クロスゲーム(Cross Game)のネタバレ解説まとめ

『クロスゲーム』とは、作者・あだち充による青春野球漫画である。「週刊少年サンデー」で連載されて、単行本は全17巻。小学館が主催している日本の漫画賞で、平成20年度第54回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。アニメにもなっており、人気の作品だ。
高校生になったコウは、若葉が最後に見た「コウがピッチャーで、赤石君がキャッチャー。舞台は超満員の甲子園。」という夢を叶えるため、野球部のエースとして奮闘する。甲子園を目指して、青葉とコウの運命の歯車が動き始める。

CV:戸松遥

月島家の三女で、性格は無愛想な女の子。昔からコウの事が嫌いであった。野球が好きで、運動神経はバツグン。星秀学園中等部では野球部のキャプテンを務めている。速球は高等部1年時で約130km/h、加えて変化球も操る投手。女子野球日本代表の監督からも注目されている。高等部でも野球部に所属するが、公式戦には出場できず、悔しい思いをしている。右投げ右打ちの投手である。
好みの男性のタイプは「160km/hのストレートが投げられる男」。若葉の夢見た「甲子園出場」をコウと一緒に叶えようとしている。
一葉には、「あんた(青葉)とコウちゃんはよく似てる」と言われており、性格や行動に共通点が多い。料理はかなりヘタなので、喫茶店の店番が青葉一人のときは、常連客はコーヒーしか注文しない。それでもナポリタンはコウに食べさせるためにそれなりに上達している。

滝川あかね(たきがわ あかね)

CV:神田朱未

コウの家の隣に引っ越してきた「そば処滝川」の一人娘。容姿は月島若葉とソックリである。小学生時代は、病弱で読書やお絵描きをして過ごしていたため、青葉のような活発な女の子に憧れている。絵を描くのが得意で、甲子園の絵画コンクールでは、青葉のピッチングを真似したコウの絵を描いてグランプリを獲得した。グランプリを獲得した絵画が甲子園のバックスクリーンに映し出された。コウに好意を寄せていたが、青葉とコウがうまくいってからは、赤石と良い感じになっている。
月島家が経営している「喫茶クローバー」でアルバイトをしている。

星秀学園 野球部

中西大気(なかにし だいき)

CV:園部 好徳

コウとは小学生の時からの同級生。星秀学園中等部で野球部に入るが、先輩3人組(巻原・常木・関口)の偉そうな態度と練習をサボる癖が気に入らず、暴力事件を起こして3カ月で退部。その後も自主トレーニングは続けていた。星秀学園高等部で野球部に入り、コウ・赤石と選抜テストを受けずに、野球部のプレハブ組としてコウと一緒に行動。プレハブ組では再び悪い先輩3人組(巻原・常木・関口)と一緒になるが、赤石が間に入り、揉め事は起こしていない。右投げ右打ちの三塁手。

赤石修(あかいし おさむ)

CV:乃村健次

コウの幼なじみで、小学校のガキ大将。若葉のことが好きで、若葉と仲が良い光に対抗心を持っていた。家業は酒屋を営んでいる。小学生の頃は、リトルリーグで100km/hを超える球を投げる投手であった。しかし、チームメイトとエース投手の座を奪い合い、思わず相手をぶん殴ってしまい追い出されてしまった。
若葉が亡くなる前日に見た夢の中で、捕手をしていた事を聞かされた赤石は、若葉の夢を実現しようと心に決める。星秀学園中等部では、投手から捕手に転向した。 星秀学園中等部の野球部ではキャプテンとして、高等部ではチームのまとめ役とし て活躍。 また、投手時代の強肩と、見かけとは違った理論的なリードで捕手としての才能を 開花させる。星秀学園の甲子園出場を目指す。コウ・中西と選抜テストは受けなかったため、「プレハブ組」である。
滝川あかねが引っ越して来て間もない頃は、若葉の生き写しであるあかねの事が気になっていた。コウがあかねに好意があると勘違いした赤石は、コウとあかねを結び付けようとする。しかし最終的には、青葉とコウが付き合い、あかねと良い感じになった。

東雄平(あずま ゆうへい)

CV:櫻井孝宏

大門監督にスカウトされて、星秀学園高等部に野球留学生として入学。2回目の監督のクビをかけた一軍対プレハブ組の試合では、一軍のエース・東は「自分抜きでも一軍が強い事を証明して欲しい」と言って、試合にわざと怪我して出なかった。甲子園出場に固執する東は、試合に出場しなかったことで、甲子園に行けるチームかどうか見極めていた。東は、過去に甲子園出場確実とされていた兄・純平の地区大会決勝戦当日に、階段から足を踏み外したところを兄にかばわれ、選手生命を絶つ怪我を負わせる。責任を感じた東は、兄に変わって夢を実現しようと、甲子園出場に固執するようになる。
一軍の大門監督とプレハブ組の前野監督、お互いのクビをかけた試合の結果はプレハブ組の勝利となり、一軍は解散。一軍の解散後、特待生ではなくなる。野球留学生たちがバラバラに去るなか、一軍のエース・東だけがコウのピッチングに惚れて、「星秀学園は甲子園の近道」と残留を選び、星秀学園の4番打者として活躍している。
一軍解散後、使用していた寮が使えなくなる。東の兄・純平が「アパートが見つかるまで」とコウに頼みこみ、コウの家に居候することになった。

千田圭一郎(せんだ けいいちろう)

出典: www.tv-tokyo.co.jp

CV:岸尾だいすけ

コウとは中学校からの同級生で、星秀学園中等部の野球部では4番エースだった。お調子者で目立ちがりやの性格から、空回りしてしまうこともある。
星秀学園高等部では、大門監督のいる一軍選手であった。1回目の一軍対プレハブ組の試合中に、3失点した事がきっかけで、クビになってプレハブ組に入る。大門監督のもと一軍で投手を任されるが、前野監督に遊撃手としての才能を見出され、すぐに試合に出場。大振りが目立ち、先頭打者であるにもかかわらず三振やフライアウトが極端に多い。
里見女子高校の小金沢みどりのいとこであり、練習に付き合わされることを嫌っている。
夏祭りでは、マネージャーの大久保博子とバッタリ会って一緒に屋台を回っているところを、中西・中河カップルと赤石に目撃されている。赤石に「お似合いだ」と言われて嫌な顔をしている。

巻原(まきはら)

CV: 遠藤大輔

悪い先輩3人組の1人。
さぼり癖があり、下級生をパシリに使って偉そうな態度をとっていた。中学3年生の時に、態度が気に入らなかったとして、中西に殴り倒された経験がある。
コウ達が高校1年生の時の3年生。単純な性格の持ち主で、反抗的な態度が原因でプレハブ組になる。高校3年生になったコウ達の地区予選決勝で応援に駆けつけている。

常木(つねき)

CV:鈴木恭輔

悪い先輩3人組の1人。コウが1年の時の3年の先輩。
中学3年生の時に、態度が気に入らなかったとして、中西に殴り倒された経験がある。女の子の目を見ると、どんな事を考えているか分かる。
志堂理沙が巻原を見る目は、「母親がゴキブリを見付けた時の目」。月島青葉と巻原がバッティング練習した時の青葉の目は、「母親がゴキブリを叩き潰す時の目」とたとえた。

関口(せきぐち)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『タッチ』とは、あだち充による日本の青春漫画。題材は高校野球であるが、物語の軸は双子の上杉達也、上杉和也と幼馴染である浅倉南の三角関係となっており、登場人物らの恋模様も多く描かれる作品。甲子園出場を夢みる南、南の夢を叶えることを目標とする和也、そんな2人を見守る達也という構図で物語は進むが、甲子園予選の決勝に向かう途中で和也は交通事故に遭い亡くなってしまう。悲しみを胸に達也は「南を甲子園に連れていく」という和也の目標を背負うことを決め、南や残された仲間たちと甲子園出場を目指す。

Read Article

ぴちぴちピッチの名言・名セリフまとめ

『ぴちぴちピッチ』とは、横手美智子と花森ぴんくによる少女漫画で、『なかよし』で連載されていた作品である。主人公は、地上で暮らすマーメイドプリンセスの七海るちあ。本作では、海の平和を脅かそうとする水妖とマーメイドとの戦いを軸に、マーメイドと人間との恋模様や仲間同士の友情などが描かれている。愛や平和を語ったセリフや人を思う気持ちが現れた数々のセリフが、読者の女の子や女性達を引きつけた。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

目次 - Contents