東京喰種トーキョーグールのクインケまとめ

東京喰種トーキョーグール(Tokyo Ghoul)で生身の人間である捜査官たちが喰種と対抗するために編み出した武器「クインケ」。喰種には体内に赫包という部位があり、その赫包から赫子という武器を出現して戦うが、クインケはその「赫包」を素材とした武器である。元になった赫包によりクインケはその形状や使用方法などが大きく分かれることとなる。ここでは使用した赫包ごとに、クインケについて紹介していく。

所有者は鉢川忠。

サブマシン型のクインケで20区の隻眼の梟討伐戦で登場し、カヤ率いる黒狗所属の喰種を駆逐する際に活躍した。梟討伐戦ではカヤを追い詰めるも、乱入したカネキによって破壊された。続編の東京喰種トーキョーグール:reでは修理されて復活。鉢川忠の主力クインケとして活躍したが、流島作戦の際に滝澤の攻撃によって破壊された。

T-Human(ティー・ヒューマン)

所有者は伊丙入でS+レート。

ライフル型の威力の大きいクインケ。形状や雷を思わせる攻撃など、有馬が所持するナルカミと似ている部分がある。月山家殲滅戦で活躍したが、マイロによって破壊された。

銀髑髏(ぎんどくろ)

所持者は阿原半兵衛でAレート。

材料は東京喰種JOKERに登場するスカルマスクの赫包。見た目は刀で、敵を突き刺した後に触手のような肋骨状の赫子を発生させる。流島作戦の際には、銀髑髏の刺さった壁から赫子を発生させミザの体を貫いた。

是毘図(ぜびず)

所持者は安浦清子でレートはS+。

ロケットランチャー型で遠距離と近距離どちらも対応可能な武器。遠距離ではミサイル状の武器を発射。これはホーミング機能があり、着弾時に爆発を起こす。近距離攻撃の際には本体を分割し、2本の剣で戦うことができる。また、分割せずに使うと大型の盾としても使用可能で、コクリア防衛戦で0番隊の敵の攻撃を防いだ。

ライ

所有者は真戸呉緒。

真戸呉緒は多数のクインケを所持しており、その数は20数種類と言われる。ライは真戸呉緒が所持していた1つで羽赫クインケであること以外の詳細は不明。

メルト

所持者は根津安人。

根津は東京喰種トーキョーグール:reから登場する捜査官の1人で伊東の班に所属していた。ほとんど登場しないため詳細は不明で、月山殲滅戦に用いられた。根津は月山殲滅戦でノロによって殺害されている。

アブラガマ

所持者は車谷東吾。

車谷東吾は一等捜査官の1人で、嘉納の隠れ処へ突入する際に参戦し、篠原の指揮の元行動していた。一等捜査官だが半赫者のカネキと対峙し、怖気づいていた。

甲赫クインケ

羽赫を使う喰種は肩甲骨の辺りに赫包を有する。非常に頑丈で威力のある攻撃を行うことができるが、重たいのが弱点。ここから作り出したクインケも似たような特徴を持ち、主に近接武器として加工されることが多い。

IXA(イグザ)

papermoon
papermoon
@papermoon

Related Articles関連記事

東京喰種トーキョーグール(石田スイ)のネタバレ解説まとめ

「東京喰種トーキョーグール」とは、石田スイ氏による日本の漫画作品。2014年には「東京喰種トーキョーグール」、2015年には「東京喰種トーキョーグール√A」としてTVアニメも公開されている。この物語は、人間だった主人公「カネキ」が人を喰らう存在「半喰種」となり、葛藤や恐怖に溺れていくダーク・ファンタジーである。

Read Article

東京喰種トーキョーグール:re(石田スイ)のネタバレ解説まとめ

『東京喰種トーキョーグール:re』とは、石田スイ原作の漫画作品。舞台は東京で、人を食らう化け物「喰種(グール)」の在り方がテーマとなっている。『東京喰種トーキョーグール:re』は『東京喰種トーキョーグール』の続編で、前作ではとある事故から人と喰種と両方の力を併せ持つ金木研が人として、喰種として葛藤しながら戦う姿が描かれた。続編の東京喰種トーキョーグール:reでは、金木の面影を残す捜査官、佐々木琲世に主人公が変更。彼が捜査官として喰種と戦う様を描く。

Read Article

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

BPO(放送倫理機構)様の御目がある中でも、ちょくちょくOKをもらって放送されているグロアニメ。原作はもちろん、そのグロさや恐怖さはとんでもないですが、アニメではいろいろ調整もあって別の意味での恐ろしさに変わっているのです。今回はそんな恐怖蔓延のアニメをまとめましたので、ご紹介いたします。※もし気になる方は、ぜひご自身の御目でご確認ください。(ちなみに「まど☆マギ」は入れてませんw違うでしょ)

Read Article

目次 - Contents