BLEACH(ブリーチ)の鬼道(破道・縛道)と詠唱文まとめ

大人気漫画『BLEACH』で死神が使用する術・鬼道の総まとめ。
攻撃の破道、補助の縛道、それぞれ一番から九十番台まで、すべてを掲載。
オシャレでかっこいい詠唱呪文や、テレビオリジナルシリーズで使用された鬼道も完全網羅。

その他・応用技術

白伏(はくふく)

【詠唱】不明。
破道なのか、縛道なのか明らかになっていない。
雛森桃、市丸ギンが使用した。
対象を光で包む。光に包まれたものは、意識を混濁し気絶する。

鏡門(きょうもん)

【詠唱】不明。
日番谷冬獅郎が使用した。
攻撃を反射する結界。外からの攻撃には強いが、中からは簡単に崩すことが出来る。

八爻双崖(はちぎょうそうがい)

【詠唱】不明。
有昭田鉢玄が使用した。
内部で起きた出来事を、外部の人物の意識から消す結界を作り出す。

瞬閧(しゅんこう)

【詠唱】不明。
四楓院夜一、砕蜂が使用した。
鬼道を使った高密度の軌道を手足へ集め、打撃が当たった際に炸裂させる。
隠密機動隊の隊服は両肩と背中が空いている。これは瞬閧を発動すると肩と背中の布が弾け飛ぶため、それを想定して作られている。

反鬼相殺(はんきそうさい)

【詠唱】不明。
四楓院夜一、砕蜂、浦原喜助が使用した。
相手の鬼道に対し、同質、同量、なおかつ逆回転の鬼道を放ち、無効化する。

四獣塞門(しじゅうさいもん)

【詠唱】「軍相八寸 退くに能わず・青き閂 白き閂 黒き閂 赤き閂・相贖いて大海に沈む 竜尾の城門 虎咬の城門 亀鎧の城門 鳳翼の城門」
有昭田鉢玄が使用した。
『竜尾の城門』『虎咬の城門』『亀鎧の城門』『鳳翼の城門』という壁を出現させ、敵の行動を制限する。

白断結壁(はくだんけっぺき)

【詠唱】不明。
伊勢七緒が使用した。
滅却師の力を持つ者が入ることができない壁を作り出す。

鉄風殺(てっぷうさつ)

【詠唱】不明。
兵主部一兵衛が使用した。
巨大な頭を出現させ、強力な暴風を巻き起こす。

四槍血封(しそうけっぷう)

【詠唱】不明。
テレビオリジナルシリーズである『斬魄刀異聞篇』で山本元柳斎が使用した。
槍を対象の四肢に投げ、電撃で相手を包む。そして社のような形の棺に対象を閉じ込め、最初にはなった槍で封印する。

不明

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)の始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents