東京喰種トーキョーグールのクインケまとめ

東京喰種トーキョーグール(Tokyo Ghoul)で生身の人間である捜査官たちが喰種と対抗するために編み出した武器「クインケ」。喰種には体内に赫包という部位があり、その赫包から赫子という武器を出現して戦うが、クインケはその「赫包」を素材とした武器である。元になった赫包によりクインケはその形状や使用方法などが大きく分かれることとなる。ここでは使用した赫包ごとに、クインケについて紹介していく。

所有者は半井恵仁で右と同じくレートはB+。

右、左とセットで使っている。右と同じく詳細不明。

鱗赫クインケ

鱗赫を使う喰種は腰付近に赫包を所有し、触腕のような赫子を用いる。一撃の威力が高く、再生能力も高いが、その分脆いという弱点を抱える。鱗赫から作り出される武器はギミックを組み込んだ特殊な武器が多く、技巧派の捜査官たちに好まれる。

13'sジェイソン(ジューゾーズ・ジェイソン)

所有者は鈴屋什造でS+レートに分離される。

大型の鎌のような形をしており、刃は階段状に2段階になっている。瀕死だったヤモリを什造自らが殺害し、その赫包を元に手に入れたクインケで什造の好みが強く反映している。その一撃の破壊力はクインケの中でもトップクラスで、鱗赫の赫子が飛び出すギミックも搭載されている。制作に携わった地行によれば、瞬間Rc値が5000まで上昇する化け物とのこと。20区の梟戦では芳村の左腕を切断するなど、大きな活躍を見せた。

ロッテンフォロウ

所有者はキジマ式でSレートに分類される。

チェーンソーの形をしたクインケ。キジマは元々コクリアの尋問官であり、えげつない尋問方法から捜査官の間で「削ぎ師キジマ」として恐れられている。この武器は拷問の際に用いられ、喰種のパーツを削ぎ落すのに使用された。月山家殲滅戦で使用されたが、仲間である旧多の裏切りがあり、キジマはロッテンフォロウによって命を落としている。キジマが亡くなった後は旧多が使用し、コクリア防衛戦の際に金木との戦いで使用している。

フエグチ壱

所有者は真戸呉緒及び彼の娘の暁。

笛口アサキの赫包から作り出されたクインケ。タイプには壱と弐があり、弐は甲赫クインケとなっている。蛇腹剣の形をしており、伸縮性と柔軟性に非常に優れるため、中距離攻撃に適している。広い場所での戦闘に適しているが、小回りが利かず、障害物のある場所や狭い場所での戦闘では不利である。元々は真戸呉緒が所持していたが、彼の死後は娘の暁に引き継がれた。扱いが難しく、慣れるまでに時間を要する。

クロイワSpecial

所有者は黒磐巌でSレート。

刀身の太い大型の剣の形をしている。一見すると盾のような形もしているが、内側に柄があり剣として使用する。20区の梟戦に用いられたが、芳村の攻撃によっては破壊された。

ナゴミ1/3

所有者は平子丈でレートはA。

太刀の形をしたクインケで、平子が主力クインケとして愛用している。11区アオギリ戦で活躍し、多くの喰種を駆逐。20区隻眼の梟討伐作戦にも用いられたが、金木の手によって破壊された。続編の東京喰種トウキョウグール:reでも平子が愛用している。

アブクソル

所有者は六月透でレートはB。

ナイフの形状をした武器。オークション編まで赫子を出すことのできなかった六月透が、最初の頃に主力武器として使っていた。その後も愛用し続けており、アブクソルとイフラクトと2種類セットで使っている。

イフラフト

所有者は六月透でレートはB。

アブクソルと同じくナイフ形をしており、アブクソルとセットで使っていた。

papermoon
papermoon
@papermoon

Related Articles関連記事

東京喰種トーキョーグール(石田スイ)のネタバレ解説まとめ

「東京喰種トーキョーグール」とは、石田スイ氏による日本の漫画作品。2014年には「東京喰種トーキョーグール」、2015年には「東京喰種トーキョーグール√A」としてTVアニメも公開されている。この物語は、人間だった主人公「カネキ」が人を喰らう存在「半喰種」となり、葛藤や恐怖に溺れていくダーク・ファンタジーである。

Read Article

東京喰種トーキョーグール:re(石田スイ)のネタバレ解説まとめ

『東京喰種トーキョーグール:re』とは、石田スイ原作の漫画作品。舞台は東京で、人を食らう化け物「喰種(グール)」の在り方がテーマとなっている。『東京喰種トーキョーグール:re』は『東京喰種トーキョーグール』の続編で、前作ではとある事故から人と喰種と両方の力を併せ持つ金木研が人として、喰種として葛藤しながら戦う姿が描かれた。続編の東京喰種トーキョーグール:reでは、金木の面影を残す捜査官、佐々木琲世に主人公が変更。彼が捜査官として喰種と戦う様を描く。

Read Article

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

BPO(放送倫理機構)様の御目がある中でも、ちょくちょくOKをもらって放送されているグロアニメ。原作はもちろん、そのグロさや恐怖さはとんでもないですが、アニメではいろいろ調整もあって別の意味での恐ろしさに変わっているのです。今回はそんな恐怖蔓延のアニメをまとめましたので、ご紹介いたします。※もし気になる方は、ぜひご自身の御目でご確認ください。(ちなみに「まど☆マギ」は入れてませんw違うでしょ)

Read Article

目次 - Contents