MAN WITH A MISSION(MWAM、マンウィズ)の徹底解説まとめ

MAN WITH A MISSIONとは、日本で活躍する5人組ロックバンド。日本語に訳すと「使命を持った男」という意味を持つ。人間の体に狼の頭という「究極の生命体」の5人で構成される。デビュー当初は独特のビジュアルからコミックバンドなどと捉えられることもあったが、完成されたサウンド、圧倒的なライブパフォーマンスで、今や世界にも通用する日本が誇るロックバンドである。結成時期は公開されておらず、5人の素顔も謎に包まれている。マンウィズ、MWAM、オオカミバンドなどと呼ばれている。

MAN WITH A MISSIONの概要

MAN WITH A MISSIONとは、2012年にメジャーデビューしたロックバンドである。今は日本のみならずヨーロッパでのツアーを成功させるなど世界規模のロックバンドへ成長を遂げている。
『19XX年、天才生物学者のジミー・ヘンドリックスにより作られた究極の生命体。超人的な頭脳と肉体を持つ彼らが悪用されることを恐れたジミーは彼らを南極に氷漬けにした。オオカミである彼らは発達した聴覚で氷の中で音楽を聴いていたが、1997年のAIR JAMで演奏された音楽を聴き音楽活動を志す。地球温暖化で氷が解けてしまい復活、バンド活動を始めることとなる。』という公式設定があり、唯一人間の言葉が話せるJean-Ken Johnny(ジャンケン・ジョニー)がライブのMCやメディアでの質疑応答を行っている。
Twitterなどでは各メンバーがツイートしており、ファンを楽しませている。
東日本大震災や自然災害のたびにTokyo Tanaka(トーキョー・タナカ)を中心に支援活動などを精力的に行っている。

MAN WITH A MISSIONのメンバー

Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ)

通称「タナパイ」(タナカパイセンの略)。
ボーカル。主にサビの部分を担当する、マンウィズのリーダーである。
イメージカラーはオレンジ。

右に舌が出ているオオカミで、体格が良い。
運動神経抜群で、スノーボードやスケボーをしている姿をTwitterに投稿している。
近年では、災害支援活動を精力的に行っており、ライブの合間にも各地でボランティア活動を行っている。
Twitterでは「(¬з¬)」の顔文字を使う。メンバーの中では一番ツイート頻度が高い。
また、料理上手でも有名である。

Jean-Ken Johnny(ジャンケン・ジョニー)

ギター・ボーカル・ラップを担当。作詞作曲も手掛けている。
イメージカラーは赤。

下あごが若干出ているオオカミ。唯一、人間の言葉が話せるオオカミで、英語も堪能である。
メディア出演時の受け答えや、雑誌などのインタビュー、ライブのMCなどは彼が行う。
英語が堪能なため、海外のメディアにも通訳なしで出演ができる。
普段は穏やかだが酒癖が悪く、酒に酔い車のフロントガラスを蹴り割ったことがあるとテレビ出演の際話していた。
Twitterでは顔文字を使わないことが多い。
マンガがとても好きで、インタビューなどでもたびたびマンガの話が出てくる。

Kamikaze Boy (カミカゼ・ボーイ)

ベース、コーラス担当。作詞作曲も手掛ける。
通称「ボイさん」「ポンコツオオカミ」。
イメージカラーは青。

メンバー内で1番長身で細身である。いつもスキニーパンツを履いている。
深酒からの二日酔いになっていることが多く、また遅刻や迷子ネタが多いため「ポンコツ」と呼ばれることが多い。
海外ツアー出発の日に、家にパスポートを忘れてメンバーより1日遅れて出発したエピソードも有名である。
Twitterでは「(「゚Д゚)「ガウガウ」の顔文字を使う。ライブ前に「カカッテコイヤ」ツイートをする。

DJ Santa Monica(ディージェイ・サンタ・モニカ)

DJ担当。作曲、サンプリングも手掛ける。
通称「サンちゃん」「サン太」。
サンタモニカに行ったことはない。
イメージカラーは緑。

左に舌が出ているオオカミ。
ライブでは観客に飛び込んだり、前に出てあおったりなど観客を盛り上げる「皿回しパーティー野郎」。
しかし根は非常にまじめな性格で、メディアなどの質問にも一番まじめに答えている。
Twitterでは、顔文字は使っておらず「キエエーーー!」や「ギャーーー!」などのテンションの高いツイートをする。ツイートの率は低めである。

Spear Rib(スペア・リブ)

Spear Rib(スペア・リブ)
ドラムス担当。
通称「リブちゃん」
メンバーカラーはピンク。

だた一人、口が開いているオオカミ。一番小柄である。
体格や笑っているような表情から、女性ファンからの人気が一番高くアイドル的存在である。
かわいらしい見た目とは裏腹に、辛辣な発言も多くタナカ曰く「ハラグロオオカミ」といわれることもある。
また大のゲーム好きでライブ後に「クラロワ」をしている姿をメンバーに目撃されている。
Twitterでは「ニク(・∀・)」を語尾につける。頻度は低めである。

MAN WITH A MISSIONのサポートメンバー

E.D.Vedder(イー・ディー・ヴェダー)

ギター担当。
通称「ヴェダ様」。
白塗りのお面をかぶり、パーカーのフードをかぶっている。

MAN WITH A MISSION 発足当時からサポートメンバーとして参加しており、ライブでは複数台のパソコンを操作しながら演奏する姿が見られる。
また、サポートメンバーとはいうものの「Feel and Think」など一部の楽曲の作曲にも参加している。
フェスなどでは、Vedderと同じお面をかぶったメンバーによく似た声のスタッフがサウンドチェックを行う姿も見られる。一部ファンの間では「ヴェダーズ」と呼ばれている。

MAN WITH A MISSIONのディスコグラフィー

WELCOME TO THE NEWWORLD

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)のネタバレ解説まとめ

前作『マッドマックス/サンダードーム』以来、27年ぶりに製作された『マッドマックス』シリーズの第4作。2015年公開のオーストラリア映画。第88回アカデミー賞では10部門にノミネート、最多の6部門を受賞した。石油も水も尽きかけた世界。資源を独占し、暴力で民衆を支配する軍団に捕われた元・警官マックスは、自由への逃走を開始。凄まじい追跡、炸裂するバトル。絶体絶命のピンチを迎えた時、決死の反撃が始まる。

Read Article

いぬやしき(第8話『犬屋敷麻理』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 襲撃を受けた獅子神が見たのは倒れたしおんとしおんの祖母の姿だった。一方、麻理は犬屋敷と安堂が行動を共にしているところを発見し、尾行を始める。一方で獅子神は警察に攻撃を始める。 今回は「いぬやしき」第8話『犬屋敷麻理』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第1話『犬屋敷壱郎』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 今回は「いぬやしき」第1話『犬屋敷壱郎』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第5話『獅子神優子』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 安藤はニュースで獅子神が殺人を続けていることを知る。獅子神を止める方法を探す安藤は、獅子神と同じ力を持つ人間がいることに気づく。 今回は「いぬやしき」第5話『獅子神優子』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第9話『新宿の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察を襲った獅子神の行動はどんどん加速する。日本に宣戦布告した獅子神は無差別に殺人を始める。犬屋敷と安堂は獅子神を止めるべく行動を始める。今回は「いぬやしき」第9話『新宿の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第2話『獅子神皓』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 高校生・獅子神皓は宇宙人に改造され、機械の体になった。獅子神はその力で友達をいじめの手から救おうと考える。心優しい面を見せる一方で、獅子神はどこか狂っていた。そして同じ力を持つ二人が顔をあわせる。 今回は「いぬやしき」第2話『獅子神皓』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第6話『2chの人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察に追われた獅子神に声をかけたのはクラスメイトの渡辺しおんだった。彼女の元で息を潜める獅子神だったが、母親が世間の目に晒されていた。そして獅子神に悲劇が訪れる。 今回は「いぬやしき」第6話『2chの人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 「人を助けることで生を実感する男」と「人を殺すことで生を実感する男」の戦いが描かれる。

Read Article

いぬやしき(第10話『東京の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 獅子神が落とした飛行機で東京は大パニックに陥った。犬屋敷は被害を減らそうと尽力するが、それを獅子神に知られてしまう。麻理が危険にさらされる中、二人は再会する。今回は「いぬやしき」第10話『東京の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第3話『安堂直行』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 安藤直行は獅子神に説得され、学校に行くことを決意する。しかし、学校では未だいじめは続いていた。それを目撃して獅子神はある行動に出る。そして安藤はある決断をする。 今回は「いぬやしき」第3話『安堂直行』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第7話『渡辺しおん』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察に追われた獅子神に声をかけたのはクラスメイトの渡辺しおんだった。彼女の元で息を潜める獅子神だったが、母親が世間の目に晒されていた。そして獅子神に悲劇が訪れる。 今回は「いぬやしき」第7話『渡辺しおん』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第11話『地球の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 犬屋敷はついに家族に機械の体を持つことを打ち明ける。家族はそれを受け入れ、犬屋敷たちは幸せな日々を送っていた。しかし、その幸せは巨大隕石が地球に迫っているという発表でかき消されてしまう。今回は「いぬやしき」第11話『地球の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第4話『鮫島』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 弁当屋で働くふみのは恋人からプロポーズされ、幸せな生活を過ごしていた。しかし、ヤクザの鮫島によってその幸せは奪い去られる。犬屋敷はふみのを助けるために行動する。 今回は「いぬやしき」第4話『鮫島』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

彼らの素顔に迫る!覆面バンド特集!

覆面をしているバンドってありますよね?お面だったり、被り物だったり。中には全く顔出しをしないバンドもあれば、途中から堂々と顔を出したり、覆面を辞めたり。ライブでは外しているバンドもあれば、絶対に顔出ししないバンドもあり。そんな魅力ある覆面バンドをいくつか集めてまとめてみましたので、ご覧下さい!

Read Article

10月放送の新作ガンダムの主題歌を担当する「MAN WITH A MISSION」の代表作3選!

2015年10月より放送が始まる「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主題歌担当に抜擢されたロックバンド「MAN WITH A MISSION」。狼男の姿でロックを奏でる異色のバンドとして急激に人気を集めている通称・マンウィズは、これまでにも有名な作品の主題歌として楽曲を提供してきました。 今回はそんなマンウィズの代表作を3曲ご紹介致します。

Read Article

目次 - Contents