クロスゲーム(Cross Game)のネタバレ解説まとめ

『クロスゲーム』とは、作者・あだち充による青春野球漫画である。「週刊少年サンデー」で連載されて、単行本は全17巻。小学館が主催している日本の漫画賞で、平成20年度第54回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。アニメにもなっており、人気の作品だ。
高校生になったコウは、若葉が最後に見た「コウがピッチャーで、赤石君がキャッチャー。舞台は超満員の甲子園。」という夢を叶えるため、野球部のエースとして奮闘する。甲子園を目指して、青葉とコウの運命の歯車が動き始める。

志堂英太郎(しどう えいたろう)

CV:斉藤次郎

星秀学園の教頭、51歳。療養中の校長に代わり、学校を経営している。星秀学園の名を有名にするため、野球部甲子園出場を目指す。野球自体に興味はなく、「校長代理」と呼ばないと怒る。
一軍解散後、自然豊かな系列校に転任となった。奥さんとは離婚調停中。

三木竜正(みき たつまさ)

CV:宮崎寛務

星秀学園高等部の野球留学生。野球留学生の中でも、野球のセンスは1番だった。夏の地区大会では、東と三木だけが大門監督の采配に次第に不信感を持つ。大門監督の指示を無視してファインプレイしたことで、チームの皆に大門監督の采配ミスを気付かせる結果になった。4回戦目からはスタメンを外される。地区大会のベスト8をかけた試合では、星秀学園は大門監督の不条理な采配で負けてしまう。
大門監督に不満を募らせ、「勝ったら全員で抱き合える野球」を目指して、都立瀬名高校に転校した。

岸部啓介(きしべ けいすけ)

CV:堂坂晃三

星秀学園高等部の野球留学生。
スイングの速さはチームでも1・2位を争うほどで、高めの球が得意で多少コースが外れても外角球には手を出す。足も速い。中学校では4番のエースだった。東からの評価も高く、東が出場を拒否したプレハブ組との再戦では4番を務めた。大門監督が解雇されたので後を追って他校へ転校した。

神川昇(かみかわ のぼる)

CV:斉藤次郎

星秀学園高等部の野球留学生。
緩急を付けた多彩な変化球が得意。理想はあと4~5km/h速く投げられるようになることだが、思うような結果は出ない。コウへの対抗心で、直球勝負を挑んでヒットを打たれた。
大門監督が解雇されたので、他校へ転校した。

竜旺学院高校

寺田(てらだ)監督

CV:金光宣明

名門・竜旺学院の野球部監督。4期連続甲子園に出場している。
青葉によれば「大門監督に比べて憎めない顔」。人柄も良い。

三島敬太郎(みしま けいたろう)

CV:野島健児

竜旺学院高校の野球部。コウと同級生。
名前を覚えない東がシニアリーグで、1度会っただけで名前を覚えた強打者である。試合中の守備で、骨折して全治6か月の重傷を負った。翌年は、監督が大事をとって試合に出場させていない。
コウが2年生の地区大会で、星秀学園高等部との試合中に、志摩野が骨折。病院送りになった志摩野の代わりに、三島が試合に出る。以降、レギュラーに定着した。

及川卓郎(おいかわ たくろう)

CV:奈良徹

竜旺学院高校右のエース。考えたことは遠慮なく口にするタイプであり、「おしゃべりエース」と呼ばれる。同じフォーム、同じ腕の振りで、投球を投げ分けられる。
高校に入ってからホームランは打たれていなかったが、コウの3年生の地区大会決勝では、コウにホームランを打たれた。

志摩野忠(しまの ただし)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『タッチ』とは、あだち充による日本の青春漫画。題材は高校野球であるが、物語の軸は双子の上杉達也、上杉和也と幼馴染である浅倉南の三角関係となっており、登場人物らの恋模様も多く描かれる作品。甲子園出場を夢みる南、南の夢を叶えることを目標とする和也、そんな2人を見守る達也という構図で物語は進むが、甲子園予選の決勝に向かう途中で和也は交通事故に遭い亡くなってしまう。悲しみを胸に達也は「南を甲子園に連れていく」という和也の目標を背負うことを決め、南や残された仲間たちと甲子園出場を目指す。

Read Article

ぴちぴちピッチの名言・名セリフまとめ

『ぴちぴちピッチ』とは、横手美智子と花森ぴんくによる少女漫画で、『なかよし』で連載されていた作品である。主人公は、地上で暮らすマーメイドプリンセスの七海るちあ。本作では、海の平和を脅かそうとする水妖とマーメイドとの戦いを軸に、マーメイドと人間との恋模様や仲間同士の友情などが描かれている。愛や平和を語ったセリフや人を思う気持ちが現れた数々のセリフが、読者の女の子や女性達を引きつけた。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

目次 - Contents