クロスゲーム(Cross Game)のネタバレ解説まとめ

『クロスゲーム』とは、作者・あだち充による青春野球漫画である。「週刊少年サンデー」で連載されて、単行本は全17巻。小学館が主催している日本の漫画賞で、平成20年度第54回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。アニメにもなっており、人気の作品だ。
高校生になったコウは、若葉が最後に見た「コウがピッチャーで、赤石君がキャッチャー。舞台は超満員の甲子園。」という夢を叶えるため、野球部のエースとして奮闘する。甲子園を目指して、青葉とコウの運命の歯車が動き始める。

松山ユキ(まつやま ゆき)

CV:笹本優子

里見女子野球部のキャプテン。
全日本優勝チーム・桜花女子大学との練習試合に、今のままのチームでは太刀打できないと思い、小金沢みどりが月島青葉を連れてくる。小金沢みどりは、青葉を練習試合に出したかった。しかし、松山ユキは「最後の1年間、一緒に泣いたり笑ったりするチームを大切にしたい」と、青葉を試合には出さずに見学としてベンチにおいた。桜花女子大学との練習試合では青葉に、負傷者の代打として出場してもらったり、ピッチャーとして登板してもらうが、4-5で里見女子は負ける。
女子野球日本代表セレクションを受けて合格し、代表になる。

小島美奈子(こじま みなこ)

CV:松岡由貴

里見女子野球部のエースで、控えめな性格。青葉の実力を認めている。女子野球日本代表セレクションを受けたが一次選考で不合格。大学に進学しても野球を続けるつもりである。
桜花女子大学との練習試合では1回裏に先制点を取られる。2回裏、さらに1点取られた事で試合は4-0になった。このままではコールド負けしてしまうと考えた小島美奈子は、逆転するため実力が勝る青葉に交代を願い出た。

尾崎(おざき)

CV:青山桐子

女子野球の強豪と呼ばれる桜花女子大学のホームランバッター。
青葉のピッチングセンスを認めている。女子野球日本代表セレクションに合格し、女子野球日本代表になる。

沢口(さわぐち)

CV:浅野真澄

女子野球の強豪と呼ばれる桜花女子大学の投手。大きく曲がるスライダーが得意。チームメイトからは「沢」や「沢ちゃん」と呼ばれている。プライドの高い性格で、態度が表に出やすい。青葉が試合中に点差をつめると、あからさまに悔しがる。
女子野球日本代表セレクションを受けて合格し、女子野球日本代表になる。

志摩野恵(しまの めぐみ)

CV:青山桐子

竜旺学院高校野球部の志摩野忠の従兄弟。愛称は「シマケイ」。容姿は志摩野忠にソックリ。性格は自信家。
女子野球日本代表セレクションに参加。ピッチングマシンを使ったバッティング審査では、ホームランを打つが、審査員が他の選手のホームランを見ていたため目立てなかった。そこで「ピッチングマシンではなく、代表クラスのピッチャーと戦いたい」と審査方法に異議を唱えた。提案を採用されるが、くじ引きでピッチングの相手が青葉になり、三振をとられる。女子野球日本代表セレクションの一次選考は不合格となった。

『クロスゲーム』の用語

クロスゲーム(Cross Game)

題名にもなっている「クロスゲーム」は、勝敗がつきにくいほど、白熱した試合のことである。

喫茶クローバー

月島家が経営している喫茶店である。主に一葉が切り盛りしている。ナポリタンが美味しくて有名。青葉が店番の時は、料理が下手なので、常連はコーヒーしか注文しない。

月島バッティングセンター

月島家が経営しているバッティングセンター。ストレートに対する打球練習にはもってこいだが、変化球の練習はまともに出来ない。コウは月島バッティングセンターで3歳からバットを振っている。
ホームランの的に当たると音が出て、的に当たった数だけ景品がもらえる。景品は安物の靴下。

キタムラスポーツ

コウの実家で、スポーツ用品店。月島バッティングセンターの取引相手で、コウもよく配達の手伝いをさせられている。大口の注文を取るとお小遣いが増える。コウが小学生の時に中西と野球チームをつくり、お揃いのユニフォームをキタムラスポーツで作った。コウは野球に興味は無かったので、ユニフォームを普段着として使っている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『タッチ』とは、あだち充による日本の青春漫画。題材は高校野球であるが、物語の軸は双子の上杉達也、上杉和也と幼馴染である浅倉南の三角関係となっており、登場人物らの恋模様も多く描かれる作品。甲子園出場を夢みる南、南の夢を叶えることを目標とする和也、そんな2人を見守る達也という構図で物語は進むが、甲子園予選の決勝に向かう途中で和也は交通事故に遭い亡くなってしまう。悲しみを胸に達也は「南を甲子園に連れていく」という和也の目標を背負うことを決め、南や残された仲間たちと甲子園出場を目指す。

Read Article

ぴちぴちピッチの名言・名セリフまとめ

『ぴちぴちピッチ』とは、横手美智子と花森ぴんくによる少女漫画で、『なかよし』で連載されていた作品である。主人公は、地上で暮らすマーメイドプリンセスの七海るちあ。本作では、海の平和を脅かそうとする水妖とマーメイドとの戦いを軸に、マーメイドと人間との恋模様や仲間同士の友情などが描かれている。愛や平和を語ったセリフや人を思う気持ちが現れた数々のセリフが、読者の女の子や女性達を引きつけた。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

目次 - Contents