クロスゲーム(あだち充)のネタバレ解説・考察まとめ

『クロスゲーム』とは、作者・あだち充による青春野球漫画である。「週刊少年サンデー」で連載されて、単行本は全17巻。小学館が主催している日本の漫画賞で、平成20年度第54回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。アニメにもなっており、人気の作品だ。
高校生になったコウは、若葉が最後に見た「コウがピッチャーで、赤石君がキャッチャー。舞台は超満員の甲子園。」という夢を叶えるため、野球部のエースとして奮闘する。甲子園を目指して、青葉とコウの運命の歯車が動き始める。

コウの実家「キタムラスポーツ」のモデルとなったのが、伊勢崎市曲輪町にある「ホシノスポーツ 伊勢崎店」。残念ながら2009年に閉店している。「月島バッティングセンター」と「キタムラスポーツ」のモデルとなった店が、作者・あだち充の出身地である群馬県伊勢崎市にある。

『クロスゲーム』の主題歌・挿入歌

OP(オープニング):コブクロ 『Summer rain』

作詞・作曲:小渕健太郎/編曲・歌:コブクロ

ED(エンディング):絢香 『恋焦がれて見た夢』

作詞・作曲・歌:絢香/編曲:常田真太郎
第1話~13話、第30話、第31話(挿入歌)

ED(エンディング):SQUAREHOOD 『オレンジDays』

作詞・歌:SQUAREHOOD/作曲:SQUAREHOOD & NATABA/編曲:NATABA
第14話~26話

ED(エンディング):鶴 『燃えるような恋じゃないけど』

作詞・作曲:秋野温/編曲・歌:鶴
第27話 ~39話

ED(エンディング):近藤夏子 『リハーサル』

作詞・作曲・歌:近藤夏子/編曲:藤澤慶昌
第40話~49話

ED(エンディング):近藤夏子 『恋スル乙女』 スペシャルエンディング

作詞・作曲・歌:近藤夏子/編曲:藤澤慶昌
第50話

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

H2(エイチツー)のネタバレ解説・考察まとめ

『H2』とはあだち充が1992年から1999年まで『週刊少年サンデー』で連載していた青春恋愛漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。 主人公の国見比呂、親友でありライバルでもある橘英雄、比呂の幼馴染であり英雄と恋仲である雨宮ひかり、高校野球が大好きで比呂が所属する野球部のマネージャーを務める古賀春華を中心に繰り広げられる青春と恋を描く。 優れた心理描写や読者に解釈の余地を残したラストなど、あだち充長編漫画のエッセンスが凝縮された最高傑作との呼び声も高い。

Read Article

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タッチ』とは、あだち充による日本の青春漫画。題材は高校野球であるが、物語の軸は双子の上杉達也、上杉和也と幼馴染である浅倉南の三角関係となっており、登場人物らの恋模様も多く描かれる作品。甲子園出場を夢みる南、南の夢を叶えることを目標とする和也、そんな2人を見守る達也という構図で物語は進むが、甲子園予選の決勝に向かう途中で和也は交通事故に遭い亡くなってしまう。悲しみを胸に達也は「南を甲子園に連れていく」という和也の目標を背負うことを決め、南や残された仲間たちと甲子園出場を目指す。

Read Article

ぴちぴちピッチの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ぴちぴちピッチ』とは、横手美智子と花森ぴんくによる少女漫画で、『なかよし』で連載されていた作品である。主人公は、地上で暮らすマーメイドプリンセスの七海るちあ。本作では、海の平和を脅かそうとする水妖とマーメイドとの戦いを軸に、マーメイドと人間との恋模様や仲間同士の友情などが描かれている。愛や平和を語ったセリフや人を思う気持ちが現れた数々のセリフが、読者の女の子や女性達を引きつけた。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

目次 - Contents