バトルシップ(Battleship)のネタバレ解説まとめ

Mv5bmji5ntm5mda2n15bml5banbnxkftztcwnjkwmzqxnw  . v1

『バトルシップ』とは、ピーター・バーグによる2012年のアメリカ映画。元々は、海外のボードゲームを主体に映画化されている。多額の資本を投入し、映画化され、国内では評価の高い映画と言える。
孤立された状況下で、宇宙人の戦艦と戦うというストーリーである。他の星からやってきたエイリアンと、主人公の乗る艦との闘いが見所で、最新鋭の艦と未知のエイリアンの戦艦との戦いが手に汗して観られる。

『バトルシップ(Battleship)』の概要

2018 09 09 15h33 37

『バトルシップ』とは、2012年にピーター・バーグ監督によって制作された映画である。
突如、地球外からの謎の飛行物体が海に着水したが、それが侵略者であったと言う所から始まる。
その時、主人公の乗る船、若干隻で迎え撃つという事態に陥り、各国の協力が得られず、不利な元で戦わざるを得ないのであった。
当時、大金を投入したが、海外ではコケたと言われている。
しかし、日本ではそれなりに評価を受けており、浅野忠信が出演していた事も話題になった。国内においては、「バトルシッパー」なる固定のファンも存在する。そして、アメリカ合衆国のSFアクション映画の中に存在する作品でもある。
戦艦同士の戦いにおいて、船の形状、移動方法、武器の種類などと言った、互いの違いを全面的に出しており、通常、人間に理解出来ない物は嘘くさく見えるものであるが、この作品においては、リアリティーを感じさせる様な作りになっている。
また、撮影場所は、ハワイ沖ではあるが、中国の香港でも行っており、大がかりな作品作りである事が解る。

監督:ピーター・バーグ
脚本:ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー
出演者:テイラー・キッチュ、浅野忠信、ブルックリン・デッカー、リアーナ、アレクサンダー・スカルスガルド、リーアム・ニーソン
制作会社:ハズブロ、ブルーグラス・フィルムズ

『バトルシップ(Battleship)』のあらすじ・ストーリー

2018 09 06 20h34 35

アンテナの信号を増幅させる人工衛星

西暦2005年、地球上の科学者達は、宇宙内に地球によく似た環境の星を発見する。
西暦2006年、その星へのメッセージを伝える為、NASAはそれまでの5倍も強力な通信装置を作り、その星との交信計画を行った。これをビーコンプロジェクトという。
その方法は、通信衛星を用い、一旦電波をそこへ送り、そこから増幅した高出力な電波を目的の星に発射するというものであった。
その惑星の名前はプラネットGと名付けられる。

2018 09 09 13h25 04

アレックスがサマンサと初めて会い、ナンパを仕掛ける

主人公であるアレックスホッパーは、うだつの上がらない生活をしていた。
そして海軍兵である兄、ストーンホッパーの家に住み着き、堕落した生活を行っていた。
その弟の面倒を見ていた兄のストーンは、アレックスの26歳の誕生日をバーで祝っていた。
兄は絶えず弟の心配をしていたが、アレックスは全く聞く耳を持たず、相変わらずの生活を続けようとしていた。
その時、酒場で知り合った女性と互いに好意を持つようになる。
しかしその女性に、店にない食べ物が欲しいと言われ、店を出て別の閉店後のショップに侵入すると、スナック菓子を盗んで警察沙汰になった。
兄は激怒していた。アレックスが酒場で知り合った女性は、サマンサという者で海軍提督の娘であった。兄は下手をすると自分の首も飛ぶ、と叱責する。
兄にほとほと愛想を尽かされ、とうとう兄に同じ海軍への志願を迫られる。
その後、海軍に入隊することになり、ようやくおとなしくなったかと思われたが、サマンサとの関係は続いていた。

2018 09 09 13h29 39

リムパックでの提督よりの演説

世界規模の海上演習であるリムパックを行う事となり、アレックスも参加する事となる。
その最中、アレックスが提督の娘サマンサとの婚約を願う言葉を練習していると、それを聞いてしまった日本自衛官であるナガタにからかわれ、喧嘩をとなる。
その謝罪の時に、サマンサとアレックスが交際していることを知っていた提督は、アレックスが交際を申し出ようとしていた意思を見抜き、アレックスに「頭は良いが、直ぐキレる、そして性格と指導力、決断力のなさが致命的だ」と言い放ち、アレックスに反論と、交際を申し出るタイミングを与えなかった。
しかも、海軍を除名させるという脅しまで加えられ、リムパックの任務に戻される。
その頃、両足が義足であるミックという元陸軍退役者と、理学療法士のサマンサは、リハビリの為に山登りをする為に車で移動していた。

2018 09 09 13h34 08

知的生命体の艦隊が地球に迫っている姿

そうした中で、同時期に宇宙上より何者かの編隊飛行が地球に迫ってきていた。
レーダー確認では5機編隊で、確実に地球に迫ってきていた。
その内1機は人工衛星に当たり、中国に落下。街を壊しながら海へ落ちていった。
残りの4機は、太平洋に落下する。
そのデータを解析した所、間違いなくプラネットGからのものだと判明し、リムパックの合同演習を行っていた主人公のアレックス艦を含む3隻は、その不時着場所へ向かった。
その不時着した物体は、戦艦であることが判明し田。戦艦には攻撃意思があり、エイリアンとして認識する事となる。世界中にそのニュースが流れた。
その内の大型艦は空中に光を放ち、一定エリアに出入り不能のバリアを張った。
そのバリアは船、戦闘機の出入りだけでもなく、外部とのレーダーも、無線も防ぐものであった。
そのバリアが張られた後、水中より他の沈んだと思われる敵艦が現れるのであった。
バリア内にいるアレックス達は、外のリムパックの者達の心配もむなしく、自軍3隻で、4隻のエイリアンの戦艦と戦わざるを得なくなったのだ。

2018 09 09 13h35 43

エイリアンの艦の突如としての戦闘態勢

戦闘に入るものの敵の宇宙船の攻撃力はすさまじく、甚大な差があった。
なすすべもなく、1隻沈められ、全員死亡してしまう。その船にはアレックスに入隊を促した、兄が乗船していたのだった。
そのまま陸上への攻撃が始まった。
陸上のヘリコプターは全滅し、高速道路まで破壊され、周囲の者達は身動きが出来なくなった。

その頃、リハビリに来ていたサマンサとミックは、地球外の戦闘機を見かけ、近くにある山の上のアンテナ基地を狙っていることに気付く。そして乗り込む事を決意するのだった。

2018 09 09 13h40 00

偶然的にも捕獲されたエイリアン

一方、エイリアンにより全滅した船に乗船していた兄の敵を取ろうとしていたアレックスだったが、次の2隻目の艦の救難者の者達を救出することを優先させるべきだと周りに諭される。
アレックスの艦は、被弾により、アレックス以上の上官がすべて死んでしまっていた。
今、バリア内の全軍を指揮すべきなのはアレックスだった。
沈みゆく2隻目の船の乗組員達の救出活動を行う中、艦に捕獲されていたエイリアンをアレックスは見つける。そのエイリアンは意識を失っているように見える。島へ向かう途中に機体が墜落し、そこにいたエイリアンを引き上げたらしい。

2018 09 09 13h45 17

仲間を救出しに来た、圧倒的戦力差を見せるエイリアン

エイリアンに近づき、ヘルメットを取るアレックスであるが、突如意識を取り戻した宇宙人に直接手で顔を掴まれたのであった。
その手より意識が頭の中に入り込む。プラネットGは文明が進みすぎたが為に星全体の戦争が起こり、住めない星になりつつあったのだ。
そこで、地球からのコンタクトを受け、環境が似ていると判断したと思われるエイリアン達は、移住を行おうとしたのだった。
捕獲されたエイリアンは、仲間の戦闘機の攻撃により救出される事となる。さらに、艦内に複数のエイリアンが侵入した。
エイリアンは、ヘルメットのモニター越しに映し出される映像の中から、敵となる者を認識するのであった。そして、モニター越しの映像の判断に時間がかかる為、直ぐには人間全てを敵とは判断出来ないのである。ただし、エイリアン本人への物理攻撃を加えられた時には、即座に敵であると反応するのであった。
侵入したエイリアンと交戦する事になったのだが、プロテクターのようなウェアに身を包むエイリアンには、ピストルのような通常攻撃では効果が無かった。
知略を用いて応戦し、機関砲で撃退するなど、何とか追い返す事が出来たものの、その戦闘力の高さにも絶望感を臭わせるものであった。
乗船員のジミーなる者が残されたエイリアンのヘルメットを被ってみた所、光の強さを弱らせる効果もあり、彼らは地球の直射日光への免疫がない事が解る。

2018 09 09 14h04 59

エイリアンではなく人間に遭遇するも、安堵する間もないキャル

その頃、山に向かったエイリアンは、アンテナ基地を奪うことに成功するのであった。
その基地に向かうサマンサとミックの前に、ビーコンプロジェクトの研究員の一人であるキャルという男性が現れる。
彼は、宇宙人は人類の友達になり得るという甘い妄想の危険性を唱え、敵となり現れる可能性があると伝え続けた。しかし、その為に変人扱いされ続けてきたのであった。今回の事態を予測しうる者でもあったのだ。
彼は、アンテナ基地の管理の為にそこの近くに住んでおり、今回の出来事を本部より聞き、山から脱出する所であった。

2018 09 12 18h48 02

エイリアンがアンテナ基地を操作し、信号を増幅衛星に送る準備をしている

しばらく後、夜になる。
サマンサとミックは、キャルから、エイリアンがアンテナ基地から仲間を地球に呼ぶ信号を送ろうとしている事を知らされる。
さらに、アンテナ基地を奪っても、その信号を人工衛星へ送り、大出力でプラネットGへ送らないといけないという事も教えてもらう。
キャルはエイリアンが仲間を呼ぶ為の信号増幅の衛星が、アンテナの軌道上に乗る時が次の日の朝である事も告げるのであった。

2018 09 09 14h25 38

エイリアンのヘルメット越しに見える外部の姿。キャルは敵ではないと認識。

しばらく後、敵の戦闘機の目から隠れ、思案して時間を過ごしていた時、サマンサはミックとキャルに、アレックスにその事と、基地の座標を伝えられれば、基地を破壊出来るという。
キャルは、バリア内へと伝えられる通信装置がある事を伝える。しかし、それはエイリアンにより占領された、施設内にあるのだった。
少数で目立たず行動したい為、3人のうちのキャルのみがアンテナ基地に乗り込み、通信機を手にする。しかし、運悪く、エイリアンが室内に入って来てしまい、キャルと遭遇する事になった。
しかしエイリアンは、キャルを敵とは認識できず、キャルは施設より脱出する事ができた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents