クロスゲーム(Cross Game)のネタバレ解説まとめ

『クロスゲーム』とは、作者・あだち充による青春野球漫画である。「週刊少年サンデー」で連載されて、単行本は全17巻。小学館が主催している日本の漫画賞で、平成20年度第54回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。アニメにもなっており、人気の作品だ。
高校生になったコウは、若葉が最後に見た「コウがピッチャーで、赤石君がキャッチャー。舞台は超満員の甲子園。」という夢を叶えるため、野球部のエースとして奮闘する。甲子園を目指して、青葉とコウの運命の歯車が動き始める。

そば処滝川

あかねの両親が営む蕎麦屋。引っ越してコウの家の隣に店を構えた。出前注文も承っており、大晦日は年越しそばの注文で大忙しとなる。

区立千川北小学校

樹多村家、月島家の子供達が通っていた小学校。他の生徒には赤石、中西がいる。

星秀学園中等部

星秀学園中等部には野球部はあるが、女子野球部はない。野球部では、中高の合同練習を実施することもある。
星秀学園中等部の監督は、練習をキャプテンに任せている。

星秀学園高等部

校長は病気で入院中。校長代理(教頭)が経営を任されている。今まで野球部は甲子園に行ったことはないが、甲子園出場を夢見ている。

竜旺学院高校

夏の甲子園でベスト8まで進んだ強豪校。甲子園春の大会でも活躍した。 及川、三島がチームの中心となり、竜旺学院史上最強チームとなる。

聖泉女学園

滝川あかねが通う女子高校。変質者が学校周辺をうろつくこともある。あかねの登校と一緒になったとコウが、あかねの重そうな画材道具を持ってあげた。しかし、画材道具を返すのを忘れたコウは、学校まであかねの画材道具を届けた。女子高だったため校門で、コウは変質者と間違われた。あかねが変質者に襲われそうになったところを、コウが変質者に野球ボールを投げつけて退治した。

都立瀬名高校

星秀学園の野球留学生だった三木の転校先。野球の試合では、対戦相手のところに偵察に行き、データを集めている。野球では「無名校・都立瀬名」と他校から呼ばれているが、無名校だと言われないように三木が野球部を引っ張っている。

黒駒実業高校

星秀学園一軍解散後、大門監督を野球部監督として雇った。夏の地区大会では、1回戦で敗退。大門監督の自分勝手な采配は変わらない。

里見女子高校

里見女子高校には里見女子野球部がある。月島若葉も里見女子野球部に入れば、野球の公式試合に出られる。女子野球の強豪、桜花女子大と練習試合をした。
アニメのオリジナル高校である。

桜花女子大

女子野球の強豪と呼ばれている。里見女子高校と練習試合をして、勝利した。アニメのオリジナル大学である。

『クロスゲーム』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

樹多村光「そっか…かんたんなことなんだ…泣けばいいんだ。」

コウは、若葉と両想いであり、仲が良かった。小学校5年生の夏、若葉からキャンプに行く前の日に「帽子を貸して欲しい」と言われ、コウは若葉に帽子を貸した。若葉とコウは、帰ってきたら夏祭りに行く約束をしていた。しかし若葉はキャンプ中に溺れている下級生を助けようとし、激流に飲み込まれる。そして息を引き取り、帰らぬ人となった。
若葉の死後、帽子だけが帰って来た。コウは帽子をかぶって夏祭りに出掛けた。どうしても気持ちの整理がつかなかったコウは、月島家の前で泣いている赤石を見つけた。コウは心の中でセリフをつぶやき、涙を静かに流した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『タッチ』とは、あだち充による日本の青春漫画。題材は高校野球であるが、物語の軸は双子の上杉達也、上杉和也と幼馴染である浅倉南の三角関係となっており、登場人物らの恋模様も多く描かれる作品。甲子園出場を夢みる南、南の夢を叶えることを目標とする和也、そんな2人を見守る達也という構図で物語は進むが、甲子園予選の決勝に向かう途中で和也は交通事故に遭い亡くなってしまう。悲しみを胸に達也は「南を甲子園に連れていく」という和也の目標を背負うことを決め、南や残された仲間たちと甲子園出場を目指す。

Read Article

ぴちぴちピッチの名言・名セリフまとめ

『ぴちぴちピッチ』とは、横手美智子と花森ぴんくによる少女漫画で、『なかよし』で連載されていた作品である。主人公は、地上で暮らすマーメイドプリンセスの七海るちあ。本作では、海の平和を脅かそうとする水妖とマーメイドとの戦いを軸に、マーメイドと人間との恋模様や仲間同士の友情などが描かれている。愛や平和を語ったセリフや人を思う気持ちが現れた数々のセリフが、読者の女の子や女性達を引きつけた。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

目次 - Contents