Fate/EXTRA(フェイト/エクストラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/EXTRA』(フェイト/エクストラ)とは、『Fate/stay night』を原作とした対戦型ダンジョンRPGである。2010年7月22日に発売され、2013年3月28日には続編である『Fate/EXTRA CCC』が発売された。ハードは共にPSPである。
無名の主人公が、己のサーヴァントと共に聖杯戦争を戦い抜く姿が描かれた。
シナリオは奈須きのこ、キャラクターデザインはワダアルコが務めている。
また、2020年7月22日にリメイク作品制作が発表された。

キャスター

CV:野中藍
ありすのサーヴァント。ありすと瓜二つの外見で、ありすが白いドレスを、キャスターが黒いドレスを着ている。ありすより残酷であり、主人公を殺すことにも躊躇いは見せない。

真名はナーサリー・ライム。実在する英雄とは違い、絵本の総称であり概念である。
キャスター自身が固有結界となっていて、その姿はありすが夢見た形をそのまま形にしたものである。

宝具は「永久機関・少女帝国(クイーンズ・グラスゲーム)」。マスターであるありすの夢が実現化される対己・対界宝具で、敵の受けるダメージはそのまま、戦闘開始直後にまで巻き戻すことができる。

ランルーくん

ランサー(左)とランルーくん(右)

CV:小林ゆう
ファストフード店の道化師マスコットを彷彿とさせる格好をした、長身の女性。人格が崩壊しており、愛したものしか食べられないという異常者。狂ったような言動をしており会話は成立しないが、意思の疎通はある程度は可能であり、その中でペットの小鳥や両親、自分の子供を食べたことを語っている。だが、同時に彼女のサーヴァントは「食べる事を彼女は拒んでいる」とも語っている。

プレイヤーの選択次第で、第四回戦の対戦相手として登場する。

ランサー

CV:江川央生
ランルーくんのサーヴァント。血に塗れた黒い鎧を纏った男性サーヴァントである。信仰心が篤く、それ故に人格に異常が生じており、マスターを「妻」と呼ぶ。

真名はドラキュラのモデルであり、ルーマニアの英雄であるヴラド三世。信仰心に篤く、高潔な武人であったが、10万人の人間を串刺しにした逸話から「串刺し公」と恐れられ、彼の経緯が後にブラム・ストーカーの創作で過剰に演出され、以降恐るべき怪物として広く世に知られることになってしまった。

宝具は「串刺城塞(カズィクル・ベイ)」。自身の逸話を再現した魔槍で、相手を刺し貫く。不義や堕落の罪を持つ相手であればその槍の威力が増す。

臥藤 門司(がとう もんじ)

バーサーカー(左)と臥藤門司(右)

CV:伊藤健太郎
筋肉隆々の宗教家であり、異常にテンションの高い男性。
様々な宗教を学んでいたものの、どの宗教も抱える欠陥や矛盾に失望。失意の中で契約した己のサーヴァントを神と崇めており、信仰を広めるために聖杯戦争に参加した。
言動が意味不明になりがちなため意思の疎通は難しかったが、「人々を救いたい」という思いは本物で、それに触れることで主人公は戦う理由を確固たるものとした。

ランルーくん同様、プレイヤーの選択次第で、第四回戦の対戦相手として登場する。

バーサーカー

CV:柚木涼香
ガトーのサーヴァント。金髪に赤い目を持つ女性の姿をしたサーヴァントである。

真名はアルクェイド。TYPE-MOONが制作した同人ゲーム『月姫』のメインヒロインであり、真祖の吸血鬼。ガトーの「神」という解釈を押し付けられてしまったことで、本来持つ能力が大幅に劣化してしまっている。

宝具は「血の姉妹(プルート・ディ・シェヴェスタァ)」。これにより、ムーンセルによって月の重力下で再現させられたマスターやサーヴァントに六倍もの重力を与える事ができる。

ユリウス・ベルキスク・ハーウェイ

アサシン(左)とユリウス・ベルキスク・ハーウェイ(右)

CV:羽多野渉
月海原学園に赴任してきた教師だが、とても教師とは思えぬ黒ずくめの服装をしている男性。その正体はレオの異母兄であり、聖杯に保存されていた「葛木宗一郎」のデータを書き換えて聖杯戦争に参加した。現実世界でもハーウェイの黒蠍と呼ばれており、様々な暗殺に関わっている。

アサシン

CV:安井邦彦
ユリウスのサーヴァント。赤い髪を持つ武芸者の姿をした男性の姿をしている。義に厚いが、悪もまたよしとする拳法の達人であり、作中では気配遮断により主人公を急襲した。

真名は中国の八極拳の一派、李氏八極拳の創始者である李書文。

宝具は「无二打(にのうちいらず)」。正確には宝具ではなく、彼の磨いた武術の神髄である。相手の気を呑み、神経に直接衝撃を与えてショック死させることができる。

レオナルド・ビスタリオ・ハーウェイ

レオナルド・ビスタリオ・ハーウェイ(左)とセイバー(右)

CV:朴璐美
現実世界の六割を統べるハーウェイ財団の御曹司であり、マスターの一人。
世界を掌握することの力を持つ聖杯、そしてそれを得るための聖杯戦争が人類に害を成すと判断し、聖杯戦争への参加を決めた。

基本的に誰であっても温厚であり礼儀正しいが、聖杯戦争下では隠すべき己のサーヴァントの真名や正体を隠すことはせず、王として堂々たる姿勢を見せる。だが、人として当たり前である感情などは薄いため、王としては未完成であった。

完全に思えた彼であったが、主人公に敗北して初めて人間にとって当たり前の感情を学ぶことになった。

セイバー

CV:水島大宙
レオのサーヴァント。純白の鎧を身に纏った男性の姿をしている。

真名は、かの有名なアーサー王伝説にて円卓の騎士の一人として活躍したガウェイン。騎士道精神に篤く、平時は穏やかな性格をしているが、切り捨てることを厭わない一面も併せ持っており、今回の現界ではマスターであるレオを「王」として扱い、彼の剣として身を捧げると決めている。

宝具は「転輪する勝利の剣(エクスカリバー・ガラティーン)」。アーサー王の持つエクスカリバーの姉妹剣とされる星の聖剣ガラティーンを開放する。また、彼の持つスキル「聖者の数字」の力で日の出ている時間帯は力が三倍となり、更に本人を傷つけることも不可能であるため、レオの優勝は揺るがないものであるはずだった。

トワイス・H・ピースマン

CV:東地宏樹
聖杯の中枢空間に存在する人物で、度々学園内に出没したと噂された「白衣を着た幽霊」であり、聖杯戦争の勝者を待ち続けていた。

正体は、過去に存在していたトワイス・ピースマンの情報を素に作成されたNPCが自我を持ちマスターとなった稀有な存在であり、聖杯戦争以前、ムーンセルで行われた生存競争トライアルを勝ち抜いた。

だが、彼はムーンセルにとってみれば不正なデータに過ぎず、中枢に接続することはできなかった。それ故にトワイスは戦いのルールを操作し、戦いを勝ち抜いた一人の勝者が聖杯に接続することが可能となる聖杯戦争を作り上げる。

生前の彼は紛争によって家族を失った過去を持ちながら、現在の停滞する世界が間違っているという結論に達し、その状況を打破するには「誰もが生き残ることができる平等な全人類規模の戦争」を引き起こすしかないという思いから聖杯の力を望み、主人公に代行者として接続するように求めた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

Read Article

Fateシリーズのサーヴァントまとめ

『Fateシリーズ』とは、TYPE-MOONによる『Fate/stay night』を始めとしたゲーム、アニメ、漫画などの作品の総称である。どんな願いでも叶うという「聖杯」を求める魔術師たちのバトルロワイヤル「聖杯戦争」やそれに関わる人々を描く。 サーヴァントは魔術師が聖杯戦争のために呼び出す使い魔であり、莫大な魔力によって構成される。本来、呼び出される英霊や幻霊などは使い魔として扱うには手に余るため、クラスという器に押し込めている。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents