クロスゲーム(Cross Game)のネタバレ解説まとめ

『クロスゲーム』とは、作者・あだち充による青春野球漫画である。「週刊少年サンデー」で連載されて、単行本は全17巻。小学館が主催している日本の漫画賞で、平成20年度第54回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。アニメにもなっており、人気の作品だ。
高校生になったコウは、若葉が最後に見た「コウがピッチャーで、赤石君がキャッチャー。舞台は超満員の甲子園。」という夢を叶えるため、野球部のエースとして奮闘する。甲子園を目指して、青葉とコウの運命の歯車が動き始める。

CV:柿原徹也

月島家のいとこで、青葉と同級生。有名登山家の父親と一緒に世界各地を回っていた。雪山で遭難したことがきっかけで、青葉に会って気持ちを伝えたいと思い、日本に戻ってきた。月島家に居候しており、「喫茶クローバー」を手伝うこともある。料理上手で女子からも人気。青葉のことが好きであり、他の女子には興味がない。夢は登山家になること。

朝見菊次(あさみ きくじ)

CV:麻生智久

月島家の四姉妹の祖父。勇と洋子の父親。カメラが趣味で、コウや青葉が幼い頃の写真をたくさん撮っている。

朝見とき枝(あさみ ときえ)

CV:野沢雅子

月島家の四姉妹の祖母。勇と洋子の母親。

朝見勇(あさみ いさむ)

月島家の四姉妹の叔父。洋子の弟。世界的に有名な登山家。どちらかといえば海外で名が知られている。

樹多村家

樹多村健作(きたむら けんさく)

CV:鈴木琢磨

コウの父親。
キタムラスポーツ用品店を経営している。東京ヤクルトスワローズのファン。

樹多村君江(きたむら きみえ)

CV: 氷上恭子

コウの母親。
健作の営むキタムラスポーツ用品店を手伝っている。得意料理はコロッケ。

その他

東 純平(あずま じゅんぺい)

CV: 真殿光昭

青果店あずまの跡取り息子で、東雄平の兄。プロも注目した高校3年生の時の夏は圧倒的強さで甲子園確実と思われたが、地区大会決勝戦当日の朝に家の階段から足を踏み外した雄平をかばって足の靭帯を断裂し、選手生命を失った。走ることはできないが、日常生活には支障がないほどに回復している。
弟の東雄平には、責任を感じずに野球を楽しんで欲しいと思っている。
一葉にプロポーズするが、「星秀学園が甲子園に行けたら」という条件を出される。星秀学園に打撃コーチとして加わり、甲子園出場を目指す。

車(くるま)

東京の地区大会での解説者。
星秀学園対竜旺学院との決勝戦では試合途中に実況アナウンサーに向かって「賭けますか?いくら賭けますか?」と発言して他の解説者に交代させられた(ただしアニメ版では交代していない)。
H2でも登場している。

アニメオリジナルキャラクター

小金沢みどり(こがねざわ みどり)

CV:渡辺明乃
千田の従兄弟で、里見女子野球部に所属している。
しつこい性格の持ち主。千田を練習を付き合わせ、嫌がられている。月島青葉に里見女子高校に来て女子野球部に入るよう勧めるが、青葉には「星秀学園に行く」と断られた。
志堂理沙と気が合わないが、映画オーディションのためバッティング練習の協力をしたこともある。
青葉と女子野球日本代表セレクションを受けて、補欠合格となった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『タッチ』とは、あだち充による日本の青春漫画。題材は高校野球であるが、物語の軸は双子の上杉達也、上杉和也と幼馴染である浅倉南の三角関係となっており、登場人物らの恋模様も多く描かれる作品。甲子園出場を夢みる南、南の夢を叶えることを目標とする和也、そんな2人を見守る達也という構図で物語は進むが、甲子園予選の決勝に向かう途中で和也は交通事故に遭い亡くなってしまう。悲しみを胸に達也は「南を甲子園に連れていく」という和也の目標を背負うことを決め、南や残された仲間たちと甲子園出場を目指す。

Read Article

ぴちぴちピッチの名言・名セリフまとめ

『ぴちぴちピッチ』とは、横手美智子と花森ぴんくによる少女漫画で、『なかよし』で連載されていた作品である。主人公は、地上で暮らすマーメイドプリンセスの七海るちあ。本作では、海の平和を脅かそうとする水妖とマーメイドとの戦いを軸に、マーメイドと人間との恋模様や仲間同士の友情などが描かれている。愛や平和を語ったセリフや人を思う気持ちが現れた数々のセリフが、読者の女の子や女性達を引きつけた。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

目次 - Contents