ばらかもん(はんだくん)のネタバレ解説まとめ

『ばらかもん』とは『ガンガンONLINE』でヨシノサツキが連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。「ばらかもん」とは、長崎県五島列島の方言で「元気者」を意味する。都会育ちで神経質な若き書道家・半田清舟は、書道界の重鎮を殴ってしまった罰で日本西端の島で暮らすことになる。慣れない田舎暮らしと個性豊かな島民との交流の中で、書道家として、人として成長していくハートフル日常島コメディ。半田清舟の高校時代を描いたスピンオフ作品として『はんだくん』が『月刊少年ガンガン』にて連載された。

『ばらかもん』の概要

『ばらかもん』とは、ヨシノサツキによって『ガンガンONLINE』『月刊少年ガンガン』にて連載された漫画作品。
2014年7月より9月までアニメが放送された。後に、『月刊少年ガンガン』にてスピンオフ作品である『はんだくん』も連載され、こちらもアニメ化されるなど高い人気を博している。

書道家の半田清(雅号は半田清舟)は、とある受賞パーティで自作を展示されていたのだが、その書を酷評する書道展示館の館長に腹を立て暴力沙汰を起こしてしまう。
その事件を知った父親、半田清明によって、五島列島での修業を強制され、半田の島での生活が始まった。
島の子供「なる」を始めとし、勝手に家に転がり込んでくる子供たちや、その他島民たちとの触れ合いを続け、半田は書道家として、人として成長していく。
舞台の五島列島は作者の出身・居住地であり、島での生活のリアルな情景や現地ならではのあるある、方言の数々など、五島列島としての魅力も豊富に描かれた作品である。「ばらかもん」とは、現地の方言で「元気者」の意。半田の成長を描く中で生まれた数々の名言も作品の魅力の一つとされている。

『ばらかもん』のあらすじ・ストーリー

ある受賞パーティーで書道展示館の館長を殴ってしまった半田清舟は、父親に「人間として欠けている部分」を見つけさせる目的で、身寄りのない島に送り込まれる。
移住先の島で借りた家を秘密基地として遊んでいた元気すぎる少女・琴石なるをはじめとした個性的な島民たちと出会う。一人になりたいのになれない慌ただしい島の生活や島独特の人間関係にに戸惑いながらも、助け励ましてくれる島民たちに次第に心を開いていく。山や海が美しい五島で、半田清舟は自身の心も書も少しずつ成長させながら新たな書の境地を拓いてく。

ある日いつものように半田の家を訪れたなるは、そこに荷物も半田の姿もないことに気づく。島の誰にも告げず島を出た半田は、書展出展のため東京に帰ったきていた。
自分の書が置いてある川藤が営む画廊を訪れた半田。そこで半田の書を一目見るため来た書道展示館の館長と、あの事件以来顔を合わせる。館長へ謝罪し、人としても書道家としても成長したことを認められ、暴力事件を水に流すことに。
島へ帰る理由を失った半田だったが、島では書けていた自由な字が書けない事に気付く。しかし、島に行ってから様子がおかしくなったと断固として島へ行く事を許可しない母が立ちふさがる。一方島では、なるたちは半田の帰りを今か今かと待ちわびていた。
「この先はお前が決めろ」という父の言葉や、島から届いた荷物の中に入っていた清舟が教えていた美和やタマの習字を見て、息子が必要とされていることを知った母から島へ帰る許しを得る。島へ戻った清舟は、島民たちと過ごす大切な時間に感化されながら、更なる成長をしていく。

『ばらかもん』の登場人物・キャラクター

半田 清舟(はんだ せいしゅう)

CV:小野大輔
本作の主人公で都会生まれ、都会育ちの書道家。23歳。
「半田清舟」は雅号で、本名は「半田清」。プライドが高く頑固だが、世間知らずで抜けたところがある。
若き新鋭として名を馳せていた彼は、入賞作品を酷評され暴力事件を起こしてしまう。大事には至らなかったが、父親に「頭を冷やして来い」と単身で長崎県の五島へ送られ、一人暮らしをすることになる。

琴石 なる(こといし なる)

CV:原涼子
人一倍元気な小学一年生の女の子で、生徒数9人の分校に通っている。
明るくたくましい、誰に対しても物怖じしない性格。隠れ家としていた家に清舟が住むようになってからも入り浸り、書道を教えて貰うようになる。清舟が大好きで「先生」と呼ぶ。
父親は船乗りをしていて年に1回しか帰ってこず、祖父と2人暮らしをしている。

山村 美和(やまむら みわ)

CV:古木のぞみ
ソフトボール部に所属しているボーイッシュで勝ち気な中学2年生の女の子。
清舟が借りた家を隠れ家にして遊んでいた一人。年上の半田に対してもため口で話し、誰に対してもフレンドリーに接する。なるに色々よからぬ知識を与えている。

新井 珠子(あらい たまこ)

CV:大久保瑠美
美和の親友で常に行動を共にしている中学2年生の女の子。通称「タマ」。
清舟が借りた家を隠れ家にして遊んでいた一人。夢はマンガ家で、書道家の半田には通ずるものがあると慕っている。
ボーイズラブのマンガを隠れて見ており、思考や妄想がすぐにボーイズラブ方向へ行ってしまう「腐女子」だが、自分では認められず「文学少女」と言い聞かせている。

木戸 浩志(きど ひろし)

CV:内山昂輝
郷長夫婦の一人息子で、高校3年生。
金髪だが不良ではなく、特に取り柄もなく中途半端、学校の成績はオール3という平凡な自分を嘆いている。
清舟からは「ヒロ」、美和やタマからは「ヒロ兄」と呼ばれており、料理が得意。清舟をダメ人間と見ている反面、書道に対しての姿勢などに影響を受けている。

久保田 陽菜(くぼた ひな)

CV:遠藤璃菜
分校に通う小学一年生で、なるの親友。通称「ひな」。
人見知りで、すぐに泣く。大人しく良い子だが自分の意思で泣けるので、一々反応する清舟を見て楽しむ小悪魔な部分も持っている。

大浜 謙太郎(おおはま けんたろう)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents