、彼女達は忘れ物を届けに行くことにする。その途中、近道をしようとして美しいバラ園の中に迷い込んでしまう。その中には一際大きくて美しいバラ、「ウィッチー・クイーン・ローズ」があった。

どれみ達がウィッチー・クイーン・ローズの前に立つと、魔女の赤ちゃんが産まれた。しかしその赤ちゃんは、100年に一度産まれると言われるとてつもない魔力を秘めた魔女の赤ちゃん。魔女界の女王様曰く「魔女界では、赤ちゃんの産まれに立ち会った者が育ての母になる。一年間きちんと育てないといけない。」という慣わしがあり、どれみ達は1年間その赤ちゃんのママとなることを義務づけられてしまう。その代わり一年間赤ちゃんを育て上げた際には、剥奪された魔女としての資格の証・水晶玉を戻してくれるという約束がついていた。強大な魔力を持った赤ん坊を育てるために彼女達には再びみならいタップが支給され、再び魔女見習いに戻ることができた。
女王様は赤ちゃんを育てる環境としてMAHO堂をフラワーショップに変身させ、マジョリカや妖精達との活動拠点を再び作ってくれた。さらにどれみ達の懇願で、どれみの妹・春風ぽっぷも魔女見習いの資格を取り戻すことができた。

背景に写っているのが、フラワーショップに生まれ変わったMAHO堂。

ハナちゃんの子育て

抱っこ中におもらしをしてしまうハナちゃん。

魔女界での子育ては、魔法を使って何でも楽ちんにお世話をするのが通例だ。しかし、それには愛情がこもっていないのではと感じたどれみ達。そこでなるべく魔法を使わずに、自分たちの力で赤ちゃんを育てようと決心する。花から生まれたのでハナちゃんと名付けられた彼女。可愛らしさいっぱいの彼女だが、どれみ達にとって子育ては初めての体験の連続で戸惑うばかり。さらに魔女界では、赤ちゃんにとって大切な健康診断も待ち受けていた。それに立ち会うのは、赤ん坊の検診に厳しいことで有名な医者・マジョハート。落第をすれば親権を剥奪されてしまうというシビアな検診を乗り越えながら、どれみ達は次第に一人前の母親として成長していく。

魔法使い界との衝突

魔法使い界からの使者、通称FLAT4。

ストーリー中盤からは、ハナちゃんを誘拐して魔女界から領土を取り返そうとする魔法使い界の人物達が登場する。魔法使い界は先代国王が約1000年前に魔女界の先代女王とポーカーで賭けを行ったところ負けたため、自国の領土の大半を魔女界に奪われる歴史を持っていた。特におジャ魔女達のライバルとなるのは、ハナちゃんを誘拐すべくオヤジーデの助手として人間界へ送り込まれた魔法学校の4人のエリート。彼等はオヤジーデの補佐としての役割を持ちながらも、おジャ魔女との接触を重ねるうちにハナちゃんを守るために新たな力を授かったどれみたちは、ハナちゃんを無事1年間育て上げるとともに魔法使い界と魔女界の戦争も回避させ、再び魔女になれることとなった。
一時ハナちゃんが魔法使い界に連れ去られる事件も起きたが、それは魔法使い界の王様が自らにかけられた呪いを解くのに彼女を必要としたからであった。彼女の魔力なら呪いが解けるかもしれないと考え、オヤジーデ達にハナちゃんを魔法使い界に「連れてくる」よう命令を下す。その情報に誤解があり魔法使い界と魔女界が戦争になりかけるという事態が起こってしまうが、最終的にハナちゃんの力で王様は元の姿に戻り、事態は無事解決。呪いで荒れ果てていた魔法使い界も元に戻った。

先代の女王様の呪い

おジャ魔女達へ怒りを露わにする、先々代の女王様。

自らの力を使い切り、無惨にも散っていくおジャ魔女達。

ハナちゃんとどれみ達によって、人間界と魔女界が再び繋がっていくことに恐れを感じた先々代の女王様の幻影。このままでは、自身が魔女達にかけた魔女ガエルの呪いを打ち破ってしまうと彼女は考えた。そこでハナちゃんを生かしておけないと、高熱で命を落とす呪いをかけてしまった。その呪いからハナちゃんを救うため、どれみ、はづき、あいこ、おんぷは呪いの森に入り、魔女としての力を使い切って千年の眠りにつくのと引き換えにハナちゃんの命を助ける。どれみたちの優しさと犠牲的精神に心を乱された先々代の女王様の幻影は姿を消す。そして、自らを育て上げてくれたママ達を慕うハナちゃんの必死の叫びが呪いを打ち破り、どれみ達は目覚めるのであった。

ハナちゃんは目を覚ましたが…

ハナちゃんを救うため呪いの森で先々代の女王様の幻影の呪いを打ち破ることはできたが、その反動でおジャ魔女達は各自所有していた水晶玉を失ってしまった。水晶玉を失うことは、魔女の資格を完全に失うだけでなく、魔女見習いにもなれないことであることを女王様とマジョリンから伝えられ、おジャ魔女たちは落胆する。しかしどれみは、それと引き換えにハナちゃんの命が救われたから、ということで納得する。魔女の資格を失った元おジャ魔女達は、魔女界の規定により、1年間育て上げたハナちゃんと別れの時を迎え、悲しみの涙の中マジョリカ・ララと共に人間界へ戻った。人間界に戻った後のMAHO堂にある温室のライフウッドのベッドには、おジャ魔女達とハナちゃんの記念写真が飾られた。

『おジャ魔女どれみ♯』の登場人物・キャラクター

おジャ魔女

春風どれみ(はるかぜどれみ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

魔女見習いをさがして(おジャ魔女どれみ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔女見習いを探して』は1999年に放送開始した、テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズの20周年を記念して制作された映画。本作は、テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』を視聴して成長した3人を主人公としているため、小学生・春風どれみを主人公としたアニメシリーズとは異なる完全新作映画である。大学4年生で進路に悩む長瀬ソラ、仕事が思うようにいかず苦しむ会社員の吉月ミレ、夢のために奮闘するフリーターの川谷レイカ。3人が偶然にも『おジャ魔女どれみ』という共通点で繋がり、ゆかりの地を巡る旅に出かける。

Read Article

おジャ魔女どれみ(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみ』とは、東映アニメーション制作のアニメ作品。以後シリーズ化し、コミックス・ゲーム・OVA・映画化などのメディアミックス展開をしている。春風どれみは、ひょんなことから魔女マジョリカの正体を暴いてしまい、素性がばれたマジョリカは呪いによって魔女ガエルにされてしまう。マジョリカを元の姿に戻すため、どれみは親友の藤原はづき、妹尾あいこ、妹の春風ぽっぷと共に魔女見習いとしての修行に励むことになる。魔法の力を借りながら周囲の人々の悩みを解決していく模様を描いたストーリーとなっている。

Read Article

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

まもって守護月天!(初代/解封の章)のネタバレ解説・考察まとめ

『まもって守護月天!』とは1996年から『月間少年ガンガン』にて連載を開始した桜野みねねによるハートフルコメディ漫画及び、漫画を原作としたアニメ作品のことである。幼少期より家族の不在によって心に寂しさを抱えて過ごしてきた少年が、父からの贈り物によって呼び出された精霊たちと生活を共にして賑やかな日々を送るようになる。日常のドタバタ劇だけではなく、登場人物たちの恋模様や頼りなかった少年が徐々に成長していく姿も見どころだ。

Read Article

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説・考察まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

Read Article

目次 - Contents