BLEACH(ブリーチ)の鬼道(破道・縛道)と詠唱文まとめ

大人気漫画『BLEACH』で死神が使用する術・鬼道の総まとめ。
攻撃の破道、補助の縛道、それぞれ一番から九十番台まで、すべてを掲載。
オシャレでかっこいい詠唱呪文や、テレビオリジナルシリーズで使用された鬼道も完全網羅。

【詠唱】不明。
有昭田鉢玄、浦原喜助などが使用した。
大きな鎖が対象の体に巻きつく。しかし、虚化した六車拳西は腕力で引きちぎった。

縛道の七十三『倒山晶(とうざんしょう)』

【詠唱】不明。
吉良イヅル、四楓院夜一が使用した。
対象を四角錐状の結界内に閉じ込める。

縛道の七十五『五柱鉄貫(ごちゅうてっかん)』

【詠唱】「鉄砂の壁 僧形の塔 灼鉄熒熒 湛然として終に音無し」
有昭田鉢玄が使用した。
巨大な五つの柱を出現させ、対象の五体のに打ち付け自由を奪う。

縛道の七十七『天挺空羅(てんていくうら)』

【詠唱】「黒白の羅 二十二の橋梁 六十六の冠帯 足跡・遠雷・尖峰・回地・夜伏・雲海・蒼い隊列 太円に満ちて天を挺れ」
虎徹勇音、東仙要、松本乱菊が使用した。
伝達用の鬼道。霊圧を補足した人物に伝達することができる。複数人同時に接続可能。

縛道の七十九『九曜縛(くようしばり)』

【詠唱】不明。
浦原喜助が使用した。
対象の周りに九つの黒い球体を出現させ、対象を縛る。

縛道の八十一『断空(だんくう)』

【詠唱】不明。
朽木白哉、藍染惣右介、浦原喜助などが使用した。
巨大な防壁を生み出す。八十九番までの破道ならば防ぐことができる。

縛道の九十九『禁(きん)』

【詠唱】不明。
握菱鉄裁、有昭田鉢玄が使用した。
黒い帯状のものを対象に巻きつけ、その帯に杭を打ち付ける。

縛道の九十九 第二番『卍禁(ばんきん)』

【詠唱】不明。
握菱鉄裁が使用した。
「初曲『止繃』」、「弐曲『百連閂』」「終曲『卍禁太封』」で構成される。
初曲で対象に布を巻きつけ、弐曲で杭を打って固定する。終曲で巨大な柱を対象に落とし、動きを封じる。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)の始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents